1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 企業が動画マニュアルを作成するメリットとは?作り方のコツやポイントを解説

企業が動画マニュアルを作成するメリットとは?作り方のコツやポイントを解説

動画マーケティング

これまで長きにわたり紙媒体が一般的であった企業の各種マニュアルが、インターネットの普及に伴ってWEB上で閲覧できるPDFに移行しています。現在では通信環境がさらに整備され、大きなファイルの送受信が可能になったことなどから、動画でマニュアルを作成するケースも増えてきています。

企業にとって、動画でマニュアルを作成するメリットはどこにあるのでしょうか?動画でマニュアルを作成する際に注意すべきポイントと併せてご紹介します。

3種類の動画マニュアル

企業が作成する動画マニュアルの代表例は、以下の3種類あります。

業務マニュアル

社内スタッフ向けに各業務のプロセスを説明するためのマニュアルです。業務プロセスは、新システム導入や工場の設備刷新などにより、たびたび変更されるため、最新プロセスをマニュアル化し、スタッフで共有することがスムーズな業務遂行に欠かせません。

変更点を明確にし、気を付けるべきポイントを適切な動画で提供すれば、ミスや事故を減らすことができます。また、新しい部署に配属されたスタッフにとって分かりやすい動画マニュアルがあれば不安を取り除き、業務を学ぶ時間を短縮することができます。

研修マニュアル

新人研修、マネージャー研修など、さまざまな研修に使用されるマニュアルです。現場や工場では同じ内容の研修が繰り返し実施されることが多く、適切な研修マニュアルを一度作成しておくと準備の手間が省けて作業効率が上がります。

また、講義形式が多い研修において口頭での説明だけでなく動画を取り入れると、講習にメリハリがつき、伝えたいことが強く参加者の印象に残るようになります。

製品・サービスマニュアル

動画にするメリットが最も大きいのが製品・サービスについてのマニュアルです。取扱説明書をテキストだけで作ろうとするとページ数が多くなり、ユーザーが求めている情報がどこにあるのか分かりにくくなり、問題解決に時間がかかったり途中で諦めてしまうことがあります。

結果、企業への問い合わせ電話やメールが増えて対応に時間をとられるという負の連鎖にも繋がりかねません。
もし分かりやすい動画マニュアルが提供できれば、こうした問い合わせを大きく減らせることでしょう。また、自社の最新製品やサービスについて、営業スタッフが理解を深めるためにも役立ちます。

「重要なポイントを分かりやすく伝えること」が求められるマニュアルにおいて、多くの情報を視覚的に伝えられる動画は非常に有用です。

なぜマニュアルには動画が最適なのか?

ここまでの内容を踏まえ、企業が動画マニュアルを作成するべき理由について整理します。

短時間で理解が深まる

見たままを真似するだけで問題が解決できる動画マニュアルは、説明内容の理解を促進し、忙しいスタッフたちの貴重な時間をセーブすることにつながり、生産性が向上します。

業務の簡略化と低コスト化

製品やサービスの紹介を動画化すれば、これまで紙で配布していた商品説明書やサービスカタログの多くが不要になり、コストの削減に繋がります。

場所や時間を選ばず視聴可能

動画マニュアルは、インターネット環境さえあれば自宅でも客先でも視聴できます。場所や時間を選ばずに好きなタイミングで視聴でき、カタログやプリントアウトしたマニュアルを持ち歩く必要がなくなります。

グローバル化にも対応

動画であれば、1本の動画マニュアルを作成し、テロップを差し替えるだけで多言語化できます。海外の現地スタッフの教育や日本で雇用した外国人労働者の研修用に同じ動画マニュアルを使用できるため、グローバル対応が進みます。

このように、動画マニュアルを導入すれば各種業務を簡素化できる上に、社員教育やイベントにかける時間もコストも削減できるのです。

動画マニュアルの制作方法とは


良質な動画マニュアルを制作するプロセスは、一般的に「企画→構成→取材→台本→撮影→ナレーション録音→編集」となります。目的に合致した動画マニュアルを完成させるためには、制作開始前に、しっかりとしたプランニングを行うことが不可欠です。

企画

誰のために、どういった目的で動画を作るのか、ターゲットを明確にしましょう。

構成

企画に沿って内容を構築します。分かりやすく作るには、1本の動画に多くの内容を詰め込み過ぎないことです。ポイントを絞って、短めの動画にすることがカギとなります。

取材

動画を制作するのに必要な資料、コメント、画像などを集めます。

台本

制作する動画の「設計図」となる台本を作成します。どこで何を見せるのか、どういった順番で見せるのか、どのように伝えるのかなど、映像・音声・ナレーション・BGMなど台本で細かく分けて設定しておくと、失敗のリスクが低減し、動画のクオリティが上がります。

撮影

使用する動画を撮影します。撮影するのが物なのか、人なのか、ローケーションは屋内なのか屋外なのか、明るいところなのか、暗いところなのかなど、対象や条件に合わせて必要となる機材を用意し、複数のアングルから撮影しておくと、編集の際にベストな映像が選択できます。

ナレーション

映像とのバランスを考えながら、分かりやすいナレーション原稿を用意しましょう。声の大きさ、スピードなどを確認するために、前もってナレーターに原稿(台本)を渡して、事前に十分な練習をしてもらいましょう。

編集

撮影した映像と音声、画像やイラストなどの素材をつないでいきます。編集作業では、不要な部分はカットし、ナレーション以外にBGMを入れたり、テロップを入れたりして、より伝わりやすい動画を完成させましょう。また、完成前に関係者で試写を行い、フィードバックを反映させる機会が持てると動画の完成度は高まります。

動画マニュアルでは、テレビ番組や映画のような高度な技術や品質が求められるわけではありません。ただ、長い動画では必要な情報を探すのが大変ですし、途中で飽きられてしまう可能性も高くなります。有効性を考えると、目的別に短めの動画を多数制作するのが望ましく、ある程度の制作コストは見込んでおく必要があります。

動画マニュアルの将来性は?

テレワークの浸透や業務のグローバル化が進み、動画マニュアルの需要は、今後ますます高まるでしょう。

  • ・自社製品のマーケティングの一環として動画マニュアルで製品やサービスへの理解を深めてもらう
  • ・社員に研修用の動画マニュアルを自宅で見てもらいレポートを提出させる
  • ・WEBサイトの採用情報ページに動画マニュアルを載せ、就活生に業務や自社製品をダイレクトに伝える

このように動画マニュアルの可能性は無限です。

まとめ

コストをかけず、社内で動画マニュアルを制作できれば、ビジネスに大きなメリットをもたらしてくれるでしょう。最近では動画制作の知識がなくても簡単に高品質の動画が作れる動画制作ツールやソフトなどが数多く出ています。豊富なテンプレートやフォントだけでなく、AI技術を使ったツールもあるため、時間をかけずに手軽に動画制作を行いたい場合は導入を検討してみてください。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る