1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画編集
  4. スマホで使える動画作成アプリを紹介!初心者にもおすすめの無料ツール15選!

スマホで使える動画作成アプリを紹介!初心者にもおすすめの無料ツール15選!

インターネット技術が発達し、SNSが広く普及した現在では誰もが気軽に写真や動画の投稿ができる時代になりました。スマートフォンのカメラ・ビデオ機能も高性能になったことからパソコンを使わずに、スマートフォンひとつで動画投稿する人が増えています。

動画作成アプリを検索すると数も種類も豊富なため、どれを選べばいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。そこで、この記事では厳選したスマホ用動画作成アプリを紹介します。アプリごとの特徴を把握でき、目的や用途によって使い分けができるようになる内容です。

スマートフォンでも動画撮影はできる?

スマートフォンのカメラは一昔前と比べると驚くほど高性能になりました。動画作成アプリも豊富にあるので十分に高品質の動画を撮影できます。

しかし企業がアピールを目的とした動画を作成する場合は注意が必要です。企業PRの動画は、それ自体が視聴者にとっては企業の顔になるため一定のクオリティが求められます。動画投稿は世界中の人が見る可能性があり、影響力が発生することを忘れないようにしましょう。

動画作成アプリを選ぶときのポイント

動画作成アプリはそれぞれに個性があり、使いこなせれば楽しみながら動画を作成できます。個性があるぶんそれぞれに得意なことや苦手なことがあるので、使い始めてから後悔しないようにしましょう。ここでは、動画作成アプリを選ぶ時のポイントをいくつか紹介します。

対応OS

スマートフォンにはiOSやAndroidといったオペレーティングシステムが搭載されています。OSはスマートフォンの頭脳のような存在で、動作全般をつかさどっているシステムです。

アプリ中には対応OSがあり、iOSには対応していてもAndroidには対応していないものもあります。さらにOSごとにバージョンがあり、スマートフォンが昔のものだとバージョンアップができなくなっている場合もあるので注意が必要です。使いたいアプリが自分のスマートフォンのOSに対応しているか事前に確認しましょう。

編集機能の充実さ

動画作成アプリで最も個性が出るのが編集機能です。編集機能で重視したい点が大きく分けて2つあります。1つめは、自社や目的に合ったテンプレートが豊富という点です。例えばYouTube用の広告動画を作るときには広告動画のテンプレートが必要になります。目的や業種にあったテンプレートが豊富に用意されているか確認しましょう。

2つめは、細やかな編集が行えるかという点です。細やかな編集は動画のクオリティを上げる大事な要素なので、細かい部分まで思い通りに作れる機能を備えているかチェックしましょう。

操作性

スマートフォンの画面は昔に比べると大きくなっていますが、手の平サイズの画面で細かい操作をするのは難しく、操作性に難を感じるアプリもあるでしょう。

動画作成アプリは繰り返し使うことになるので、ストレスなく操作できることは動画作成アプリを選ぶ上で重要な判断基準になります。ボタンが小さくて押しにくいものや、目的のページまで何度もボタンを押させるような動画作成アプリは避けましょう。

対応動画尺

アプリによっては長時間の動画に対応していない場合があります。TwitterやTik Tokなどに投稿する短い動画なら気にする必要はありませんが、長時間の動画を作るときはダウンロードする前に確認しましょう。どのような動画をどのくらいつくるのかを考えて目的に到達する機能を備えた動画作成アプリを選必要があります。

透かしの有無

動画作成アプリは有料のものも多くあります。有料アプリの無料版で動画を作成すると機能制限の一つとしてロゴの透かしが入ってしまうことがあるので注意してください。有料版を購入する前に無料版で試して、透かしが気になる場合は有料版の購入を検討しましょう。

他アプリとの連携機能

動画作成アプリの中には動画配信プラットフォームやSNSと連携しているものがあります。いざ動画を作成して投稿するときに、毎回SNSやYouTubeを開くのは煩わしさを感じるかもしれません。

投稿するSNSや配信プラットフォームと使う予定の動画作成アプリが連携していれば簡単に動画を投稿できます。投稿先との連携があるかもチェックしておくとよいでしょう。

おすすめの無料動画作成アプリ15選

これまで動画作成アプリでできることや、選ぶときに抑えておくべきポイントをお伝えしました。ここでは、無料で使える動画作成アプリ15選を紹介します。表形式にして分かりやすく紹介しているので、動画作成アプリを選ぶ時の参考にしてください。

iMovie

iPhoneに内蔵されているAppleの純正アプリで、シンプルで操作性も優れています。基本的な編集機能は備えてありますが、テキストの種類は少なめと感じる方もいるかもしれません。

YouTubeやFacebookとの連携をしているので、すでにアカウントを持っていれば気軽に投稿できます。Macとの共有もできるのでiPhoneで撮影した映像をMacで編集することも可能です。特にAppleユーザーにおすすめします。

対応OS動画尺の制限透かしBGM主な編集機能
iOS制限なしなしアプリ内音源あり文字入れ
エフェクト可

Clips

ClipsもiMovieと同様にAppleの純正動画作成アプリです。Clipsは遊び心のある動画作成に向いており、アプリ内でカメラを立ち上げて背景やエフェクト・BGMを加えながらビデオ撮影をすることで動画を作成します。ビデオ内で話したことを自動で字幕化してくれる機能も便利です。

Appleがスマートフォン向けに開発した動画作成アプリなので、カメラの機能を存分に活かしながら動画を作成できます。SNSなどに投稿するVlog撮影にもおすすめのアプリです。

対応OS動画尺の制限透かしBGM主な編集機能
iOS制限なしなしアプリ内音源あり文字入れ
エフェクト可

Viva Video

Viva Videoは簡単な操作で本格的な動画作成ができるアプリです。エフェクトやフィルターも200種類以上と豊富にそろっています。写真にBGMをつけるスライドショーの作成から映画のような本格的な動画まで、幅広く作成できるアプリです。

対応OS動画尺の制限透かしBGM主な編集機能
iOS
Android
あり(5分)ありアプリ内音源あり文字入れ
エフェクト可
※動画尺の制限、透かしは課金で除去が可能。他にも機能解放あり(iOS版 月額280円、年額1,450円、永久7,500円 Android版 月額330円、年額1,460円、永久6,700円)

in Shot

In ShotはInstagramへの投稿を前提に作られた動画作成アプリです。Instagramを利用している方は写真や動画にこだわりをもって投稿している方が多く、そのこだわりに応える機能が備わっています。

画像の調整や、エフェクトの候補を選ぶだけですぐに仕上がりを確認ができるといった充実した機能を備えているのが魅力です。Instagramとの連携もあるので、Instagramユーザーには特に使いやすいアプリと言えるでしょう。

対応OS動画尺の制限透かしBGM主な編集機能
iOS
Android
なしありアプリ内音源あり文字入れ
エフェクト可
※透かしは課金で除去が可能。他にも機能解放あり(月額450円、年額1,400円、永久4,280円 透かしのみ除去370円)

Quik

Quikはアクションカメラとして有名なGoProが提供する動画作成アプリです。Quikの魅力はアプリ内音源やスマートフォンにある音楽と映像をシンクロした動画を作ることができ、それをさらに際立てる編集ツールがそろっている点にあります。

個性的な編集ツールとして動画内の複数の場所の再生スピードの調整や、GoPro独自の自然に最適化されたフィルターなどを使用可能です。GoProユーザーやダイナミックな動画を作成したい方におすすめします。

対応OS動画尺の制限透かしBGM主な編集機能
iOS
Android
なしなしアプリ内音源あり文字入れ
エフェクト可
※オリジナル画質・無制限のクラウドバックアップが課金で利用可能(月額200円、年額1,080円)

Adobe Premiere Rush CC

Adobeが作ったもうひとつの編集ソフトであるAdobe Premiere Proは、プロモーションビデオやブライダルビデオなど編集のプロも使う本格派の編集ソフトです。

Adobe Premiere RushはAdobe Premiere Proからプロしか使わないような編集機能をオミットし、ライトユーザー向けにリリースされました。本格派の動画を空いた時間に気軽に作りたい方におすすめの動画作成アプリです。

対応OS動画尺の制限透かしBGM主な編集機能
iOS
Android
なしありアプリ内音源あり文字入れ
エフェクト可
※オリジナル画質・無制限のクラウドバックアップが課金で利用可能(月額200円、年額1,080円)※透かしは課金で除去可能。他にも機能解放あり

Splice

SpliceはiOSにのみ対応した(2021年4月現在 Google Playストアで事前登録が可能になっているため、今後Androidに対応する可能性あり)動画作成アプリです。Quikと同じくGoProが作った動画作成アプリで、操作性が優れている特徴があります。スマートフォンや編集アプリに詳しくなく、編集が不安という方は試してみるとよいでしょう。

対応OS動画尺の制限透かしBGM主な編集機能
iOS
なしありアプリ内音源あり文字入れ
エフェクト可
※無料版は書き出1回のみの制限あり(有料版 週350円)

You Cut

Android向け動画作成アプリYou Cutは、無料で動画尺の制限や透かしなしで動画の編集が楽しめます。動画の画質や解像度を変更でき、スマートフォンの性能や空き容量に合わせて動画サイズを変えられるのが強みです。

高画質・高解像度の動画は綺麗ですが、スマートフォンの性能や空き容量によっては動画の保存に失敗してしまったり動画がカクついてしまったりする原因にもなります。使用しているスマートフォンに最適な動画を作成したい人におすすめの動画作成アプリです。

対応OS動画尺の制限透かしBGM主な編集機能
Androidなしなしアプリ内音源あり文字入れ
エフェクト可

Magisto

Magistoはライブ・動画配信プラットフォームのVimeoが提供するiPhone・Android向けの動画作成アプリです。他の動画作成アプリと違い、好きな写真と音楽を選べばAIが自動で動画を作成してくれます。自由度は低いですが、テンプレートや音楽はかわいい雰囲気のものが多いので、気軽にかわいらしい動画を作りたい方におすすめの動画作成アプリです。

対応OS動画尺の制限透かしBGM主な編集機能
iOS
Android
なしありアプリ内音源あり文字入れ
エフェクト可
※透かしは課金で除去可能。他HDでの書き出し、プリセット利用可など機能解放あり(月額500円)

キネマスター

キネマスターはKine Master社が提供する韓国発の動画作成アプリです。海外産のアプリですがアプリ内でもしっかりとした日本語に対応しており、問い合わせの窓口でも日本語が通じるので安心して使用できます。アニメーション素材や手書き機能などもあるので、オリジナルな動画を作成するときに便利です。

対応OS動画尺の制限透かしBGM主な編集機能
iOS
Android
なしありアプリ内音源あり文字入れ
エフェクト可
※透かしは課金で除去可能。他動画素材の解放あり(月額600円、年額3,500円)

VITA

人気カメラアプリのSNOWで有名なSnow社が作った完全無料で使える動画作成アプリです。文字入れやエフェクト・カット編集といった編集の基本となる機能を備えつつ、無料で使用できます。テンプレートモードでは動画や写真を当てはめていくだけで簡単に動画を作成できるのも魅力です。

UIもオーソドックスで扱いやすいので、これから動画作成を始める未経験方方にもおすすめします。

対応OS動画尺の制限透かしBGM主な編集機能
iOS
Android
なしなしアプリ内音源あり文字入れ
エフェクト可

Video Show

Video ShowはiOS・Android両方に対応した、豊富な音楽素材を内蔵していることが特徴の動画作成アプリです。音楽は動画作成において印象を変える重要な要素となるので、他の動画投稿者と被らないような選択ができることは大きなメリットになります。BGMにこだわって動画を作りたい方におすすめの動画作成アプリです。

対応OS動画尺の制限透かしBGM主な編集機能
iOS
Android
なしありアプリ内音源ありカット編集
※透かしは課金で除去可能。他テキスト挿入、エフェクトなど機能解放あり(月額240円、年額2,400円)

Power Director

動画関連ソフトの大手であるサイバーリンク社が提供する動画作成アプリです。高い評価を得ている同名のパソコン用動画編集ソフトの性能をそのままスマートフォンアプリに落とし込んでいるため、自由度が高い動画編集ができます。パソコン版を使っている方や思い通りに動画を編集したい方におすすめの動画作成アプリです。

対応OS動画尺の制限透かしBGM主な編集機能
iOS
Android
なしありアプリ内音源あり文字入れ
エフェクト可
※透かしは課金で除去可能。他複数トラックの上限解放など機能解放あり(月額540円)

Film Story

Film Storyはスライドショーを作ることに特化した動画作成アプリです。特化しているだけあって、スライドショーは写真とBGMを選ぶだけで簡単に作れます。凝った編集を加えてオリジナルのスライドショーを作ることも可能です。

スライドショーは縦向き・横向き・正方形に対応しているので、投稿する動画プラットフォームやSNSに応じて変更もできます。スライドショーを作りたい方におすすめです。

対応OS動画尺の制限透かしBGM主な編集機能
iOS
Android
あり(30秒)なしアプリ内音源あり文字入れ
エフェクト可
※動画尺の制限は課金で除去可能。(使い切り490円)

Video leap

Video leapは文字入れやエフェクトだけでなく、ミキサーで動画と動画を重ねたり、モザイク加工やブラウン管テレビ風に演出したりといった様々な編集が可能な動画作成アプリです。

ただ、書き出しが有料版でしかできなかったり、さまざまな編集ができる分操作が複雑だったりと使い手を選ぶ傾向にあります。スマートフォンやアプリの理解に自信がある方におすすめです。

対応OS動画尺の制限透かしBGM主な編集機能
iOSなしなしアプリ内音源あり文字入れ
エフェクト可
※無料版では書き出しができないため、書き出しをしたい場合は課金する必要あり(1ヶ月購入月額800円、12ヶ月購入月額367円、永久9,800円)

動画作成アプリの注意点

動画作成アプリはさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。アプリを選ぶときは、メリットだけでなくデメリットも把握しておくことが大事です。ここでは動画作成アプリを使う時に気を付けなければならない点をいくつか紹介します。お金に関することも含まれていますので、ぜひチェックしてみてください。

無料か有料かをチェックする

上で紹介したとおり、動画作成アプリには課金によって機能が解放されるケースがあります。その機能は動画を作るのに必須なものから、あったらうれしい程度のものまで様々です。
動画作成アプリを選ぶときは、目的の動画を作るために必要な機能が備わっているか、その機能は無料なのか有料なのかをしっかりとチェックしましょう。

ファイルの対応フォーマットに注目

動画ファイルや動画投稿プラットフォームにはそれぞれ対応可能なフォーマットが設定されています。アプリが用途に合ったフォーマットに適応しているかも忘れずにチェックしましょう。

動画の投稿先がどのフォーマットに対応しているかチェックしておかなければ、せっかく作った動画が無駄になったり、フォーマットの変換アプリが必要になって手間やお金が余計にかかったりしてしまいます。

データ通信量に注意

出先でも作業ができるのはスマートフォンアプリの大きなメリットですが、動画は写真などの静止画に比べてどうしても通信量が大きくなってしまいます。スマートフォンの料金プランが制限のないプランならば気にする必要はありませんが、そうでなければデータ通信量に気を付ける必要があります。

注意を怠るとすぐに通信制限がかかるケースや、海外にいる時であれば驚くような額を請求されるケースが発生するかもしれません。動画の編集や投稿をするときは、なるべくWi-Fiに接続できる環境で行いましょう。

ビジネス用の動画には編集ソフトがおすすめ

ビジネス用の動画には一定のクオリティが求められます。機能や操作性に難があることが多いスマートフォンアプリでは、クオリティを維持するのが難しい場面も多いでしょう。

その助けになるのが高機能なパソコン用の編集ソフトです。高機能な編集ソフトを使えれば、動画の訴求力を向上させて今まで参入していなかった分野での動画利用もできるようになります。動画編集の初心者には、以下のような特徴を持つ編集ソフトがおすすめです。

・AIのサポートで自動編集ができる
・テンプレートが豊富でデザイン性が高い動画を簡単に作れる
・フォントや音楽、写真などの素材が充実している
・UIが分かりやすく、操作が簡単

まとめ

インターネットで簡単に動画を視聴できるようになった現代では、手軽に導入できる無料のスマートフォンアプリも多数に提供されています。個人用の動画では少し雑な編集やコミカルな編集が味になったり、笑いになったりすることもあるでしょう。気軽に動画作成できるアプリは、このようなラフな場では重宝します。

逆にビジネス用の動画に向いているのはパソコンで使う高機能な編集ソフトです。細やかな調整やオリジナルの編集ができるので、クオリティを重視する場面では大きな助けになってくれます。企業で用いる編集ソフトは機能の充実さを重視して選びましょう。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする