1. TOP
  2. 動画編集
  3. 【初心者向け】動画編集の基礎知識!スキル不要の動画自動生成ツールとは?

【初心者向け】動画編集の基礎知識!スキル不要の動画自動生成ツールとは?

ビジネスにおいて、動画の重要性はますます高まっています。社内で動画作成に取り組もうかと考えて、必要なツールやソフトを調べている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、初心者向けに、動画編集の基礎を説明します。基本のステップがわかれば、動画編集のハードルはぐんと下がります。さらに、特別なスキルがなくても使える「動画自動生成ツール」についても紹介します。

【初心者向け】動画編集に必要なもの

人, 屋内, 男, テーブル が含まれている画像

自動的に生成された説明

まずは、動画編集を行うために最低限必要なものを確認しておきましょう。YouTubeをはじめとする動画系SNS投稿者の増加からもわかるように、動画作成のハードルはかなり低くなっています。しかし、ビジネス用に動画を作成する場合は、質や成果を意識した動画編集を行わなければなりません。

編集デバイス

動画編集のデバイスには、スマホとパソコンがあります。SNSにアップする短い動画作成では、スマホを使う方も少なくありません。スマホには、手軽でコストも安いというメリットがあります。しかし、ビジネス用に作成するなら、編集デバイスはパソコンがおすすめです。

スマホの動画編集機能は、パソコンより限定されているため、初心者が差別化できるほどクオリティの高い映像を作成するのは容易ではありません。ビジネスで使える本格的な動画編集を行うためには、編集デバイスとしてパソコンを用意しましょう。

編集ソフト

編集作業に必要なのが、動画編集ソフトです。動画編集ソフトにはさまざまな商品があるため、作成する動画の内容や使用環境などを考慮して選択する必要があります。

まず見るべきは、編集デバイスとの相性です。動画編集ソフトによって、推奨環境や対応OSが異なります。編集用のデバイスに対応していなければ、どんなに評価が高いソフトでも意味がありません。

編集ソフトは、機能や価格に幅があります。作ろうと考えている動画に必要な機能が含まれたソフトを、コストパフォーマンスも考えながら選びましょう。

素材データ

動画に組み込む素材の準備は、ビジネス用の動画において最も大切なところです。素材には、映像、画像データ、BGMや効果音などの音素材、フォントなどがあります。

完成した動画のクオリティは、基本的に素材のクオリティに依存します。画質が悪かったり、SNSなどで頻繁に使われているBGMを利用したりすると、素人感が出てしまいます。印象に残る動画を作るためには、素材の質にこだわりましょう。

知っておきたい!動画編集の主な流れ

人, 建物, 男, 探す が含まれている画像

自動的に生成された説明

編集デバイス・編集ソフト・素材データがそろうと、いよいよ動画編集に進みます。ここで紹介するのは、動画編集の基本的な流れです。初心者のうちは基本を確実にして、手順に慣れることに注力しましょう。最初から凝ったものを目指すと、完成前に挫折してしまいます。基本のステップはわずか5つです。

動画や画像を用意する

まずは、動画作成に必要な素材をパソコンに取り込み、編集できる状態にします。作業をスムーズに行うには、パソコンのデスクトップに専用のフォルダーを作成し、必要な素材をまとめてから始めるとよいでしょう。

作業を始める前に、動画のテーマや目的・ターゲットを確認しておくことが大切です。そのうえで、ふさわしい映像・画像・音素材がそろっているかチェックしましょう。フリー素材をコストがかからず便利ですが、使用する場合にはテーマやターゲットとのマッチングやクオリティについて十分にチェックしましょう。

不要な部分をカットしてつなげる

最初に編集するのは、映像や画像です。ソフトに読み込んだ素材から不要な部分をカットし、それぞれをつなげていきます。必要な部分を見極め、メッセージが伝わるようにつなげるためには、あらかじめ大まかなストーリー展開を考えておくことが必要です。

映像が長い場合には、ストーリーを分割して作業を行い、最後に全体をつなげるという方法もあります。カットしてつなげるというステップに慣れてきたら、加工や合成などに挑戦してみるのもよいでしょう。

トランジションやテロップを追加する

映像や画像をひとつの流れとしてつなげられたら、トランジションやテロップで全体像をまとめていきます。トランジションとは、場面と場面のつなぎ目に差し込む効果(エフェクト)のことです。

トランジションには、場面がフェードアウト・フェードインしながら切り替わるものや本のページをめくるように切り替わるものなど、数多くの種類があります。テロップ(字幕)のメリットは、メッセージが強調され、記憶に残りやすくなるという点です。全体像がまとまったら細かな修正を繰り返し行い、完成度を上げます。

BGMや効果音を入れる

映像が完成したら、音素材で仕上げをします。BGMや効果音を入れる目的は、臨場感を高め、メッセージを強調することです。そのため、テーマやシーンに合った素材を選ばなければなりません。

効果音は、テロップや登場人物の動き、場面の切り替えなどに合わせて差し込みます。こうすることで、大切なポイントに視聴者の注意を引き付けられるでしょう。BGMをセンス良く使うと、動画のクオリティはぐっと上がります。動画全体の雰囲気やテンポと調和していることが重要です。

完成した動画を出力する

編集が終わったら、ひとつの動画として必要なファイル形式に出力します。動画の使い方によって必要なファイル形式は異なります。MP4やAVI形式、QuickTime ( .mov)などはすべて動画のファイル形式です。

動画のファイル形式には、WindowsやMac標準のファイル形式、特定のアプリで再生するファイル形式、パソコンの種類を選ばず再生できるファイル形式、ビデオCD・DVD・ブルーレイで使用されるファイル形式など、一般的に使われているものだけでも10以上の種類があります。

動画は編集ソフト選びが重要!

完成した動画の出来を左右するのは、編集ソフトです。動画編集ソフトにはさまざまな商品があり、機能や操作性にはかなりの違いがあります。

中には複数の編集ソフトを使い分ける場合もありますが、初心者には、ひとつのソフトを使いこなしていくことをおすすめします。使い慣れていくうちにスキルやセンスが磨かれていくため、短期間でクオリティの高い動画を作成できるようになります。

操作のしやすさ、テンプレートや素材の豊富さ、編集の自由度といったポイントを押さえ、口コミなども参考にして、動画編集ソフトを選ぶとよいでしょう。

初心者におすすめしたい「動画自動生成ツール」とは?

白いシャツを着ている人はスマイルしている

自動的に生成された説明

動画編集ソフトの中でも、初心者におすすめしたいのが「動画自動生成ツール」です。動画編集のスキルがまったくなくても、本格的な動画を簡単に作成できます。編集に時間がかからないため、作業のスピードアップにもつながる嬉しいソフトです。初心者の強い味方とも言える「動画自動生成ツール」とはどのようなものなのか、詳しく解説します。

動画自動生成ツールとは?

動画自動生成ツールとは、映像や画像、音素材などをAI(人工知能)が自動的に組み合わせて動画作成するというものです。素材さえアップロードすれば、ストーリー展開から飾りつけまですべてやってくれます。出来上がりのクオリティが作業者の編集スキルに依存しないため、初心者でも本格的な動画作成が可能です。

動画自動生成ツールにはどのような機能があるのか、そのいくつかをご紹介します。なお、ソフトによって機能は異なるため、購入前に確認することが必要です。

・映像や画像、テキストをアップロードすれば、AIが自動でシーンを生成
・ソフトが提供する素材の中からテキストに関連する素材を選択し、自動でシーンに配置
・指定した秒数の動画を作成
・スマホ配信用やテレビ画面用など、指定する画角に合わせた自動トリミング
・豊富なデザインフォーマットおよびカスタマイズをできる自由度
・BGMとの自動マッチング

動画自動生成ツールのメリット

動画自動生成ツールは、ビジネス利用を念頭に開発されました。そのため、ビジネスに役立つメリットがたくさんあります。メリットのいくつかを紹介しましょう。

1.初心者しかいなくても社内でビジネス動画が作成できる
動画編集に関するスキルが不要なので、初心者でも本格的なビジネス動画を作成できます。

2.動画作成を外注するコストが削減できる
社内でクオリティの高い動画が作成できるため、動画作成を外注する必要はありません。

3.動画作成のスピードアップ
編集作業が不要になるため、素材のアップロードさえ終われば、最短即日で完成します。提供素材を活用することで素材集めの負担も軽くなるため、さらなるスピードアップも可能です。

動画自動生成ツールの注意点

AIを使った動画自動生成ツールの購入に際しては、いくつか注意すべき点もあります。自社に合ったソフトを導入するためにも、きちんと押さえておきましょう。

1.ソフトによってクオリティや機能に違いがある
クオリティはソフトによってばらつきがあります。評判などをきちんとチェックしてから購入しましょう。また、機能やサービス内容、提供素材のボリュームはソフトによって異なるため、確認が必要です。

2.フリーランスにはハードルが高い
動画自動生成ツールはビジネス利用が前提で開発されたものが多く、価格は安くはありません。また、その多くは販売先を法人に限定しています。そのため、個人事業主やフリーランスには、ハードルが高いソフトだと言えるでしょう。

3.動作環境を限定しているソフトもある
動画編集ソフト全般に言えることですが、推奨環境や対応OSをきちんと確認してから購入するのが基本です。

法人向け動画自動生成ツールなら「Video BRAIN」!

白いドレスを着た女性

中程度の精度で自動的に生成された説明

社内でビジネス用動画の作成をお考えなら、ビジネス利用に特化した動画自動生成ツール「Video BRAIN」がおすすめです。「社内での動画作成は初めて」「初心者しかいない」という場合でも、ビジネスにしっかりと活用できる本格的な動画を作成できます。

数ある動画自動生成ツールの中でも、「Video BRAIN」が特に優れているポイントをご紹介しましょう。

専門のスタッフを雇用しなくてもOK

「Video BRAIN」が優れているのは、その操作性です。直感的な操作が可能であるため、動画編集の専門知識どころか、パソコンスキルに自信がないという方でも容易に扱えます。デザイナーを雇ったり、高いお金をかけて外注したりする必要はありません。

自由度も高いため、慣れてきたらカスタマイズを加えていくことも可能です。本数制限もなく、ビジネスのテンポに合わせた動画作成が行えます。

導入事例1:株式会社グルーブさま
自社化粧品の商品紹介動画に活用しています。動画編集経験者がひとりしかおらず、その社員がSNS運用も担っていたため、以前は3か月に1本というペースで動画を作成していました。「Video BRAIN」の導入後は、未経験の社員も動画作成に加わり、今では週に1本のペースで動画をアップしています。
参考: Marketing MEDIA|Instagram からの EC 流入率が 120% 増加!
導入事例2:中野Company株式会社さま
外食事業への動画利用を検討しながら、スキルのある社員もおらず、なかなか踏み出せませんでした。思い切って始めた「Video BRAIN」での動画作成は、未経験者3人が担当しており、3日ほどで使えるようになりました。今では10分ほどで1本の動画を制作できるほど使い慣れています。
参考: Marketing MEDIA|売上アップ施策の中核として飲食×動画を推進!

たったひとつのソフトで動画マーケティング効果UP

「Video BRAIN」は、最長60分までの動画が作成可能です。BGMやデザインテンプレート・フォント・画像などの提供素材も豊富なため、オリジナリティあふれるこだわりの動画がこれひとつで完成します。

商品・サービス紹介やキャンペーンの案内、営業資料やマニュアルなど、目的・分野を問わず利用できる、コストパフォーマンスにも優れた商品です。

導入事例1:岡三オンライン証券株式会社さま
同業者との差別化を図るため、動画作成のスピードアップが急務でした。「Video BRAN 」を導入したことにより、外注コストをかけて四半期に1回が限度だった動画配信が、外注なしで1か月40本以上になりました。テンプレート利用で作業時間が短縮でき、確認をURLひとつで行えるので社内調整の時間や手間も省けます。コストを削減できたため、YouTube チャンネルやYouTube広告という新しいチャレンジも可能になりました
参考: Marketing MEDIA|制作動画をYouTube 広告に活用!口座開設数が約3倍に
導入事例2:エレコム株式会社さま
NSでの動画活用を念頭に、自動編集ツールを探していました。トライアルでいくつか比べてみた結果、選んだのが「Video BRAIN 」です。用意されたテンプレートから編集が簡単にでき、自由度も高いなど、使い勝手の良さを実感しています。AI のサポートと、無料素材が「Video BRAIN」内に用意されている点も魅力です。
参考: Marketing MEDIA|プレスリリースを動画化!Twitter のエンゲージメントが1.7倍に

まとめ

人, ノートパソコン, コンピュータ, テーブル が含まれている画像

自動的に生成された説明

社内で動画編集を行う際に必要不可欠なのは、質の良い動画編集ソフトです。クオリティの高さと使い勝手の良さが、動画の出来を左右します。

初心者でも簡単にクオリティの高い動画を作れるソフトが「Video BRAIN」です。AIのサポートで、スキルがなくても本格的な動画を作成できます。社内でビジネス用の動画作成をお考えなら、コストパフォーマンスも良い「Video BRAIN」をぜひご利用ください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする