2021/05/11

シナネンホールディングス株式会社 小栗様、木村様

社内外の広報を動画に!グループ企業でも内製化を実現

外注への依頼→動画経験0からの内製化を実現

今年創業95年の歴史を誇る「シナネンホールディングス株式会社」。エネルギーと住まいと暮らしに関わるサービスを幅広く提供しています。社外への広報活動の強化や本格的にSNS運用の強化に動画を活用したいと考え、Video BRAINを導入しました。

 

外注でかかるストレスをなくすため、Video BRAINを導入

部署と業務内容を教えてください。

小栗様「私たちは経営企画部の広報・IRチームに所属しています。業務の一つとして社内報も制作しており、私がウェブ版を担当、木村は紙版をメインに担当しています。

他にも社会貢献活動や社外向けのメディア広報も担っています。

 

これまでに動画制作は行っていましたか。

小栗様「会社として動画制作ツールを持っていなかったため、内製はほとんど行われていませんでした。社内イベントの際に動画制作の経験がある社員が有志で制作を担当してくれたことはありました。

外注は以前、弊社の受付のサイネージで配信を会社紹介動画の依頼をしたことがあります。

1本作成するのに数百万とかなりの費用がかかり、さらに納品後に細かい修正や社名や事業の変更を行う依頼を行うために数万円ほどの追加費用や依頼の工数がかかっていました。

 

外注ではどのような動画を制作されていましたか。

小栗様「弊社の事業を分かりやすく伝えられるような、長い期間使えるような動画を作ろうと考えていましたが、出演している社員の異動等が発生すると、その度に動画を大きく編集しなくてはいけません。

コストを気にせずいろいろな表現に挑戦して最適解を探していくには、外注では難しいと感じていました。

 

Video BRAINを導入した経緯を教えてください。

小栗様「当社の事業内容をより多くの人に知ってもらうため、動画を使った社外への広報活動の強化やSNSの本格運用を行いたいと考えていました。やはり今は動画の時代なので、「わかりやすく知ってもらう」ためには動画は無視できないと考えていました。

定期的な広報活動やSNSへの投稿に活用するためには、外注だと1本当たりの単価が高いだけでなく、依頼や説明に工数がかかり、細かい変更が生じた際に都度コストがかかってくるため継続的に運用するのは現実的ではありませんでした。

これらの問題から内製を考え始めたことがきっかけですが、当初は社内の動画制作のスキルがなかったため、習得できるか不安に思っていました。

スキルを解消するために動画編集ツールなどの方法を調べていた際に、他社の広報の方からVideo BRAINなら簡単に動画が作れるらしいと紹介され、検討を始めました。」

 

Video BRAINの導入の決め手になったことはありますか。

小栗様「動画編集ツールは慣れるまで時間がかかりそうなイメージだったのですが、導入を検討する際に実際にサービスのトライアル体験をしてみて、ツールの経験が浅くても直感的な操作が可能だと感じました。

Video BRAINは初心者でも使いやすく、プロが使用するような本格的な編集ツールよりも操作が簡単だという意見が部署内で一致したため、導入の決め手になりました

 

社内報の動画化を実現

現在はどのように動画制作や運用していますか。

小栗様「私たち2人で担当しており、サービス導入前は動画編集は未経験でした。

 

小栗様「グループ企業の事業紹介動画をはじめ、プレスリリース、社内報向けのWeb記事、noteで更新している記事に掲載する紹介動画を制作しています。

最近では、社内報向けに書道家・現代アーティストである武田双雲氏に、社員がポジティブに、よりよく働くための考え方やアドバイスについてインタビューを行い、その様子を動画にしたこともあります。

また、弊社の代表のメッセージ動画やグルーブ事業の紹介動画など定期的に制作しています。」

 

グループ事業イメージ動画

 

動画制作時に気をつけていることや工夫している点はありますか。

小栗様「情報を詰め込み過ぎないように気をつけています。長くなりすぎると伝えたいメッセージが分散してしまうため、1シーン1メッセージで納めるようにしています。PowerPointのように「伝わりやすくするために1スライド1メッセージに納めて作成する」のと同じイメージで制作をしています。

Video BRAINはシーンごとの編集が可能なので、シーン毎のメッセージに注意しながら編集を行うことができます。」

シーン毎の編集画面イメージ

 

Video BRAINの使いやすい機能などはありますか。

小栗様「最近のアップデートにより、今まではシーンの切り替えに使うトランジション効果でしか動きをつけることができなかったのですが、新たに「スタンプ機能」が追加されたことで動きもつけられるようになり、動画に変化をつけることができて助かっています。

スタンプ機能の画面イメージ

また、既に動画制作の流れができているので、写真やテキストを入れ替えるだけで動画が完成するテンプレート機能もよく活用しています。ゼロから構成を練って制作するよりも時間が短縮でき、クオリティ的にも良い動画ができている実感しています。」

テンプレート機能の画面イメージ

 

グループ企業でも動画を内製することに

作成した動画の活用方法や効果はありましたか。

小栗様「社内で配信する他に、YouTubeでも配信を行っています。

受付にあるサイネージで動画を配信しているのですが、社員からの評判が良く、グループ企業の方からも、「採用活動にこの動画を使いたい」と言われることもあります。

また、ウェブの社内報には“いいね”がつけられる機能があるのですが、新入社員に自己紹介動画を作ってもらい、社内報に掲載したところ、いつもの倍くらいの“いいね”がつきました。

多くの社員が動画を見てくれており、動画の可能性を感じてくれているところが嬉しいです。

特にコロナ禍で地方の拠点間の直接の交流が難しい昨今、写真や文字だけだと伝わりにくい雰囲気などを伝えるために、動画はすごく効果的だと実感しています。

動画を社内に広めていった結果、他部署やグループ会社にもVideo BRAINの存在が認知されたことで、是非使いたいという声があがり、さらにVideo BRAINの導入が社内に広がっています。」

 

グループ企業でのアカウント追加の経緯を教えてください。

小栗様「グループ企業に「Video BRAINを導入し、動画を制作したい会社がいたら連絡をください!」と案内を出したところ、思いのほか反響があり、最初は私たちが依頼を受けて制作していたのですが、依頼される数が増えてきたためアカウント追加をした方が効率的ではないかと考えていました。

実際にグループ企業にVideo BRAIN導入の意向を確認したところ、導入したいという手が挙がったためアカウント追加を行いました。」

 

弊社カスタマーサクセスとはどのようなコミュニケーションをとっていますか。

小栗様「新しいツールを導入すると大抵教育コストがかかってしまいますが、カスタマーサクセスの方がVideo BRAINの使い方や動画の効果、注意点などに至るまで丁寧に2時間ほどの研修を行ってくれるため、その後もグループ企業から私たちに問い合わせが来ることもなく、教育コストほぼゼロで動画の制作をグループ企業に広めることができました。

Video BRAINでは新機能追加など大きいアップデートが頻繁に行われるため、新しく追加された機能等を毎回丁寧に説明してくれるため、さまざまな機能を活用することができています。

また、サービス利用中にわからないことや問題が起こった際の問い合わせへの対応が早いことが印象的で、すぐに対処してくれるので助かっています。

月に1度、定例会を開催しており、定期的に背中を押してもらえる存在がいることで、制作意欲を保つことができているため、カスタマーサポートが手厚いことに感謝しています。」

 

今後の展開をお聞かせください。

小栗様「これまで以上に広報とIR活動で動画を活用していきたいと考えています。動画は他の広報物との相性が良いことをVideo BRAINを導入を通して学ぶことができたので、本格的にSNSにも活用したりと様々な活用の組み合わせてで動画を制作していきたいです。」

 

※ 上記は2021年5月インタビュー時の内容です。

シナネンホールディングス株式会社

業種:卸売業
事業内容:BtoC事業(エネルギー卸・小売周辺事業)、BtoB事業(エネルギーソリューション事業)、非エネルギー及び海外事業
従業員数:連結 / 1,630名、単体 / 59名(2020年3月31日現在)
所在地:東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館6階
https://sinanengroup.co.jp/

シナネンホールディングス株式会社ロゴ

関連記事 related article

驚くほどスマートな
動画制作を体験しよう

資料ダウンロード contact us

下記フォームの項目を記入してください。
貴社の動画活用状況に最適な資料をご用意いたします。