1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画編集
  4. 初心者が動画編集を難しいと感じる理由や対処法を紹介

初心者が動画編集を難しいと感じる理由や対処法を紹介

「動画編集は難しい」。動画編集未経験で使用するツールや作業工程などの知識もない方は、そう感じるでしょう。しかし、動画編集の作業は幅広く、すべてが難しいわけではありません。正しく手順を踏めば未経験でもできますし、初心者の動画編集をサポートしてくれるツールもあります。

そこで本記事では、動画編集を難しいと感じてしまう理由やその対処方法、初心者が動画編集を始めるコツを解説します。初心者におすすめの動画編集サービスも紹介するため、チェックしてみてください。

 

動画編集の難易度 

近年動画編集のスキルを求める人や企業は増えていますが、動画編集は簡単にできるものから難しいものまでピンキリです。動画編集は初心者でも身につけやすいスキルであると言われる一方、難しいとも考えられています。

トップYouTuberが配信している動画のようなクオリティの動画を制作したい、本格的に動画編集で稼ぎたいなどの場合は、動画編集について学べるスクールやWebサービスのサポートを受けるのが一般的。その場合、スキルを習得するまでに3ヶ月〜半年近くかかります。そして動画編集を学ぶなかで難しいと感じるポイントがあったり、つまずいてしまったりするとさらに時間がかかり、スキルを身につける前に挫折してしまうこともめずらしくありません。

しかし、初心者が動画編集を始める際に難しいと感じるポイントは、事前に対処方法を知っていれば無理なく乗り越えられることが多いのも事実です。

初心者が動画編集を難しいと感じる理由

初心者が動画編集を難しいと感じる理由はいくつかあり、代表的なのは以下の4つです。これらの理由で動画編集が難しいと感じている方は、対処方法をご紹介するので改めて取り組んでみましょう。

・レベルの高い動画と比較してしまう
・専門用語が多い
・1本の動画を作るのに予想より時間がかかる
・動画編集するために必要な作業がわからない

レベルの高い動画と比較してしまう

レベルの高い動画と下手な自分の動画を比較してしまうことで、動画編集が難しいと感じる初心者の方は多くいます。これは、一昔前よりも手軽にレベルの高い動画を見られるようになったことが影響していると考えられます。

近年は、YouTubeをはじめとする動画配信サイトで簡単に動画を見ることが可能です。そして人気YouTuberや広告として流れてくる動画は、ハイクオリティなものばかり。クオリティの高い動画はプロレベルの動画編集者が制作していることが多く、初心者がいきなり挑戦しようとしても不可能に近いといえます。

初心者のうちからプロと同レベルのクオリティの動画を目指すと、動画編集は難しいと感じ挫折しやすいため、あくまでいずれ到達したい目標としておくのが良いでしょう。クオリティを重視しなくても、伝えたいことがきちんと伝わるよう工夫すれば相手にメッセージを届けられる動画が作れます。

専門用語が多い

専門用語が多いことも、初心者が動画編集を難しいと感じてしまう理由のひとつです。専門用語が多いと意味を調べるだけで時間と労力がかかってしまい、難しいと感じやすくなってしまいます。

しかし、動画編集のスキルを身につけたいのであれば、少しずつでも専門用語を覚えていかなければなりません。一度専門用語の意味を覚えてしまえば、だんだんとスムーズに動画編集をこなせるようになるでの、焦らずにコツコツと覚えていきましょう。

動画編集の中でよく使われる用語

・トリミング
・エフェクト
・フレームレート
・ビットレート
・コーデック

1本の動画を作るのに予想より時間がかかる 

初心者が動画編集を難しいと感じるのは、1本の動画を作るのに予想していたよりも時間がかかってしまうからという理由もあります。

例えば、10分程度の動画を動画編集のプロが本気で作り上げた場合、3時間ほどかかるのが目安です。初心者の場合はさらに時間が必要になり、8時間以上かかってしまうことも珍しくありません。

挫折しないためにも、はじめのうちは複雑な編集や細かいこだわりを意識するのではなく、シンプルに内容を伝えることを意識してみましょう。

動画編集するために必要な作業が分からない

動画編集をするために必要な作業がわからないというのは、初心者が動画編集を難しいと思う理由の最たるものではないでしょうか。動画編集をしようと思っても、何から手をつければいいのか、どのような工程を踏んで作業をしていけばいいのかがわからなければ、難しく感じてしまうのは当たり前のことです。

初心者が動画編集を始める場合は、編集環境の準備と編集作業のプランニングが必要。動画編集に必要な環境をきちんと整え、どのように編集作業を進めていくか計画を立ててから動画編集に臨みましょう。環境を整えやるべきことが明確になれば、動画編集に感じていた難しさはある程度軽減されます。

動画編集に必要な作業

・素材集め
・カット
・テロップ挿入
・BGM・SE挿入
・エフェクト挿入

動画編集に必要な機材

・PCやスマートフォン、タブレット端末
・編集ソフト
・カメラ
・三脚
・SDカード

 

撮影機材、撮影、編集のお役立ち資料をダウンロード頂けます

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-12-03-23.44.36-1-1000x431.jpg

オンラインでのコミュニケーションが急激に増加したことから、広告に限らず社内外の動画活用が進んでいます。

静止画では伝わりづらい商品・サービス紹介の伝達、採用活動の効率化、業務マニュアルの資産化など、様々なシーンでの活用が増えています。

動画活用を始める前に必ず抑えておきたい「動画制作の撮影方法と編集ポイント」をご覧頂けます。

これから動画活用を検討されている方やもっと動画制作や編集に課題をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

 

初心者が動画編集を始める時のコツ

初心者が動画編集を始めるときのコツは、以下の3つです。これらを押さえて少しずつ動画編集に慣れていきましょう。

・まずは簡単な動画を作ってみる
・スクール、Webサイトで基礎的なスキルを学ぶ
・動画自動生成ツールを活用する

まずは簡単な動画を作ってみる

動画編集初心者の方は、まず簡単な動画を1本作ってみるのがおすすめです。簡単な動画を作ってみることで、動画編集の流れを無理なく把握することができます。

有名YouTuberが投稿している動画のようなクオリティを目指さず、下手でもいいので加工にこだわりすぎないシンプルな動画を作ってみましょう。加工を最低限に抑えたシンプルな動画を作る場合の具体的な動画編集の作業は、以下のとおりです。

企画:動画を作る意図や動画の構成を考える
素材の用意:動画に使う素材を集めて動画編集ソフトに取り込む
素材の組み合わせ:動画編集ソフトで素材を組み合わせたり、切り出したりする
字幕やテロップの挿入:字幕やテロップを挿入して内容を伝える
修正:編集作業が終わったら、最初から再生して必要な修正を加える

このほか、必要であればBGMやナレーションを追加したり、エフェクトを加えたりすると動画がよりレベルアップします。最初は10分の動画を作るにもかなり時間がかかってしまいますが、根気よく完成を目指しましょう。

スクール・Webサイトで基礎的なスキルを学ぶ 

まずスクールやWebサイトで基礎的なスキルを学ぶのも、上達への第一歩です。スクールやWebサイトを利用すれば、動画編集のスキルを正しい方法で学びながら、動画を作ることができます。

今後のために動画編集を本格的に学びたいと考えている方は、まず正しい方法で動画編集について学ぶことで、実戦で役立つスキルを効率的に身につけられます。動画編集を学べるスクールやWebサイトは数多くあり、なかには無料のものもあるため、気になるものをチェックしてみましょう。

動画自動生成ツールを活用する 

どうしても動画編集が難しいと感じる方は、動画自動生成ツールを利用するのもひとつの方法。動画自動生成ツールは、動画編集未経験の方でも短時間で動画を作れるようなサービスを提供しているプラットフォームで、素材を用意してテンプレートと合成することによって、AIが動画を作成してくれます。

動画自動生成サービスを利用すれば、編集スキルがなくてもクオリティの高い動画編集が実現可能。例えば、動画自動生成ツールの「Video BRAIN」を活用した制作実例として、以下のようなものがあります。

このように、動画自動生成サービスを利用することでわかりやすい動画を簡単に作ることが可能です。しかし、動画自動生成サービスは企業向けに特化したものが多く、個人での利用ができないものもあるため注意して選びましょう。

 

動画編集サービスの選び方を知りたい方はこちらもご覧ください。

 

「Video BRAIN」なら編集スキルがなくてもOK

経験がないと動画編集は難しいと感じますが、未経験でも作れる動画はいくらでもあります。正しい方法で動画編集の方法について学びながら、少しずつ挑戦していきましょう。Video BRAINなどの動画編集ツールを使うと動画編集の初心者の方でも簡単に動画を作れるため、チェックしてみてください。

 


手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

  1. 予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集が簡単
  2. 商用で利用できる著作権フリーの画像、動画、BGMも素材サービスと連携しており、素材撮影や編集にかかる工数を大幅に削減
  3. 最大60分の長尺の動画作成と書き出しができ、クラウド編集のためパソコンのスペックに依存せずに編集が可能
  4. 一般的に使われてるMP4だけでなく、「MOV」「パワーポイント」「GIFアニメーション」など多様な書き出し形式に対応した独自機能
  5. 入力したテキストから、音声データに自動でナレーションを生成する機能や各シーン毎に効果音、BGMの編集が可能
  6. 「タイムライン」などの動画編集のプロが使う機能を誰でも簡単に使えるため、表現の自由度が高い

これから動画活用を始めたいと思っている方や、動画編集や配信後の効果的な施策に悩んでる方は是非Video BRAINの導入をご検討ください。

この記事をシェアする