1. TOP
  2. 動画制作
  3. 動画撮影用のマイクの選び方|種類やポイントについて解説

動画撮影用のマイクの選び方|種類やポイントについて解説

動画撮影と聞いたときに想像するものとして、まず「カメラ」を挙げる方が多いのではないでしょうか。確かに、カメラの質は動画の鮮明さや見やすさに直結する大切なポイントです。しかし、動画撮影の際にこだわりたい機材としては「マイク」も挙げられます。

昨今はスマホで簡単に動画を撮影できることから、動画撮影が身近になっている方も増えているでしょう。ただし、本格的に動画撮影をしようと考えた際には、やはりスマホだけでは心もとないのも事実です。

そこでこの記事では、動画撮影が身近になった現在でもあまり取りざたされていない「マイク」に焦点を当てて解説していきます。マイクの必要性や重要性、種類を確認することで、よりクオリティの高い動画撮影を実現できることでしょう。

動画撮影用のマイクはある?

動画撮影用のマイクについて調べている方は、「動画撮影専用のマイクがあるのか?」という点が気になるのではないでしょうか。結論からいえば、動画用に作られているマイクは存在します。

特に昨今では、「YouTube」への動画投稿が身近になったこともあり、動画撮影用と銘打っているマイクは数多く存在します。中には「ボーカル録音用」「ゲーム実況用」など用途が細かく設定されているマイクもあります。音の拾いやすさや音質などのほかに、形状や重さなど、取り回しやすさについてもこだわられた商品が多数販売されているのです。

動画の楽しさ、面白さは映像だけではありません。特にゲーム配信やトークをメインにした動画の場合、音が拾えていないようでは面白さが半減してしまうものです。

スマホやカメラに内蔵されているマイクの性能も上がっていますが、「どんな場面でもきちんと音を拾ってくれるか」「拾われた音が心地よく聞こえるか」といった点は、やはりマイクのスペックに大きく依存します。

見られる動画を作るためにも、映像部分だけではなくマイクの性能にもこだわることが必要です。もちろん「マイクだけにこだわればよい」というわけではありませんが、1つの指標としてマイクのよさにも注目してみてください。

動画撮影用マイクの種類

では実際に、動画撮影用に使われるマイクの種類について見ていきましょう。動画を撮る際のスタイル、屋内か屋外かによっても音の拾いやすさは異なります。自身の動画スタイルに合ったマイクを選択できるよう、種類や特徴を紹介していきます。

ダイナミックマイク

一般的にマイクと聞いてイメージされるマイクは「ダイナミックマイク」だといっても相違ないでしょう。電源を必要としないので、使うシーンを選ばない点が大きな特徴となっています。また耐久性に優れており、環境にも左右されにくいマイクだといえるでしょう。

反面、下記で紹介するコンデンサマイクよりも感度が低いので、高音質な録音をしたい場合には不利になります。演説やスピーチなど、とにかく遠くまで音を届けたいときに便利なマイクです。

また、感度が高すぎないことをメリットとするなら、不要な音を拾いにくい面が挙げられます。ノイズが入りにくいため、外出時や動きが激しい動画撮影にも向いています。外付けマイクとして使いやすい点も大きなメリットといえるでしょう。

コンデンサマイク

アーティストのレコーディングに用いられるマイクです。音への感度特に高音への感度が高く、高品質な録音が必要な際におすすめのマイクだといえるでしょう。付随アイテムであるポップガードを用いれば、プロ並みの音質を実現することも可能です。

デメリットとしては電源が必要になること、音への感度が高いからこそハウリングを起こしやすいことなどが挙げられます。動画撮影の中でも屋内での録音や、品質の高い音源を録音する際におすすめしたいマイクです。

反面、外出中の動画撮影では使いにくいでしょう。不必要な音を拾ってしまう可能性が高く、特に一般に向けて公開する動画の場合は編集に注意が必要となります。

エレクトレットコンデンサマイク

コンデンサマイクと原理は同じですが、エレクトットコンデンサマイクにはエレクトレットという特殊な誘電体が使われています。基本的にはコンデンサマイクと同じく、音への感度が高い点が特徴です。

コンデンサマイクとの一番大きな違いは、電源が不要となっている点です。材料に電荷を持たせることで、電圧をかけなくても機能できるようになっています。また比較的安価であり、ヘッドセット型といった使い勝手のよいタイプもあるため、導入しやすさでアドバンテージがあるマイクだといえるでしょう。

ゲーム実況やトーク型の動画でよく採用されています。また携帯電話のマイク部分にも採用されています。

動画用マイクの選び方

続いて、動画用のマイクを選ぶ際のポイントを確認していきましょう。基本的な点から意外なポイントまで、動画作成を成功させるためにもしっかりと確認しておくことが重要です。

音質・感度

何といっても重要なポイントとなるのが、マイクの音質・感度だといえるでしょう。動画撮影において重要になるのは、画像はもちろん「音」もです。特に日常の中で目にする動画では、音質の違いによって受ける印象が異なってしまうこともあります。

「確実に説明を伝えるべき場面で音がかすれて聞こえない」といった状態では、動画の意味がありません。また、「怖がらせる」「感動させる」といった娯楽的な要素が高い動画の場合も、場面に合わせて音質を選べる方がクオリティを高められるでしょう。

例えば、ぼそぼそとした小さな声で演出して怖がらせたいような場面なのに、はっきりとした声でなければマイクが認識してくれないようでは興ざめです。反対に、屋外で景色の紹介やグルメリポートをしたいのに、感度が高すぎるマイクを使って肝心のリポートにノイズが入ってしまうようでもよい動画は撮れません。

撮るべき音や声のバリエーションを増やす、または自身の動画に合わせた音質や感度のマイクを選ぶ必要があるでしょう。音質の高さはもちろん、特に屋外での動画撮影がメインになる場合は、マイクの感度も重要なポイントになります。

指向性

マイクにはそれぞれに得意な指向性というものが設定されています。基本的な種類は以下のものになっているので、自身の動画スタイルに合わせたマイクを選択しましょう。

無指向性(オムニ・ノンディレクション)
指向性を持ち合わせていないタイプのマイクです。全方向の音を拾うので、複数人の会話や声を録音したいときに便利に使えるでしょう。会議の内容を録音する、複数人でゲームをしている音声を録音するなどの場面に向いています。

ただし無指向性なことから、マイクによって音が拾える範囲そのものに差が出る場合があります。「ごく狭い範囲しか拾えない」「ボリュームを上げることで範囲が広がる」など製品によって差があるので、購入時には範囲についても確認してみましょう。

単一指向性(カーディオイド)
名前の通り、1つの方向の音を拾うことに特化したマイクです。アーティストが使うボーカルマイク、単一楽器の演奏の際に利用されるマイクはこちらです。ただし、単一指向性のマイクには、指向先の幅にも種類があります。

単一指向性よりも幅が狭くなっているものが2段回あるので、動画内容によって種類を選ぶことが重要です。ちなみに、範囲が狭く背面方向の音を拾うのがスーパーカーディオイド、より範囲が狭くなるマイクがハイパーカーディオイドと呼ばれます。

双指向性(ツインディレクション)
こちらも名前の通り、双方向に指向性があるマイクを指します。わかりやすい例でいえば、ラジオ番組や対談で用いられる、2つの方向にマイクが付いたものです。正面からの感度が高く、側面からの感度が低いので、こちらも指向性がわかりやすいマイクといえるでしょう。

以上のように、ひと言でマイクとっても、様々な指向性があります。指向性の違いはノイズの入りやすさにも関わってくるので、しっかりと確認しておくことが重要です。

出入力の方法

マイク選びとして最も重要な要素の1つが、出入力の方法の違いです。どれだけハイスペックなマイクを購入したとしても、自身が持っているPCやビデオカメラに端子が合わなければ入力も出力もできません。

接続端子の種類は以下の通りです。

USB昨今増えている接続端子がUSB方式です。主にPCの接続方式として使われています。
3.5mmミニプラグ        一般的に家庭用の機器で使われている出入力端子です。家庭用ビデオカメラや一眼レフカメラなどに用いられています。
スマホに使える端子にもよく似ていますが、スマホのものは3.5mmミニプラグではなく4極端子なので注意が必要です。
XLR業務用のビデオカメラに用いられる接続端子です。基本的に一般家庭で見ることは少ないでしょう。
しっかりと接続できるようになっているので、利用時のぐらつきなどがなく安定して利用することができます。

価格

最後に知っておきたいポイントは、マイクそのものの価格です。精密機械であるだけに、価格と性能はイコールな面もありますが、初心者が初めから高価なマイクを購入しても性能を活かしきれない面があります。

「購入したものの結局使わなかった」ではもったいないだけです。しかし、だからといって安価さだけを求めて購入した場合も、使い勝手が悪い、音質が悪すぎて使えないといったこともあるでしょう。

コスト面と同時に、自身が撮りたいと考えている動画に合ったマイクを選べることが大切です。まずは音質や指向性を自身の動画内容に合わせて選定し、条件に合うもので数千円のマイクから試してみるのが無難でしょう。

もちろん、これからたくさん動画を作成する予定があるという方は、初めから好みのマイクを選んで動画制作に取り組むのもよいでしょう。

マイク選びのポイントは「感度」と指向性

ここまで、動画作成に必要となるマイクについて紹介してきました。結局のところ、動画用のマイクに必要なポイントは「感度」と「指向性」だといえるでしょう。

したがって、よほど特殊な動画を撮るのでもなければ、ビデオカメラに内蔵されているマイク、外付けのマイクのどちらでも問題なく動画を撮影することができます。
もちろんこの記事で紹介してきたように、動画にとって「音」は非常に大切なものです。内容に合わせたマイクを選んで撮影することで、より内容を深く感じさせることも可能でしょう。

自身が持っているビデオ、一眼カメラのマイクの性能を確認したうえで、マイクの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

まずは動画を撮ってみよう

面白く、人に見てもらえる動画作成のためには、映像のほかにマイクの選び方も大切だとお伝えしました。しかし、動画制作のために形から入って、機材をそろえただけで満足してしまうということもあります。

現在は、様々な場面で動画を見られるものです。趣味はもちろん、YouTubeで広告収入を得ること、また企業の経営戦略の1つとしても、動画制作は大きな注目を集めています。あらゆる人が、あらゆる理由で動画作成を行っているからこそ、自分もやってみようと考えるだけで終わってしまう方も多いのです。

しかし、せっかく動画を作成してみようと考えたのであれば、実際の制作にも着手してみるのがよいでしょう。マイクや機材にこだわることも大切ですが、まずは気軽に動画を撮ってみてはいかがでしょうか。

スマホだけでも動画の撮影は可能です。気軽に撮影して面白い動画が作れることもあるでしょう。まず撮影してみないことには、機材が活躍するチャンスもありません。

以下のリンク先の記事では、動画撮影のコツや編集のポイントなどにも触れているので、ぜひ参考にしながら自分だけの動画撮影にチャレンジしてみてください。

まとめ

今回は、動画撮影に必要となるマイクの種類や選び方について紹介しました。スマホや一眼レフカメラの普及によって、一般の方でも気軽に動画撮影ができるようになったからこそ、本格的な機材の購入には至りづらくなっている面もあります。

しかし、プロが扱う機材には、プロが使いたいと考えるだけの理由があります。よりクオリティの高い動画を作成したいと考えるのであれば、ぜひ本記事を参考にして自分に合ったマイクを選んでみてください。もちろん、スマホやカメラの内臓マイクだけでも動画撮影は可能なので、気軽に始めてみることが大切です。

制作したい動画があるなら、まずは気軽に1本を撮ってみてはいかがでしょうか。その上で必要な機材を導入するという方法もあります。適切なツールや機材を用いて思い通りの動画を制作してみてください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする