1. TOP
  2. 広告/広報
  3. タクシー動画広告の効果・費用|配信事例も合わせて解説

タクシー動画広告の効果・費用|配信事例も合わせて解説

最近、注目されているのが、「タクシー動画広告」です。タクシー動画はデジタルサイネージと呼ばれる画面に備えた広告媒体に表示される動画広告です。タクシーに乗車した際、小さなタブレットから流れる動画に見覚えがあるのではないでしょうか。

動画広告の範囲は、Webサイトやアプリだけではなく、交通機関や街頭などでも目にする機会が増えています。動画広告の需要は急速に高まっており、中でもタクシー動画はさらなる急成長が予想されています。

今回は、そんなタクシー動画広告について、メリットやデメリット、費用、トピックスを含めて解説します。初心者でも導入しやすいよう解説しますので、ぜひ挑戦してみてください。

タクシー動画広告とは?

タクシーに乗車して後部座席に座ると、目の前のタブレットから動画広告が表示され、見入った経験はないでしょうか。その動画広告が「タクシー動画広告」です。

従来は、タクシー内にステッカーやチラシ、名刺を並べておくアドケースが一般的でしたが、動画での広告が近年、急増しています。

電車の中の広告もタクシーと同様「交通広告」です。電車内を想像して考えると、広告は、チラシと動画の2種類あります。チラシより動画が目に止まるのではないでしょうか。
電車の中での動画は無作為にリピートされており、目に留まる機会が多いです。

一方、タクシー動画広告は単にタブレットに保存されたデータを延々とリピート再生し続けているわけではありません。時期や時間帯に合わせて配信される広告を変えています。

タクシー動画広告の費用相場

宣伝にかかる費用は重要なポイントではないでしょうか。商品やサービスを多くの方に広め、販売促進を行いたいと考えると思います。その際、できればコスト削減がしたいという思いはどの企業にもあります。

タクシー動画広告の平均的な1ヶ月の運用料金は250〜500万円ほどです。広告プランと同様に、様々な料金プランが用意されています。動画の尺、表示されるタイミング、展開時期によって値段は変化するのです。

配信の対象区域を確認し、展開したい地域や料金などを自社のニーズと照らしながら最適な配信サービスを選定しましょう。

最も高額なプランは「タクシー発車時の1本目として再生されるプラン」です。2本目は1本目よりリーズナブルに運用できます。最も高額な時期は、タクシー利用が増える12月です。コスト削減をしたい場合は、12月を避けましょう。

時期や時間を決めて効率的に広告を利用するのがおすすめです。タクシー動画広告を取り扱っている配信サービスは多数あります。新たに参入する配信サービスもあるため、興味がある企業に関しては、最新情報をチェックすると良いでしょう。

タクシー動画広告は効果があるのか?

では、タクシー動画広告にはどのような効果があるのでしょうか。高額で投資する分、より多くの効果を得たいと思うのは当然のことです。

タクシーを利用する方の特徴、交通広告だからこそ訴えられるメッセージがあります。ここでは、タクシー動画広告にしかできない効果やメリット、さらにデメリットまで解説します。メリットを知ることで、動画の内容も見えてくるでしょう。

タクシー動画広告のメリット

では、タクシー動画広告にはどのようなメリットがあるのでしょうか。タクシーは電車に比べ、狭い空間です。目線の先にタブレットを設置でき、目に留まる機会が必然的に増えます。

乗車する方にも特徴があります。今回は下記の3つのメリットについてご紹介します。

・企業の経営層へ訴求できる
・利用者の特性に合わせた配信が可能
・動画広告の視認率が高くなる傾向にある

企業の経営層へ訴求できる

タクシーを利用するのはどのような方でしょうか。タクシー利用する方は、お金より時間を優先している傾向にあり、経営者やビジネスマンなど高所得者が少なくありません。

一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会が実施した「タクシーに関するアンケート調査」では、会社経営者の約半分以上が、月に10回以上タクシーを利用していると答えています。

つまり、ターゲットを経営層や富裕層に絞ることで効果的にPRができるのです。企業で決裁権を持つ経営層は多忙な方が多いため、テレビCMやYouTube、電車広告ではなかなか訴求しづらいでしょう。

決裁権を持っている層に訴えるためにも、タクシー動画広告を利用するのは有効です。時間の余裕がない方でも、タクシーのタブレットは目に止まります。そのタブレットで効果的に訴求しましょう。

利用者の特性に合わせた配信が可能

タクシー利用は高所得者だけではありません。外国人観光客や病院に通う高齢者、高齢者の買い物客が多く利用している地域、場所もあります。

展開する地域の利用者の特性に合わせた動画広告の配信ができる点も、タクシー動画広告のメリットの1つです。

また、最新技術として「顔認証機能」が搭載されているものがあります。性別を識別し、広告を出してくれます。広告の無駄うちを防ぐために配信の時間帯、曜日、場所を指定することも可能です。このようにニーズのある視聴者に届く仕組みになっています。

動画広告の視認率が高くなる傾向にある

タクシーは閉鎖的な空間のため、目の前のタブレットを見ることが多いです。YouTubeの動画広告やCMは自己コントロールができますが、タクシー動画広告はそれができません。

スキップやチャンネル変更ができないため、画面から視線を外さない限り、自然と見たり、聞いたりすることになります。閉鎖的な空間だからこそ、集中した動画の視聴が期待できます。

タクシーの平均利用時間は15〜20分と言われています。1度乗車すると、その時間は同じ場所で過ごすことになります。そのため、長時間ゆっくり動画を視聴してもらえる傾向にあります。

1ヶ月にタクシーを多く利用する方は、何度も同じ動画広告を見ることになるので、企業の認知度向上にもつながるでしょう。そのため、タクシー動画広告は、視認率が高くなる傾向にあります。

タクシー動画広告のデメリット

これまで、メリットを紹介してきました。では一方で、タクシー動画広告のデメリットは何でしょうか。タクシー動画広告には、以下のようなデメリットがあります。

・費用がかかる
・「しつこい」と思われる可能性がある

ここではこの2点についてご紹介します。デメリットを把握した上で、動画広告を作ることは非常に重要です。改善策に注目してご覧ください。

他のタクシー広告に比べて費用がかかる

1つ目のデメリットは、配信料金が比較的高いことです。最低料金も他の動画広告より高い傾向にあります。

平均的な1ヶ月の運用料金は250〜500万円ほどです。首都圏で配信する場合は200〜700万円ほどかかります。

リスティング広告やディスプレイ広告などの運用型広告(Web広告)は、最低出稿額が決まっておらず、予算に応じて数百円の広告を配信することが可能です。しかし、タクシー動画広告は1週間でも数十万からが相場です。

タクシー広告の中でも特に高額になるのが、乗車して1本目の動画と12月に出す広告です。コストを抑えて広告を掲載したい場合は、2本目以降に流れるプラン、ランダムに流れるプラン、12月を避けた時期に限定したほうが良いでしょう。自社の予算と見合ったプランを検討しましょう。

「しつこい」と思われる可能性がある

メリットとして「動画視認率の高さ」を挙げました。閉鎖的な空間で、見られることが多いタクシー動画広告ですが、それはデメリットにもなりえます。

静かな空間で、インパクトのある動画が繰り返し流れていると、しつこいとマイナスなイメージを持たれることも少なくありません。インパクトのある動画で、乗車している方の気持ちを荒立てるのはあまり良くないでしょう。穏やかにターゲットの悩みに寄り添うメッセージを送る内容が適しています。

動画が視聴者の負担になると、商品やサービスに対して否定的な感情が生まれます。企業が目的としている、ブランドの認知やサービス・商品の販売促進につながることなく、むしろ逆効果になります。

そのため、タクシー動画広告ではターゲットの悩みに寄り添うメッセージを掲載することが良いでしょう。

タクシー動画広告を制作する際のポイント

タクシー動画広告を制作する際、どのようなポイントを抑えると良いのでしょうか。効果を得るには、タクシー動画広告にしかできない得意分野であるポイントを入れる必要があります。以下のようなポイントを押さえて効果的な動画広告の展開につなげましょう。

・配信目的を「認知」に絞る
・無音でも内容が伝わる動画を制作する

この2つのポイントについて詳しく紹介していきます。

配信目的を「認知」に絞る

配信目的は「認知」に絞りましょう。タクシー動画広告のターゲットは、お金ではなく時間や手間に課題があります。乗車する方の課題を調べ、効果的にアプローチをしましょう。

時間や手間に課題を抱えている方に対しては、「時間の節約になる」「手軽」が刺さる内容です。ターゲットに合わせた情報を盛り込みましょう。特に盛り込んでおきたいことは以下の3つです。

・どのようなメリットがあるか
・他者との違い
・利用することで何が具体的に解決できるか

これらの情報について、要点を凝縮させた構成で動画を作り込みます。多くの内容を詰めすぎると視聴者に負担をかけるため、「認知」に特化した内容にすることがおすすめです。

無音でも内容が伝わる動画を制作する

タクシー動画広告の特徴的なニーズとして、乗客が外国人など音声を聴かなくても伝わる内容が求められています。

スキップできない特性を生かすために、視聴者がスマートフォンなど別のことに集中が移らないよう注意しましょう。
外国人向けに、字幕表示に翻訳を併記するなど、インバウンド層に寄り添った広告展開が効果的です。ストーリー性を持たせたドラマ仕立てや、大きなテロップを導入すると、無音でも見ていて飽きない内容になります。

タクシー動画広告の配信事例

では、どのようなトピックスがあるのでしょうか。配信事例を3つ見ていきます。メリット、制作のコツがどのように盛り込まれているかに注目しましょう

ビーウィズ株式会社_ANNIM

上記の動画は、社員の気持ちを代弁している動画になっています。経営者は、この動画を見ることで社員の気持ちを知り、新しいシステムの導入を検討するでしょう。

インパクトのある実写ストーリーが展開され、その後イラストでシステムの説明に移ります。短い尺でメッセージが伝わる内容となっています。また、最後に無料の体験を推しているため、経営者も気軽に導入を検討できるでしょう。

麻布テイラー

https://youtu.be/h63eO69jeB4

オーダーメイドスーツの30秒広告です。富裕層向けに洗練された雰囲気の動画になっています。適宜、テロップが流れていることで、的確に情報をキャッチすることができます。優雅に伝わるメッセージに、経営者も興味を持つことでしょう

弁護士ドットコム株式会社「クラウドサイン」

最後に紹介するのもビジネスマン向けの30秒動画広告です。従来のイメージを覆し、契約書に関して、紙媒体をやめることで手間が省けることを訴えています。

ちゃんと動画クリエイティブのPDCAサイクルを回せていますか?

タクシー動画広告に関して、想像できたでしょうか。また、タクシー動画は効果測定ができないという特徴があります。

設定したターゲットは合っているのか、目的は達成できているのかなどは、自社だけでは効果測定が困難です。より良い動画制作には、分析は必須条件ですが、タクシー動画広告は難しいのが現状です。

では、どのように分析を行えば良いのでしょうか。外部に頼む方法があります。また、動画編集ソフトが分析を手伝ってくれます。

ここでは、動画クリエイティブのPDCAサイクルについて詳しく見てみましょう。動画では、分析のために効果測定を行います。そのためには定期的な振り返りと広告設定の見直しが必要です。

PDCAサイクルの「PDCA」とは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)のことです。

1.仮説でクリエイティブを制作
2.検証のために、広告プラットフォームに配信
3.配信結果の数字から学習
4.新たなクリエイティブを制作し、配信

上記のようなサイクルを回して、良い成果を出せるクリエイティブを生み出すことが大切なのです。

・目的
・ターゲット設定
・広告の手法の適切さ

広告を公開した後、この3点の振り返りを行いましょう。動画の目的に沿った効果が得られているか、得られていない場合は、なぜ得られなかったのかなど、目的がずれた原因を考え設定方法を見直します。そのことで、より効果的な広告展開が期待できます。

動画編集ソフトがPDCAサイクルを加速させる理由

企業で効果測定を行い、PDCAサイクルを回すのは手間がかかります。その際には、動画編集ソフトを導入することでPDCAサイクルを効果的に加速させることが可能です。プロの手を借りて修正することは非常に有効的です。

チームの中で修正を行うと、主観が入り修正案や改善策が偏る可能性があります。思いつかず、次の動画も同じ間違いを起こすことも少なくありません。コスト削減のためにプロに頼まないことが、逆にコストの増大につながってしまうことがあります。

動画編集ソフトは多くの種類が出ており、それぞれメリットもあります。目的にあったソフトを選びましょう。おすすめなものがVideo BRAINです。
https://video-b.com/


Video BRAINを利用すれば、AIのサポートで簡単に動画編集ができます。作業はたったの2つです。使いたい写真や動画、文字などをアップロードするだけで、AIが自動でマッチングして動画を作成してくれます。

画面が直感的に操作しやすく、理解しやすいのも強みです。分厚いマニュアルや何ページにもわたるヘルプを見る必要はありません。細かな修正・編集も1クリックで簡単に仕上がります。初心者の方でも戸惑うことなく編集できるでしょう。

豊富なテンプレート×フォントで「ワンパターン」から解放される

Video BRAINでは、あらゆるシーンに活用できる素材やテンプレートを使い放題でご用意しています。無料で使える素材は約528万点、フォントは約200書体あり、自社の商品やサービスのイメージに合わせたデザインの編集が可能です。

BGMや効果音も複数利用できるので、視聴者を引きつける魅力的な動画が完成するでしょう。長めの動画を作りたい担当者の方に向けて、最大60分まで作成可能にしています。

投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証できる

動画配信後の効果を調べることも、動画担当者の仕事です。YouTube内にもアクセス解析機能はありますが、Insight BRAINを使えばより便利です。自社の動画の他、競合他社のフォロワー推移や投稿データの相関性も調べられます。

結果を分析・検証し、反省点や改善点を次に生かせば、サービスの認知や成約数に貢献できるでしょう。通常、解析には相応の専門知識が必要なものですが、Video BRAINを活用すれば手軽に行えます。

まとめ

「ある一定のターゲットにアプローチしたい」「決裁権を持った経営層へアプローチしたい」そんな企業にタクシー動画広告は最適です。タクシー動画広告は、ターゲットを絞りやすく顔認証の技術から、セグメントをして広告を訴求できます。

非常に有効ですが、コスト高いことに注意しましょう。コストをかけた分、効果は回収する必要があります。効果的にアプローチするためには、分析が必須です。

分析を自社で行うのには限りがあるため、そのような際にはVideo BRAINとInsight BRAINをぜひご利用ください。

Video BRAINでは、AIがテキストと素材を自動でマッチングする・テンプレートやフォントが充実しているためワンパターンにならない・投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証といった、PDCAサイクルを加速させるものが全て備わっています。

AIの分析や効果検証で、収益化が望めるでしょう。プランも様々あるのでお気軽にご検討ください。

https://video-b.com/case/


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする