1. TOP
  2. 広告/広報
  3. 動画広告の3つの効果と効果測定方法について解説

動画広告の3つの効果と効果測定方法について解説

動画広告の効果は、商品やサービスを知らない層にまで魅力を伝えられることです。人間の本能を刺激する表現によって、購入や問い合わせまでの導線を作れます。

しかし動画広告は効果測定を行わないと、ユーザーのニーズに合致しない内容を配信することになり、商品やサービスに対して悪い印象を持たれることも多いです。

そこでこの記事では、動画広告の効果を高める方法について解説します。動画による訴求のコツを知ることで、利益に繋がる動画広告を配信できるでしょう。

動画広告の定義

動画広告とは動画を使った広告活動を指す、マーケティングの手法の一つです。商品の宣伝・集客・購買促進などを目的に、インターネットやSNS上で動画を配信します。

2020年株式会社電通の「日本の広告費」によると、インターネットの広告費は2兆円を超えており、中でも動画広告費は3862億円と全体の2割に達しています。

2021年の広告費は4263億円を超える予測されており、スマートフォンの所有率の増加とともに、今後も需要が増えると予想されています。

動画広告の3つの効果

動画広告は以下3つの効果を期待できます。

・短時間で多くの情報を伝えられる
・潜在層にもアプローチできる
・様々な広告媒体で配信できる

動画広告は顕在顧客だけでなく、潜在顧客まで宣伝する効果が高いです。また1つの動画が他媒体まで訴求しやすいので、ユーザー同士で広告を拡散する可能性を持つ、コストパフォーマンスの高い広告といえます。

短時間で多くの情報を伝えられる

動画広告はテキスト広告や画像広告に比べて、視覚と聴覚の両方を使って情報を処理するため、短時間で多くの情報を伝えられます。

じつは1分間の映像は文字180万文字分の情報伝達量があるといわれており、Webページ3600枚分に相当する量です。

動画広告はテキストや画像の広告よりも脳の処理機能を多く使えるため、ユーザーがなんとなく眺めているだけでも広告の内容が伝わりやすくなります。

潜在層にもアプローチできる

動画広告は商品やサービスを数値化できるだけでなく、イメージや雰囲気まで伝えられるメリットが大きいです。

例えばインパクトのある動画や華やかな映像が流れると、商品に興味のない人の目にも止まりやすくなるので、潜在顧客の獲得に繋がりやすいです。

たとえユーザーが商品名やサービス名を覚えていなくても、動画の内容が潜在意識の中に残りやすくなるため、動画をきっかけに購買や契約に結びつく可能性が高まります。

様々な広告媒体で配信できる

現在はSNSで動画を投稿する機能が搭載されているため、様々な媒体で動画広告を配信できます。

なにより動画投稿中心のSNSでなくても他媒体との連動で広告が拡散されて、かけた広告費用以上の普及効果を期待できます。

総務省 情報通信政策研究所」の調査によると、20代以下の世代ではテレビよりも動画を視聴する時間が長いです。10代に至っては動画の視聴時間はテレビの2倍以上の差があります。

全世代8割以上の人がSNSを利用しているため、配信内容を使い分けることで幅広い年代にターゲティングできます。

動画広告の効果が高いといわれる理由

動画広告の効果が高いといわれる理由は、テキストや画像に比べて情報を処理する負担が少ないからです。

映像を眺めているだけで内容を理解できるので、考えながらテキストを読むことや、画像を見ながら想像力を使う必要がありません。

つまり動画広告は、誰にでも広告を訴求できる手法なのです。言葉の通じない外国人や子供でも動画の内容が伝わりやすく、視覚や聴覚を使って想像力をかき立ててやすくなります。

動画広告の効果は高いのか?低いのか?

動画広告はテキストや画像に比べて、誰でも内容を理解できる訴求方法で広告を配信できるため効果が高いです。ただし動画の制作費や難易度を考慮すると、効果を出すことは難しいといえます。

動画は強いインパクトを残しやすいので、1度記憶に残ると商品やサービスの購入や契約に繋がりやすいです。しかし動画の質によっては、悪い印象を強く与えてしまう可能性があります。

ちなみに動画広告には効果の分析や検証まで含まれるので、配信した後の結果からユーザーの欲求を満たせる内容に調整しなければなりません。

SNSを利用して成果を上げている企業は、配信した後に効果検証を繰り返しています。広告の効果を高めるには、制作後の体制を整えることが必要になるでしょう。

動画広告の効果測定に必要な指標

動画広告の効果測定は、以下の7つの指標が必要です。

・視聴回数
・再生時間
・完全視聴率
・クリック数
・コンバージョン数
・ブランド認知率
・ユニークユーザー数

どの指標も動画広告の効果を測定するために欠かせません。一つではなく複数の指標を組み合わせることで、動画やサムネイルなどの改善点が見つかるため、細かく効果検証を行うことが可能です。

視聴回数

視聴回数とは、ユーザーが動画を再生した数です。カウントの方法は媒体によって異なります。

例えば、YouTubeだと30秒以上一定数の時間が経つと、1回の視聴回数としてカウントされます。InstagramやFacebookは3秒以上で、Twitterの動画が2秒以上の経過が必要です。

再生時間

再生時間とは、ユーザーが動画を再生した時間です。動画の再生された時間の合計の「総再生時間」と、再生時間の平均時間を算出する「平均総再生時間」があります。

総再生時間だけで判断すると、クリックしてすぐに離脱したユーザーが含まれます。そのため平均総再生時間の長さを重視して、広告の訴求力の強さを計ることが重要です。

完全視聴率

完全視聴率とは広告動画が最後まで視聴された比率、もしくは30秒以上視聴された割合を指します。

動画が最後まで再生されていることは、ユーザーが商品やサービスに興味を持っている可能性が高いです。視聴後の行動に繋がるケースが多いので、購買や問い合わせなどが増えやすくなります。

クリック数

クリック数とは、広告動画がクリックされた回数です。クリック数が高いことはパッと見で興味を引かれた証拠なので、サムネイルやタイトルがユーザーのニーズに訴求できています。

反対にクリック数が悪いと、画像や文章を改善する必要があることを意味します。

コンバージョン数

コンバージョン数とは、動画広告を通して出した成果の数です。コンバージョンは動画を配信する側の目的で異なりますが、多くは商品やサービスの購入や問い合わせなどが対象になります。

動画広告からの流入数が多くコンバージョン数が少ない場合は、LPや商品そのものがユーザーのニーズと合致していない場合があります。

ブランド認知率

ブランド認知率とは、指名ワードで検索されている比率のことです。つまり商品名やサービス名を入力して、動画を視聴している割合を指します。

ユーザーに認知されているかどうかの判断軸になるので、認知を広げるための広告動画を配信した後や、日常的にも分析と効果検証を行う必要があります。

ユニークユーザー数

ユニークユーザー数とは、一定期間に動画を視聴した人の数です。視聴した人数を計測できるので、1つの動画に対して見込み顧客の割合などを計算できます。

ちなみに1人が何度再生しても、一定期間を計測するのでカウント数は1回です。

動画広告の効果測定方法

動画広告の効果測定はKPIの設定が重要です。KPIとは「重要業績評価指標」を指し、最終的な目標までの中間地点のことです。

KPIを達成するには、訴求するターゲットに応じて動画の調整を行います。調整作業には時間と労力がかかるので、作業を効率化できる動画編集ソフトを選ぶことが重要になります。

目的に応じて各指標を伸ばす

動画広告には以下3つの目的があります。

・認知
・検討
・行動促進

「認知」は商品やサービスの関心を持ってもらうため、インプレッション(再生回数)がKPIになります。「検討」はユーザーの興味を計れるので、動画の視聴維持率や再生時間などがKPIです。

最後の「行動促進」は、クリック数や購入の数がKPIです。それぞれの目的に応じて動画制作を行い、訴求する内容を変えることで指標を伸ばします。

効果測定機能付きの動画編集ソフトを選ぶ

動画編集ソフトは利便性だけでなく、効果測定機能付きを選ぶことをおすすめします。なぜなら配信から効果測定まで対応するソフトは、広告動画の管理がしやすくなるためです。

効果測定は複数の動画を配信する場合が多く、複数アカウントを比較分析できるソフトを使うと効率がよくなります。

動画の制作から効果検証までが連携することで、効果の測定結果から内容の修正に即時の対応が可能になります。

まとめ

動画広告は高い訴求効果があり、商品やサービスを宣伝するために大きな役割を持ちます。とくにSNSの動画配信と相性がよく、広告に活用できる場面が増えているのが現状です。

Video BRAINを使うと自動で動画作成が可能になり、かつユーザーに訴求できる動画を量産できます。さらに効果検証の機能を使うことで、ユーザーのニーズの変化にも対応可能です。

今後は動画広告の効果が高まる状況が増える傾向にあるので、AIを使ったユーザーに訴求できる動画広告の自動作成を始めることをおすすめします。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする