1. TOP
  2. ブログ
  3. 動画配信
  4. SNS広告のメリットや特徴を解説!広告効果を高める3つのコツとは?

SNS広告のメリットや特徴を解説!広告効果を高める3つのコツとは?

SNS広告を運用して、SNSから自社の商品やサービスを売り込みたい企業や個人の方は、たくさんいるのではないでしょうか。

まさしく現代に適した効果的な広告手法が「SNS広告」です。サービス運営側の収集した個人情報をもとに、ターゲットを絞った効果的な運用効果を見込めます。

そこで、本記事ではSNS広告の特徴や活用方法、注意点などを徹底的に解説します。最後まで読めば、自社のコストを抑えつつ、成約率の高い広告運用ができるでしょう。

時代にマッチ!SNS広告が重要と言われる理由

SNS広告とは、Social Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通じた集客を目的に掲載される広告のことです。

下記のグラフは、総務省が調査したSNSの利用者数に関するデータです。

グラフ, 棒グラフ

自動的に生成された説明

『令和元年通信利用動向調査の結果|総務省』

上記のとおり、どの年齢層を見てもSNSの利用者数は増加しています。TwitterやInstagramといったSNSの普及にともない、利用者数は拡大している状況です。

そのため、現代ではSNSを通じて商品やサービスを探すユーザーをターゲットにする、SNS広告が重要視されてきています。

SNS広告を活用するメリット

SNS広告を活用するメリットは、SNS市場が大きいだけではありません。本章では、下記の4点のメリットについても紹介します。

1.ターゲティングしやすい
2.潜在顧客へリーチしやすい
3.幅広い層にアプローチできる
4.受け入れられやすい

より効果的なSNS広告を掲載するためには、メリットを生かしたアプローチが必要です。各メリットについて、運用方法も踏まえて紹介します。

ターゲティングしやすい

SNS広告は、顧客層をターゲットした集客が可能です。SNSは、ユーザーの年齢や性別、住居のある地域、興味あるコンテンツといった個人情報を収集しています。

そのため、商品やサービスの購入に繋がりそうなユーザーに対して、広告を配信できます。正確かつ高精度にターゲットを絞り込めば訴求力も高く、成約の期待値も高まるでしょう。

潜在顧客へリーチしやすい

市場規模の大きさから、潜在顧客に対してもリーチしやすいメリットがあります。従来のLP広告やリターゲティング広告では、商品を検索したり、興味を持っていたりする「顕在層」がメインでした。

しかし、SNS広告は自身の悩みを自覚していなかったり、商品やサービスの存在を知らなかったりする「潜在層」にもリーチできます。自社ブランディングや商品の認知拡大のみならず、思わぬ顧客層の獲得にもつながるでしょう。

幅広い層にアプローチできる

現代のSNS利用者の拡大にともない、SNS広告では幅広い層にアプローチできるようになりました。そのため、年齢層にとらわれないターゲティングが可能です。

実際、総務省の調査によると、SNSは若年層のみならず、40~69歳までの世代でも半分以上の人が利用しています。(出典:令和元年通信利用動向調査の結果|総務省)そのため、商品やサービスの顧客層によって広告出稿を諦める必要はありません。

受け入れられやすい

他の広告掲載手法と違い、SNS広告は消費者から受け入れられやすい特徴があります。なぜなら、SNS広告は過剰な押し売り感がせず、ユーザーのタイムラインに溶け込むように投稿されるからです。

さらに、SNS広告はSNSとの親和性を高めるためクリエイティブな作りが多い傾向です。以上の理由から、消費者にとって従来広告に対する嫌悪感や拒否感を感じづらい構造自体ができていると見なせます。

種類別に見るSNS広告の特徴や活用方法

それでは、実際に種類別で見たSNS広告の特徴や活用方法を紹介します。下記のSNSは利用者数が多いものの、効果的な広告掲載にはそれぞれ固有の特徴を把握するべきです。

1.YouTube
2.LINE
3.Facebook
4.Instagram
5.Twitter

どれも、多くの人にとって馴染み深いSNSでしょう。ここでは、サービスの利用方法ではなく、各SNSの「SNS広告」に焦点を当てて解説します。

YouTube

YouTubeは、利用者数が多く、ありとあらゆる層が利用する動画配信サービスです。広告の種類には、動画視聴前に再生される動画広告と、YouTubeページ上に表示される画像・テキスト広告があります。
動画配信サービスであるYouTube広告は動画がメインであり、文字や静止画よりも広告が溶け込みやすく、訴求力も高いといった特徴があります。

また、広告ごとに細かい単価設定も可能です。そのため、YouTube広告は、広告配信をこれから始める方や広告方式を指定したい方に向いています。

それぞれのSNSの利用者傾向→広告の特徴→どのような方にむいているかの流れでまとめてください

LINE

LINEは、日本人の大多数が利用しているメッセンジャーアプリです。消費者目線では、閉鎖されたグループや個人間におけるチャットツールのイメージが強いところでしょう。

広告配信方法は、デモグラフィックデータ配信、類似配信、オーディエンス配信の3種類です。どれもユーザーの個人情報や興味のあるコンテンツを収集し、ターゲティングできます。

さらに素晴らしい魅力は、最低入札単価が50円からであることです。そのため、LINE広告は、低価格でユーザー層のターゲットを絞った広告を配信したい方に向いています。

Facebook

Facebookは、実名によるアカウント登録が必須のSNSです。そのため、年齢や性別、住居のある地域といった情報収集の精度が高く、ターゲティングに優れています。

広告は、Facebook上だけでなく、関連サービスの「Instagram」「Messenger」「Audience Network」にも配信可能です。ニュースフィードや記事、動画など配信手法も多様です。

そのため、Facebook広告は、ターゲットを絞り込んだ確実な顧客層へアプローチしたい方に向いています。反対に言えば、商品認知の拡大や潜在層へのリーチには適していません。

Instagram

Instagramは、10~40代の年齢層がメインで、若干女性の方が多い画像・動画投稿サービスです。広告配信の種類は「ストーリーズ広告」「動画広告」「写真広告」「コレクション広告」「カルーセル広告」「発見タグ広告」の6種類と多彩です。

広告配信でおすすめのジャンルは、コスメやファッション、旅行関係です。画像・動画と相性が良く、視覚的に訴えかけてユーザーの購買意欲を掻き立てます。

そのため、的確なターゲット指定をした広告配信をしたい方に向いています。ターゲットを絞りつつ「バズる」ことを狙い、あわせて商品の認知拡大も図りましょう。

Twitter

Twitterは、国内のユーザー数が他のSNSよりも比較的多く、年齢層も幅広い情報投稿サービスです。広告配信手法には、プロモツイート、プロモアカウント、プロモトレンドの3種類があります。

サービスの構造上、投稿の拡散性の高さが魅力的です。リツイート機能による二次拡散は、広告費用を払う必要がないので、優れたコストパフォーマンスを見込めます。

しかし、多種多様なユーザー属性を持ち、拡散性の高さから炎上リスクも高いことから注意が必要です。Twitter広告は、ある程度のリスクは許容して、コスパに長けた広告配信を行いたい方に向いています。

SNS広告を始める方法と費用傾向

それでは、実際にSNS広告を始める方法と費用傾向を知りましょう。いざSNS広告を掲載するには「広告の制作」と「掲載手続き」が必要です。

また、SNSごとに掲載費用も異なります。効果的な広告を打つには、適したSNSを探すだけでなく、発生する費用にも着目しなければいけません。

SNS広告を始めるには?

SNS広告を始めるためには、下記の3点の運用方法のどれかを選択することになります。

運用方法メリットデメリット
自社運用外注コストが発生しないノウハウを蓄積できる広告制作の技術が必要
フリーランスへの依頼代行業者よりもコストが低くなりやすい技術のある専門家を専任する必要がある
代行業者への依頼高い運用効果が見込めるコストが高くなりやすい

どれも一長一短なところはありますが、もっともオススメなのは「自社運用」です。技術的な部分さえ解決できれば、外注コストなしで広告を永続的に運用できます。

SNSごとの費用傾向

まずは、下記に示した各SNSの費用傾向を把握しましょう。

SNS名費用傾向
YouTube多くの層が動画を視聴するので、インプレッションよりもクリック率を優先したほうが基本的には効果が見込める
LINE広告入札単価が低いので、本格的な運用の前段階として試すのもあり
Facebookターゲットを絞ることでクリック率が期待できるなら、インプレッション課金を選ぶべき
Instagram動画と相性の良いアプリのインストール課金を選べば、成果にともなう広告費用の出費を抑えられる
Twitterいろいろな課金方法から選べるものの、二次拡散なら費用が不要であるため、一次拡散の出費は安めに設定する選択もあり

広告配信を運用するときは、もっとも適したSNSを選びましょう。費用対効果に優れた運用を目指すには、SNSの利用者層や費用傾向をつかむのが大切です。

なお、そのときは費用傾向ばかりに注目するのではなく、コストと広告の目的・期待できる効果とのバランスを考慮し、総合的に判断しましょう。

SNS広告を活用する際の注意点

SNS広告を運用するときは、主に下記の2点に注意事項に気を付けましょう。

1.炎上リスクを回避すること
2.コンバージョンの計測・分析が重要であること

SNSの拡散性の高さは、広告の露出機会を増加させるだけでなく、炎上につながる恐れも高くなります。ユーザーが意図とは異なった捉え方をしないよう、センシティブな話題や奇をてらった表現には注意が必要です。

また、広告運用における重要な指標「コンバージョン(成約率)」の計測・分析は正しく行いましょう。たとえば、SNS広告を無視したうえで別の広告経由で成約する「ビュースルーコンバージョン」については、除外する設定が必要です。

SNS広告の効果を高める3つのコツ

それでは、SNS広告を運用するにあたって効果を高める3つのコツをおさえましょう。下記の3点を知っておけば、費用対効果はアップしやすくなります。

1.ターゲットに合わせたSNS選びをする
2.ゴールや目的を明確に設定する
3.クオリティの高い広告を制作する

なお、どんなに綿密な計画を練ろうと、広告のクオリティが低ければユーザーは目を留めてくれません。3点目の「クオリティの高い広告を制作する」は大切なので要チェックです。

ターゲットに合わせたSNS選びをする

SNSごとに利用者の性別・年齢層、属性には傾向や特徴があるため、広告運用者は商品やサービスのターゲットに即したSNSを選ばなければいけません。

どんなに広告のクオリティが高くても、適当に運用してしまえば効果は低くなります。効果を高めるには、自社のターゲットや目的にあったSNS選びが重要になるでしょう。

ゴールや目的を明確に設定する

広告を運用した先のゴールや目的を明確に設定しましょう。コンバージョンがゴールなのか、認知拡大がゴールなのかで広告の内容や手法は異なります。

配信途中にゴールがブレないためにも、広告運用を始める前段階でゴールを明確するべきです。その後、ゴールに沿った広告の内容や配信手法、配信プラットフォームを選べば軸がぶれません。

クオリティの高い広告を制作する

広告界隈に参入するには、クオリティの高い広告を制作する必要があります。現代では、さまざまな企業がSNS広告の運用を始め、広告自体のクオリティも向上しているからです。

競合から一歩抜きん出る、ユーザーの目に留まり興味を引くような広告を作らなければいけません。広告自体のクオリティが低ければ、ユーザーは目向きしないでしょう。

手軽でハイクオリティ!SNS広告の動画制作なら「Video BRAIN」

「Video BRAIN」ならハイクオリティなSNS動画広告を、手軽に制作できます。そんなVideo BRAINの特徴は、下記のとおりです。

1.初心者でも簡単に広告動画が制作できる
2.配信結果もサクッと分析
3.すぐに制作スタートできる素材付き

SNS広告を始めるうえで、嬉しいメリットが盛り沢山です。動画制作のプロがいない自社運用だけの環境でも、競合に負けないようなハイクオリティな動画広告を掲載できます。

初心者でも簡単に広告動画が制作できる

Video BRAINなら、AIサポートによりたったの3ステップで動画制作が可能です。具体的には、工程は下記のとおりです。

STEP1:元素材(写真、映像、テキスト)をアップロード
STEP2:AIサポートにより自動で動画を作成
STEP3:動画をカスタマイズして自分好みに仕上げる

使用者が関わるのは2つの工程だけなので、実質2STEPです。初心者でも簡単に動画が制作できるので、専門的な技術もいらず、自社の社員だけで十分です。

配信結果もサクッと分析

Video BRAINと連携したInsight BRAINを利用することで、配信結果もサクッと分析できます。Insight BRAINとは、制作した動画の配信結果を素早く分析・効果検証できるツールです。

さらに、自社だけでなく競合他社のフォロワー推移や投稿データの相関性を調査できます。自社の広告運用を分析・改善しつつ、競合他社よりも高い集客効果を狙えるでしょう。

すぐに制作スタートできる素材付き

Video BRAINなら、初心者でもすぐに制作がスタートできる素材付きです。たとえば、下記のような動画制作に必要なパーツを取り揃えています。

テンプレート:動画やテキストを指定の場所に入れ込むだけのひな形
BGM:動画の雰囲気や盛り上げどころを作る背景音楽
アニメーション:動画にアクセントを付けて視聴者を飽きさせないエフェクト

上記の無料素材を組み合わせれば、他社とかぶらない動画になります。初心者でもオリジナリティにあふれた目を引くような動画を制作できるでしょう。

まとめ

SNS広告は、ターゲットを絞った効果的な集客が見込める広告配信手法です。SNS利用者数の拡大する現代では、ますますオーソドックスな広告手法となり得ます。

しかし、訴求力の高い動画広告の制作は、自社制作の環境があれば簡単ですが、なければ外注に頼らざるを得ません。そのような環境でもVideo BRAINなら、AI開発によるサポートで自社制作が実現可能です。

コストを抑えつつ訴求力の高い動画を制作し、適したSNSを選べたときは高い運用効果を見込めるでしょう。自社制作による効果的なSNS広告を運用したい方は、Video BRAINによる動画制作がオススメです。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする