1. TOP
  2. 広告/広報
  3. 商品説明動画とは?作り方・制作時のポイントについて解説

商品説明動画とは?作り方・制作時のポイントについて解説

動画を商品の説明に使うことで魅力が伝わりやすくなり、ユーザーの心理に強く訴求できて成果を上げる企業が増えています。

反対に画像やテキストのみで訴求している企業は、商品やサービスの詳細や具体的な情報まで表現できていない可能性があります。

そこでこの記事では成果に繋がる商品説明動画の作り方について解説します。制作時に意識するポイントを知ることで、新規ユーザーの獲得や売上げに貢献する動画を作成できるでしょう。

商品説明動画とは?

商品説明動画とは、商品の使用方法や詳細な情報を伝える動画です。

テキストを読む時間を省略できるだけでなく、文章や画像だけでは伝わらない細かい部分を説明できるので、視聴者が商品やサービスを詳細まで理解しやすくなります。

ちなみに動画は静止画に比べて約5000倍の情報を伝えることが可能なので、テレビCMや動画広告だけでなく、コンテンツの商品説明以外でも幅広く利用されています。

動画説明に向いている商品とは?

動画説明に向いている商品は、実際の商品の動きを確かめたい場合や、テキストや画像だけで魅力を伝えきれないサービスです。

例えばゲームアプリや化粧品は動画説明に向いています。実際にゲームが動いている映像や、モニターの人が化粧品を使っている様子は動画の訴求力が強まるジャンルです。

他には商品の雰囲気や音を伝えたい場合は、多角的に情報を伝えるメリットが大きいです。そのため動画説明は「非言語で表現する部分が多い商品」に適した手法といえます。

商品説明を動画で行うメリット

商品説明を動画で行うメリットは以下の3つです。

・商品のイメージを伝えやすくなる
・商品の購買意欲が高まる
・他の媒体で動画を使い回せる

人間の脳は動画によって多くの情報を処理できるので、商品の詳細やイメージの説明が不要になります。視聴者が商品やサービスの魅力を見つけやすくなり、購買や契約のハードルが下がるでしょう。

さらに商品に対するイメージや付加価値をつけられるので、SNSなどで動画を拡散することで訴求できる層を広げやすくなります。

商品のイメージを伝えやすくなる

商品説明動画は、無形商材でも魅力をアピールしやすい特徴があります。例えば保険やITサービスなど、形のない商品のよさを伝えるために有効な手段です。

また形のある商品でも、開発者の思いや製品に対する姿勢など、数字で表現できない部分を伝えやすくなります。

なによりテキストや静止画よりも強い印象を残せるので、消費者は商品やサービスを覚えやすいです。商品を選ぶ際に名前を思い出せなくても、イメージを印象づけることで購入の際の選択肢に入りやすくなります。

商品の購買意欲が高まる

動画は脳が視覚や聴覚を使って情報を処理するため、視聴すると商品やサービスを疑似体験できて購買意欲が高まります。

例えば油で汚れたフライパンに洗剤を垂らしただけで、使用前のようにピカピカに輝く映像を流すと、消費者の購買意欲を刺激できるでしょう。

そして洗剤を買い換える時に、消費者は油汚れが落ちた動画を思い出して購入してしまうのです。

テキストや画像は自ら想像力を働かせないといけないので、動画のようにイメージを直接与えると購買意欲を高めやすくなります。

他の媒体で動画を使い回せる

一度制作した商品説明動画は、他の媒体でも流すことで二次利用が可能です。動画のサイズの変更や、テロップの大きさや位置を調節などで使い回せます。

つまり複数の動画を制作するコストをかけずに、少し調整を加えるだけで消費者にリーチできる数を増やせるのです。

ただし訴求効果の高い動画を配信しなければなりません。媒体ごとの効果を検証するためには、複数のパターンで動画制作を行い、効果を高める施策を続ける必要があります。

商品説明を動画で行うデメリット

商品説明の動画は、制作に関わるコストが大きくなります。動画は企画・制作・編集の工程を経て作られるので、制作期間や制作費用のコストが発生しやすいです。

なによりテキスト・画像・音の素材を組み合わせて動画を制作することは難易度が高いです。また動画の質によっては、視聴者に悪い印象を与えることを考慮しなければなりません。

制作会社に依頼する場合でも、動画の質が必ずしも保証されるわけではありません。ちなみに制作後の効果検証がわからずに、動画を放置している企業は多いです。

商品説明動画を制作する際のポイント

商品説明動画を制作する際は、以下5つのポイントを意識しましょう。

・利用イメージが湧くシナリオを考える
・商品の見えない部分を伝える
・顧客の状態に合わせてシナリオを変える
・「モノ」ではなく「体験」を可視化する

商品説明動画は、視聴者の目線に立った内容が求められます。商品やサービスの良さを押し出す内容は避けられやすいので、視聴者に気持ちに寄り添う動画を制作し、商品を疑似体験しやすいストーリーを展開させる必要があります。

利用イメージが湧くシナリオを考える

動画の役割は視聴した後に行動に移させることです。商品説明動画のシナリオは、視聴者に商品やサービスを使った後のイメージをわかせるための役割を持っています。

例えばドラマやマンガように、自分が主人公になれるように物語を展開させる必要があります。

つまり視聴者の気持ちに寄り添い、共感をベースに動画を作成することが重要なのです。動画を自分事に考えられる内容で進行させ、悩みを解決した後の姿を想像できる導線作りが必要になります。

商品の見えない部分を伝える

商品やサービスには生まれた理由や、開発の過程の苦労などが多いです。「悩みを少しでもラクにしてあげたい」など、想いが形になるまでの長い過程を経ています。

視聴者は商品やサービスが生まれた理由や開発者の想いに共感して、商品説明の内容を理解してくれるのです。

動画は商品の目に見えない部分を説明しやすくなるので、機能や性能以外に商品を購入する理由を作りやすくなります。

顧客の状態に合わせてシナリオを変える

商品説明動画は顧客の求めている情報を説明するため、訴求する層によってシナリオを変える必要があります。

例えば化粧品の動画の訴求を考える時に、20代女性と50代女性が学校の同窓会に参加する場合を想定しましょう。

20代女性は大人っぽく見える印象を求めやすく、50代女性は若く思われたい人がほとんどです。

同じシナリオで動画を作成しても、視聴者によって訴求効果が変わってしまうので、動画の主人公に合わせてシナリオを変える必要があります。

「モノ」ではなく「体験」を可視化する

現在は類似の商品やサービスが飽和しているため、差別化が難しい時代です。マーケティングでは「モノ」を売るのではなく「コト」を売る、つまり体験を売ることが推奨されています。

例えばカメラを売りたい場合は機能や画素数を宣伝するのではなく、「家族や友人たちと楽しい思い出を写真に残す体験」を感じさせる訴求内容が適切です。

テキストや画像だけでは表現の幅に限界があるため、商品説明動画は商品やサービスを通して疑似体験を生むための有効な手段になります。

商品説明動画を外部に依頼する際の費用相場

企業に依頼する場合は、30~50万円が相場です。一方の個人事業主には5~10万円から依頼できますが、動画の質を担保できない可能性があります。

どちらにせよ、商品説明動画の効果検証まで含まれない可能性が高いので、動画の納品までの契約になる場合が多いです。

さらに複数の動画を作るコストや、制作後に内容を修正するコストを考慮すると、費用が増えることは避けられないでしょう。

まとめ

商品説明動画は制作後に細かい調整を繰り返し、効果を検証する必要があります。Video BRAINを利用すると初心者でもかんたんに動画を作成できるだけでなく、比較検証までも効率化して動画の効果を分析しやすくなります。

動画クリエイティブは効果が出るまで長期間の取り組みになるので、作業効率を高めやすい動画編集ソフトを選び、商品説明動画の効果の測定を行いましょう。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする