1. TOP
  2. 動画制作 広告/広報
  3. ブランディング動画とは?目的や効果、制作のコツについて紹介

ブランディング動画とは?目的や効果、制作のコツについて紹介

企業においてブランディングは、他社との差をつける上で非常に大切です。なかでもブランディング動画は、効果的にブランド化を図るために外せないコンテンツでしょう。

しかし、作り方が分からなければ、はじめの1歩すら踏み出すことができません。こちらの記事では、ブランディング動画の目的や効果に加えて、制作のコツをご紹介します。

ブランディング動画とは何かを知ることで、より効果的なコンテンツを作ることができるでしょう。

ブランディング動画とは?

ブランディング動画を知る前に、ブランディング自体について理解していきましょう。ブランディングとは、企業が持つ存在意義をユーザーに伝える活動のことを指しています。例えば、ロゴやシンボルマーク、テーマカラーなどもブランディングの一環です。

そして、ユーザーに対して自社のブランドを認知してもらうために制作した動画をブランディング動画といいます。企業自体をPRしたブランディング動画のほか、商品やサービスを紹介することで、ブランドを発信するパターンもあるでしょう。

ブランディング動画を作成する目的

実店舗やwebショップなどの直接的な媒体での販売促進ではなく、まずは存在を認知してもらうことで、新たなユーザーとのつながりを強固なものにするのがブランディング動画の目的です。

ブランディング動画を通して、企業や商品のファンを作ることで、結果的に購買者やサービス利用者の増加につながります。その上で、商品やサービスを気に入った方はリピーターへと発展することになるでしょう。

ロゴやテーマを見るだけで多くの方が企業をイメージすることができれば、ブランディング成功といえます。

ブランディング動画の効果

ブランディング動画は、企業や商品の詳細を短時間に凝縮させることができるため、ユーザーに対して、一気に情報を伝えることができます。テキストや静止画だけで伝える広告よりはるかにメッセージを込めることができるのも魅力でしょう。

また、動画の内容によっては、見る方に親しみを与えることもでき、ブランド自体をより身近に感じてもらえる効果もあります。親近感が湧くことで、自ずとブランドを応援してくれるファンに発展するため、販売促進にもつながるでしょう。

ブランディング動画を作成するメリット

ブランディング動画を作成すると、3つの大きなメリットを得ることができます。どんなメリットがあるかを把握しておくと、ブランディング動画を作成する際のモチベーションへとつながり、結果的に、より効果的な作品を作ることができるでしょう。

ここでは、3つのメリットをひとつずつ紐解いていきます。

ブランドの世界観を伝えることができる

ブランディング動画のメリットとして特筆すべきは、ブランド自体の世界観を表現しやすい点です。動画の視覚的な作用に加えて、音楽やナレーションを使うことができるため、文字だけで表現した場合に比べて、メッセージを直感的に伝えられます。

文章のようにしっかりと読まなくても、何気に目にしたブランディング動画が心に残るパターンもあるでしょう。また、動画を見なくても、音を耳にするだけでブランドの世界観が伝わる可能性もあります。

潜在顧客にもアプローチできる

ブランディング動画は、一般的にSNS上での広告として利用されることが多いでしょう。そのため、1人のユーザーが共感し拡散することで、一気に広まる可能性もあります。ましてや、影響力の高い方が反応すれば、その拡散力は計り知れません。

SNS上で広まったブランディング動画は、必然的に潜在顧客の元へと届くことになり、アプローチが可能です。さらに、コストを抑えながら宣伝効果を得る上でも、ブランディング動画は非常にメリットの大きい手段といえるでしょう。

社員のモチベーションアップにつながる

ブランディング動画は、ユーザー向けのものばかりではありません。実は、社員に向けたインナーブランディング動画というケースもあります。自社が持つ価値観や目標などを改めて知る上で、非常に有効的な手段といえるでしょう。

特に、入社式においては、これから働く新入社員に対して、明確なビジョンを1度に伝えることができます。そのほか、社員が一堂に会するときに活用すると、モチベーションアップにつながり、マンネリ化を防止できるでしょう

ブランディング動画の作成がデメリットになる場合

ブランディング動画を作るにあたって、自社に動画編集ができる社員がいなければ、外部に依頼する必要があります。これまで活用していたテキストベースの広告と比べると、格段に費用がかかることは否めません。

たとえ自社で作るとしても、動画ツールの導入や制作時に必要となる諸費用など、ある程度の投資が必要となるでしょう。そのため、しっかりと費用対効果を考えた上で制作を行わなければ、結果的に無駄になってしまう可能性もあります。

ブランディング動画はどんな場合に有効なのか?

ブランディング動画を有効的に活用するために、SNSは欠かすことのできない存在です。最近は企業アカウントも増えてきており、競合他社との差をつける上でもブランディング動画は必須といっても過言ではありません。

特に、これまで静止画のみでSNSの活用をしてきた場合には、思ったような反響を得られずに足踏みしてしまうこともあったでしょう。ところが、ブランディング動画を効果的に取り入れることで、思わぬ反響を得られる可能性が高まります。

ブランディング動画制作のコツ

なんとなくブランディング動画を作りたいという気持ちだけで制作しても、効果的な作品を作ることはできません。せっかくブランディング動画を作るのであれば、ユーザーの心をつかむ動画にしたいものです。

実は、ユーザーを惹きつける動画を作るために押さえておくとよい4つのコツがあります。ひとつずつ紐解いていきましょう。

商品・サービスそのものが持つ価値を考える

何よりも大切なのは、自社が持つ商品やサービスそのものがどのような価値を持っているかを改めて考えることです。ひいては、企業自体が持つ存在価値についても、今一度見つめ直してみることをおすすめします。

まずは、紙に書き出してみるとよいでしょう。意外と明確になっていないこともあるので、いい機会になります。

そして、ブランディングの土台をしっかりと固めてからブランディング動画を作ると、より効果的な作品を作ることができるでしょう。

ブランディング動画によって与えられる付加価値を考える

ブランディング動画は、単に商品やサービスを紹介するだけではなく、ストーリー性を持たせることに意味があります。そのため、ブランドの土台が明確になったら、商品やサービスが生まれる背景についても想いを馳せてみましょう。

バックボーンをブランディング動画にエッセンスとして活かすことで、商品やサービス自体に付加価値をつけることができます。

また、撮影箇所や出演者を選ぶことも付加価値を与えるひとつの方法です。どのようなシーンでどんな人を選ぶと、より効果的に自社の商品がPRできるかを考えてみましょう。

迷った場合は「共感」をテーマに作成する

ブランディング動画において「共感」は非常に重要なポイントとなります。特にSNSは、「いいね」や「シェア」を気軽にできるのが魅力です。そのため少しの共感があれば、一気に拡散される可能性を秘めているツールでもあります。

実際、SNSに投稿したブランディング動画は、視聴者が心惹かれ共感したことが大きなきっかけとなって拡散されることが多いでしょう。例えば、「面白い」「美しい」「美味しそう」など、シンプルな感動でも共感を呼ぶことができます。

ブランディング動画をどんな内容にするか迷ったときは、小さな共感をイメージするとスムーズに作成できるでしょう。

動画制作会社に「企画・構成」を相談する

最近は動画編集ツールが多くリリースされているため、自社においてブランディング動画を作ることも可能です。しかし、すべての企業に動画制作に長けた人材がいるとは限りません。

どうしても自社で作ることが難しい場合は、動画制作会社に企画・構成を相談するのもひとつの手段です。

撮影や編集まで一連の流れを頼むこともできますが、それなりに費用がかかってしまいます。コストを抑えながら制作するためには、企画と構成の段階だけ手を貸してもらうのもよいでしょう。一部のサポートをしてない会社もあるので、事前に確認しておくことが大切です。

まとめ

SNSが浸透している今、ブランディング動画はどの企業においても欠かせないコンテンツでしょう。数ある企業アカウントのなかで埋もれないためにも、より効果的なブランディング動画を作ることは必須です。

スピーディーな展開をしていく上で、自社での動画編集は非常に役立ちます。動画編集ツールというと難しそうに感じますが、Video BRAINは直感的に使えるので、意外とスムーズに使いこなせるでしょう。こちらの記事から機能をチェックすることができますので、ぜひご覧ください。

https://video-b.com/case/


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする