1. TOP
  2. 動画編集
  3. 動画編集の依頼方法は2つ!選び方や安く依頼するコツを紹介

動画編集の依頼方法は2つ!選び方や安く依頼するコツを紹介

昨今、動画を活用して自社の商品やサービスを訴求する企業が増えてきました。きっと「動画編集をどこかに依頼したいけれど、依頼方法がわからない」「なるべく安く動画編集を依頼したいが、どのような工夫をすればいいのかわからない」このような疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

動画編集を依頼するには、動画制作会社に依頼する方法と、個人(フリーランス)の動画クリエイターに依頼する2通りの方法があります。

本記事では、それぞれの方法で依頼する場合の費用やメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。

動画編集を依頼する方法は2つ

動画編集を外注する場合、企業と個人に依頼する2つの方法がありますが、それぞれで依頼方法や費用は大きく変わってきます。まずは、それぞれの違いや依頼方法について解説します。

企業

本格的な動画を制作したい場合は、動画制作を専門とする企業に依頼するのがおすすめです。動画制作企業は「どのような動画を作るか」だけでなく、「どうやって伝えたい人に届けるか」といったコンテンツ企画やマーケティング戦略まで対応していることが多く、動画制作をすべてお任せすることができます。

動画制作企業に依頼する場合は、公式ホームページを確認し、実績動画を見てイメージに合うかどうかを確認するとよいでしょう。実写での撮影や、グラフィック、CG、アニメーションなど、企業によって強みが異なり、金額も変わってきますので、どのような動画を作りたいかによって適切な企業は変わります。

個人

基本的な部分は自社で内製し、一部の工程のみを依頼したい場合や、比較的簡単な内容の動画を制作したい場合には、個人(フリーランス)の動画クリエイターに依頼するのがおすすめです。

個人に依頼する場合は、以下のようなクラウドソーシングサイトを利用すれば気軽にクリエイターとコンタクトをとることができるでしょう。

・クラウドワークス
・ランサーズ
・ココナラ
・ダイレクトクリエイターズ

個人のクリエイターは人によるスキルの差が大きいため、実績動画を見せてもらい、どのようなスキルを持っていて、どのような動画が作れるかを確認した上で依頼するようにしましょう。

動画編集を企業に依頼する場合

それでは、動画編集を企業に依頼するときの費用相場や、メリット・デメリットについて解説します。

費用相場

動画制作を企業に依頼する場合の金額は、動画の長さや内容によっても大きく変わりますが、大体は5万円~50万円で、平均すると20万円程度が相場といえるでしょう。
動画の素材を自社で準備して提供するなど、工夫すればその分費用をおさえることもできます。

メリット

マーケティングや企画などをすべてお任せできる

一番のメリットは、動画制作のすべての工程をお任せできることです。
動画制作企業には数多くのスタッフが在籍しており、企画やマーケティングから撮影、編集まで、すべての工程を行えるようになっています。

そのため、自社に動画制作についての知識を持つ従業員がおらず、準備を行っていなかったとしても、すべてお任せで動画を作ってもらうことが可能です。

完成度の高い動画が作れる

企業に依頼した場合、完成度の高い動画を作ってもらえることもメリットです。

ある程度実績のある動画制作企業であれば、映像の撮影や編集において多くのノウハウを有しています。また、ディレクターやカメラマン、演出家など、各工程のプロフェッショナルがスタッフとして在籍しています。

そのため、動画を自社で制作したり、個人に依頼したりする場合と比較して、よりクオリティの高い仕上がりの動画が期待できるでしょう。

納品スピードが速い

納品スピードが速いことも、企業に依頼するメリットです。
チームで動画制作・編集を行っていますので、個人や自社制作する場合に比べ、スピード感をもって動画を納品してもらいやすくなります。

デメリット

価格が高い

一番のデメリットは価格です。費用は5万円~50万円程度が相場といわれていますが、例えばCGの追加や撮影の依頼など、作業が大規模になるとさらに価格は高くなります。

個人に依頼する場合のように、一部の工程だけを依頼することは難しいので、費用をおさえることは難しいでしょう。

依頼後の変更や修正は難しい

もう1つのデメリットは、一度依頼をして動画を制作し始めたら、途中で内容の変更や修正を入れるのは難しいということです。

ある程度は融通が効く場合もありますが、自社制作や個人に依頼するときのような柔軟性はなく、追加の予算を請求される場合もあります。
後々トラブルに発展しないためにも、契約時に修正があった場合の対応について定めておくことをおすすめします。

動画編集を個人に依頼する場合

続いて、動画編集を個人に依頼するときの費用相場や、メリット・デメリットについて解説します。

費用相場

動画制作・編集を個人に依頼する場合は、企業の半額~7割程度の価格で依頼することができます。個人で対応できる作業規模も限界があることもあり、費用は5万円~15万円程度が相場といえるでしょう。

また、テロップ入れや映像編集など、一部の工程のみを依頼することもでき、その場合は5,000円~と、より安価に作業してもらうこともできます。

メリット

価格が安い

個人に動画編集を依頼する一番のメリットは、企業に依頼した場合の半額~7割と、価格を安くおさえられることです。その理由は、企業に依頼した場合、実際の工数以外にも企業を維持するための様々な経費が費用として上乗せされますが、個人の場合は純粋な工数のみしか費用が発生しないためです。必要経費が少なく済むというだけなので、「価格が安いからクオリティが低くなる」ということもありません。

作業ごとに依頼することができる

2つ目のメリットは、動画編集に必要な作業を分けて依頼しやすいということです。
動画制作には、企画、撮影、編集、修正など、様々な工程があります。個人に依頼する場合は、一部の工程のみの依頼や、テロップやナレーションの挿入など特定の作業に限った依頼も可能になります。

自社で企画やマーケティングを含め、ある程度動画制作ができる場合は、一部の作業のみを依頼することで、より費用をおさえて動画制作ができるようになるでしょう。

変更や修正などに柔軟に対応してもらえる

3つ目のメリットは、依頼後に変更や修正があった場合でも、柔軟に対応してもらいやすいということです。

依頼後に作りたい動画の内容が変わったり、コミュニケーション不足でイメージしていたものと実際の動画の雰囲気が異なっていたりすることはよくあります。
しかし、企業に依頼している場合は、多くの人が制作に関わっていることもあり、制作中の変更や修正に対応してもらえない、追加の費用がかかってしまう、ということも多々あります。

それに比べ、個人の場合は基本的には一人ですべての作業をしているため、ある程度の修正は快く受け入れてもらえることが多いようです。

デメリット

依頼する人によってクオリティに差がある

1つ目のデメリットは、人によってサービスの質が大きく異なることです。
個人の場合は、クラウドソーシングのサイトなどで依頼をすることになりますが、特にクオリティが担保されているわけではないため、依頼したクリエイターによってクオリティは大きく変わってきます。

最悪の場合、依頼の途中で連絡が滞ってしまうということも考えられます。また、よいクリエイターに出会えたとしても、継続して依頼できるとは限りません。
信頼して長期で任せられるクリエイターに出会うまでには、一定時間がかかるということにも留意しておくとよいでしょう。

マーケティングや企画を自社で行う必要がある

2つ目のデメリットは、マーケティングやマネジメントは自社が行わなければならないということです。

個人ではできる作業量には限界があるので、個人で活動している方に仕事をすべてお任せするのは難しいでしょう。依頼を効率的に進めるためにも、具体的な作業領域をこちらから指示するのが適切です。

また、個人の場合はマーケティングの知識が浅い場合も多く、マーケティングについては自社で考えておく必要があります。

撮影地の提供やキャスティングなどの準備を自社で行う必要がある

3つ目のデメリットは、撮影を行う場合、撮影地やキャスティングなどの準備は自社で行う必要があるということです。

企業に依頼した場合は、企業が専用の撮影スタジオを持っている場合が多く、キャスティングについても依頼できることが多いですが、個人の場合はそうはいきません。

これらの準備が難しい場合は、企業に依頼した方がよいでしょう。

動画編集の依頼先の選び方

企業と個人に依頼した場合のメリット・デメリットを比較しましたが、動画編集の依頼先をどのように選ぶかによっても、動画のクオリティは大きく変わってきます。
そこで、ここからは動画制作・編集の依頼先の選び方についてお伝えします。

制作する動画のコンセプト

企業でも個人でも、得意なジャンルはそれぞれで変わってきます。実写やアニメーション、CG、VRなど、どんなコンセプトの動画を作りたいかによって依頼先を選定する必要があります。

求めている動画制作ができるかどうかは、過去の制作コンテンツを参考にある程度判断できますので、複数の選択肢を比較して、イメージに合う企業や個人を選ぶようにしましょう。

実績の有無

動画制作・編集の実績があるかどうかも非常に重要です。実績が豊富なことはもちろん、企業であればクリエイターや脚本家などが在籍しているかどうかも、制作できる動画のクオリティの判断材料になります。

企業の場合はWebページに実績が掲載されており、個人の場合でも実績を示してもらうことは可能なので、動画のクオリティを簡単に確認できます。

費用・予算

予算の目安については上述の通りですが、特に企業の場合、見積もり金額は企業ごとに大きく変わってきます。
作ってもらいたい動画のイメージがついている場合、3社程度に依頼して相見積もりをとるようにするとよいでしょう。

依頼時の費用を安くおさえるコツ

動画制作には一定の費用がかかりますが、依頼の方法によっては安くおさえられることもあります。ここでは動画制作費用をおさえるコツを紹介します。

作業工程を分けて依頼する

動画制作・編集には様々な工程や作業があり、すべての作業を依頼すると当然費用は高額になります。予算がどうしても足りない場合は、作業工程を細かく分け、それぞれの作業を具体的に指定することで、価格を安くおさえることが可能な場合があります。

しかし、この場合は全体のディレクションや企画・マーケティングは自社で実行する必要があることに注意しましょう。

動画テンプレを作成しておく

YouTube動画など、定期的に更新する必要がある動画については、テンプレートを用意しておくのがおすすめです。 一度テンプレートを作っておくことで、アレンジを加えるだけで動画が量産できるようになるため、動画作成にかかる工数を削減でき、費用をおさえることができます。

自社で動画制作するならVideo BRAINがおすすめ

ここまで、企業と個人、それぞれに動画制作・編集を依頼した場合のメリット・デメリットや費用相場をお伝えしましたが、できる限り自社で動画制作・編集を行いたいと考えていらっしゃる方もいるかと思います。

もし、自社制作を検討する上で、工数・動画編集スキル・予算の観点でお悩みでしたら、AIが動画編集をサポートしてくれる動画作成ツール「Video BRAIN」をおすすめします。

動画編集においては、テロップ挿入やトリミングなど、細かく煩雑な作業が多く、多大な工数を要しますが、Video BRAINではこれらの作業をAIが自動で行ってくれるので、工数を大幅に削減することができます。

また、動画編集における専門スキルがない方でも、直感的に分かる操作画面で、安心して動画作成が可能です。テンプレートの種類も多彩で、無料で使える素材も約528万点あり、フォントも約200書体ありますので、オリジナリティのある動画を月額定額制で量産できるのもメリットです。

できる限り自社で動画制作・編集を行いたいと考えていて、

・なるべく制作工数を削減したい
・専門スキルがない人でも簡単に動画を作れるようにしたい
・なるべく低予算で量産したい

という方は、Video BRAINを利用することで大きなメリットを享受できるでしょう。ぜひ利用を検討してみてください。

まとめ

今回は、動画編集を企業に依頼する場合、個人に依頼する場合、それぞれにおけるメリット・デメリットや費用相場、依頼方法についてお伝えしました。

企業に依頼した場合、すべての作業をお任せできたり、高いクオリティの動画を作ってもらえたりするメリットがありますが、その分価格は高額になります。一方、個人に依頼した場合、企業と比べて半額~7割程度の価格で依頼できるので費用をおさえられます。また、一部作業だけを依頼することもでき、様々な要望に柔軟に対応してもらえるのがメリットです。しかし大規模な動画を丸投げするのは難しく、さらにクオリティが担保できないというデメリットもあります。

自社でどこまで作業ができるのか、かけられる予算によってどちらに依頼するかを決めるとよいでしょう。

また、自社でもできる限り動画作成・編集作業を行いたいという方は、Video BRAINを活用してみるのもおすすめです。予算や動画の目的に合わせて最適な方法を選んでいきましょう。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする