1. TOP
  2. 社外活用
  3. 会社紹介動画の作り方・制作のポイントについて紹介

会社紹介動画の作り方・制作のポイントについて紹介

ICTの発達や、昨今の新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、様々なオンライン化が進む中で、会社紹介も例外ではありません。今では企業説明会や会社紹介をオンラインや制作した動画で行う会社も増加傾向にあります。

ただ「オンラインは信用できない」「企業側が本当に伝えたいことが伝えられるのか」など、企業の担当者の方は不安な思いを抱かれるかもしれません。この記事では会社紹介動画の作り方や制作のポイントについてご紹介します。動画の作り方を知り、制作のポイントを掴むことでより熱意や思いが伝わる高品質の会社紹介の動画を作れるようになるでしょう。

動画作りは難しいイメージが強いですが、やり方が分かれば意外と自分でも制作できるもの。会社紹介の動画を作ろうと検討している企業の方はぜひ参考にしてください。

会社紹介動画とは?

会社紹介動画は様々なシーンで活用されています。取引先に向けたものや新規採用者に向けたもの、一般顧客へ向けたものまで多岐にわたります。その内容もだれに向けて作成したものかによって変わってくるのです。ではそんな会社紹介動画とは一体どのような内容なのでしょうか。

会社紹介動画とは、一般的には会社の事業内容や企業理念、商品ブランドのアピールなどを伝える内容のものです。動画を視聴した方が「取引してみたい」「こんな会社に入社したい」と感じたり、所属する社員はその会社の社員であることに誇りを持てたりと会社紹介動画がもたらす影響力はとても大きい部分があります。

動画で観る会社紹介は、紙面や活字より職場の雰囲気などが伝わりやすいため、どのような会社なのかをより分かりやすく伝えられるというメリットも持ち合わせているのです。

会社紹介に動画を使用する理由

作成に手間が掛かりそうなイメージが強い会社紹介動画。ではなぜこんなにも多くの企業が会社紹介に動画を採用しているのでしょうか。それにはやはり理由があります。

動画を活用する理由は活字より遥かに多くの情報量をより多くの方に伝えられるからという点です。そして動画を採用するにはメリットもあります。

企業はどんなメリットを期待して動画作成に臨むのでしょうか。様々なメリットを順番に見ていきましょう。

短時間で多くの情報が伝えられる

動画を使用することで直感的に理解できるというメリットがあります。企業イメージや理念などを文章で書き連ねると長くなりがちですが、動画で紹介すると数秒で伝えることができるのです。

例えば5秒あれば社内の雰囲気が伝わるワンカット映像と、社内雰囲気をテキストや画像で紹介するのでは情報量と伝わるまでの時間にかなりの差が出るでしょう。

多くの情報を知ってもらおうとした時、同じ内容量だとしてもテキストや画像で伝えるより動画で発信したほうがより明確に早く伝えられるのです。

文章や画像で伝わりにくい雰囲気が伝わる

より多くの情報を紙媒体で伝えるのには限界があります。パンフレットだとページ数に限りがあったり、長い文章で紹介すると焦点がブレてしまい、本来伝えたかったことの半分も伝えられていなかったりという可能性も出てきてしまいます。その点、動画を採用すれば短い尺でもより多くの情報を明確に伝えられます。

また言葉では表現しにくい抽象的な内容も動画を用いればとても伝わりやすくなります。
視覚に訴え直感的に理解してもらえるという利点があるのです。動画で発信すればより多くの方の目に留まるため、観てもらうことで認知度もアップします。

働くイメージが湧きやすい

社内のオフィスの様子を紹介することで、働く場合のイメージが湧きやすいのも動画のメリットです。カタログや文字からだと決して知ることのできない社内の雰囲気を感じられるのです。社風が自分に合っているのか、オフィスの様子はどんな感じなのかなど、入社するまで不安要素となりがちな点について、動画を通して不安解消でき、安心して入社できます。

実際に足を運ぶ社内見学も社内の雰囲気を肌で感じるには適した方法ですが、時間の調整など手間がかかってしまうのもまた事実です。その点動画での紹介だと、時間など関係なくいつでも多くの人に会社の様子を知ってもらえます。

様々なパターン・見せ方に編集できる

会社紹介動画はパターンや見せ方を上手に編集する必要性が生まれてきます。より効果的な動画に仕上げるには、テロップの活用や適した演出を理解することが大切です。ではどういった点に気をつければ良いのかを以下の表で確認しましょう。

ターゲットを明確にした内容に・誰に向けて作成するのかターゲットを明確に
・ターゲットの心を訴追できる内容にする
・誰に何を伝えたいのかをしっかり理解する
活用する場面を決める・会社説明会やWebサイト上など上映するシーンに合った内容に編集する
・ターゲットがどういったシーンで動画を目にするのかを想像する
自社の魅力を最大限引き出す・会社が本当に伝えたいポイントを明確にする
・ターゲットが欲しい情報を表現できる演出を
内容に合わせた演出方法を選ぶ・活用シーンに最適な演出を選択する
・【事業紹介型】事業内容や企業の熱い思いを紹介
・【カルチャー紹介型】自社を形成しているものについて紹介する
・【ビジョン紹介型】頭の中にあるビジョンを紹介する

動画は、演出や編集ひとつで印象やイメージがガラッと変わってしまいます。編集可能な部分だからこそ、本質的なところは何を伝えたいのかをしっかりと核に持ち作成に臨む必要があります。

会社紹介動画の活用シーン

会社紹介動画は様々なシーンで活用されます。例を挙げると採用活動やお客様への自社紹介などです。活用されるそれぞれのシーンによって動画の内容は変わってくるのです。会社紹介動画は「だれ」に向けた動画で「なに」を伝えたいのかという点が大切になってきます。

次の項目で活用シーンとどのような効果を得られるのかについて詳しくご紹介します。

企業サイト

企業サイトで活用する紹介動画は事業説明や会社概要、会社理念などを紹介しているものが多いです。企業サイトで動画を活用するメリットは以下の項目になります。

・HPの閲覧数がアップする
・事業内容や商品のイメージが伝わりやすい
・企業の信頼感が高くなる
・企業の認知度が高くなる

企業サイトに掲載する場合は動画のコンセプトを明確にすることから初めましょう。動画制作のために考えられた内容ではなく、企業が大切にしている理念や商品コンセプトなどを明確にし、しっかりと伝えられるような動画内容にすると効果的です。

そんな企業サイトにおける会社紹介動画には動画の種類が3種類あります。それぞれの特徴しっかりと把握し、自分の会社にはどのタイプが合っているのかを事前に決めてから制作に掛かりましょう。

事業紹介型・会社紹介動画ではオーソドックスなタイプ
・企業紹介・理念・社史・商品紹介
・代表者メッセージなどを盛り込んだ紹介動画・演出次第でオシャレ感や親近感を抱く動画にできる
コンセプト紹介型・提供するサービスが持つコンセプトを紹介する時に採用
・ブランドメッセージやコンセプトも盛り込む
・表現方法やスタイルは比較的自由に作成可能
・コンセプトを明確に伝えられる内容にすることが重要
インタビュー説明型・会社や商品について従業員にインタビューするタイプ
・採用時に活用することが多い
・入社志望の学生に向けてリアリティを持たせる
・職場の雰囲気や仕事内容などが伝わりやすい

企業サイトに掲載する動画においてもターゲットとコンセプトは明確にして作成に入りましょう。効果的な動画を活用することで、取引先の信頼感を得られたり優秀な人材を集めたりするのに役立ちます。

展示会・セミナー

展示会やセミナーで活用する動画は、より会場内で目を引きサービスへの関心を集められるかが重要になってきます。

展示会やセミナーで活用する動画を作成する際は、以下のポイントに気を付けて作成するとより効果的な動画が作成できます。

長過ぎずコンパクトにまとめる・1分を超す程の長過ぎる動画にしない
・適当なのは15秒~30秒・ポイントをまとめた短めの動画を繰り返し上映
画面の大きさを考えて作成する・映し出す画面の大きさを考える
・大きなディスプレイやノートPCなど映像を流す画面の大きさは事前に決めておく
・画面サイズに合ってないと画像が粗くなる可能性
テロップは必ず挿入する・テロップがないと動画内容を理解してもらえない
・会場内はBGMが流れているので動画の音声はほぼ聞こえない
・文字は遠くからでもはっきり見えるように大きめで作成する
派手な演出も検討を・会場内では皆歩いているので少しでも足を止めてもらえるような演出を検討する
・CGやアニメーションを取り入れるのも可
・会場内では流し見がベースなので他社との差別化を図った動画が必要

展示会やセミナーの来客者は通常流し見をする方がほとんどです。その中で少しでも足を止めてもらえるような演出や遠くからでも動画の内容が分かるような編集の仕方が重要になってきます。

企業説明会

企業説明会で活用する動画は企業説明動画・社員のインタビュー動画・ブランドを紹介した動画などが主になります。企業説明会で動画を採用するメリットを以下にまとめました。

・伝えたい膨大な情報量をコンパクトに発信できる
・曖昧な部分を画面でしっかり伝えられる
・入社後のミスマッチを防ぐ
・文章にはないライブ感を演出できる
・学生が抱く不安を少しでも軽減できる
・職場の雰囲気を伝えられる
・イメージや認知の向上が期待できる

動画には上記のようなメリットを含んでいます。動画を作成する際は目的をはっきりさせてから始めるとしっかりと思いが伝わる動画に仕上げることができます。また動画を視聴する側の目線に立って作成するという点もポイントになってきます。視聴した方の心に響くような内容が充実した動画作成を心がけましょう。

Web広告

Web広告とはWebサイト上やSNSに動画を通して宣伝・広告を行うマーケティングの事です。Web広告には主に3つの種類があります。

インストリーム方式・You Tubeなどで見られるコンテンツ内に表示される広告
・視聴するコンテンツに割り込む形なのでユーザビリティを損なう可能性というデメリットを持つ
・注目を引きやすい。編集次第では広告の魅力が伝わりやすい
インバナー方式・メインコンテンツとは別枠で表示される広告
・アピールできる幅が広がるという強みを持つ
・特定ユーザーへの訴求力は劣る
インフィード方式・タイムライン型のコンテンツに挿入される広告
・ユーザーが画面をスクロールする中で目に入りやすい
・スクロールする中で飛ばされやすいという難点も併せ持つ

それぞれの方式でメリットとデメリットがあります。メリットとデメリットを十分に理解したうえで、自社の商品やサービスをWeb広告で発信する場合どの方式が一番適しているかをしっかりと検討しましょう。

会社紹介動画の作り方

ここでは会社紹介動画の作り方について順を追って見ていきましょう。作成においてのポイントや気を付ける点などをしっかりと理解した後に作成に取り掛かるようにするとより効果的な動画を作成することができます。

動画制作の目的を決める

動画を作成する目的を明確にしましょう。目的には「ブランディング」「人材採用」「商品・サービス紹介」など伝えたいことは沢山あるのではないでしょうか。しかし目的を定める際にはあまり多くは詰め込まず、焦点をしっかり定めるようにするのがポイントです。

ターゲットを絞る

目的と同様に、動画作成前にターゲットをしっかりと絞りましょう。動画の内容を誰に一番伝えたいのか、その部分が曖昧だと焦点が定まらない動画になってしまいます。目的とターゲットを明確にすることで、以降の演出やストーリーも決めやすくなります。

ストーリー・演出を考える

目的とターゲットが明確になったら演出やストーリー(構成)を考えましょう。目的・ターゲット・一番伝えたい内容を元に組み立てていきます。大体の流れが決まったらシーン毎に映像のイメージを固め動画の長さを決めていきましょう。動画は長すぎても短すぎてもよくありません。活用する動画の種類にもよりますが、1分前後で終わらせるのが妥当です。

ストーリーの組み立てや演出が決まったらナレーションなどの細々したものも決めていきましょう。

制作

ストーリーの組み立てまで決まったらいよいよ制作に移ります。動画制作には必要機材を始め、撮影場所の決定やキャスティングなども行わなければなりません。場合によっては制作予算なども事前に決められているケースもあるので臨機応変に進めていきましょう。

ソフトやCG、合成を活用するとコストが抑えられる場合もあるのでぜひ検討してみてください。編集する際は、音楽やテロップなどを用いて活用シーンに合うような演出になるよう作業を進めましょう。

会社紹介動画を制作する際のポイント

活用シーンに最適な会社紹介動画を作成するにはいくつかポイントがあります。これからご紹介するポイントを押さえると、より最適な動画を作成できます。狙ったターゲットの心に響くような動画作成には不可欠の事項なのでぜひ参考にしてください。

制作目的に最適な演出方法を採用する

これから作成する動画には、それぞれターゲットとする人物像・動画を作成する目的が明確になっているはずです。その制作目的により最適な動画にするためには演出方法が重要となってきます。

グラフ・イラストなどを適宜用いる

グラフやイラストを動画内で採用するととても分かりやすい内容となるのでおすすめです。言葉やテロップだけでは難しい内容も、グラフで示したりイラストで説明する画像を入れたりするだけでとても分かりやすくなり、観てもらいやすくなります。

またグラフやイラストで示された内容は視聴者の印象に残りやすくなります。数値などのデータ類を紹介する際はグラフなどを活用してみましょう。

求めるクオリティに応じてプロに依頼する

動画制作は自身で手掛けると手間と時間が掛かるのもまた事実です。動画編集ソフトを使用すれば多少軽減される場面もありますが、決めなければいけないことが沢山ある中で、並行して進めなければならない作業も膨大に発生します。

ある程度のクオリティを望みそれなりの品質を求めるのであれば、プロに依頼するのもひとつの手段です。費用は必要となりますが、クオリティが高い動画を作成することが可能となります。高品質な会社紹介動画を求める企業様はぜひ検討してください。

ちゃんと動画クリエイティブのPDCAサイクルを回せていますか?

動画クリエイティブではPDCAサイクルが不可欠な要素となってきます。まずはPDCAについてご紹介しましょう。PDCAとは「Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)」の頭文字を取って表現したものです。動画クリエイティブの世界は日々膨大な情報量で溢れています。そんな中でもお客様に情報を届けようとすると的確なPDCAサイクルが重要となってきます。

PDCAサイクルの「PDCA」とは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)のことです。

1.仮説でクリエイティブを制作
2.検証のために、広告プラットフォームに配信
3.配信結果の数字から学習
4.新たなクリエイティブを制作し、配信

上記のようなサイクルを回して、良い成果を出せるクリエイティブを生み出すことが大切なのです。

動画クリエイティブとはただ作成するだけでなく、お客様の要望にも答えなければなりません。動画のマーケティング活動ではPDCAサイクルを回すことを意識し作業に取り組む必要があります。

動画編集ソフトがPDCAサイクルを加速させる理由

PDCAサイクルを円滑に回すために今回おすすめしたいのが「Video BRAIN」というツールです。Video BRAINはAI搭載の動画編集ツールでシンプルかつ直感的に操作できます。操作性は至ってシンプルなのにも関わらず、高品質な動画を簡単に作成できるためVideo BRAINという動画編集ソフトを導入するとPDCAサイクルを加速させられるのです。

ここからは、Video BRAINの持つ特徴をいくつかご紹介します。


Video BRAINはクラウド上に投稿したテキストと素材をAIが的確に判断し自動マッチングさせてくれます。マッチングさせるまでの操作も非常にシンプルで、初めての方でも簡単に実行できるとう魅力があります。AIアシストの機能を以下の表にまとめました。

アニメーションアシスト機能・静止画を画像解析 → 適切なアニメーション設定
・被写体をより魅力的に演出するアニメーションを提案
・ユーザーが手動で設定変更することも可能
ハイライト検出機能・動画素材をシーンごとに解析
・テキスト情報にマッチするシーンを見つけ出しトリミング
テロップの自動改行と切り替え・テロップの文字数が多い場合、自動的に改行
・行数が多くなる場合はテロップを自動で切り替え
メディアライブラリ・アップロードした素材はすべてメディアライブラリに保存
・素材と編集された動画を一元管理可能
共有URL発行・完成した動画の共有URLが発行できる
・発行したURLをメールやチャットで共有できる
多彩なテンプレート・用途別に豊富なテンプレートを用意
・テロップや静止画を差し替えるとトーン&マナーが整った動画を編集できる
プロジェクトのコピー機能・完成した動画をコピーして新規作成できる

精度の高いAIがあれば手を煩わせずに高品質の動画作成が可能になります。

豊富なテンプレート×フォントで「ワンパターン」から解放される

Video BRAINの魅力の1つに豊富なテンプレート数が挙げられます。一般的な動画編集ソフトはテンプレートやフォントの数が少ないため仕上がりがワンパターンになりがちです。Video BRAINの豊富なテンプレートをベースに一手間演出を加えるとよりオリジナリティ溢れる動画を作成することができます。

投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証できる

Video BRAINなら投稿した動画をいち早く分析し、結果に反映することが可能です。自社のフォロワー推移はもちろんのこと、他社のフォロワー推移や投稿データの効果検証も可能となります。現時点で対応しているSNSはInstagramとFacebookで、登録アカウント数は最大30となっています。

Video BRAIN Analyticsでは次の5項目について分析が可能です。

(1)投稿タイプ別分析
(2)アカウント分析
(3)投稿頻度分析
(4)ベスト投稿分析
(5)インサイト分析

各項目で分析した結果に基づき、改善できるポイントを洗い出してみましょう。投稿動画の分析・検証は動画マーケティング活動ではとても重要となってきます。

まとめ

会社紹介動画は企業のブランディングにも活用できます。押さえるべきポイントや演出方法で活用シーンによって大きく変わってきます。会社紹介動画は企業理念や商品の魅力を伝えるだけでなく、人事採用などにも大きく活用できます。

動画の種類もインタビュー型や事業説明型などパターンは様々です。事前に定めたターゲットと目的がブレることのない動画に仕上げなければなりません。そのことを念頭に置きつつ自身で動画作成するのはかなり大変な作業内容となるでしょう。

そこでおすすめしたいのがVideo BRAINというサービスです。Video BRAINのツールを活用すれば初めての方でも簡単に高品質な動画が作成できるのです。

Video BRAINが提供するツールは操作性がシンプルなので直感的に操作できます。膨大な作業量の中の動画作成にもとても役に立つツールです。決めることも沢山ある動画作成。ぜひ作業量を軽減できるVideo BRAINの導入をご検討ください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする