1. TOP
  2. ブログ
  3. Twitter
  4. 【最新】Twitterのプロモトレンドスポットライトとは?特徴や仕様についても紹介

【最新】Twitterのプロモトレンドスポットライトとは?特徴や仕様についても紹介

SNS広告において動画が主流になってきており、Twitterにおいても他SNS広告同様、広告における画像や動画で盛り上がりを見せています。また、Twitter社から動画を活用できる新しい広告方法が登場しました。

この記事では2020年からスタートしたTwitterの「プロモトレンドスポットライト」をご紹介します。スポットライト広告の特徴や仕様、活用するためのコツについても見ていきましょう。

Twitterのスポットライト広告とは?

Twitterは2020年より、「プロモトレンドスポットライト(※以下、スポットライト広告と表記)」という新たな広告をスタートさせました。ここでは、スポットライト広告にどのような特徴があるのか、また期待できる効果についてご紹介します。

スポットライト広告の特徴

Twitterのスポットライト広告は、「話題を検索」タブのプレミアム表示枠に表示される1社買い切り型の広告です。タイムラインではなく、検索タブを広告枠として使えます。

まずは、スポットライト広告の特徴について見ていきましょう。

左右いっぱいの画面と動画によるアピール力の強い広告

スポットライト広告はクリックしていない状態でもスマートフォン画面の左右いっぱいまで表示されるため、ユーザーの注意が引けます。また、動画再生も可能なため、メッセージを直感的に伝えられるのが強みです。Twitterにはさまざまなタイプの広告がありますが、リーチ力という点において大変パワフルであるといえるでしょう。

タイムリーな印象が与えやすい

「話題の検索」タブの最上部に表示されるスポットライト広告は、配置される位置により他の広告とは違った特別感が出せます。プロモツイートとは異なる手法で自社をアピールしたい場合に活用したいのがスポットライト広告です。旬の話題や投稿であるかのように表示されるため、タイムリーな印象を与えやすいという特徴があります。

タイムラインよりもユーザーにリーチしやすい

Twitter広告は、SNS広告の中でも拡散効果が高いと言われています。しかし、拡散は自然発生的に起きることが多く、企業の施策としては取り入れにくいことが難点でした。

スポットライト広告は検索タブを広告枠として利用しているため、タイムライン広告よりもユーザーにリーチがしやすいです。これも大きな魅力の一つといえるでしょう。

Twitterスポットライト広告の効果

Twitterスポットライト広告はまだ新しく情報が少ないため、導入するべきか悩んでいる企業の担当者も多いと思います。そこで、視聴行動調査会社のEyeSeeが発表した調査結果をご紹介します。プロモトレンドと比較したこちらのデータは、Twitterの公式ページでも紹介されています。

  • ・視聴時間(滞在時間):26%増加
  • ・広告想起率:113%向上
  • ・ブランド考慮率:18%向上
  • ・将来的にブランドを使う可能性を表明する割合:67%向上
  • ・広告をクリックする確率:3倍

参照:Twitter|動画のパワーとプレミアム枠を組み合わせたプロモトレンドスポットライトのご紹介

スポットライト広告の仕様

次にTwitterのスポットライト広告の、詳しい仕様を見てみましょう。

  • ・クリエイティブのフォーマット:静止画・動画・GIF(※動画・GIFは6秒間まで)
  • ・表示位置:デスクトップ(最上部)。モバイルの場合、画面の左右一杯まで表示される([話題を検索]タブ)
  • ・表示されるタイミング:同一ユーザーには2回閲覧まで。3回目以降はプロモトレンドと同じ表示方法に切り替わり、上部の画面枠にはエディトリ
  • ・アルコンテンツ(ニュースや話題など商用以外の情報)が表示される
  • ・メッセージの切り替え:1日を通じてクリエイティブを切り替えられる。広告をストーリー仕立てにするなども可能

スポットライト広告を活用するためのコツ

スポットライト広告

スポットライト広告は新しい広告であるからこそ、各企業が効果的な方法を模索している段階といえます。既に日本コカ・コーラなど大手企業も取り組みを始めていますが、事例の数はそれほど多くありません。

しかしこれは、動画制作の工夫などで他社と差をつけるチャンスです。クリエイティブ制作においては、3つのポイントを押さえておきましょう。

画像・動画制作は濃い色が基本

Twitterのスポットライト広告には、ハッシュタグとサブメッセージを載せます。これらのテキストは白文字なので、文字が見やすいように画像や動画は濃い色が基本です。また、動画制作で文字を入れる場合は、ハッシュタグやサブメッセージと重ならないように気を付けましょう。

ループしても違和感のない動画制作が重要

スポットライト広告は6秒間という短い時間のため、繰り返し表示されるケースが多いです。ループしても違和感がない動画を制作しましょう。
TikTok広告でよく使われているユーモアのある動画は、Twitterのスポットライト広告でも有効です。

サウンドオフでも伝わるメッセージ作成を心がける

Twitter Japanのジェイク・ズウェルジキ氏は、スポットライト広告はサウンドオフでも伝わるメッセージを心がけることがポイントだと言います。そうすることで、電車の中でTwitterを開いているユーザーにもメッセージが伝わりやすくなります。文字や字幕を積極的に使うのも、おすすめです。

まとめ

Twitterはサービスリリース当初140文字のテキストだけを投稿できる仕様だったため、テキスト中心のイメージがありますが、最近では静止画や動画の投稿が延びてきています。実際のところTwitterでの動画視聴は毎日25億View、そのうち2割の5億Viewは日本ユーザーです。
そのような中、動画パワーを追加した新広告「プロモトレンドスポットライト」が2020年からスタートしました。
検索タブを使えることから、Twitterならではの拡散効果が期待できるというメリットがあります。

スポットライト広告で成果するためのポイントは、短時間でメッセージを伝え、好ましいインパクトを与える動画制作です。スポットライト広告特有の仕様や特徴もふまえながら、有効活用していきましょう。


手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

  1. 予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集が簡単
  2. 商用で利用できる著作権フリーの画像、動画、BGMも素材サービスと連携しており、素材撮影や編集にかかる工数を大幅に削減
  3. 最大60分の長尺の動画作成と書き出しができ、クラウド編集のためパソコンのスペックに依存せずに編集が可能
  4. 一般的に使われてるMP4だけでなく、「MOV」「パワーポイント」「GIFアニメーション」など多様な書き出し形式に対応した独自機能
  5. 入力したテキストから、音声データに自動でナレーションを生成する機能や各シーン毎に効果音、BGMの編集が可能
  6. 「タイムライン」などの動画編集のプロが使う機能を誰でも簡単に使えるため、表現の自由度が高い

これから動画活用を始めたいと思っている方や、動画編集や配信後の効果的な施策に悩んでる方は是非Video BRAINの導入をご検討ください。

この記事をシェアする