1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画マーケティング
  4. 動画マーケティングに強い会社5選|選び方やインハウス化のコツも解説

動画マーケティングに強い会社5選|選び方やインハウス化のコツも解説

昨今の動画マーケティングの広がり方は目を見張るものがあります。だからこそ自社でも動画マーケティングを導入したいと考える企業も多くなっていることでしょう。

ここで問題になるのが、どのように運営していけば効果が期待できるのかという点です。そもそも動画の作成方法自体が曖昧だという企業も少なくありません。そこで本記事では、動画マーケティングに強い代行会社についてご紹介します。

「餅は餅屋」という言葉もあるように、無理に自社だけで行うのではなくプロの手を借りて効率的にマーケティングを行いましょう。

動画マーケティングに強い会社の選び方

動画マーケティングに強い会社に依頼しようと考えた際に、まず一番に問題になるのが「どの会社に依頼すべきなのか」という点です。初めに、動画マーケティングに強い会社の選び方についてチェックしていきましょう。

サービス内容

まず確認しておきたいポイントは、動画マーケティング会社のサービス内容です。一言で動画マーケティング支援といっても、サービス内容においてはピンキリであるのが現状だと言えます。

動画の作成から運用まで行ってくれるのか、または企業が用意した動画を使ってマーケティングを行う、基本的に動画の作成のみの場合もあるでしょう。またそれぞれのスタイルによって費用も変わってきます。自社でできる範囲はどこまでなのか、必要とされる支援を明確にしたうえでサービス内容を確認してください。

実績

次いで確認すべきはやはり動画マーケティングにおける実績です。どれだけ品質の高い動画が作れるとしても、動画マーケティングに期待している効果を上げられなければ意味がありません。

実際に動画マーケティングを上手く回せているのかを確認するには、実績を確認することが一番です。動画に限らずマーケティングの知見がしっかりとあるのか、そしてその知見を実際に生かすことができているのかはとても重要なポイントだと言えます。

また、実績を確認する際に契約している他企業の声を見ることができれば、より確かな効果を期待できるのかも確認できるでしょう。

費用

次いで必要となる点は、企業として無視できない費用面です。実際のところ動画マーケティングは、バズれば一度で大きな効果を期待できる反面、継続を前提とするマーケティング方法でもあります。

多少値が張ったとしても一度限りであれば許容できますが、数カ月単位で契約するとなれば不必要な出費はできるだけ抑えたいと考えるのはどの企業でも同じでしょう。また、動画の内容によっては、1本の動画を作るだけでも思っていた以上の金額が必要になることはよくあることです。

そこで、動画マーケティングの支援会社に依頼をする前に、まずは確保できる費用をしっかりと確認しておくことが重要です。そのうえでコストパフォーマンスが高いマーケティング会社を選べば、費用対効果を最大限にできます。

アフターサービスの有無

最後に必要な点として、市場調査を行い動画を作成するだけではなく、運用面でどの程度のサービスが期待できるのかも確認しておきましょう。上記でも軽く触れましたが、動画マーケティングを長い目で見るのであれば、質の良い動画を作って公開すればそれでおしまいにできるわけではありません。

動画を見たユーザーの行動、動画へのアクセス数など確認することや検証することは盛りだくさんです。これらすべてではなくとも一部、アフターサービスがあるだけでも企業の負担は大きく変わります。

また動画作成そのもののアフターフォローも、どこまでできるのか確認しておきましょう。動画を作り始めたばかりのころは、明確に動画内容をイメージできずに修正を追加したくなることもよくあるものです。

このような場合に「作成後でも◯日以内なら修正対応可能」としている会社か否かで動画の満足度は大きく変わります。

動画マーケティングに強い会社5選

では、実際に動画マーケティングに強い会社、実績に期待できる会社を見ていきましょう。それぞれの会社の強みや簡単な実績にも触れていくので、ぜひ参考にしてください。

プルークス

サービス内容
・映像制作・映像企画
・動画広告運用・配信
・動画マーケティングコンサルティング
・動画メディアコンサルティング
・動画メディア運営
・Web・グラフィックの企画・制作

大手企業からベンチャー企業まで、年間で1,000本以上の動画制作を手掛けている会社です。動画マーケティングはもちろん、広告戦略や動画作成など動画に関わる全般的なコンサルティングが期待できます。

費用面でも平均的な相場を下回っているので、高い費用対効果を見込めるでしょう。

LOCUS

サービス内容
・動画コンサルティング
・動画制作サービス
・YouTubeチャンネル運用支援
・採用ブランディング支援
・VPコンテンツサルティング

2010年の創業以来1,600社以上の企業からの依頼を受け、非常に豊富な動画作成の実績を持つ会社です。700名を越す動画クリエイターや技術スタッフを抱えているので、品質面では絶大な安心感を得られるでしょう。

依頼企業との間に齟齬が起きないよう、丁寧なヒアリングも行ってくれるので、企画を詰めている最中にも、より最適な動画クリエイティブに寄せることが期待できます。無料相談や見積もりも実施しているので、比較的気軽に声をかけやすい会社です。

サムシングファン

サービス内容
・動画活用の提案
・動画作成
・live動画配信支援
・YouTube運用代行
・ドローン撮影も可能

大手企業から中小企業まで幅広い会社へサービスを提供してきた実績を誇る動画制作会社です。基本的な考え方である「サムシングファンは【価値を映す】映像活用提案会社です!」が表すように、動画制作だけではなく提案力に優れた会社だと言えるでしょう。

また映像制作担当者育成サービスもあるので、自社内で動画作成担当者を育てたいと考える企業にもおすすめです。費用はパッケージプランから選ぶことも可能なので、コストを抑えたい場合も満足度の高い動画マーケティングを行うことができるでしょう。

VIDWEB

サービス内容
・動画制作
・インタラクティブ動画
・live配信サービス
・広告運用代行サービス
・YouTubeチャンネル運用代行

確かな技術力を誇る世界中のクリエイターと連携している、東京を拠点に活動している動画マーケティング会社です。クラウドソーシング型の会社なので、名前を聞いたことがある動画クリエイターに動画作成を依頼することもできるでしょう。

またVIDWEBでは動画制作はもちろん、公開後の分析レポートに力を入れている点が大きな特徴です。動画のアクセス数や平均視聴時間など、さまざまな観点から企業にとって最適な動画を提案してくれます。

Global Japan Corporation

サービス内容
・TV・CMプロダクション事業
・WEB事業
・インターネットコンテンツの配信
・各種イベント企画・制作及び運営
・動画制作・映像制作
・動画広告

制作実績が4,000社、60業種以上と圧倒的な実績を誇る動画マーケティング会社です。大手はもちろん中小企業からベンチャー企業まで、ありとあらゆる企業と契約していることから、その実力は折り紙付きだといえるでしょう。

また特筆すべき点は、相場の半額程度といわれる費用の安さです。特にSNS向けの動画では3万円から10万円程度で動画の作成を請け負っています。コスパのよさを第一に考えるのなら、無視できない会社の一つだと言えるでしょう。

動画マーケティングの一部はインハウス化できる

ここまで動画マーケティング支援会社を挙げてきましたが、実は動画マーケティングの一部はインハウス化ができます。マーケティングのすべてをプロに任せるのではなく、一部だけでも自社で行うことができれば、費用面では大きなメリットとなるでしょう。

では、動画マーケティングの中でもどの部分ならインハウスできやすいのでしょうか。答えは動画制作そのものです。実際のところ、伝えたい企業のイメージや商品の良さを一番知っているのは自社の社員です。

もちろん、動画マーケティング会社はプロですから、ヒアリングなどでしっかりと必要な部分や伝えたいことをくみ取るのは得意としていることでしょう。しかし、企業内で社員が感じる空気感や商品への小さなこだわりは、やはり自社の社員にしか感じることができないというのも現実です。

こういった動画には直接関係ないような小さなポイントこそが、「伝える」という観点から重要なファクターとなり得ます。動画マーケティング会社に丸投げするのではなく、一部をインハウス化することは、長い目で見れば自社内に技術者を育てることにもつながるのです。

ちゃんと動画クリエイティブのPDCAサイクルを回せていますか?

動画マーケティングを行ううえで大切なポイントとして、動画クリエイティブのPDCAサイクルを回せているのか、という点が挙げられます。動画に限らずSNSやSEOなどのマーケティングでは、PDCAサイクルをしっかりと回し、より伝わるもの、より効果を高める方法を模索することが必要です。

ただし、実際のところ自社内だけでPDCAサイクルを回すのは難しい側面があります。だからこそ、動画マーケティング会社などプロに依頼するのですが、自社内では全くPDCAを回せないという状態もよしとするわけにはいきません。

極端な例として、マーケティングに関するすべてを外部に委託して依存してしまったとしましょう。すると、もしも外部企業がマーケティングから手を引いてしまえば、すべてがブラックボックスになってしまうリスクも考えられるのです。

リスクヘッジをするためにも、すべてを外部に委託してしまうことは決して最善策とは言えません。特に動画クリエイティブはPDCAを回してこそ、ユーザーに必要なものが分かりやすいマーケティング方法でもあります。

自社内でしっかりと回せているか、回すためにはどうすればよいのか、今一度考える時が来ていると言えるでしょう。

動画編集ツールがPDCAサイクルを加速させる理由

動画クリエイティブのPDCAを回す、その方法の一つとして挙げられるのが「動画編集ツールを導入すること」です。動画マーケティングの一部をインハウス化するためにも有効な方法だと言えるでしょう。ではなぜ動画編集ツールを導入することがPDCAを加速させるのでしょうか。ここでは、その理由について解説します。

動画編集ソフト「Video BRAIN」はAIを搭載しており、用意したテキストと素材を自動でマッチングしてくれます。動画制作の中でもセンスを問われる工程をAIが自動で行ってくれることから、組み合わせに関して頭を悩ませる時間をカットすることができるでしょう。

また、動画作成はたったの3ステップで行えるので、動画作成初心者のうちからプロが作った動画とそん色ない出来を期待できます。操作方法自体も直感的に扱えるようになっているので、動画作成の時間を楽しむ余裕もできるでしょう。

もちろんマッチングが気に入らなかったときのやり直しも簡単です。外部に依頼していた際の、ある程度できあがるまで確認できない、気軽に修正を依頼できないなどのストレスを感じることもありません。

豊富なテンプレート×フォントで「ワンパターン」から解放される

国内の動画編集クラウドサービスの中でも、トップクラスを誇るテンプレートやフォントを利用できるので、編集ソフトの弱点であるワンパターン化の心配がありません。

動画マーケティングにおいて「似たような動画ばかりを作ってしまう」ことは、効果を見込めないばかりかユーザー離れの原因になってしまうこともあります。特に作成予定の動画本数が多い場合、素材の少なさは致命的です。しかし、Video BRAINならそうした心配も無用なので、1本1本の動画を新鮮な目で見ることができるでしょう。

投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証できる

Video BRAINの提供するサービス「Insight BRAIN」を同時に導入すれば、作成だけではなく配信した動画の効果検証や分析まで自社で行うことができます。改めて分析を依頼する必要がないので、分析結果を素早く確認できる点も大きなメリットといえるでしょう。

今現在ユーザーが何を求めているのか、今回投稿した動画のどこがいけなかったのか、または好評な理由をいち早く確認できます。そして確認した後は改善点や評価部分を取り入れ、また新たに動画を作る際の指標を得られます。

これらはPDCAを自社内で回すためにも、とても重要なポイントだと言えるでしょう。

まとめ

動画マーケティングを考える場合、最初はどうしても外部に委託するという選択肢が挙げられます。ただし、外部企業にすべて任せきりにしてしまうことは、リスクヘッジや人材育成の観点から、もろ手を挙げて歓迎できることとは言えません。

最初は外部に委託したとしても、徐々にインハウス化する方法もあります。中でもインハウス化しやすい動画作成の場面では、Video BRAINの導入により難易度を下げることが可能です。

多くの企業様にその効果を実感していただいている「伝わらない」をなくす動画編集ツール「Video BRAIN」の実力を実感してみてはいかがでしょうか。興味のある方はぜひ一度公式サイトをご覧ください。


手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

  1. 予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集が簡単
  2. 商用で利用できる著作権フリーの画像、動画、BGMも素材サービスと連携しており、素材撮影や編集にかかる工数を大幅に削減
  3. 最大60分の長尺の動画作成と書き出しができ、クラウド編集のためパソコンのスペックに依存せずに編集が可能
  4. 一般的に使われてるMP4だけでなく、「MOV」「パワーポイント」「GIFアニメーション」など多様な書き出し形式に対応した独自機能
  5. 入力したテキストから、音声データに自動でナレーションを生成する機能や各シーン毎に効果音、BGMの編集が可能
  6. 「タイムライン」などの動画編集のプロが使う機能を誰でも簡単に使えるため、表現の自由度が高い

これから動画活用を始めたいと思っている方や、動画編集や配信後の効果的な施策に悩んでる方は是非Video BRAINの導入をご検討ください。

この記事をシェアする