1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 動画マーケティングとは?基本の手法・成功事例について紹介

動画マーケティングとは?基本の手法・成功事例について紹介

昨今ではYouTubeなどの動画プラットフォームやSNSなどで動画広告をよく目にするようになりました。これは企業も自社のマーケティング施策に動画を活用するといった動きが増えていくことを意味しています。現代は「動画の時代」とも呼ばれており、このことからも、さまざまな部門が動画マーケティングに力を入れていることが伺えるでしょう。

しかし、具体的にどのように取り組んでいいかわからないという方も多いでしょう。今回は、動画マーケティングの基本から手法、成功事例などをご紹介します。

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは自社サイトに自社のサービスや製品のユーザーインタビュー動画を掲載したり、YouTubeで自社の商品を紹介したりなど、映像を使った商品やサービスの集客方法、動画による自社の会社説明などのことをいいます。

さらに目的達成のための戦略立案やSNSの運用、動画広告設計、動画の効果検証までも動画マーケティングの一部に数えられます。つまり、動画を軸にしたマーケティング施策のすべてが「動画マーケティング」の取り組みに含まれています。

動画マーケティングの目的

動画マーケティングには大きく「商品の認知度や理解度を上げる」、「購買意欲を高める」、「ブランディング」この3つの目的が挙げられます。

まず「商品の認知度や理解度を上げる」についてですが、最近では、動画はさまざまなデバイスから手軽に見ることができるようになっています。これを利用することにより商品をより見てもらうことができ、商品について知ってもらう機会を増やすことができます。

次に「購買意欲を高める」についてですが、動画には顧客に商品のイメージを伝えやすいという利点があります。文章では伝えられないようなことも視覚を通して伝えることができるため、商品のメリットを顧客により伝えることで、購買意欲を掻き立てる効果もあります。

さらに企業のイメージを加えることで「ブランディング」戦略にもつながる効果が期待できます。このような目的をもって企業は動画マーケティングに力を入れています。

動画マーケティングが注目されるようになった背景

動画マーケティングに注目が集まった背景としては、通信環境が整備された現代では、さまざまなデバイスからSNSや動画を見られるようになったこと、個人でも動画作成が比較的簡単にできるようになったことが挙げられます。

YouTubeやTikTokなどの動画コンテンツの人気が高まっているといったことも理由の1つといえるでしょう。
10代~20代の男女ともにテレビよりもYouTubeを長く視聴しているという結果になった調査もあります。YouTuberが小学生のなりたい職業ランキングのTOP5以内に選ばれるなど、昔に比べて動画が身近なものになったことが理由にあるようです。

動画マーケティングの種類

動画マーケティングは大きく2つ分けることができ、それぞれに特徴があります。

まずは「動画広告」です。代表的なものはYouTubeなどでよく見る広告です。広告にも種類があり、代表的なものとして「インストリーム広告」、「バンパー広告」、「インリード広告」が挙げられます。

インストリーム広告は動画の始め、中盤、最後に表示される広告です。バンパー広告はYouTubeの動画の途中で6秒間で流れる広告のことです。インリード広告は、Webページをスクロールしたときに表示される広告です。

次に「動画コンテンツ」について紹介します。これは商品の認知度を上げるため、ストーリー性のある動画や面白い動画を配信することで、商品の宣伝になるコンテンツを作るためのものです。特にSEOや集客、ブランディングなどの動画が該当します。

このように動画マーケティングでは、目的や用途に合わせてさまざまな動画を作ります。

動画マーケティングを行うメリット

動画マーケティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。動画マーケティングを行うことで、さまざまな効果が期待できます。

特に「文章・画像よりも伝えられる情報量が多い」「配信ターゲットを絞りやすい」「動画クリエイティブのPDCAサイクルが回しやすい」といった効果があります。この3つについて紹介していきます。

文章・画像よりも伝えられる情報量が多い

動画は文章や画像に比べ、商品の魅力が伝えやすいというメリットがあります。文章だけでは商品やサービスの良さを表現できても映像として伝えることができません。一方で、画像だけでは映像は伝えられますが、商品やサービスの説明はできません。

一方、動画では映像や音楽、字幕などを使うことで、商品やサービスの魅力をさまざまな視点から伝えることができます。多くの情報を相手に届けることができるということです。

また、文章のように読み込む手間もなく、ユーザーのストレスが少なくなることで、より多くの情報を伝えられることができます。

配信ターゲットを絞りやすい

動画は配信ターゲットを絞り、狙った層へのアプローチや分析がしやすいという特徴があります。テレビCMのように不特定多数に見てもらう方式とは異なり、動画では性別・年齢・地域などを絞って、狙ったユーザーにピンポイントで届けることができます。

また、測定ツールを使ってどんなユーザーが購入したかなど、動画マーケティングの結果確認が容易にできます。それにより配信ターゲットをより絞って動画マーケティングを展開することができるというメリットがあります。

動画クリエイティブのPDCAサイクルが回しやすい

動画は非常にPDCAが回しやすいものです。動画分析に必要なツールが充実しているため、動画の質を上げたり、視聴者の好みを知ったりということが比較的容易にできます。分析することで、動画のクオリティも上がります。

PDCAを回すことで、やみくもに動画の数を増やすのではなく、1つ1つしっかりと意図を持った動画を作りこんでいけるようになり、その結果、有益な動画配信が可能となります。

動画マーケティングを行うデメリット

動画制作において、下手な動画を作っても自社のイメージダウンにつながるだけで、メリットはありません。動画マーケティングを行う際は、デメリットもしっかりと理解しておくことが重要です。次は動画マーケティングのデメリットについて紹介していきます。

制作に時間がかかる

動画制作は複数の工程があり、完成までには非常に時間がかかります。特に、早くマーケティングの効果を得たいと考えてる場合は、時間がかかるという点はデメリットとなるでしょう。

一般的に動画制作は、方向性を決め企画・構成し撮影、編集と段階を踏んで制作されます。そのため、1つの動画を制作するだけでも、数週間から長い場合には数カ月かかることもあります。

動画マーケティングを行う場合は、結果が欲しい時期を逆算して、その日に向けてしっかりと準備をしていく必要があります。これを無視して急いで動画を作ってしまうと、クオリティの低いものができあがり、意図した成果を得ることができなくなります。

外部に依頼する場合はコストがかかる

動画制作では、専門性の高い知識が要求されます。そのため、自社で動画を作ることは、動画制作に詳しいスタッフがいれば可能かもしれませんが、いない場合には、制作が難しいでしょう。その場合、制作会社に依頼をすることになりますが、自社で製作するよりもコストが余計にかかってしまいます。

特に動画制作にはさまざまな費用がかかります。代表的なものが「人件費」「企画構成費」「撮影費」「編集費」などです。数十万円かかることもありますし、クオリティの高いものを必要とするのであれば、さらに費用が上がります。十分な予算を確保しなければならないという点も動画マーケティングのデメリットといえるでしょう。

動画マーケティングの基本手法

動画マーケティングの基本手法として「HHH(スリーエイチ)戦略」と呼ばれる手法があります。これはGoogleが提唱しているもので「ヒーロー(Hero)型」「ハブ(Hun)型」「ヘルプ(Help)型」の3つに分けて行われるものです。

商品やサービスの認知度を高めるために作る動画のことをヒーローと呼び、ここである程度認知されたらハブ型の動画でアプローチをかけていきます。商品の魅力や情報を伝えて購入意欲を掻き立てます。

最後にヘルプ型で購入した顧客へのサポートを行うことで、口コミやリピーターを作っていきます。さらに役に立つ情報を発信していく動画もヘルプ型に含まれます。この3つのステップを経る手法が動画マーケティングの基本戦略と呼ばれています。

動画マーケティングの成功事例

ひとくちに動画マーケティングといっても目的や種類はさまざまです。目的にあった動画を制作し、適した場所に公開をする必要があります。そうはいってもすぐにイメージすることは難しいかもしれません。ここでは実際に動画マーケティングを活用している事例を紹介しながら、それぞれの目的や動画の解説をしていきます。

SK-Ⅱ(P&Gプレステージ合同会社)

まずはスキンケア製品で有名なブランドのSK―Ⅱの広告動画です。「フェイシャルトリートメントオイル」商品紹介をしている動画ですが、実際の使い方を伝えるハウツーも同時に行う商品紹介動画としてYouTube投稿されています。

メイクアイテムの紹介動画やメイクの仕方を説明する動画を挙げている人気YouTuberを起用することで、商品認知度をさらに上げようという目的があります。

SNSに動画広告を出す場合は、このような広告感が薄い自然な動画にすると視聴数アップにつながります。さらに使い方や使用感を紹介することで、商品イメージを与えやすく購入につながりやすくなります。

人事労務freee(freee株式会社)

人事労務freeeの紹介動画は、給与事務担当者にありがちな悩みを紹介して、共感を得るところから始まります。そしてその悩みを解決できるサービスを紹介することで購買意欲を高めています。

freeeを実際に導入することで「誰に」「どんな」利益があるのかを分かりやすく伝えています。さらにアニメーションを使用することで、見やすく分かりやすい動画にしているのも特徴の1つです。また、短い動画を採用することで、忙しい担当者にもストレスなく見れる作りとなっており、そういった点でもアピールをしています。

この動画のように動画のテンポや軽快な音楽でイメージを与えることでサービスのメリットを効率的に伝えています。

ちゃんと動画クリエイティブのPDCAサイクルを回せていますか?

動画広告ではPDCAサイクルを回すことが重要です。

PDCAサイクルの「PDCA」とは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)のことです。

1.仮説でクリエイティブを制作
2.検証のために、広告プラットフォームに配信
3.配信結果の数字から学習
4.新たなクリエイティブを制作し、配信

上記のようなサイクルを回して、良い成果を出せるクリエイティブを生み出すことが大切なのです。

PDCAサイクルを回すには、動画広告の評価や分析が必要になります。他の広告施策についても同様ですが、重要なのは広告の目的を明確にし、ベンチマークやKPIを定め、その指標に向かってPDCAサイクルを回していくことです。

ひと昔前には、動画広告を出せば成果が出るという時期もありました。ただ、これからはそういう時代ではありません。動画広告で成果を出すためには、まず目的を明確にし、その目的に向かって動画広告を分析、それを次の動画広告へ反映させることが重要です。

より良い動画広告を制作するためにちゃんと動画クリエイティブのPDCAサイクルは回せているでしょうか。今一度、自社の取り組みを振り返ってみることをおすすめします。

動画編集ソフトがPDCAサイクルを加速させる理由

動画編集ソフトを使用することで動画制作を自社で行うことができるようになります。そうすることによって動画制作から効果の検証、各部門とのコミュニケーションを素早く回すことができるようになります。

動画編集ソフトを導入することによってPDCAサイクルを加速させてより効果の高い動画マーケティングが可能となります。

AIがテキストと素材を自動マッチング

動画編集ソフトには、難しい専門知識がなくても誰でも簡単にハイクオリティな動画が編集できるAI自動動画編集クラウドという機能があるものがあります。これは「テロップの位置や文字数を自由に変更したい」「素材だけのシーンや文字のみのシーンを追加したい」などの機能やAIがテキストと素材を自動マッチングしてくれるといった機能などがあります。より自由度の高い映像表現が可能となっています。

こういった動画編集ソフトを利用して「スキル」「コスト」「時間」といった問題点をテクノロジーで解決するといった動きは昨今では活発なものとなっています。

豊富なテンプレート×フォントで「ワンパターン」から解放される

動画編集ソフトを使用するメリットとして、編集ソフト内のテンプレートを使用することで初心者でも手軽に動画を編集することができることが挙げられます。それぞれのシーンにあったテンプレートからおしゃれなものまで幅広くあり、さらにオリジナルにカスタマイズしたフォントを使用することで映画のワンシーンのような動画が簡単に制作することができます。

こういった機能は随時新作が更新されていきますので、これら使用することで動画がワンパターン化されずに常に新しい感覚で動画を作ることができます。

投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証できる

動画編集ソフトの中には動画配信後の分析・効果検証可能なソフトもあります。それを使用することにより、自分の意図した目的の動画はどのような効果があるのか、それを基にどういった編集をすればどういったユーザーに受けるのか受けないのかなどが判断しやすくなります。

YouTubeなどにも分析する機能はありますが、動画編集ソフト内で行うことによって、より深い内容まで分析でき、結果的にPDCAサイクルをより回すことができます。そうすることで、クオリティの高い広告動画制作につなげることができます。

まとめ

動画マーケティングは企業が動画広告でさまざまな戦略を打っていく上で重要なことが分かっていただけたかと思います。ただし、動画マーケティングには専門的な知識が必要になってきますので、いきなりすぐに行うということは難しいかもしれません。

Video BRAINは便利な機能でお客様の動画マーケティングをサポートいたします。

Video BRAINでは、AIがテキストと素材を自動でマッチングする・テンプレートやフォントが充実しているためワンパターンにならない・投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証といった、PDCAサイクルを加速させるものが全て備わっています。

動画マーケティングにお困りの際は、Video BRAINをぜひお試しください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする