1. TOP
  2. 動画制作
  3. 効果的な化粧品プロモーション動画と活用事例

効果的な化粧品プロモーション動画と活用事例

ECサイトでコスメを購入するユーザーは増加傾向にあります。インターネットを使って手軽に情報が集められる現代では、動画を活用したプロモーション戦略が効果的です。作成した動画をSNSで活用すれば、新たなファンの獲得も望めます。
時代のニーズに合わせてプロモーション方法を見直し、訴求効果の高い動画作りに取り組みましょう。

 

これから魅力的な商品を紹介するプロモーション動画制作を検討中したい方は、始める前に必ず抑えておきたい資料を以下からダウンロード頂けます。

 

最近の化粧品プロモーション事情

化粧品業界のプロモーション方法において、これまで主流とされてきたのはテレビCMや雑誌の広告欄でした。しかし近ごろでは、多くのユーザーがSNSで情報を入手し、ECサイトで商品を購入するようになったため、プロモーションの手法も大きく変化しています。

テキストと画像だけの広告と比較して、遥かに多くの情報量を得られる動画の視聴は、今やユーザーにとって大きな存在感を示していると考えられます。

新型コロナウィルスの影響でネットでの購入が増加

新型コロナウィルスの影響で自由に外出できない時期がきっかけとなり、オンラインショッピングの需要が拡大しました。コスメも例外ではなく、今までデパートやドラッグストアに出向き、使い心地を試してから商品を購入していたユーザーの多くが、ECサイトでコスメを購入するようになったのです。

実際に、コロナ禍をきっかけとしてオンライン購入へシフトしたカテゴリ別ランキングの中で、コスメ・美容は第3位にランクインしているなど、購買行動は大きな変化を遂げています。自由に出歩ける状況となっても、オンライン購入を継続するユーザーは多く、今後も化粧品業界において、動画プロモーションの有用性は高まっていくと考えられるでしょう。

「Instagramで商品の情報収集をする」という女性が8割超

オンラインショッピングに慣れていても、直接商品を試せない状態でコスメを購入することを不安に感じているユーザーは多いようです。主に若い世代の女性は、商品に対する不安や疑問を解消するために、情報源としてInstagramを活用するケースが8割を超えるとされています。

特にインスタライブは、インフルエンサーから一般のユーザーまでさまざまな本音が聞けるとあって、高い注目を集めているようです。都合のよい時間に好きな場所からアクセスできる利便性の高さから、今後もそのニーズは衰えないと予測されます。

Instagramを活用すれば、自社商品を幅広い層にアピールできるため、ブランドの認知度のアップや潜在顧客の見込み顧客化にも期待が持てるはずです。

YouTubeも使用感を知るツールに

オンラインシフトの必要性が高まっているコスメ業界では、YouTubeを活用したプロモーション事例も多くなっています。インフルエンサーを起用して商品の使用感を発信すれば、より効果的なプロモーションが実現するでしょう。使いやすさ、コストパフォーマンスの高さが強みの商品であれば、訴求効果の高さが見込めるはずです。

YouTubeは長尺動画の投稿が可能なため、詳細なレビューを視聴者に伝えやすいのがメリットです。インフルエンサーの起用にはそれなりのコストがかかりますが、社員が自社商品の魅力を紹介するよりも説得力があるため、訴求効果の高い価値ある動画に仕上げられます。

Instagramと異なり、一般ユーザーの口コミは少ないものの、有料広告を設定すれば適切なターゲットに対して自社商品を効率よくアピールできます。また、ユーザーの購買行動を後押しする導線が作りやすいのもポイントです。

ライブコマースで商機が広がる

ライブ配信を活用したプロモーションでは、リアルタイムな質疑応答が可能です。ライブコマースを活用したプロモーションも、コンバージョン率の向上に寄与するとされており、化粧品業界においてもさまざまな工夫を凝らしたライブ配信が行われています。

チャット機能を使ったユーザーとのリアルタイムなやり取りは、「商品についてもっと知りたい」というユーザーのニーズを満たします。このような手法でうまく熱意が伝われば、購買意欲の促進につながるはずです。

ライブ配信をアーカイブ保存すれば、リアルタイムで視聴できなかったユーザーにも見てもらえるので、より効率的なプロモーション活動が実現するでしょう。

化粧品プロモーションで動画を活用するメリット

視覚と聴覚に訴えかける動画を活用すれば、より多くの情報をユーザーに効率よく届けられます。特に、基礎化粧品などの場合、正しい使い方を知りたいと感じているユーザーは多く存在するはずです。オンラインショッピングが日常となった現代では、ユーザーがさまざまな情報を検索し、取得できるようになっています。
ここからは、動画をプロモーションに活用した際、企業はどのようなメリットが得られるか、なぜユーザーは動画による情報発信を求めているのかについて解説します。

色みや質感、こだわりをより詳しく伝えられる

テキストや画像だけでは伝わりにくい商品の特徴も、分かりやすく表現できるのが動画の強みです。たとえば、艶感やラメの大きさなどは「実際に使用してみてイメージが違った」という認識の相違が起こりやすい部分でもあります。

しかし動画を活用すれば、商品の詳細な特徴まで伝わりやすくなり、テロップやナレーションでの補足も可能です。このようなギャップを解消する効果もあるため、ユーザーは納得感を得たうえで商品を購入できるようになります。

また動画の中に、成分や製造工程といった企業のこだわりを盛り込むなどすれば、ユーザーが無意識にブランドのイメージを作り上げてくれるため、自然な形で他社との差別化も図れるはずです。

ブランドの認知度やイメージを向上できる

YouTubeやInstagramに掲載する広告配信も、テレビCМに似た効果が期待できます。ブランドの持つ世界観を映像と音楽で表現すれば、視聴したユーザーは無意識のうちにブランドに対するイメージを構築し、何にこだわりを持っているのか、どのようなコンセプトで作られた商品なのかが理解しやすくなります。

消費者が店舗へ足を運び、商品を購入する場合には、ポップを読んで商品の特徴を把握してもらい、ポスターの写真やデザインからブランドのイメージを認識してもらう必要がありました。動画広告の場合、ユーザーがただ何となく見ているだけでも商品の特徴を理解してもらえます。

また、ユーザー自らが興味に基づいて検索して媒体にたどり着いているため、ブランドそのもののファンになってもらえるチャンスも創出できるでしょう。

ECサイトにスムーズに誘導できる

紙媒体から情報を得た場合、ユーザーは取扱い店舗を探して購入するというステップを踏まなければなりません。しかし、動画はECサイトスムーズに連携できるため、そういったユーザーの手間を減らせます。

販売を促進させたい商品の紹介動画を作る際には、特徴を伝えるだけでなく、レビューを紹介すると効果的です。これまでユーザーは、店舗に足を運んだり、さまざまなサイトを訪問したりして情報を集める必要がありました。

しかし、ひとつの媒体で必要な情報のすべてが手に入り、スムーズにECサイトへ遷移できれば、購入までのステップは大幅に短縮されます。ECサイトとのスムーズな連携は、途中離脱の低減にも効果的です。

効果的な化粧品プロモーション動画のポイント

動画を用いたプロモーションで成功を収めた事例には、いくつかの共通点があります。なかなか効果が上がらないと頭を抱えているのなら、まずは成功事例を参考にして、自社の施策やチャネルを見直してみましょう。

ユーザーの悩みが解決できるのかどうか、映像で見せる

ユーザーの消費行動を促すには、その商品によって悩みがどう改善できるのかを伝えると効果的です。たとえばファンデーションの場合、透明感のある肌・みずみずしい肌・毛穴が目立たない肌、といったように、ユーザーの抱える悩みがどのように理想へと近づくのかを明確に打ち出すと効果的です。

視聴したユーザーは、その商品を使うと自分がどれだけ理想に近づけるのかを想像します。そして十分に興味・期待が高まった状態になると、商品の購入に至るのです。ユーザーの心理を具体的に想像しながら、動画のコンセプトを練ると購買意欲の刺激へとつながります。

化粧品の使い方をレクチャー

商品に対しての興味がすでに高まっているユーザーに対しては、レクチャー動画を配信すると高い効果が見込めます。使い方やメイクのコツなど、より具体的な情報がユーザーの購入意欲を促進させるのです。

実際、化粧品の使い方を紹介する動画は、まだメイクに慣れていない若い世代の関心を集める傾向があります。要点を押さえて丁寧に分かりやすく解説すると、新規顧客となってもらえる可能性が高まるでしょう。自社商品を使ったトレンドメイクの紹介など、常に新鮮な情報を発信し続ければ、競合他社への顧客流出も防げるはずです。

化粧品プロモーション動画の主な事例

化粧品をオンライン購入するユーザーの多くは、ブランドを特定せずに情報をリサーチする傾向があるようです。商品本来の魅力を表現しやすい動画プロモーションは、商品の認知度アップ、イメージの向上にも大きく貢献するため、新規顧客を獲得する機会も増やせるでしょう。

ここからは、企業がどのような工夫をして自社商品をアピールしているのか、具体的な事例を紹介します。

一つ一つのアイテムを丁寧にレクチャー

再春館製薬は、通信販売で化粧品ブランドを展開しています。自社のホームページ上に、商品一つ一つの使い方動画をアップし、使用料や肌へのなじませ方などを紹介しました。ゆっくり丁寧になじませる、という言葉やテキストだけでは曖昧に伝わりがちな力加減や使い方も、実際の使用シーンとともに説明することでイメージしやすくなっています。

通信販売の化粧品は、実店舗のような使い方のレクチャーは難しいものです。しかし、動画の活用により、目の前でスタッフにレクチャーしてもらっている感覚で正しい使用法を身に付けられるようになっています。自宅で何度も見返せるなど、顧客自身のペースで利用できるユーザビリティは魅力です。

再春館製薬所公式サイト
https://www.saishunkan.co.jp/domo/skincare/

ユーザーの悩みに寄り添い、商品の良さをアピール

若い世代を中心に人気を集めているCANMAKE TOKYOは、Instagramで58万人(2021年11月現在)を超えるフォロワー数を獲得するメイクブランドです。動画を活用したプロモーションでは、セルフネイルアートの提案やアイシャドウの使用感などを発信し、ファンの興味を引きつけています。

アイシャドウパレットの紹介動画では、4色のカラーを腕に乗せ、光の当たり方でどのような発色をするのか、まぶたを閉じたときと開いたときでどう印象が変わるのかなど、よりリアルな使用感を伝えることに成功しています。

ユーザー目線の動画を作るために、日ごろからSNSでアンケートを取るのも効果的です。商品に求めるもの、商品購入のポイントなどをあらかじめ把握しておけば、高い訴求効果が見込めます。動画とテキストをうまく使って商品の特徴をアピールすれば、新規顧客との接点創出はもちろん、既存顧客の満足度向上にも結びつくはずです。

CANMAKE TOKYO 公式アカウント
https://www.instagram.com/canmaketokyo/

シルキースフレアイズ新色07ネクタリンオレンジ紹介動画

人気ユーチューバーによるリアルな感想

人気ユーチューバーを起用した商品の紹介動画は、ユーザーに対して親しみを持たせる効果が期待できます。チャンネル登録者数170万人以上(2021年11月現在)を誇る、コスメ系ユーチューバーふくれなさんが、株式会社ディー・アップの二重コスメ「折式(オリシキ)」とタイアップした事例を紹介します。

再生数96万回以上を記録した動画の内容は、ふくれなさんが自身のコンプレックスを明かしながら、実際の商品を使って二重を作る手順を説明・実践し、途中で自身のこだわりを解説していくといったものです。

アイメイクをオフした状態から完成まで、すべての工程を見せることにより、ユーザーの「自分もこの商品を使ってみたい」という好奇心をかき立てています。再生回数は、プロモーションの方向性が正しいかどうかの判断材料にもなるため、多くのユーザーが視聴したこのタイアップ動画は、大成功を収めたと判断できるでしょう。

メイクの使用イメージがわく映像

「CCHANNEL」は、視聴者の共感を得るメイク動画で話題を集めている口コミサイトです。1~2分程度のコンパクトな動画が掲載されており、欲しい情報を短時間で手軽に集められるのが特徴です。

リップの動画では、短い動画の中で要点を極限まで絞り、筆で一度塗りしたときと直塗りした場合の発色の違いを紹介しています。動画の最後には、ビフォー→筆で一度塗り→直塗りといったように、3枚の画像を続けて掲載することで、ユーザーにその違いが伝わりやすいような工夫も施されています。

https://www.cchan.tv/watch/7f46969df5ff4a74b4b50709527ec63c/

社内でも作れる化粧品プロモーション動画

動画のメリットや必要性を十分に理解しているものの、導入が先延ばしになるケースも少なくありません。ビデオブレインは、専門的な知識がなくても簡単に動画が作れる利便性の高いツールです。

使いたい動画や画像、テキスト素材を準備するだけで、専門知識を必要とせずクオリティーの高い動画が完成します。また、豊富なテンプレートから自社のイメージに合うカラーやデザインが選べるのも魅力です。

目を引きつけるのに有用なアニメーション効果、ナレーションを簡単に追加できる機能も備わっています。このような利便性の高い動画編集ツールを導入すれば、初心者でもすぐに動画作りに取り組めます。

化粧品のプロモーション動画を簡単に作れるビデオブレイン

ビデオブレインは、コスメ業界のオンラインシフトをサポートするツールです。SNSに使いやすいアニメーションスタンプやテロップなども豊富に揃っており、目的に合わせた動画活用を支援します。

ナレーションのタイミングと効果音、アイコンを出現させるタイミングまで細かく構成できるビデオブレインなら、より効果的にコスメの魅力が伝わる動画を作成できます。動画にメリハリをつける倍速・スロー設定のほか、エフェクト加工機能も搭載しているため、高いプロモーション効果を発揮する動画が作成できるでしょう。

入力したテキストから音声を自動生成する新たな機能も加わりました。情報があふれる現代において、企業はいかに新鮮な情報をユーザーに届けるかが大切です。動画の量産を可能にするビデオブレインの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

法人向けシェアNo.1動画編集クラウド | Video BRAIN(ビデオブレイン)

Video BRAIN(ビデオブレイン)は、高品質な動画を誰でも簡単に制作できる動画編集ツールです。動画編集の「コスト」「時間」「スキル」を全て解決します。

詳しいサービス資料はこちらからダウンロード頂けます。

まとめ

ECサイトの利用者数が増加した現代において、動画を取り入れたプロモーション戦略により、さまざまな企業が成果を上げています。ユーザーの情報収集は、紙媒体からインターネット上の動画へと移行し、市場が変化するスピードは今後もより加速すると予測されます。

ユーザーのニーズに応える場として直接的な接点を創出できるのがSNSの魅力です。更新の頻度が重要視されるSNSの投稿動画作りには、効率よく動画が作成できるツールの導入がおすすめです。

ビデオブレインを活用して動画プロモーションを実践し、新しいファン層の獲得を実現に導いてください。

 


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする