1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画編集
  4. YouTubeの動画編集を外注した時の費用相場を紹介!

YouTubeの動画編集を外注した時の費用相場を紹介!

YouTubeの動画編集を外注するなら、もちろん予算内で、そして可能な限り安く発注したいものです。ただし、動画は制作する内容によって費用が変動するため、相場通りの価格で依頼できない可能性も。

そこでこの記事では動画作成会社の選び方や、相場よりも費用を抑えて動画を作る方法について解説します。動画制作の経験がない企業でも、費用を抑えて動画を作成するコツがわかるので、ぜひ参考にしてください。

 

動画活用を検討する際に押さえておきたい料金相場をまとめた資料を以下からダウンロード頂けます。

 

動画編集の外注先は2種類

YouTube動画編集の外注先は、大きく2つに分かれます。1つ目は法人である制作会社、2つ目は個人のフリーランスです。法人は料金が高く、それだけ動画の質が安定しやすい傾向があります。一方の個人は料金が安く、スキルによっては質が落ちることも。動画編集は質と料金のバランスを鑑みつつ、さらにメリット、デメリットを比較して決めることが重要です。

制作・ディレクション会社

YouTubeの動画編集を制作会社に依頼した時の相場は1.5万円~3万円で、平均すると2万円程度になります。

動画は作業内容や種類によって料金が変動するので、格安の案件だと1万円前後で発注できる制作会社もありますが、料金が安い場合は動画の質が低くなる可能性が高いです。

制作会社は企画から編集までのセット料金で請け負う場合が多く、各社の公式サイトをみるとほぼ30万円以上の費用が記載されています。

またセットの内容はそれぞれ異なるので、複数の会社から見積もりを取り、比較することが重要です。

フリーランス(個人事業主)

YouTubeの動画編集をフリーランスに依頼した時の相場は3,000円~1.5万円で、平均すると5,000円~1万円程度になります。

フリーランスに依頼する際は、クラウドワークスやココナラなどのクラウドソーシングから依頼できます。フリーランスは制作会社よりも成約までの時間が早く、安価な費用で依頼できるので、費用を抑えたい場合はフリーランスによる動画編集がおすすめです。

しかし、エフェクトやCGグラフィックを利用するなど、高度な動画編集を依頼する場合は高額な費用を請求されることも。依頼内容によっては、制作会社のほうが安くて質の高い動画を納品してくれるかもしれません。

制作会社に外注するメリット

制作会社に外注するメリットは、以下の通りです。

・安定して高品質の動画を制作してもらえる
・継続的に活用しやすいマーケティングまで依頼できる

制作会社は質の高い動画を制作できるので、イメージ通りの動画を作成してくれます。実績のある会社に依頼すると、さらにクオリティは高くなるかもしれません。また、動画の効果測定などに対応している企業が多いので、制作から運用までを任せることも可能です。

つまり動画の制作だけではなく、動画マーケティングなどの長期的な取り組みもメニューに含まれているなら、じつに大きなメリットが得られるかもしれません。企画から制作・運用までワンストップで行いたい企業は、制作会社に依頼することをおすすめします。

制作会社に外注するデメリット

制作会社に外注するデメリットは以下の通りです。

・フリーランスと比較すると費用が高い
・制作担当者を選べない制作会社は得意なジャンルの動画が異なる

制作会社はフリーランスに比べると費用は高めになります。さらに事前の打ち合わせが細部にわたり、時間を取られることもしばしば。とはいえ高品質の動画であることが担保されるなら、けっしてコストパフォーマンスが悪いわけではありません。

フリーランサーとは違って、制作担当者を選べないことも多く、仮に指名できても別料金が発生するかもしれません。また制作会社はそれぞれで得意分野が異なるので、事前に実績や事例を調べてから、ニーズや予算に応じて発注しましょう。

フリーランスに外注するメリット

フリーランスに外注するメリットは以下の通りです。

・制作する人を指名できる
・制作会社と比較するとコストが安い
・納品が早い

フリーランスは個人で制作を請け負っているため、当然その本人に制作を依頼することが可能です。制作会社の場合はスキルの高い人がいても直接指名できないので、その点は大きなメリットといえます。

またなにより、フリーランサーは企業に比べて制作コストが低いので、低予算でも発注が可能です。優れたスキルを持った編集者に安価で発注できれば、コスパ、満足感は高くなります。納期に関しても、一気通貫で一人が作業を行うので打ち合わせ回数も少なくなり、制作会社より短くなります。急ぎの案件で予算が少なくても、フリーランサーなら臨機応変に対応してくれるかもしれません。

フリーランスに外注するデメリット

フリーランスに外注するデメリットは以下の通りです。

・継続的に活用しづらい
・品質にばらつきが出やすい
・全ての作業を任せられないケースが多い

フリーランスは仕事を担当できる時間が限られているので、継続して依頼することは難しいです。とくに、依頼する側から修正などの要望が多くなることで、依頼を断られることが考えられます。仮に継続できた場合でも、動画の質にばらつきが出ることがあるので、制作会社に比べて動画の質は安定しにくいです。

なによりフリーランスの動画制作は、担当できる業務が限定されていることがあります。編集や撮影のみの受注も多く、制作会社のように動画制作の全てを任せられる人は少ないです。

関連記事:動画編集の個人依頼相場|個人依頼のメリット・デメリットも解説

【作業内容別】動画編集の料金相場を比較

以下の表は、動画制作の料金相場を作業内容別に比較したものです。

料金項目制作会社フリーランス
企画・構成3万円~15万円1万〜5万円
動画編集5万円~25万円3,000円~20万円
ディレクション5万円~25万円5万円〜10万円
ナレーション3万円~10万円5,000円〜10万円
台本作成5万円~10万円1万円〜5万円
撮影8万円~35万円5万円〜30万円
効果測定

制作会社とフリーランスを比べると、フリーランスの方が制作にかかる費用が安いことがわかります。ただし、フリーランスで企画・構成やディレクションのような、いわゆる上流工程と言われる業務を担当できる人は少数です。対して、制作会社は全体の工程を担当できる場合が多いので、作成する内容によって依頼先を変えることをおすすめします。

【種類別】動画編集の料金相場を比較

動画制作は以下の表の通り、種類ごとに料金が設定されています。

料金項目制作会社フリーランス
インタビュー動画5万円~10万円1万円~3万円
イベント動画20万円~50万円5万円~20万円
商品PR動画30万円~100万円10万円~30万円
会社紹介動画30万円~200万円20万円~50万円
アニメーション動画30万円~300万円20万円~50万円

動画は長時間の撮影や撮影する場所が増えると、制作の工程ごとに撮影や編集の費用が請求される仕組みです。制作の難易度が上がるほど費用が高額になるので、制作実績から制作会社とフリーランスを比較して依頼先を決めることが重要です。

関連記事:動画制作を依頼した場合の費用相場・料金プランについて解説

動画の編集費用を抑える方法

動画の編集費用を抑える方法は以下の2つです。

・部分依頼をする

・自社で動画を制作する

動画の制作は料金が細かく設定されているため、自社で制作できる部分を増やすことで費用を抑えられます。とくに、動画編集は自動作成の機能を搭載したソフトを使うことで、スキルがない人でも高品質な動画の作成が可能なので、制作における編集の費用が抑えやすいです。

部分依頼をする

動画制作は、部分依頼をすることで料金を抑えやすくなります。たとえば、企画や撮影を制作会社やフリーランスに依頼し、動画編集のみを自社で担当して費用を抑える方法があります。動画の細かい調整や修正は自社で担当すると、依頼先とのやり取りが少なくなり、伝わりにくいニュアンスの部分でも社内で制作しやすくなります。

とくに、高性能の編集ソフトを導入した企業は、初心者でも質の高い動画を作成できているので、動画による訴求効果を高めることに成功しています。

自社で動画を制作する

動画編集のスキルがないことで、外注するしかないと考えている企業は多いです。しかし、動画編集は自動で動画を作成するサービスを利用すると、未経験者でも簡単に動画を作成できます。撮影した素材を用意するだけで動画が完成するので、スキルが必要ないだけでなく、制作にかかる時間や労力の負担がありません。

たとえば、撮影のみを外部に依頼して、自社で企画や動画編集を担当することで、動画制作の費用を抑えて質の高い動画を作成することができます。

編集知識がなくてもOK:Video BRAIN

Video BRAINは自動で動画を作成できるツールです。AIが自動で素材を編集して動画を作成するので、動画作成の経験のない企業でも、ソフトを導入してすぐに動画を作ることができます。

動画のテンプレートは国内最大級の多さが特徴で、豊富な種類の中から素材に適したテンプレートを選択してくれるので、編集にかかるコストの削減が可能です。

なにより、外部に依頼するよりも安価な料金で動画を作成できます。そのうえ画は作り放題なので、何本作ってもコストはかかりません。また、修正や外注先とのやり取りも減るので、Video BRAINの導入は費用だけでなく、動画制作の間接的なコストの削減にも貢献します。

まとめ

YouTubeの動画制作は、企画・撮影・編集といった工程が必要なので、料金の請求額が増えてしまいます。制作の費用を抑えるためには依頼先を変えるだけでなく、編集ソフトの導入を選択肢に入れることで、予算よりも費用を抑えることが可能です。

制作会社やフリーランスは依頼する内容によって料金が変動しやすいので、まずはVideo BRAINを導入することで、編集にかかる費用と制作コストの削減に繋げてみてください。

 

サービス内容にご興味ある方は以下から資料をダウンロード頂けますので、ぜひご検討ください。

手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

数ある動画自動生成サービスの中でも、特におすすめなのが「Video BRAIN(ビデオブレイン)」です。

Video BRAIN(ビデオブレイン)は、高品質な動画を誰でも簡単に制作できる動画編集ツールです。動画編集の「コスト」「時間」「スキル」を全て解決します。

詳しいサービス資料はこちらからダウンロード頂けます。

法人向けシェアNo.1動画編集クラウド | Video BRAIN


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする