1. TOP
  2. 動画編集
  3. 効果的なプロモーション動画の作り方|動画を作る際の8つのコツ

効果的なプロモーション動画の作り方|動画を作る際の8つのコツ

近年、スマートフォンの普及とともに、動画視聴のデバイスがパソコンからスマートフォンに移行すると、動画は消費者にとってより身近な存在になりました。

従来から台頭しているYouTubeなどの無料動画配信サービスだけでなく、Netflixなどの新しい動画配信サービスも加わり、動画広告市場は年々規模を拡大しています。

そんな中で、プロモーション動画がもたらすメリットや作り方のポイントなどを紹介していきます。

プロモーション動画がもたらす4つのメリット

プロモーション動画は、新聞やチラシ、雑誌などの文字・写真で訴求する紙媒体による広告とは異なるメリットを持っています。プロモーション動画がもたらすメリットを知り、より効果的な動画を制作しましょう。

幅広い年齢層や言葉を超えた表現で伝えられる

プロモーション動画による発信は、文字だけの広告にくらべてより消費者をその世界観に引き込むことができます。思わず見入ってしまう映像や、口ずさんだりしてしまう音楽は、言葉で伝えるよりも大きな影響を与えるでしょう。

また、文字を読めない子どもでも、自然に目や耳から情報が入ってくる動画は受け入れやすいため、幅広い年齢層に訴求できます。

音と動きで商品のイメージが伝えやすい

プロモーション動画のメリットのひとつは、言葉で説明が難しいイメージやコンセプトを表現し伝えることができることです。そして、消費者に抱いて欲しいイメージを反映させた映像やBGMなどを使うことで、ブランディングに効果を発揮するでしょう。

また、プロモーション動画は消費者が商品の購入前にイメージを掴むためなどにも利用されます。プロモーション動画は企業側と消費者側、どちらにも有意義なコンテンツであると言えます。

視聴覚からの情報量で記憶に残りやすい

動画コンテンツは、記事コンテンツにくらべて記憶の定着率が高く、文字を読むよりも記憶に残りやすい利点があります。また、プロモーション動画は、ビジュアルだけではなくナレーションやBGMなどを使った演出を盛り込むことができます。

視聴者は視覚および聴覚で効率よく情報を得ることができ、内容やメッセージ、イメージが視聴者の記憶に強く残るでしょう。

視聴者から拡散されやすい

ブランディングに関わる要素として、今やSNSでの情報発信は欠かせません。また、魅力的なプロモーション動画はSNSで拡散されやすいため、よりブランディングを推進しやすくなるでしょう。

プロモーション動画は集客を高める効果もあるため、SNSとの相乗効果によって、認知度を高められる可能性もあります。

効果的なプロモーション動画の作り方のコツ8つ

多くのメリットを持つプロモーション動画ですが、漠然と取り組んでも効果は期待できません。動画コンテンツが溢れる現代において、効果的なプロモーション動画の作り方にはいくつかのポイントがあります。

商品やサービスの伝えたいメッセージを絞る

プロモーション動画の制作に取り組み始めると、自社の商品やサービスに関する魅力やメッセージを存分にアピールしたくなります。しかし、魅力やメッセージをすべて伝えることは困難です。

また、多くのメッセージを持った動画は、商品やサービスの魅力が薄れて視聴者を混乱させます。プロモーション動画を作る際は、まず目的や伝えたいことを明確にし、それらに優先順位をつけて絞りこみます。定めた動画のテーマや方向性に沿って作り始めましょう。

ターゲット層を明確にする

動画の構成は、「いつ」「どこで」「だれに」「なぜ」を考慮して設計していきますが、特に「だれに」および「なぜ」が重要視されます。動画を作る際は、ターゲット層を明確にすることが欠かせません。

アピールしたいターゲット層を想定し、その人たちに向けたプロモーションを意識することが重要です。ただし、商品やサービスによっては、特定の人たちをターゲットにしつつも、一般消費者全体にアピールする動画の作り方を取り入れる場合もあります。

ターゲット層が求めている情報を捉える

ターゲット層が定まったらその層が何を望んでいるのか、何を解決したいのかを知る必要があります。効果的なプロモーション動画を作るうえで、情報の収集は重要です。

たとえば、商品やサービスの機能性や専門用語などを並べても、視聴者は興味を失います。しかし、ターゲット層が望み、得たいものを動画で発信することで、ユーザーの信頼を得ることができ、ブランディングの確立にも役立ちます。

ストーリー性のある動画にする

ストーリー性のある動画は、視聴者に共感や期待を抱かせます。魅力的なプロモーション動画は、短い時間の中にストーリー性があり、視聴者を惹きつけ、その世界観に引き込むことができるでしょう。これは、ブランディングにも効果的です。

ただし、ストーリー性だけに注力するあまり、自社の商品やサービスに関連付けることを忘れないようにしましょう。

冒頭にインパクトがある内容にする

注目される動画は冒頭で視聴者に与えるインパクトが違います。その点、動画は映像やナレーション、音楽などで、瞬時に人の心を掴むことができるため有利です。

冒頭の数秒で視聴者にインパクトを与え、その後に商品名・サービス名やそれらの活用方法、利用シーン、そのメリット、企業名など大切な情報を発信するとより訴求効果が高いでしょう。

動画時間は短めに作る

プロモーション動画はテレビCMよりも、多くの情報を発信する媒体です。しかし、長すぎる動画は内容が冗長になりがちで、視聴者が途中で離脱する可能性が高くなります。

プロモーション動画には多くの情報を詰め込みたくなりますが、動画時間は短めに作るよう心がけましょう。

テンポの良い映像に編集する

より効果的なプロモーション動画の作り方は、テンポの良い映像に編集し視聴者を飽きさせないことが大切です。

まず、撮影したものをただ繋ぐだけでなく、不要な部分をカットします。また、画面の切り替えやズームアップなどを活用するとメリハリがついて視聴者の興味が長続きするでしょう。

スマートフォンでの視聴に合わせた動画にする

プロモーション動画はスマートフォンで手軽に見られるため、より身近になっています。今では YouTube や Instagram、Twitter、Facebook、TikTok など多くのプラットフォームで配信できます。

スマートフォンでの視聴に合わせたプロモーション動画を制作するよう意識しましょう。これによってSNSで拡散される可能性もあり、2次的な広告効果も期待できます。

また、主にどのプラットフォームで配信するかによっても求められる雰囲気が異なります。想定するプラットフォームの性格に合った作り方をしましょう。

ナレーションや音楽を印象的に入れる作り方

ナレーションや音楽は、プロモーション動画の印象や効果を左右する重要な要素です。ナレーションや音楽を印象的に入れるプロモーション動画の作り方について確認していきましょう。

キーワード部分にナレーションを入れる

プロモーション動画には、強調したい部分やキーワードとなる部分にナレーションを入れましょう。ナレーションは映像の補足的な役割をし、加えることでより理解しやすい動画になります。

ナレーションは、聞き取りやすい声で映像に合った内容を簡潔に伝えましょう。難解な説明や回りくどい言い方はよくありません。また、映像を見て分かることにナレーションは不要です。

映像に合ったBGMで惹きつける

プロモーション動画において、BGMは雰囲気や世界観を作り出すのに大きく貢献します。映像に合ったBGMをつけることで、特に視聴者が意識していなくても、迫力を出したり、惹きつけたりすることができます。

商品・サービス、企業のブランドイメージにマッチしたBGMを選ぶと良いでしょう。ただし、著作権で保護されている音楽を使うためには、使用申請や使用料の支払いが必要です。

出典:著作権と利用手続き | 一般社団法人日本音楽著作権協会 JASRAC

参照:https://www.jasrac.or.jp/copyright/use/index.html#anc02

魅力的なプロモーション動画を作ろう

プロモーション動画の制作を自社で行うなら動画自動生成ソフト市場シェアNo1の動画制作・編集ツール「Video BRAIN」もご検討ください。Video BRAINなら素材とテンプレートを入れるだけでプロモーション動画の制作が可能。テンプレートも豊富で未経験の方でも今すぐ動画制作を始められます。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする