1. TOP
  2. 広告/広報
  3. 企業のプロモーション動画の作り方|事例・活用シーンなども紹介

企業のプロモーション動画の作り方|事例・活用シーンなども紹介

告の市場は右肩上がりに成長しており、商品やサービスの宣伝を行いたい企業が増えています。
しかし動画制作の経験がない企業や、動画を配信したまま効果もわからず放置してしまっているケースも多いです。
そこでこの記事では企業のプロモーション動画の作り方について解説します。初心者でもわかる動画の作り方や編集ソフト選びに加えて、プロモーション動画から売り上げに繋げるコツを理解できるでしょう。

プロモーション動画とは?

プロモーション動画とは、商品やサービスを宣伝するための動画です。企業のプロモーション動画は販売促進や広告などを目的に、自社の商品やサービスの魅力を伝えるために使われます。
例えば企業の商品やサービスを紹介する際に、長文のテキストや画像では表現できない音や雰囲気などの情報を伝えられるため訴求効果が高くなります。
つまり商品やサービスの魅力を疑似体験しやすくなるのです。プロモーション動画はユーザーの興味を引くきっかけになり、購入や契約などに繋げる役割を果たします。

プロモーション動画の目的

プロモーション動画の目的は商品やサービスを知ってもらい、購入や契約に繋げることです。現在はSNSや動画のプラットフォームの発展により、インターネットで動画が視聴される頻度が高まっています。
さらにAIの技術の進歩により動画作成にかかる手間やコストが少なくなっているため、制作会社に依頼せずにプロモーション動画の制作が可能です。
そのため商品の購買や契約などを目的に、多くの企業が低コストでプロモーション動画を制作する事例が増えています。

プロモーション動画を作成するメリット

プロモーション動画を作成するメリットは以下の3つです。
・多くの情報を伝えることができる
・記憶に残りやすい
・企画・演出によって他社と差別化が図れる
プロモーション動画を作成すると、売り上げを高めるきっかけが得られます。その理由は、消費者に商品やサービスの魅力を短時間で伝えられるからです。
動画で企業の商品やサービスを知ってもらうと、消費者の潜在意識に記憶されやすくなり、購入や契約に繋がるチャンスが増えるでしょう。

多くの情報を伝えることができる

動画は視覚だけでなく聴覚でも情報を用いることで、短い時間でも商品やサービスの魅力を伝えられます。
1971年に提唱された「メラビアンの法則」によると、人間は「視覚55%」「聴覚38%」「言語7%」の割合で情報を理解するといわれています。
テキストと画像を組み合わせた場合でも情報量の50%を満たしませんが、動画は視覚・聴覚・言語の3つの情報をすべて得られるため、多くの情報を同時に処理できます。

記憶に残りやすい

動画は短い時間で多くの情報が伝わるため、記憶に残りやすいです。アメリカ国立訓練研究所の「ラーニングピラミッド理論」によると、動画はテキストに比べて記憶の定着率が2倍に上昇する研究結果が出ています。
共感する内容や覚えやすいフレーズなど、1つの動画で人々に深い印象を与えられるので、動画をきっかけに商品やサービスを覚えてもらえるメリットは大きいといえます。

企画・演出によって他社と差別化が図れる

現在は商品やサービスのコモディティ化により機能や価格での差別化が難しくなっていますが、企画や演出によって競合他社との違いを打ち出すことができます。
例えば出演する役者の変更や、表現方法を変えてマンガ動画による発信など、訴求するターゲットに合わせて差別化を図ることが可能です。
細かなニュアンスを表現することは売り上げに大きく影響するため、動画によるプロモーションは販売促進に有効な手段といえます。

プロモーション動画を作成するデメリット

プロモーション動画を作成するデメリットは以下の2つです。
・制作コストがかかる
・企画・演出を工夫する必要がある
プロモーション動画のデメリットは制作に関わるコストです。企画から制作までにかかる費用は、内容によりますが100万円以上かかる場合があります。
さらに動画を使い回すとユーザーから飽きられてしまうので、訴求するターゲットの変更や表現方法を変えるなど、動画は複数作ることを前提に予算を組むことになるでしょう。

制作コストがかかる

プロモーション動画の制作には30~100万円の予算が必要です。企画から制作までは、人件費や撮影費などの費用がかかってしまいます。
動画を作るたびに数十万円がかかると広告費が増えてしまうため、制作会社に依頼するための予算を用意しなければなりません。
とくにプロモーション動画の制作経験がない企業は、宣伝効果のない動画を量産する可能性があるので注意しましょう。

企画・演出を工夫する必要がある

企業のプロモーション動画は、企画や演出を工夫しなければなりません。企業の目的に合った企画を設定することで、ユーザーに訴求できるかどうかが決まります。
また商品やサービスの印象を与えるには、飽きにくい動画にするための演出がかかせません。
企画と演出どちらかが欠けてしまうとユーザーに商品やサービスを認知されない内容になってしまい、制作費を無駄にしやすくなります。
ユーザーの興味を引かない動画の量産を避けるためには、企画と演出に費用がかかりにくいサービスを利用して動画を制作することをおすすめします。

プロモーション動画作成時のポイント

プロモーション動画は、視聴者の行動を予測して作ることが重要です。 行動をゴールに設定して逆算することで、動画の目的やテーマが設定しやすくなります。
そして動画を作る際は、複数の行動を促さないことも重要です。1つの動画につき1つの行動を促す内容を制作すると、プロモーション動画の内容が伝わりやすくなります。

動画制作の目的を決める

動画制作の目的は企画の中心になるため重要です。目的を定めることで、プロモーション動画の方向性が明確になります。
例えば集客が目的の動画はキャンペーンの情報や解説動画などが向いており、成果や契約に繋げたい場合はランディングページまで誘導する動画が適しています。

「誰に」「何を」届けるか?を考える

プロモーション動画の目的を決めた後は、動画を見てほしい人に向けて配信の内容を考えましょう。性別や年齢などを決めた架空の人物を想定し、配信する動画の内容を決めます。
さらに「動画を見た人がどんな気持ちになり、どんな行動をとるか」までを考えると、作成する動画の内容がイメージしやすくなり、企画や演出の方向性が明確になります。

1つの動画で1つのテーマを伝える

動画内容のテーマを1つにする理由は、視聴者がコンテンツの内容を理解しやすくするためです。伝えたいテーマが複数あるときは、他の動画で解説や説明することが重要です。
なぜなら動画内ですべて説明すると、視聴し終えた後に印象に残らない動画になってしまうからです。欲張らずに1つのテーマで魅力を掘り下げて伝えましょう。

プロモーション動画事例・活用シーン

プロモーション動画は以下3つのシーンで使われます。
・商品紹介
・企業ブランディング
・採用ブランディング
動画はテキストや画像では表現できない情報まで伝えられるため、企業や商品の細かいニュアンスまで伝えることが可能です。
動画は商品や企業の実態をイメージしやすくなるので、行動前の意志決定に大きな影響を与えます。

商品紹介

動画はテキストや画像と違って表現が多いので、視聴者にイメージを伝えやすくなります。
例えば「おいしいステーキ」はテキストや画像よりも、鉄板の上でジュージューと音を立てて肉汁があふれる映像を見せた方がおいしそうに感じるでしょう。
さらにナレーションや効果音を加えると臨場感を与える映像になるので、幅広い表現で商品の魅力を視聴者の直感に訴えかけることができます。

企業ブランディング

企業ブランディングの動画は、イメージを上げるために使われます。例えば職人が一つ一つの製品に時間や手間をかけている映像を流すと、視聴者は企業の商品に対して信頼しやすくなります。
また環境にやさしい取り組みや、福祉活動なども企業ブランディングの一環です。ブランディング活動を動画にすることは企業のイメージ戦略のために有効な手段となり、商品の購買などに繋がりやすくなります。

採用ブランディング

プロモーション動画で生き生きと働いている社員の映像を流すと、働く自分を想像しやすくなることで求人数が増える可能性が高くなります。
他にも先輩社員たちのインタビューなどで勤務に対する不安の解消や、採用前のミスマッチを防ぐことにも繋がりやすいです。
応募者はネット上の企業に対する口コミよりも、社員の表情や声を聞く方が安心できるので、採用ブランディングは企業と応募者の両方にメリットが大きい手法といえます。

プロモーション動画の作り方

プロモーション動画は大まかに企画・撮影・編集の工程です。それぞれ準備段階でクライアントの立ち会いや確認が必須になります。
どの工程も途中でやり直しができないので、準備段階から綿密な打ち合わせとイメージの共有が必要です。
動画は一つ一つの工程を積み重ねて完成します。多くの人や機材を用いて、緻密に作り上げられるのです。

企画

制作会社とのヒアリングの内容をもとに、プロモーション動画の企画を立てます。イメージ通りの動画にするために絵コンテや香盤表を作り、キャスティングなどの予算や制作日程などの調整を行います。
制作スケジュールが決まった後はシナリオや台本を作成し、企画した内容で動画を作るための準備が必要です。

撮影準備

撮影準備はカメラや照明などの機材に加えて、撮影道具や音声の機材などを用意します。制作会社が保有していない機材は、レンタル業者から借りてから撮影場所に運ぶ必要があります。
また撮影場所によってはロケハンで下見を行い、撮影の許可などの手続きが必要です。

撮影

クライアント立ち会いのもと香盤表にそって撮影場所を移動し、作成したシナリオに必要なシーンを撮影します。
クライアントが撮影現場に立ち会う理由は、撮影した映像は途中で修正できないからです。
たとえ撮影し直しても追加で費用がかかります。クライアントのイメージ通りの内容を撮影するためには、撮影時の段階で要望を伝えてもらわなければなりません。

編集

編集は撮影したシーンを繋いで作品にする工程です。絵コンテの構成通りに映像を繋ぎます。他にはテロップや音など、動画に必要な素材を組み合わせることで一つの作品になります。
もちろんクライアントの確認を行いながらの作業です。編集は作品の完成まで微調整の繰り返しなので、2週間以上かかる場合があります。

動画配信

最後に完成した動画の配信です。まずは配信先のメディアやプラットフォームを選び、企画で定めたターゲットに効果的な訴求を実施します。
メディアやプラットフォームによって広告の効果が異なるため、ターゲットの年齢や性別などを考慮して動画の配信先を決めましょう。

ちゃんと動画クリエイティブのPDCAサイクルを回せていますか?

動画の制作は時間や手間がかかっているため、作り終わって満足してしまうのではないでしょうか。
動画を作った後はクリエイティブ効果の検証を行い、より高い訴求効果のために調整を繰り返してこそ動画によるブランディングが生まれます。
動画を作ったままにしている企業は、メディアや動画のプラットフォームで配信して放置しがちです。プロモーション動画はPDCAサイクルを回すための「検証の材料」であることを忘れてはいけません。

動画編集ソフトがPDCAサイクルを加速させる理由

動画編集ソフト選びによって、企業のプロモーション動画のPDCAサイクルの回り方が決まります。
高速でPDCAサイクルを回したい場合は、AIによる動画の自動作成と素早い効果検証が行える「Video BRAIN」がおすすめです。
動画編集の初心者でも使いやすく、クリエイティブを作成する悩みを解決しやすい機能が豊富に揃っています。

Video BRAINは動画・写真・テキストをアップロードするだけで、AIの自動マッチングの機能で動画をかんたんに作成できます。
AIがテキストと素材を自動で選んでくれるので、動画の編集の経験やセンスが必要ありません。
また動画編集の初心者の人でも直感的に操作ができるので、コンテンツの質を高めながら作業時間の短縮が可能になります。
企画や動画クリエイティブの検証に時間を使えるため、より訴求効果の高める業務に取り組みやすくなるでしょう。

豊富なテンプレート×フォントで「ワンパターン」から解放される

Video BRAINは無料で使える素材が約528万点用意されており、豊富なデザインテンプレートやBGMからコンテンツを作成できます。
さらにフォントは200以上の書体から選択できるため、同じ印象になりにくいフォント選びが可能です。
Video BRAINは自動で何パターンもの動画を作成できるので、複数のクリエイティブ効果の高い動画を作る手間が少なくなります。

投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証できる

プロモーション動画を投稿した後は、検証を行って効果を分析する必要があります。Video BRAINは配信結果の分析までサポートしているため、動画投稿した後でも継続した運用が可能です。
また競合他社とのデータとの関連性が調べられるので、自社の動画だけではない比較検証が可能になり、動画クリエイティブのPDCAサイクルが円滑に回ります。

まとめ

プロモーション動画の作成は企画から動画配信まで工程が多く、さらに効果検証まで行うと企業の負担を増やしてしまいます。
Video BRAINは特許を取得AI技術によって編集や効果検証を効率化できるので、動画プロモーションを始めたい企業におすすめの編集ソフトです。
動画市場の盛り上がりは今後一層広がります。売り上げに繋がる動画クリエイティブの効果を高めるために、自動で動画を作成してみてはいかがでしょうか。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする