1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画配信
  4. 【最新版】各SNSの動画サイズまとめ

【最新版】各SNSの動画サイズまとめ

動画マーケティングにおいてSNSは重要な役割を果たしていますが、SNSの動画マーケティングでは動画サイズを適切に把握しておくことが大切です。
最適なサイズの動画を作ることで、動画の魅力を最大限にユーザーに伝えることができます。

当記事では、主要なSNSの動画サイズをご紹介します。動画を制作する際には、参考にしてみてください。

SNSの基礎知識とマーケティング活用について詳しく知りたい方は、こちらの資料をご参考ください。

動画サイズとは

動画サイズとは、動画の画面サイズのことを指します。動画サイズを知るにあたって知っておきたいのが、「解像度」と「アスペクト比」です。まずは、それぞれの言葉について解説します。

解像度

ディスプレイには無数のドットが並んでいます。それぞれのドットが点灯することにより、映像が作られています。そして、ドットの数が多ければ多いほど、美しい映像を作り出すことができるのです。

このドットがどれほどあるのかを示すのが、解像度です。なお、Webにおける解像度の単位はピクセル(px)です。
画面の内にどれだけの数のピクセルが並ぶのかを示します。

アスペクト比

アスペクト比とは、動画の長辺と短辺の比率のことです。
長辺:短辺で表すのが特徴で、基本となるアスペクト比は4:3(スタンダード)や16:9(ワイド)があります。
アスペクト比を考慮しないと、動画を上映する際にスクリーンやプロジェクターなどの画面の比率とずれてしまいます。

一般動画メディアの規格サイズ一覧

動画サイズの例として、一般動画メディアの規格サイズを見ていきましょう。
アスペクト比が16:9の場合の、5つの規格サイズを紹介していくので、実際に動画を作成するときに参考にしてみてください。

4K(2160p)

解像度:3840×2160。
動画の規格サイズの中でも、高い解像度にあたるサイズです。
NetflixやYouTubeなどが対応しています。

2K(1440p)

解像度:2560×1440。
タブレット端末などに見られる規格サイズです。
オンラインシネマなどが対応しています。

フルHD (1080p)

解像度:1920×1080。
近年、多くの動画メディアが対応している規格サイズです。
Blu-rayもこの規格に対応しています。

HD(720p)

解像度:1280×720。
ハイビジョン画質と呼ばれるもので、一般的にはこの規格以上の解像度の映像を高画質といいます。
YouTubeの主流の画質です。

SD(480p)

解像度:854×480。
標準画質と呼ばれるものです。
アナログ放送やDVDの画質がSDとなっています。

参照:YouTubeヘルプ「動画の解像度とアスペクト比」

各SNSの動画サイズ

各SNSの動画サイズ

ここからは、各SNSの動画サイズをご紹介します。
推奨解像度からファイル形式、最大ファイルサイズなど、それぞれの要件についても見ていきましょう。

YouTube

YouTubeでは、次のサイズの動画が推奨されています。

2160p3840×2160
1440p2560×1440
1080p1920×1080
720p1280×720
480p854×480
360p640×360
240p426×240

その他要件は次の通りです。

推奨ファイル形式MP4
コーデックH.264
フレームレート24、25、30、48、50、60 fps
サイズ上限128GBまたは12時間

また、標準アスペクト比は16:9ですが、16:9以外のアスペクト比の動画をアップロードした場合でも、視聴するデバイスに合わせてサイズが最適化されます。

ただし、スマートフォンやタブレットで視聴した場合は、動画が全体的に表示されます。
16:9以外のアスペクト比の動画は端が切れてしまうことがあるため、YouTubeに動画をアップロードするときは、アスペクト比を16:9にしておくと安心です。

参照:YouTubeヘルプ「動画の解像度とアスペクト比」
参照:YouTubeヘルプ「15分を超える動画のアップロード」
参照:YouTubeヘルプ「アップロードする動画におすすめのエンコード設定」

Instagram

Instagramでは、次のサイズに対応しています。
アスペクト比はフォーマットによって異なってきます。

アスペクト比正方形 – 1:1
横型 – 1.91:1
縦型 – 4:5
フィード最小解像度:600×315(1.91:1)
最小解像度:600×600(1:1)
最小解像度:600×750(4:5)
ストーリーズ推奨解像度:1080×1920
最小解像度:600×1067

その他の要件は次のとおりです。

ファイル形式MP4、MOV
コーデックh.264、VP8
最大サイズ4GB
最大動画再生時間フィードの場合120秒、
ストーリーズの場合15秒ごとに分割して120秒

Instagramには基本的なフィードと、24時間でコンテンツが自動消去されるストーリーズがあります。
フィードはハッシュタグの流入を狙うことができ、ストーリーズは限定感を持たせることが可能です。

参照:Facebook for Business「Instagramフィールド広告のデザイン要件」
参照:Facebook for Business「Facebook広告ガイド」

Facebook

Facebookでは、1.91:1、16:9、1:1、4:5、9:16のアスペクト比の動画がアップロード可能です。

用途ごとの推奨アスペクト比は次のようになっています。

フィード投稿4:5
Facebookストーリーズ9:16
動画カルーセルフォーマット1:1
インストリーム動画16:9

その他要件は次のとおりです。

最大解像度1080p以下
推奨フォーマットMP4
最大ファイルサイズ10GB
最大動画再生時間240分

参照:Facebook for Business「アスペクト比のベストプラクティス」
参照:Facebook For Business「動画をアップロードする」

Twitter

Twitterでは次のサイズの動画がアップロード可能です。

推奨アスペクト比16:9(横長または縦長)、1:1(正方形)
推奨解像度1280×720(横長)、720×1280(縦長)、720×720(正方形)

その他要件は次のとおりです。

動画形式MP4、MOV
推奨動画コーデックH264ハイプロファイル
推奨フレームレート30FPS、60FPS
最大ファイルサイズ512MB
動画再生時間0.5秒~140秒

Twitterはテキストも投稿可能なので、テキストとの相乗効果も狙うと良いでしょう。

参照:Twitter「メディアのアップロード」

動画の効果を上げるための3つのポイント

それでは最後に、SNSで動画を作成する際により効果を高めるためのポイントをご紹介します。

インパクトのあるサムネイルにする

ユーザーがSNSの動画でまず目にするのがサムネイルです。
サムネイルをタップまたはクリックすることで動画が再生されるため、サムネイルでユーザーの興味を引くことが大切です。

サムネイルには、動画のキャプチャーかサムネイル用のオリジナル画像が使えます。
思わず動画を再生したくなるような、インパクトのあるサムネイルを使用しましょう。

ストーリー性のある動画にする

動画広告はインパクトを重視する必要がありますが、同時にストーリー性を重視することが効果を上げるためには必要不可欠です。ストーリー性を軽視してしまうと、ユーザーの興味を引けなくなってしまいます。

印象に残りユーザーの共感が得られるようなストーリーを、短い動画に盛り込みましょう。

テキストを活用する

テキストを活用することで、動画の再生率の上昇が見込めます。
多くのSNSでは、動画と併せてテキストも投稿できます。
音を付けなくても内容が分かるようなテキストを心がけることで、ユーザーは好きなタイミングで動画が見られるようになるでしょう。

まとめ

さまざまなSNSがありますが、それぞれ推奨動画サイズが異なります。
使用するSNSに合わせて、最適な動画を制作しましょう。
最適なサイズの動画を投稿することで、動画の広告効果をより発揮しやすくなります。

また、「インパクトのあるサムネイルを作る」、「ストーリー性のある動画をつくる」、「テキストを活用する」の3つのポイントを意識して動画制作をすると良いでしょう。


手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

  1. 予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集が簡単
  2. 商用で利用できる著作権フリーの画像、動画、BGMも素材サービスと連携しており、素材撮影や編集にかかる工数を大幅に削減
  3. 最大60分の長尺の動画作成と書き出しができ、クラウド編集のためパソコンのスペックに依存せずに編集が可能
  4. 一般的に使われてるMP4だけでなく、「MOV」「パワーポイント」「GIFアニメーション」など多様な書き出し形式に対応した独自機能
  5. 入力したテキストから、音声データに自動でナレーションを生成する機能や各シーン毎に効果音、BGMの編集が可能
  6. 「タイムライン」などの動画編集のプロが使う機能を誰でも簡単に使えるため、表現の自由度が高い

これから動画活用を始めたいと思っている方や、動画編集や配信後の効果的な施策に悩んでる方は是非Video BRAINの導入をご検討ください。

この記事をシェアする