1. TOP
  2. 動画配信
  3. タクシー広告の効果・メリットとは?種類や費用相場も合わせて解説

タクシー広告の効果・メリットとは?種類や費用相場も合わせて解説

近年、費用対効果の高い広告として、タクシー広告が注目を集めています。しかし一口にタクシー広告といっても様々な種類の広告があり、それぞれでターゲットや活用方法が異なることをご存じでしょうか。

今回は、タクシー広告を検討している方に向けて、タクシー広告の種類やその特徴についてお伝えします。

タクシー広告の種類・費用相場

タクシー広告は主に7か所掲載する所があり、それぞれでターゲットや費用は変わってきます。

ここからはそれぞれの広告の特徴や費用をお伝えしていくので、ご自身の目的に合った広告形態を見つけてください。

デジタルサイネージ

タクシー広告で最も注目を集めているのが「デジタルサイネージ広告」です。デジタルサイネージ広告とは、座席の背もたれ部分に装着された動画を流せるタブレット型の広告媒体のことを指します。

タクシーが発進したのち、最長1分間の動画が最初に流れ、その後は移動中に最長30秒の動画が何本か流れる形式です。

退屈になりがちな時間に流れる広告のため、テレビやWebの広告よりもしっかり見られる可能性が高く、さらに気になった場合はタブレットを操作してより詳しい情報を得ることができるというメリットがあります。

費用は、放映する時間帯や台数によって大きく変わりますが、1週間あたり100万円~と高額です。

ステッカー

ステッカー広告は、窓に貼られ乗客が車内から外の景色を見たときに目に入る広告のことです。動きはないので印象には残りにくいですが、乗車・降車時に目に留まりやすいというメリットがあります。

車外からも広告が見えるように両面に表示されるので、歩行者やドライバーからも見えるようになっています。

サイズが小さめな分タクシー1台あたり月額1,000円~と比較的安価なので、気軽に掲載しやすいです。

リアステッカー

リアステッカー広告は、車のリアガラスに貼られた広告のことです。運転している時に前を走るタクシーで見かけた方は多いのではないでしょうか。

タクシー広告は通常乗客がターゲットですが、リアステッカー広告はタクシーの後ろのドライバーが主なターゲットになります。

車に乗っているとふとした時に目に留まるので、拡散力は高いです。その分ターゲットはぼやけがちなので、エリアを決めるなどしてターゲット層に届ける工夫が必要です。費用は、タクシー1台あたり月額3,500円程度が一般的です。

リーフレット(アドケース)

リーフレット(アドケース)広告は、助手席の背もたれなどにラックを用意し、リーフレットを置いておく広告形態です。

乗客の目に留まりやすく、気になった人はリーフレットを自由に持ち帰ることができるので行動にもつながりやすいという特徴があります。

またラックの表面にポスター広告を貼ることで、より目につく広告を作ることも可能です。費用は、タクシー1台あたり月額3,000円程度になります。

ラッピング

ラッピング広告は、タクシーの車体側面に大きく広告を掲載する広告形態です。こちらはタクシーを横から見る歩行者やドライバーが主なターゲットになります。

タクシーが通る街中で幅広い人に向けて広告をアピールできるので、拡散力は最も強いです。目を惹くデザインにすれば、多くの人に印象を残せるでしょう。

こちらもターゲット層に広告を届けるためには、広告を掲載するタクシーのエリア設定を徹底することが重要です。費用は、タクシー1台あたり月額35,000円程度が目安です。

レシート

レシート広告は、その名の通りレシートの裏面などに広告を印字して渡す広告形態です。

タクシーでは領収書を受け取る人が多いため、手軽ながら目につきやすい傾向があります。QRコードを印字すれば、広告からホームページへの誘導も期待できるでしょう。費用は、タクシー1台あたり月額300円程度になります。

サンプリング

サンプリング広告は、乗客がタクシーから降りる際に、ドライバーが乗客に直接サンプルを提供する広告形態です。

街頭で配る時と比べると受け取られやすく、さらにドライバーの主観にはなりますが、ターゲット層を選んでサンプルを手渡せるという特徴があります。費用は、サンプリング1回あたり30円程度です。

タクシー広告の効果・メリット

このように様々な形態があるタクシー広告ですが、特に乗客に向けた広告は、タクシーという特殊な環境だからこその効果・メリットがあります。ここからは、そんなタクシー広告ならではの効果やメリットについて解説します。

決裁権を持った利用者に訴求できる

まず一つ目のメリットは「タクシーの利用者には富裕層や立場のある人が多い」ということです。

広告は多くの人に情報を伝えますが、興味を持っても購入までに様々なハードルがあることが多いです。その点タクシーでは、資金や決裁権をもった利用者に直接訴求できることから、購買率が上がったり、高額商材の購入に繋がりやすかったりするというメリットがあります。

このような利用者に刺さる広告を掲載できれば、高い費用対効果を得ることができるでしょう。

閉鎖空間のため広告が目に留まりやすい

二つ目のメリットは、タクシーは電車や街中と比べると閉鎖空間で情報が少ないため、広告が目に留まりやすいということです。

人の目がないため、リラックスした状態でデジタルサイネージを操作したり、リーフレットを手に取ったりできるのも良いポイントです。

またタクシーの乗車時間は平均すると約16分と長く、その間比較的多く広告が目に留まることとなります。そのため、広告が印象に残りやすいという効果もあります。

同じ広告に接触する回数が多い

三つ目のメリットは、タクシーは特定の人が繰り返し利用することが多いため、一人が何度も同じ広告に接触するということです。

広告は3回以上見ないと記憶に残らないと言われるように、広告の認知度を上げるうえで、広告に接触した回数は非常に重要です。

その点、タクシー広告は非常に記憶に残りやすいと言えるでしょう。

タクシー広告が「うざい」といわれる理由・デメリット

このように、訴求効果が高く費用対効果がいいと言われるタクシー広告ですが、一方で広告がマイナスに捉えられる場合もあることには注意してください。

特にデジタルサイネージ広告は、自動で動画や音声が流れ、否が応でも注意を引くことから、内容によっては「うざい」と思われがちです。ただし、これはタクシー広告だからというよりも、全ての広告に共通することです。

ただ商品を訴求するだけでなく、広告を見ることで感動を与えたり、ポジティブな気分にさせたりなど、広告自体に価値を感じるような内容にすれば、ネガティブな印象を与えることなく売上につなげていくことができるでしょう。

デジタルサイネージ広告はなぜ効果が高いのか?

さて、これまで挙げたようにタクシーには様々な形態で広告が掲載されていますが、最も効果が高いと言われているのはデジタルサイネージ広告です。

タクシー広告による効果を最大化したいなら、デジタルサイネージ広告に掲載するのが最も良いでしょう。デジタルサイネージ広告が効果が高いと言われるのには、以下の理由が挙げられます。

・動画や音声で乗客の注意を引きやすい
・リアルタイムに動画の内容を更新できる
・タブレット端末なので、気になった人はより詳しい情報を調べられる
・場所や時間帯に合わせて動画広告の内容を変えられる
・顔認識機能がある場合、ターゲット層をある程度絞って動画を届けられる

もちろん動画の内容によっては「うざい」と思われるなど、デメリットにもなりえます。しかし視聴者にとって価値のある動画を流すことができれば、非常に大きな広告効果を得ることが期待できます。

ちゃんと動画クリエイティブのPDCAサイクルを回せていますか?

以上のように、タクシー広告においては動画を流せるデジタルサイネージが最も広告としての効果が大きいことをお伝えしました。そのため、タクシー広告を使い短期間に大きな広告効果を得たいのであれば、動画を作ってデジタルサイネージ広告に掲載することが一番です。

ただし、動画は目を惹くというメリットと同時に、うざいと思われてしまう危険性も孕んでいます。この広告動画をうざいと思われることなく売上に繋げていくには、視聴者が求める動画を作ることが欠かせません。

しかし、動画制作には多額の費用や工数が掛かることから、なかなかPDCAサイクルを回して動画の質を上げることができていないのではないでしょうか。

PDCAサイクルの「PDCA」とは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)のことです。

1.仮説でクリエイティブを制作
2.検証のために、広告プラットフォームに配信
3.配信結果の数字から学習
4.新たなクリエイティブを制作し、配信

上記のようなサイクルを回して、良い成果を出せるクリエイティブを生み出すことが大切なのです。

ここからは、動画制作の費用や工数を大幅に削減し、自社でノウハウを積み上げていける動画制作ツール「Video BRAIN」をご紹介します。

動画編集ツールがPDCAサイクルを加速させる理由

「Video BRAIN」は「AI によるサポートで誰でも簡単、どこでも動画作り放題」がコンセプトの動画編集ツールです。専門知識はないが動画を自作したい人に向いています。

月額制なので動画制作本数に制限がなく、またAIを搭載することで、これまで時間がかかっていた動画編集作業を一気に短縮できるのが特徴です。

ここからは「Video BRAIN」を使うことで、どのように動画制作のPCDAサイクルを加速さえ、集客力の向上につなげるのかを3つのポイントでお伝えします。

まず一つ目のポイントは、テキストと素材を入れるだけで自動で動画が作成できるという簡単さです。「Video BRAIN」は、以下の3つのステップで簡単に動画が作成できます。

・使いたい動画素材と対応するテキストを入れ、動画サイズや秒数を指定する
・AIが自動的に動画をトリミングし、テキストの配置を最適化して動画を作成してくれる
・気になる所を手動でカスタマイズする

動画が生成された後は、パワーポイントのようなインターフェース上で気になる所をすぐカスタマイズできます。そのため、AIで最適化できなかった部分や自分でこだわりたい部分も簡単に変えることができます。

60分以下なら長尺の動画も作成でき、適切な動画が手持ちになかった時はソフト内にも豊富に素材があるため、汎用性がかなり高いです。

豊富なテンプレート×フォントで「ワンパターン」から解放される

二つ目のポイントは、テンプレートやフォント・アニメーションが豊富で、様々なバリエーションの動画を作成できるということです。

自動で動画作成する際に問題となりがちなのが、どこかで見たことがあるようなワンパターンな動画になってしまうことです。「Video BRAIN」では幅広いバリエーションのテンプレートがあることから、オリジナリティのある動画を量産することができます。

また、著作権フリーで利用できるBGMが充実していることも、動画ごとのオリジナリティを確保するうえで嬉しいポイントです。

投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証できる

三つ目のポイントは、投稿した動画を素早く簡単に分析できるということです。

タクシー広告は効果が定量化しにくいことが短所ですが、SNSなどへの投稿も併用することで、広告の質を分析していくことが可能になります。

「Video BRAIN」には「Insight BRAIN」という分析ツールが付属されており、SNS(Facebook、Instagram、YouTube)のURLを登録しておけば、自動で動画による効果を分析してくれます。

投稿データとフォロワー数の関係性や、投稿別のエンゲージメント比較、日付や曜日ごとのエンゲージメントの推移など、様々なデータをグラフ化してくれるので、効果の高い投稿を一目で判断することが可能です。

同時に30個までのSNSアカウントを登録でき、自社だけでなく競合のSNSも登録して分析できるので、より正確に動画の効果を分析し、PDCAサイクルを回す材料として利用できるでしょう。

まとめ

今回は、タクシー広告の導入を検討している方に向けて7種類あるタクシー広告の説明や、タクシー広告ならではのメリットについてお伝えしました。

タクシー広告は以下の3つの特徴があり、費用対効果の高さが期待できる広告です。

・富裕層や決裁権のある人に向けて広告を行える
・閉鎖空間のため、広告が目に留まりやすい
・繰り返し広告を目にするので、広告が記憶に残りやすい

特に、動画や音声を流すデジタルサイネージ広告は、乗客に強い印象を与えられるでしょう。

また、広告として流す動画の質を上げていきたいのであれば、費用や工数を抑えながら動画を量産できる動画制作ツール「Video BRAIN」がおすすめです。

動画制作に詳しくない方でも簡単に動画が作れるようになり、内製化をすることで動画ノウハウを積み上げ、より効果のある動画を常に作れるようになるでしょう。

自社での動画作成を検討されているのであれば、ぜひ「Video BRAIN」の採用を検討ください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする