1. TOP
  2. YouTube
  3. YouTubeの広告単価はどれくらい?広告の種類や収益の仕組みを解説

YouTubeの広告単価はどれくらい?広告の種類や収益の仕組みを解説

人気の動画配信サイトというと、YouTubeを思い浮かべる方は多いでしょう。YouTubeは収入源としても注目されており、YouTubeの広告システムで収入を得るYouTubeは人気職業となりました。YouTubeに広告を出稿する際の広告単価がどれくらいなのか気になる企業担当者もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、YouTubeの広告単価や広告収入の仕組みについて解説します。広告収入を増やすポイントや、広告以外の収入源についても把握できるようになる内容です。

 

企業向けYoutubeやSNS動画広告の活用を詳しくまとめた資料をダウンロード頂けます。ご興味ある方はこちらもご覧ください。

 

YouTubeでの動画広告の仕組みと単価

YouTubeでは動画やライブ配信に広告を付けて、広告収入を配信者に還元するシステムを設けています。動画の再生数が多いほど広告が表示される回数が増え、配信者に還元される広告収入が増えるのが動画広告の基本的な仕組みです。

広告を出稿する際は、予算を設定して予算に応じた回数が掲載される仕組みになっています。あらかじめ決めた予算の範囲内で出稿されるので、後になって想定外の広告料が請求されることはありません。課金される条件は広告の種類によって異なるので、限られた予算内で効率よくアピールするには広告の特徴を把握しておくことも大切です。

【広告の種類別】YouTubeの広告収入発生の仕組み

ひとくちにYouTubeの広告といっても種類は複数あり、広告の種類によって特徴が異なります。表示されるタイミングや収入が入る仕組みも異なるので、どの広告を付けるのかの判断は重要です。ここでは、広告の種類別に広告収入発生の仕組みを解説します。

広告(1)インストリーム広告

動画再生開始する前や途中、動画終了後に自動で流れる広告がインストリーム広告です。YouTubeユーザーが動画を再生するたびに流れるため、目にする機会が多い広告形態と言えるでしょう。

インストリーム広告にはスキップ可能なものとスキップ不可のものがあり、広告時間や収益条件が異なります。スキップ可能な広告はユーザーが30秒間視聴するか、リンクをクリックするといったアクションを起こした場合に収益が発生し、すぐにスキップされると収益はありません。

スキップ不可の広告は表示回数によって収益が発生します。ただし、スキップできない広告が頻繁に流れるとユーザーの不興を買う可能性があるため、スキップ可能な広告との使い分けが必要です。

広告(2)ディスカバリー広告

ディスカバリー広告は検索結果画面や動画ページの関連動画部分に表示される広告です。ユーザーは動画視聴中ではなく、視聴する動画を探しているときに目にすることになります。広告サムネイルとテキストで構成しており、ユーザーが興味を持ってバナーをクリックすることで収益が発生する仕組みです。

表示されるだけでは収益はなく、ユーザーの自発的なアクションが必要な特徴があります。広告をクリックするユーザーは広告への関心が強い可能性が高いため、コンバージョン率の高い広告形態です。

広告(3)バンパー広告

バンパー広告は動画再生中に表示される動画広告です。全ての広告がスキップ不可で、その分広告時間は6秒と短めに設定されているのがインストリーム広告との違いです。バンパー広告の収益は広告の視聴回数で変動します。1,000回ごとに収益が発生する仕組みなので、再生数が1,000回に満たない動画では収益を受けとれません。

企業としては、6秒という限られた時間の中でいかに情報を伝えるかを考慮する必要があります。細かなサービスの説明はできないので、主に認知度の向上などの目的で使われています。

広告(4)アウトストリーム広告

アウトストリーム広告は、スマートフォンやタブレット端末で使用するアプリ版でのみ表示される形態です。ブラウザ版のYouTubeでは表示されません。

「アウト」とついているとおりYouTube外でも出稿されるのが特徴で、YouTubeを運営しているGoogleのパートナーサイトでも配信されます。YouTubeユーザー以外にも広告をアプローチできるのが大きな特徴です。画面の大部分を占有して表示するので目に入りやすく、広告内容に興味を持っているユーザーに視聴されやすい形態となっています。

収益発生条件は広告の50%が2秒以上表示されることなので、興味を持って再生したユーザーなら達成しやすい条件と言えるでしょう。

広告(5)オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は動画再生領域の下部に表示されるバナータイプの広告です。ディスカバリー広告と同様に画像とテキストで構成しており、ユーザーが「×」ボタンをクリックして自発的に消さない限り表示され続ける特徴があります。掲載されるのはブラウザ版のみで、アプリ版では表示されません。

オーバーレイ広告はユーザーがクリックして誘導先のサイトにアクセスすることで収益が発生します。オーバーレイ広告を掲載する場合は画面下部に表示されてもストレスにならないように、動画下部に情報を表示しないようにするといった工夫が必要です。

広告収入を増やすためのポイント

YouTubeで安定した広告収入を得るには、動画作りの段階から工夫が必要です。原則的に動画ページが開かれなければ広告収入は入らないので、多くの方に興味を持ってもらえるような動画投稿を意識しなければいけません。ここでは、広告収入を増やすためのポイントを解説します。

再生されやすいテーマの動画を投稿する

動画を投稿するにあたってまず考えなければいけないのは、どのような動画を投稿するかということです。YouTubeにはさまざまなジャンルの動画が投稿されていますが、再生数が伸びやすいジャンルとそうではないジャンルがあります。収益を得ることを目的にするなら、再生されやすい動画を選ぶことが大切です。

マイナーなジャンルで人気を得ればニーズを独占できる可能性もありますが、需要が少ないテーマでチャンネルを大きくするには時間と忍耐が必要です。収益を得ることを優先するなら、再生されやすいテーマの動画を投稿することを意識しましょう。

トレンドを意識する

同じジャンルの動画でも、トレンドを取り入れた動画は再生されやすい傾向があります。例えば、人気ジャンルのゲーム実況では、旬を過ぎたゲームよりも発売されたばかりの新作ゲームを取り上げたほうが多くの視聴者の興味を惹けるでしょう。

自分が扱っているジャンルではどのような題材がトレンドになっているのか把握して、積極的に盛り込むのが再生数を伸ばす近道です。

カード機能を活用する

カード機能は、動画の中に他の動画のリンクを埋め込む機能です。うまく活用すれば視聴者を自分が投稿した別の動画に誘導できるので、複数の動画の再生数を連鎖的に伸ばせるようになります。

動画だけでなく別のサイトへ誘導することも可能なので、企業がサービスを紹介する動画で自社のサイトへ誘導するといった使い方も可能です。アイデア次第でいろいろな使い方ができる機能なので、ぜひ活用しましょう。

定期的に動画を投稿する

視聴者の興味を惹き続けるには、動画を継続して定期的に投稿することが大切です。視聴者に楽しんでもらえる内容の動画を作成することは大事ですが、広告収入を増やすためには投稿頻度も意識する必要があります。内容にこだわるあまり動画投稿の間隔が空かないように気を付けましょう。

定期的に動画を投稿すれば、チャンネルに興味を持っているユーザーは定期的にチャンネルを意識するようになります。何度も投稿される動画を視聴するうちにおすすめに他の動画も表示されるようになり、既存の動画の再生数を伸ばす機会も増えるでしょう。

SEOを意識する

SEOは「Search Engine Optimization」の略で、検索結果で上位に表示させるための工夫を指します。どれほど動画の内容がすばらしかったとしても、ユーザーの目に留まらなければ再生されることはありません。なるべく多くの方に知ってもらうためには、SEO対策をして検索結果の上位に入る必要があります。

YouTubeでSEO対策をするには、タイトルや動画の概要欄に適切なキーワードを入れることが大切です。タイトルは検索結果の文字表示数に合わせて32字以下にする、ひと目で内容が伝わるように説明分の要点は最初の2行~3行でまとめるといった工夫をしましょう。

5つあるYouTube広告以外の収入源

YouTubeの収益源は広告が有名ですが、収益を得る方法は他にも用意されています。安定した収入を得るには、広告に限らず多面的な収益経路を確保しておくことが大切です。ここでは、広告以外のYouTubeの収入源を5つ紹介します。

その他収入源(1)スーパーチャット

スーパーチャットは、ライブ配信や動画のプレミアム公開の際に書き込めるチャットコメントを目立たせるための機能です。コメント送信時に課金することで、チャットコメントに色を付けて長時間表示させられます。

スーパーチャットの課金額の一部は配信者に還元されるため、いわゆる「投げ銭システム」としても利用可能です。ライブ配信をメインにしている配信者の中には、広告収入よりもスーパーチャットの収益のほうが大きい方もいるようです。

その他収入源(2)チャンネルメンバーシップ

チャンネルメンバーシップとは、特定のチャンネルに月額料金を支払うことで配信者をサポートするシステムです。

メンバーシップに加入すると、チャットに入力した際に専用のバッジが表示され、メンバーシップ専用の絵文字を使えるといった特典が付与されます。配信者によってはメンバーシップ限定でライブ配信や動画を公開していることもあり、簡易的なファンクラブのように利用しているケースもあるようです。

メンバーシップの月額料金は、YouTubeへの手数料を除いた分が収益として得られます。メンバーの人数は確認できるので、あらかじめ収益額を固定収入として把握できるのもメリットです。

その他収入源(3)企業とのタイアップ

企業と提携して収益を得る方法です。企業から商品やサービスを紹介してほしいといった依頼を受けて、同意することで案件として成立します。報酬は案件の内容やチャンネル登録者数によって変動するのが一般的です。

ただし、企業がタイアップを依頼するのはインフルエンサーとしての影響力を期待してのことなので、ある程度の人気や知名度を得るまでは案件を獲得するのは難しいでしょう。YouTubeに参入してもすぐにタイアップできるわけではないことは注意しましょう。

その他収入源(4)アフィリエイト収入

アフェリエイトとは、企業の広告を掲載して収益を得る成果報酬型の広告です。上述の広告はYouTubeを介したシステムですが、アフェリエイトは企業と個人の契約であるという違いがあります。

動画ページに商品ページのリンクを記載し、ユーザーがリンクから流入したり商品を購入したりしたときに報酬が支払われる仕組みです。うまく活用すれば大きな収入源になるでしょう。

その他収入源(5)オリジナルグッズ販売

YouTubeで人気や知名度を獲得出来れば、オリジナルグッズを販売して収益を得ることもできるようになります。広告やアフィリエイトは成果報酬として収益の一部が還元されるだけですが、自分で企画したグッズが売れれば売り上げをそのまま利益にできるのがメリットです。

オリジナルグッズを販売するにはマーケティングスキルやブランド性の獲得が重要で、失敗すると在庫を抱えるといったリスクが発生する場合もあります。挑戦する際は、リスク管理を徹底して慎重に検討しましょう。

動画で安定した広告収入を得るには編集が重要

YouTubeで広告収入を増やすには、動画のクオリティも重要です。視聴者を惹きつける動画を作成するには、編集にもこだわる必要があります。カット編集で要点をまとめて見やすくしたり、BGMや効果音を入れて雰囲気作りをしたりといった適切な編集ができなければ再生数を伸ばすのは難しいでしょう。

編集では字幕を付けて内容を補足したり、特殊エフェクトを追加したりといった演出も可能です。訴求力のある動画を作成するには、独自性のある編集表現を身につけることが求められます。

動画編集初心者におすすめできる編集ソフトの特徴

経験がない方が動画編集をする場合は、使用するソフト選びも大切です。初心者がプロ向けの編集ソフトを使ってもオーバースペックで使いこなせず、設定項目の多さから扱いにくさを感じるでしょう。動画編集初心者には、下記のような特徴を持つ編集ソフトをおすすめします。

・サポート機能が充実している
・素材が豊富に用意されている
・動画サイトやSNSとの連携機能がある
・UIがシンプルで操作方法が分かりやすい
・デザインテンプレートが豊富で簡単にクリエイティブな動画を作成できる

まとめ

YouTubeの広告には複数の種類があり、単価や収益の条件はさまざまです。広告収入を得たいなら、広告の種類や特徴を把握する必要があります。広告以外の収益源にも目を向けて、自分に適した収益経路を検討しましょう。

広告収入を増やすには、動画の質を向上させる編集も意識する必要があります。多機能で扱いやすい自動動画生成ソフトなら、初心者でもクリエイティブな動画が作成できるでしょう。YouTubeに興味がある方は、ぜひ他の記事も目を通してみてください。

 

企業向けYoutubeやSNS動画広告の活用を詳しくまとめた資料をダウンロード頂けます。ご興味ある方はこちらもご覧ください。

 


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする