1. TOP
  2. 動画活用事例
  3. プレスリリースを動画化!Twitter のエンゲージメントが1.7倍に

プレスリリースを動画化!Twitter のエンゲージメントが1.7倍に

エレコム株式会社

大阪府大阪市に本社を構える「エレコム株式会社」。パソコンやスマートフォンの周辺機器の開発、製造、販売を行っており、主に量販店やウェブ通販、法人に向けて製品を卸しています。以前から動画の必要性を感じており、とくに SNS での動画活用を行いたいと考え Video BRAIN を導入しました。

広報として、SNS で効果を出すための動画編集を行うことが導入のきっかけに

ご担当者様の担当業務を教えてください。

ご担当者様「広報として、TwitterFacebookInstagram の運用と、プレスリリースの配信管理・準備を行っています。Twitter は毎日複数投稿を心がけ、202012月現在で11万人のフォロワーがいます。」

もともと動画制作は行なっていましたか。

ご担当者様「販促部門が店頭で流す商品紹介の動画を制作するなど、会社としては行っていましたが、SNS においては動画の活用に力を入れていませんでした。」

動画活用を検討した背景を教えてください。

ご担当者様「セミナー等で SNS における動画の効果の高さなどは聞いていたので、動画の活用自体には興味がありました。そのため、 Video BRAIN を導入する以前から、スマートフォンで撮影した動画を編集せずにそのまま SNS へ投稿することはありました。ですが、やはり SNS で効果を出すために効果的な編集を行いたいなと思い、いろいろと調べ始めていました。」

AI サポート機能が導入の決め手に

Video BRAIN を導入した経緯を教えてください。

ご担当者様「社内で動画制作ツールを調べているなかで、Video BRAIN を見つけたことがきっかけです。そこから問い合わせをし、トライアルを行いました。ほかの編集ツールも同時期にトライアルを行い、同じ素材を編集して使用感を確かめました。」

導入の決め手になったことはありますか。

ご担当者様「AI を活用しているサービスが新鮮だったこと、編集の自由度が高いことが決め手です。初めて使用した際に、AI の素晴らしさに驚きました。素材とテキストをアップロードしただけで、完璧ではないにしろ、ある程度の動画が出来上がる技術に感動しました。

また、他のサービスだとテンプレートが固定されているため、シーンの秒数や文字数などが決められていることが懸念でした。その点、Video BRAIN は用意されたテンプレートからの編集が簡単にでき、自由度も高かったです。正直、もっと安く提案されたサービスもありましたが、Video BRAIN の方が圧倒的に使い勝手が良かったため、導入を決めました。」

プレスリリースを動画化して SNS に配信

現在はどのように運用していますか。

ご担当者様「基本的に私一人で運用しています。AI が動画制作をサポートしてくれるので、動画編集の経験がない私でも簡単に動画を作ることができています。Video BRAIN を操作することで、AI の素晴らしさを実感しています。」

どのような動画を制作していますか。

ご担当者様「毎週火曜日に私の方でプレスリリースを45件準備し、配信するのですが、その中から2本ほどを動画化して、その日のうちに SNS に配信しています。会社で注力している商材や、写真と文字だけだと魅力が伝わりづらい商品を中心に動画化しています。

また、「在宅中に使って良かった商品3選」などの企画物も作成しています。こういったものに関しては、私が企画を考えて動画の制作まで行っています。」

動画の素材等はどういうものを使用していますか。

ご担当者様「主にプレスリリースに載せているものを使用しています。社内のデータベース上にある商品紹介文を Video BRAIN にアップロードしていますね。AI が文章を解析してテロップを作成してくれるので、ゼロからテロップなどを考える手間が省けているのが嬉しいところです。

写真も基本的にはプレスリリースのものを使っていますが、私がスマートフォンで撮影した動画を素材として使用することもあります。」

動画を制作するうえで気をつけていることはありますか。

ご担当者様「SNS に配信する動画は冒頭でどれだけ惹きつけられるかということが重要だと考えているため、最初の2秒の動きやテロップを工夫するよう気を付けています。

また、詳しく説明をしないと魅力が充分に伝わりづらい製品もあるのですが、動画内で全てを説明してしまうと文字が多くなり、反応があまり良くありませんでした。なので、一番重要な伝えたいことだけを動画に入れ、簡潔なテロップになるよう気をつけています。

ほかにも、カスタマーサポートの方に動画を見てもらい、意見交換を行ったりもします。他社の動画を紹介してもらい、そこからヒントをもらうこともあります。」

Video BRAIN 上で役に立つ機能などありますか。

ご担当者様「AI 以外だと、無料素材がVideo BRAIN内に用意されているのがありがたいですね。基本はプレスリリースの素材を使っているものの、ちょっと足したいなというときにとても便利です。」

作成した動画はどのように活用していますか。

ご担当者様「主に SNS にて配信をしています。メインは Twitter ですが、一部動画は Facebook にも配信を行なっています。」

Twitter のエンゲージメント数やリプライが増加

動画を取り入れた効果はありましたか。

ご担当者様「SNS のエンゲージメントを1.21.3倍にするという目標を当初設定していたのですが、それはもう達成しました。以前、商品は違うのですが、新商品発売のタイミングで動画と静止画で検証を行った際、動画で紹介した方がインプレッション1.2倍、エンゲージメントも1.7倍、エンゲージメント率が1.4倍と数値に違いがありました。もちろん、製品による効果の違いは考慮しなくてはいけませんが、やはり動画の方が高い効果を感じています。」

フォロワーからの反応などはありますか。

ご担当者様「動画を見た方から「この製品はおいくらですか?」など、動画で伝えきれていない部分のコメントが来ることが多く動画を介してコミュニケーションをとる機会が増えました。コメントやリプライも多いなと感じています。

月に3回ほど、プレゼントキャンペーンも行なっているのですが、そちらも動画を使用した方が反応は若干多くなっていると感じています。

また、複数の商品を紹介する場合は静止画よりも動画の方が圧倒的に分かりやすいですし、反応も良いです。」

今後の展望をお聞かせください。

ご担当者様「現状は新製品のお知らせがメインになっているのですが、How to など、それ以外の用途での動画活用を行なっていきたいと考えています。

また、Twitter ならではの中の人おすすめの動画など、ポップな動画も制作することで今まで以上にファンを獲得できるようにしていきたいです。」

※上記は 2020年 12月インタビュー時の内容です。

エレコム株式会社

業種:電気機器
事業内容:パソコン及びデジタル機器関連製品の開発、製造、販売
従業員数:638名 その他、契約社員・パート社員229名(2020年3月31日現在)
所在地:大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル9F
https://www.elecom.co.jp/

この記事をシェアする