1. TOP
  2. 動画編集
  3. フリーランスへの動画編集依頼は得か?料金相場やメリット、依頼方法を解説!

フリーランスへの動画編集依頼は得か?料金相場やメリット、依頼方法を解説!

近年、会社などの組織に所属せず個人で業務を請け負うフリーランスが増えています。フリーランスとして活用する人の職種はさまざまですが、SNSの普及により動画編集をおこなうフリーランスも多くなってきている傾向です。

そこでこの記事では、フリーランスへの動画編集依頼について解説します。料金相場やメリットがわかれば、フリーランスへの依頼のほうが自社にはあっていることに気づくかもしれません。最善策を見極めるためにも確認してみましょう。

フリーランスへ動画編集を依頼するときの料金相場

リモコンを持っている男性

中程度の精度で自動的に生成された説明

最初に紹介するのは、フリーランスへ動画編集を依頼するときの料金相場です。すべての業務を個人がおこなうケースがほとんどであり、制作会社とはシステムが大きく異なります。会社に依頼するときと同様、相場を把握するのはスムーズな制作のために大切です。フリーランスという形態の特徴や料金相場、料金の決まり方などを解説します。

フリーランスとは?

フリーランスとは組織に所属せず個人で契約から業務遂行までおこなう働き方をする人です。ライターやデザイナー・プログラマーなどクリエイティブな分野を中心にさまざまな職種の人がいます。動画編集をおこなうフリーランスもいます。フリーランス動画編集者がおこなう主な仕事は以下のとおりです。

・映像素材のカットや編集
・テロップや字幕の挿入
・エフェクトやBGMの挿入
・素材の選定・収集

フリーランスの動画編集者は基本的に編集部分のみを請け負います。そのため基本となる映像素材の撮影は自社でおこなう作業となります。その他の素材も自社から提供するケースが多いです。もしフリーランスの人が素材を選定・収集した場合は、有料素材の立て替え分を追加で支払います。

制作会社の場合は企画や撮影などを含めて丸投げできますが、フリーランスの場合は編集に特化している人が多いです。一貫して作業してくれるフリーランスもいるため、依頼相手を探すときには注意しましょう。

フリーランスの料金相場

フリーランスの料金相場は15万円ほど、価格帯としては10万円~30万円です。ただし動画編集の料金は内容によって大きく変わります。尺の長さ・専門性の高い特殊な技術の必要有無・工数などの理由によって料金はまったく異なるため、料金相場を一概に表すのは難しいです。

さらにフリーランスの場合、個人のスキルによっても相場が変わります。フリーランスとして駆け出しの人や実績があまりない人であればかなり安く、数万円程度で編集を依頼できることもあります。フリーランスの動画編集者に依頼する場合は費用の幅が大きいことに注意が必要です。

フリーランスの動画編集料金の決まり方

フリーランスの動画編集者は自身で料金を決めるケースが多いです。動画編集の経験が豊富で強い自信を持っている人なら高め、駆け出しで公開できる実績がそれほど多くない人なら低めの傾向にあります。

持っているスキルによっても料金が変わります。たとえば3DCGなど特殊な技術が必要な動画編集をできるフリーランスであれば、その分高い料金を設定します。いずれにせよフリーランスの料金設定は、個人の力量や判断による部分がかなり大きいという認識が必要です。

フリーランスに動画編集を依頼するメリット

スーツを着た男性

自動的に生成された説明

フリーランスとして個人で仕事を進める人への動画編集依頼には、制作会社にはないメリットがあります。フリーランスへ依頼したことがなければあまり良いイメージを持てないかもしれません。しかしフリーランスの動画編集者に関するメリットを把握し、そのうえで個人と会社のどちらに依頼するか決めるべきです。それでは具体的なメリットを紹介します。

コストが抑えられる

もっとも大きなメリットは、制作会社への依頼に比べてコストが抑えられる点です。先述したようにフリーランス編集者に依頼した場合の料金価格帯は15万円~30万円ほどですが、制作会社に依頼したらこれほどの低価格は難しいです。

フリーランスの場合、制作会社のような莫大な人件費が必要ありません。制作会社ほどの高額設備や立派なオフィスなどはないかもしれませんが、個人で活用する分にはそれで十分です。そのためコストを抑えての動画編集が依頼できます。

柔軟に対応してもらえる

フリーランスのほうが納期や編集に関する希望などに対して柔軟に対応してもらえる傾向が高いです。制作会社の場合は携わる人数や並行して抱えている業務の量・会社独自のルールなどといった関係上、希望が通らないケースもあります。

その点、個人はそのようなしがらみが多くありません。自分一人で業務を進めるため柔軟な対応がしやすいです。後からの修正リクエストなども応えてくれる人が多いです。融通が効くため理想通りの動画編集を進められます。

フリーランスの動画編集者を探す4つの方法

制作会社に比べ、フリーランスの動画編集者を探すのはやや難しいです。フリーランスの場合は自身のサイトを持っていない人も多いため制作会社と同じ探し方では見つけにくいです。フリーランスに動画編集を依頼するのであれば、フリーランスに適した探し方をする必要があります。フリーランスの動画編集者を探すための方法を4つ紹介します。

クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドソーシングサイトとは業務委託のやり取りをおこなうサイトです。依頼したい業務を案件として発注し、応募した人の中から依頼相手を決めて契約します。多くのフリーランスがクラウドソーシングを利用して業務を探しています。

日本における大手クラウドソーシングサイトは「ランサーズ」「クラウドワークス」の2種類です。発注者側には手数料がかからないため、手軽に活用できます。

クラウドソーシングサイトでフリーランスを探す主なメリットは以下のとおりです。

・利用者が多いため応募数が期待できる
・プロフィールやポートフォリオシステムがあるため実績を確認できる
・契約から納品までをスムーズに進めやすい

ただし以下の注意点もあります。

・契約書の締結等をしないケースが多いため少し不安が残る
・スキルや経験のない初心者のみが集まる可能性がある

スキルシェアマーケットを利用する

スキルシェアマーケットとは個人のスキルを提供し仕事を請け負うサイトです。クラウドソーシングサイトと異なり、受注側がスキルや対応可能な業務内容を提案・それを見た依頼者が仕事を依頼するケースが多いです。

スキルシェアマーケットの数は多いですが、動画編集者を探すなら「Coconala」「SKIMA」等が適しています。スキルシェアマーケットでフリーランスを探す主なメリットは以下のとおりです。

・対応できる業務範囲について詳細に記載しているケースが多いため探しやすい
・スキルを売るというシステム上、自身のスキルや実績が詳細に記載されている
・柔軟に対応してくれる人が多く、納期や追加業務の調整などがしやすい

ただし以下の注意点もあります。

・たくさんいるフリーランスのなかから探さなければいけないためやや手間がかかる
・求めているスキルが提供されていないケースがある

知り合いから探す

動画編集ができる知り合いに依頼するのも1つの方法です。動画の需要が高まりつつあるため、動画編集の技術を持つ人も増えています。

いくら知り合いであっても仕事の依頼であるため、契約書の用意や打ち合わせは必要です。スキルを確認するために過去の制作物を見せてもらう・料金についてしっかり話し合います。

特に以下の点には注意点が必要です。

・プライベートとの切り離しができず指摘や注意などがし辛い場合がある
・知り合いという関係上甘えられてしまう可能性がある

SNSで探す

SNSを運用しているフリーランスは多いです。「動画編集 フリーランス」などのキーワードで検索する、気になるクリエイターがいれば直接フォローするなどしてつながります。

SNSから依頼する場合、まずは信頼してもらう必要があります。いきなり仕事を依頼するのではなく、まずは挨拶や丁寧なメッセージなどを送り関係性を深めていきます。過去の制作物や料金については早めに確認します。

SNS経由で依頼する場合は、以下の点に注意が必要です。

・丁寧なやり取りでしっかりと信頼関係を築く
・SNSだけで完結させず具体的な仕事依頼はメールや契約書などでおこなう

フリーランスに動画編集を依頼する際の注意点

フリーランスに動画編集を依頼する際には以下の点に注意します。

・1つの動画制作につき複数人に依頼する
・過去の制作物や取引相手など実績を確認する
・会社に合った人柄で相性が良い人を選ぶ

制作会社へ依頼するときと同様に、複数の人に依頼をして比較・検討が必要です。フリーランスは個人の力量によって大きく左右されるため、クオリティの違いや制作できる動画の種類や特徴などを把握しなければなりません。また費用感を知るためにも、複数人による比較が大切です。

過去の制作物や取引相手など実績の確認もします。実績を確認し理想的な動画編集を期待できる相手に依頼をするべきです。

また、仕事をスムーズに進めるには人柄や相性も大切です。どんなに実績豊富で能力が高い人であっても、相性が悪ければストレスの原因や仕事の難航につながります。費用感や実績などを確認しつつ、最終的には人柄で決めると仕事が進めやすくなります。

動画自動生成ソフトなら自社でも簡単に動画編集ができる

動画編集を外部に依頼せず自社でおこなうのも1つの手です。その際は特別なスキルやノウハウがなくても手軽に動画編集ができる動画自動生成ソフトの活用が効率的です。

動画自動生成ソフト「Video BRAIN」にはAIが搭載されており、自動で動画が制作されます。担当者がおこなうのは写真や映像・テキストといった素材のアップロードと細かな編集・修正のみです。AIが素材と文章を自動でマッチングし高クオリティな動画を実現させます。

直感的な操作性と編集自由度の高さが両立しているため、動画制作の経験がない人でも容易に利用できます。そのうえ月額定額制で本数無制限ということで、短い時間で高頻度の動画制作が可能です。動画制作費用を安く抑えるのであれば、自社制作が最適です。ぜひご検討ください。

まとめ

三脚の上に立っている男性

中程度の精度で自動的に生成された説明

フリーランスの動画編集者に依頼する大きなメリットは、コストの安さと対応の柔軟性です。動画制作をより低コストで実現させたい会社に適しています。ただし制作会社以上に個人の力量に左右される部分が大きいため、依頼する相手を選ぶときには注意が必要です。

クラウドソーシングサイトやスキルシェアマーケットなどフリーランスを探す手段はいくつもあります。それぞれのメリットや注意点などを考慮したうえで、自社に合った探し方をするとスムーズに進められます。

とはいえ、動画編集のコストを安く済ませるなら自社でおこなうのがもっとも効率的です。Video BRAINであれば高品質な動画を低コストで手軽に制作できます。自社制作を検討している・動画編集コストを安く抑えたいと考えている企業の方は、ぜひご検討ください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする