1. TOP
  2. YouTube
  3. YouTube動画の制作・編集に強い会社10選

YouTube動画の制作・編集に強い会社10選

YouTube動画制作の依頼を検討しているという方も多いのではないでしょうか。数多くの動画制作会社がありますが、自分の希望通りの動画を制作するためには、適切な会社選びが欠かせません。

今回は、YouTubeの動画製作を依頼したい人に向けて、会社選びで注意したいポイントと、おすすめの動画製作会社を10社ご紹介します。

それぞれの会社の強みを理解することで、よりコストを抑えつつ、クオリティの高い動画を制作してもらえるようになるでしょう。

YouTube動画の制作・編集を依頼した方がいいケース

まず、YouTube動画の制作や編集を依頼した方が良いのは、以下のような場合です。
・高いクオリティの動画が必要な時
・動画制作の手間を減らしたい時
・動画の作り方や活用法などでアドバイスが欲しい時
・動画制作の知識がない場合

外注することで、プロの撮影機材や編集ツール、そして動画制作のノウハウを活かしたクオリティの高い動画を制作してもらえます。ただし、以下のようなデメリットもあるので外注の際には注意しましょう。

・1本で数万円~数十万円のコストが必要
・打ち合わせに時間が掛かる
・作り直しが簡単にはできない

YouTube動画の制作・編集を依頼する際のポイント

近年は動画制作のハードルが下がり、多くの企業が動画制作サービスを提供しています。しかし、それぞれの会社でスキルやノウハウは異なり強みが違うので、自分が作りたい動画を得意とする企業を選ぶことは非常に大事です。

以下のポイントに注意して、自分の目的に合った動画を制作してくれる企業を選ぶようにしましょう。

サービスメニュー

まず、動画制作は「企画」「撮影」「編集」「確認」などの様々な工程に分かれており、それぞれで異なる知識やノウハウが必要です。

会社によってはクリエイター不足により社内で全ての業務を遂行できず、都度外注のクリエイターに丸投げする場合もありますが、動画の質がばらつくという意味ではあまりおすすめできません。

動画制作のどこまでを社内で行える会社なのか、しっかり確認したうえで依頼をしましょう。

実績

動画制作会社に依頼する際は、実績を必ず確認するようにしてください。

Web上で制作実績を公開していることが多いので、動画のクオリティや、自分が作りたい動画とイメージに合うかを確認するようにしましょう。

動画は使う用途で構成や演出などが大きく異なるので、希望する用途の制作実績がない場合は依頼を控えた方がミスマッチを防げます。

また、サービスの質が安定しているかの指標として、会社として5年程度の実績があることを確認しましょう。大企業との取引があるかどうかも会社が信頼できるかの指標になります。

費用

細かい所まで、明確に費用を算出してくれる企業を選びましょう。

動画制作では、ディレクターやカメラマン、エディターなどの工数から、ロケ地費、キャスト費などの費用まで、様々な費用が発生します。そのため、どこまで見積もりに入っているか確認するのがおすすめです。

動画制作の費用が曖昧だと、後になって追加の費用を請求されたりするので注意しましょう。また、動画制作の際にはほとんどの場合修正が入るので、何回まで修正に対応してくれるかも確認しておくようにしましょう。

制作・編集にかかる期間

動画制作や編集にかかる期間は、会社によって大きく変わります。各社は様々なプランを提案しており、それぞれでスピード感やクオリティ、費用が変わってくるので、自分の希望に合った期間で対応してもらえるのか確認するようにしましょう。

また、制作自体のスケジュール感もそうですが、連絡した時の反応スピードも制作が順調にいくかを決める重要なポイントなので、注意しておくことをおすすめします。

効果検証の有無

動画は制作したら終わりではなく、広告として機能することが重要です。動画制作会社によっては、動画制作のコンサルティングや動画制作後のアフターフォローが充実している場合があります。

自社で分析できる場合は不要ですが、それが厳しい場合はこれらのサービスも利用すると良いでしょう。

YouTube動画の制作・編集に強い会社10選

ここからは、YouTubeの動画制作に強い会社を10社ご紹介します。

それぞれに強みがあり、作りたい動画によって最適な会社は変わるので、ぜひ強みを理解して企業を選ぶようにしてください。

株式会社ヒューマンセントリックス

「株式会社ヒューマンセントリックス」は、BtoB企業向けに特化した動画制作会社です。BtoB企業向けの動画を毎月200タイトル以上制作し、2,000社/50,000タイトル以上の動画制作実績があります。

YouTubeなどWeb上でのPR動画はもちろん、営業現場での商品説明から社内研修向けまで、ビジネスの場で必要となる様々な動画制作の経験があり、それぞれの実績動画が掲載されています。

企画から撮影・編集までワンストップで対応しており、撮影・編集以外にも、イラストやアニメーション、CGなどの動画制作も可能です。

会社名株式会社ヒューマンセントリックス
会社所在地東京都港区虎ノ門2-3-22 第1秋山ビル4F
設立年月日2004年6月
費用18万円~
主な実績企業Microsoft、日立製作所、富士通など
公式HPhttps://www.humancentrix.com/

株式会社 Global Japan Corporation

「Global Japan Corporation」は、コストパフォーマンスを追求した3万円から依頼できる動画制作会社です。制作実績4,000社/60業種以上の広告実績があり、CGやアニメーションを駆使した動画の実績も多いです。

3万~100万円以上まで、欲しい動画によって価格帯を指定でき、3万円でも6~60秒程度の短編動画広告やプロモーション動画を制作してもらえます。

無料で何度でも修正作業が可能で、満足度96%の高評価を得ているのも魅力です。

無料で相談できる範囲が広く、要望をヒアリングする所から企画・構成・絵コンテの作成まで無料で対応してくれるので、非常に使いやすいでしょう。

会社名株式会社 Global Japan Corporation
会社所在地東京都千代田区内神田1-8-9 フォーチュンスクエア(福田ビル)2階
設立年月日2011年1月
費用3万~100万円
主な実績企業三菱商事、サントリー、ソフトバンクなど
公式HPhttps://gjc.me/

UGOKIE

「UGOKIE」は、映像の制作からアフターフォローまでをトータルサポートして提供している動画作成会社です。アフターフォローに特に力を入れているのが特徴で、一度作った動画を再活用するための、テキストや動画の差し替えなどにも対応しています。

また料金プランが4種類に分かれており、内容が分かりやすく記載されているので、費用のイメージがしやすいです。ちなみに撮影のやり直しは不可ですが、動画修正は無料で対応してもらえます。

会社名UGOKIE株式会社
会社所在地東京都渋谷区道玄坂2−15−1 ノア道玄坂6F
設立年月日2013年12月
費用29.8万円~
主な実績企業三井不動産レジデンシャルなど
公式HPhttp://ugokie.com/

Crevo株式会社

「Crevo」は大手企業からスタートアップまで、会社規模を問わず、幅広い部門の動画制作実績がある動画制作会社です。1,000社以上の実績があり、実写動画はもちろんアニメーション動画の制作にも強いです。

また、独自のクリエイターネットワークを構築していることが特徴で、国内外で約7,000名のクリエイターから適切な人材をアサインして制作してもらえます。

価格帯の目安はありませんが、49万円以下、50万円以上、100万円以上、300万円以上の価格帯でどのような実績があるか、豊富な実績動画からイメージできます。

会社名Crevo株式会社
会社所在地東京都目黒区中目黒2−10−15 フロンティア中目黒3F
設立年月日2012年
費用応相談
主な実績企業東急、ディーエヌエー、ソフトバンクなど
公式HPhttps://crevo.jp/

有限会社日本Web動画マーケティング

「日本Web動画マーケティング」は、3万5,000円からと非常に安価でYouTube動画の制作を請け負っている動画制作会社です。日本語の動画はもちろんのこと、英語や中国語での動画制作が可能なのもポイントです。

また月額3万円でのSEO対策や、月額30万円でのYouTube運営代行など、幅広いサービスを展開しています。

会社名有限会社日本Web動画マーケティング
会社所在地東京都港区南青山5丁目17-2 表参道プラザ5F
費用3.5万円~
設立年月日2005年
公式HPhttp://www.movie-marketing.jp/

LOCUS

「LOCUS」は動画制作・映像制作と、コンサルティングサービスを展開している映像制作会社です。年間1,500本以上の動画制作・映像制作を手がけるコンサルタントと、600名の動画クリエイターが動画制作を行ってくれます。

動画1本あたり数千~1万円の価格帯で提供できる「FastVideo」や、YouTube運用支援、動画内製化支援など、特徴的なサービスを行っているのも特徴です。

会社名株式会社LOCUS
会社所在地東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル2号館15階
設立年月日2010年4月
費用数千円~
主な実績企業島村楽器株式会社、株式会社ジャルパックなど
公式HPhttps://www.locus-inc.co.jp/

株式会社サムシングファン

「サムシングファン」は映像制作を始め、WEBマーケティング、ドローン撮影などに対応している映像制作会社です。18年間の活動、年間1,300件以上の制作実績があり、ドローンやクレーンなどを利用して、普通は撮れない視点からの動画を撮れることを強みとしています。

2D・3Dアニメや3DCG動画などの制作にも対応しているのが特徴です。

会社名株式会社サムシングファン
会社所在地東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
設立年月日2003年
費用応相談
主な実績企業HIS、Panasonic、川崎重工など
公式HPhttps://www.somethingfun.co.jp/

株式会社ムービーインパクト

「ムービーインパクト」は本社併設のスタジオのほか、東京都目黒区にもオフィスを構えている動画制作会社です。YouTube動画の制作を29万円~依頼でき、企画やシナリオは無料で複数提案してもらえます。

月1万回の再生保証が付いたYouTubeの動画広告の配信・運用サービスや、安価な分修正不可なCM動画作成サービスなど、特徴的なサービスも複数あります。

会社名株式会社ムービーインパクト
会社所在地東京都大田区田園調布5丁目56番4号
設立年月日2008年4月
費用29万円~
主な実績企業朝日新聞、リクルートなど
公式HPhttps://movieimpact.net/

株式会社Suneight

「Suneight」は東京と大阪にオフィスを構え、スタジオも保有しているYouTube動画制作会社です。YouTubeの運用ノウハウが豊富なのが特徴で、動画の撮影、編集だけでなく、閲覧数を増やすための運用までトータルでサポートしてくれます。

また、動画SEOにも強みがあり、対策実績キーワード3,000以上、上位表示成功率92%の実績を誇ります。

会社名株式会社Suneight
会社所在地東京都新宿区西新宿7−20−1 住友不動産西新宿ビル32階
設立年月日2013年10月
費用応相談
公式HPhttps://suneight.co.jp/

株式会社フォー・ファイヴ

「フォー・ファイヴ」は、自社スタジオを活用して撮影ができる動画制作会社です。東京・新橋から徒歩10分の所に、多彩なシーンが撮影可能なスタジオ「davinci」を保有しているのが特徴で、スタジオでの撮影を依頼したい人にお得な価格設定になっています。

プロモーションや会社紹介動画、採用動画など広告関連の動画で多数の実績があり、満足度も95%と高いです。ロケ撮影やドローン撮影にも対応しており、映像の撮影を特に依頼したい人におすすめです。

基本プランは安価な分、シナリオなどは支給する必要があります。

会社名株式会社フォー・ファイヴ
会社所在地東京都港区東新橋2-4-6パラッツオシエナ4階
設立年月日2011年10月
主な実績Haier、JTBパブリッシングなど
費用10万円~
公式HPhttps://service-davinci.com/0en/

ちゃんと動画クリエイティブのPDCAサイクルを回せていますか?

動画制作をプロに依頼すれば自社ではできない高いクオリティの動画を制作してくれるため、短期的には非常に効果があります。

しかし、定期的にYouTubeの動画を配信していくなら、自社で動画を制作しノウハウを蓄積したほうが長期的なメリットは大きいです。とはいえ、自社でノウハウを積み上げるためのPDCAサイクルを回すのは現実的ではない、と考えている方も多いのではないでしょうか。

動画制作ツール「Video BRAIN」を利用すれば、映像制作のハードルが高く手が出なかった方や、工数がかかりすぎて効率的な動画制作が出来なかった方でも、簡単に素早く動画を作成し、PDCAサイクルを回せるようになります。

動画編集ツールがPDCAサイクルを加速させる理由

「Video BRAIN」は、「AI によるサポートで誰でも簡単、どこでも動画作り放題」がコンセプトの動画編集ツールです。

AIを搭載し、動画編集経験がない人でも簡単に素早く動画を作成でき、また月額制で安く動画を量産できることから、PDCAサイクルを加速するのに最適です。ここからは、そんな「Video BRAIN」の3つの特徴を解説します。

「Video BRAIN」では、AIを搭載することにより、簡単3ステップで動画を完成させることが可能です。

1.ツールにテキストと素材を入れる
2.AIが自動的に最適化した動画を生成する
3.気になる部分だけをカスタマイズする

AIのサポートにより、動画編集でも特に手間のかかる画像やテロップの調整、構成などにかかる時間を大きく削減してくれます。

また、手動でのカスタマイズもパワーポイントのようなインターフェースで簡単に行えるので、動画製作の経験がない人でも手軽に操作することが可能です。

豊富なテンプレート×フォントで「ワンパターン」から解放される

動画編集・作成ツールの導入は、動画作成の素早さと引き換えに「オリジナリティがなくなる」という欠点があります。

しかし「Video BRAIN」では、豊富なテンプレートやフォント、アニメーションなどを活用することで、動画ごとのオリジナリティを確保したまま動画を量産できるようになっています。

テンプレートなどの使い方で困った場合は、カスタマーサクセスに問い合わせ、プロの力を借りながら作成することで、より良い動画を作成していくことができます。

投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証できる

動画制作のPDCAサイクルを回すうえで重要なのは「投稿した動画の効果を分析する」ことですが、Video BRAINでは「Insight BRAIN」というツールで分析を強力にサポートします。

SNS(Facebook、Instagram、YouTube)のURLを登録しておくことで、投稿データとフォロワーの推移や、投稿別のエンゲージメントの比較、日付ごとのエンゲージメントの推移などから、効果の高い投稿を一目で判断できるようになります。

自社だけでなく、競合のSNSの分析も可能なので、より広い視点でノウハウを蓄積できるようになるでしょう。

まとめ

この記事では、YouTubeの動画編集を依頼するうえで押さえるべきポイントと、おすすめの動画制作会社を10社ご紹介しました。動画制作会社の強みを理解することで、コストを抑えつつ、より質の高い動画を手に入れることができるでしょう。

また、長期的に動画を制作し続ける必要がある場合は、動画制作ツールを利用して、自社で動画を制作することをおすすめします。

Video BRAINでは、AIがテキストと素材を自動でマッチングする・テンプレートやフォントが充実しているためワンパターンにならない・投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証といった、PDCAサイクルを加速させるものが全て備わっています。

スキル不足や工数に不安がある場合は、AI搭載で素早く動画を作れる「Video BRAIN」の利用をご検討ください。

https://video-b.com/case/


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする