1. TOP
  2. 動画配信 広告/広報
  3. 動画広告の効果とは?活用事例や効果的な活用方法も紹介

動画広告の効果とは?活用事例や効果的な活用方法も紹介

近年、スマートフォンの普及や通信技術の発達により、私たちは動画を気軽に視聴できるようになりました。コロナで外出する機会が減ったこともあり、動画を視聴する人はますます増加しています。

この影響を受け、商品の宣伝や集客など様々な目的のために動画広告を活用する企業が増えています。

この記事をご覧の皆さんも、動画広告の利用に興味があることでしょう。

しかし、動画広告への興味と同時に、「どんな効果があるのか」「どうすれば効果的に活用できるのか」と疑問をお持ちかと思います。

そこで今回は、動画広告の効果と効果的な活用方法を解説していきます。活用事例も把握できるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

動画広告の種類は様々ですが、SNS動画広告の活用について詳しくまとめた資料を以下からダウンロード頂けます。

 

動画広告の効果とは

動画広告は、Webサイトや電光掲示板など様々なところで見かけるようになりました。しかし、そこまで利用される動画広告の効果とは一体どのようなものなのでしょうか。

最初の項目では、動画広告にどのような効果があるのか解説します。

短時間で大量の情報を伝えられる

動画広告は視聴者の視覚と聴覚に訴えかけることができるので、短時間で様々な情報を伝達可能です。

実際の事例を確認してみましょう。

こちらは、フィットネスクラブの紹介動画になります。15秒ほどの短い動画ですが、キャンペーン内容や料金、運動の種類など幅広い情報が簡潔にまとめられています。

幅広い世代に商品やサービスを訴求できる

幅広い世代に商品やサービスを訴求できるのも動画広告の効果です。

動画広告はYouTubeやInstagramなどの幅広い世代が利用するSNSに掲載できます。SNSの利用者で一番多いのは若者ですが、スマートフォンの普及やコロナの影響により、中年以降の世代でもSNSの利用者は増えています。

そのため、動画広告はあらゆる世代に商品やサービスを訴求するのに便利です。

拡散力があり認知拡大につながる

拡散力があり認知拡大にも効果的です。

動画広告は主にSNSに掲載されますが、SNSには「リツイート」などの情報を拡散する機能が備わっています。
そのため、動画広告は拡散力があり自社の商品やサービスの認知拡大に効果的です。

例えば、下記の動画は9,000件以上もリツイートされています。

商品やサービスの認知拡大には大きく役立つでしょう。

動画広告の効果を最大化するポイント

上記で動画広告の効果を紹介しましたが、実際に運用するのは難しいです。そこで、ここでは動画広告の効果を最大するポイントを紹介していきます。

最初の数秒のインパクトがある

動画広告は冒頭の数秒にインパクトがあることが重要です。なぜなら、冒頭の演出次第で最後まで視聴してもらえるかどうか左右されるためです。

残念ながら動画広告というのは、一部のユーザーにとって邪魔な存在と思われています。例えば、YouTubeやニコニコ動画などでは、視聴前に動画広告が差し込まれており、邪魔に感じたユーザーはすぐに広告をスキップするでしょう。

そのため、動画の冒頭にインパクトを出して、ユーザーが離脱しないようにすることが大事です。

派手なエフェクトを付けたり、動画内容を短くまとめるなどして、冒頭部分を工夫しましょう。

少し事例を見てみましょう。

こちらの動画では、派手な色彩やエフェクトで視聴者の興味を引き付けるように工夫されています。

再生尺度が長すぎない

動画広告の時間は長くなりすぎないようにしましょう。

長すぎると途中で視聴者が飽きてしまい、離脱されてしまう恐れがあります。ネット上の動画を分析しているWistia社が行った調査によると、動画の尺が長くなるにつれて最後まで見てくれる人が減ってしまうという結果が出ています。事実、30秒以内の動画なら平均して全体の80%が視聴しているにもかかわらず、それ以上長くなると徐々に視聴者の数が減少しています。

参考:Longing for Longform: Optimizing For Longer Video|Wistia

複数の短い動画を制作してシリーズ化したり、内容を簡潔にしたりするなどして、短くコンパクトにまとめることを意識しましょう。

こちらも事例を確認してみましょう。

不動産のセミナー来場を促す動画です。30秒ほどの短時間でセミナー来場を訴求しています。

ただし、常に短ければ良いというわけではありません。宣伝したい商品やサービスによってはどうしても時間が長くなる場合もあります。また、動画で伝える情報量が多い場合、ある程度の長さが必要です。

目的によって長さは柔軟に変えましょう。

説得力のあるストーリー性

動画を最後まで見てもらうためには、ストーリー性も重要なポイントです。ストーリーがあれば、ユーザーは気になって最後まで広告を視聴してくれます。

結果、商品やサービスの認知拡大、販売促進につながるのです。

ストーリーを考える上で重要なのは、「共感してもらえるか」という点です。ただ企業側が商品やサービスの魅力を一方的に紹介しても、視聴者の心には刺さりません。「このサービスを使ってみたい」と思わせることができるかが、広告で効果を出すカギになります。

ターゲットとなるユーザーの年齢や性別、職業など細かく決め、ターゲットに合うストーリーを作りましょう。

動画広告の効果的な活用事例3つ

動画広告を制作する上では、上記で紹介したポイントだけではなく、他社の事例を参考にするのもおすすめです。事例を参考にすることで動画広告を制作する際のアイデアとして活用できます。

そこでこの項目では、動画広告の活用事例を3つ紹介していきます。

株式会社ダスキン

清掃業務や「ミスタードーナツ」の運営で有名な株式会社ダスキンは、アニメーションを用いた動画広告を展開しました。

広告の内容は介護支援サービスを紹介するものであり、現実では生々しい介護の現状をアニメーションで柔らかく紹介しました。

結果、サービスの問い合わせ件数を倍増させることに成功しました。

アニメーションによる動画広告は実写よりも表現を柔らかくするメリットがあります。ダスキン事例は、このメリットを上手く活用しサービスの利用者増加につなげて良い事例です。

ユーザーが抵抗感を持ちそうな商品やサービスを訴求する際には参考にしてみましょう。

参考:動画広告の事例8選から学ぶ、成果を挙げるために実施すべき3つのポイント | LISKUL

VIVIEN社

韓国の下着メーカーであるVIVIEN社では、20~30代の女性をターゲットにFacebookで動画広告を配信しました。動画広告は恋愛ドラマ仕立てで制作し、女性ユーザーが興味を持ちやすいように工夫されています。結果、動画広告の視聴回数は390万回にも及び、ブランドイメージの浸透化につながりました。

VIVIEN社の動画広告で注目すべき点は、動画内に商品やブランド名を一切露出していないことです。

コンテンツを魅力的に仕上げることでユーザーの興味を引き付け、ブランドイメージの確立を達成しています。

参考:動画広告の事例8選から学ぶ、成果を挙げるために実施すべき3つのポイント | LISKUL

サッポロ一番

サンヨー食品株式会社の代表的インスタントラーメンである「サッポロ一番」の動画広告では、Twitterを活用しました。

この動画広告の特筆すべき点は、Twitterの機能を有効活用した点です。フォロー&リツイートで賞品が当たるキャンペーンを展開し、広告が拡散されやすいように工夫しました。

その結果、広告の掲載開始から2日間で約2万リツイートを達成し、商品の認知拡大に成功しました。

動画広告で成功するには、SNSの機能を最大限活かすことが必要だと教えてくれる良い事例です。「どうすれば目的の効果を出すことができるか」を念頭に置き、各SNSの持つ機能を有効活用しましょう。

参考:SNS動画広告の成功事例を紹介!事例から学ぶ成功のポイントとは | 動画制作・編集ツール Video BRAIN(ビデオブレイン)

動画広告を効果的に活用する方法

動画広告は、ただ公開すれば良いというものではありません。効果的に活用できる方法まで押さえておきましょう。

インフルエンサーを起用する

動画広告に興味を持ってもらうためには、動画に出演する人も重要です。インフルエンサーを起用すれば、話題性を呼んで注目を集めやすくなります。事実、「サッポロ一番」の動画では、多数の有名インフルエンサーが出演しており、話題作りに成功しています。

また、インフルエンサーなどを起用することで出演者のファンから見てもらいやすくなるという効果もあります。

もし訴求したいターゲット層と出演者のファン層が同じならば、認知拡大や販売促進に大きな効果が期待できるでしょう。

冒頭部分を工夫して視聴者の興味を引く

次に、冒頭部分を工夫して視聴者の興味を引きましょう。

別の項目で紹介したように、視聴者は動画の冒頭部分で視聴を継続するか決めます。

視覚的に派手な映像にしたり、インパクトのある効果音を使ったりして、視聴者が離脱しないように工夫しましょう。

データを分析して改善する

動画広告を効果的に活用するためには、データの分析と改善が重要です。

データ分析と改善を重ねることで、より訴求力の高い広告をターゲットに届けることができます。

実際にデータを分析するときには、ひとまず以下の数値を指標にしてみましょう。視聴者が広告に興味を持っているかを把握でき、より興味を引く動画を制作するのに役立ちます。

・クリック数

・視聴時間

・表示回数

もし、視聴時間が短ければ、ストーリー仕立て動画にするなどして、視聴者が離脱しない工夫をします。

分析と改善を重ね、より訴求力のある動画に仕上げましょう。

動画広告を活用して成果を上げよう

今回は、動画広告の効果と効果的な活用方法などを解説しました。動画広告をうまく活用できれば商品やサービスの認知拡大、販売促進、ブランド力の強化など様々な面で大きく役立ちます。

ぜひ、動画広告の活用を始めてみましょう。

動画広告を活用するには、動画を製作する必要がありますが、その際にはツールを活用してみてください。中でも、「ビデオブレイン」というツールがおすすめです。操作性に定評があり、感覚的に動画を製作することができます。加えて、AIによるサポート機能が搭載されており、初心者でも簡単に動画編集ができます。これから動画制作を始める際にはぜひ活用してみてください。

法人向けシェアNo.1動画編集クラウド | Video BRAIN(ビデオブレイン)

Video BRAIN(ビデオブレイン)は、高品質な動画を誰でも簡単に制作できる動画編集ツールです。動画編集の「コスト」「時間」「スキル」を全て解決します。

詳しいサービス資料はこちらからダウンロード頂けます。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする