1. TOP
  2. 広告/広報
  3. 動画マーケティングの効果は5つ!効果測定の指標・改善方法を紹介

動画マーケティングの効果は5つ!効果測定の指標・改善方法を紹介

動画マーケティングの効果によって、商品やサービスを認知させて購買に繋げるなど、動画を活用した事例が増えています。

しかし動画を配信した後の効果測定を行わず、マーケティングとして活用できずに効果を出せていない企業は多いです。

そこでこの記事では動画マーケティングの効果と測定の指標について紹介します。施策の効果を出すための改善方法を知ることで、自社の利益に貢献できる動画マーケティングを行えるでしょう。

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは、映像を用いたマーケティング手法のことです。集客や購買などを目的に動画の配信が行われます。

動画広告の市場規模は年々増加しており、ニールセンデジタル株式会社の「Digital Trends 2019上半期」によると、過去5年間で動画視聴の月間平均利用時間が約4倍に上昇していることが発表されました。

とくに50~60代のスマートフォン利用者の視聴時間が伸びており、幅広い層に訴求が可能なので、企業による動画マーケティングが活発になっています。

動画マーケティング以前のマーケティングの課題

動画マーケティングが行われる以前は、IT技術の発展がもたらした情報過多とデジタルデバイスの普及率上昇によって、マーケティングの施策が複雑化していました。

現在もなおGoogleの検索エンジンやSNSの発展により、細分化された欲求に対して訴求しないとモノが売れにくい時代に変わりつつあります。

つまりマーケティングの施策は、個々人に合わせなければ効果が出にくくなったのです。企業はビッグデータやAIを活用しなければ、集客や購買などに繋げることが難しい時代に変化しました。

動画マーケティングの効果

動画マーケティングの効果は以下の5つです。

・注意を引きやすい
・多くの情報を正確に伝えることができる
・感情に訴えかけることができる
・記憶に残りやすい
・拡散されやすい

動画はスマートフォン上でも視聴しやすく、短い時間でも印象づけやすいので、誰に対しても高い訴求効果が期待できます。

ちなみに動画がSNS上で拡散されると、商品やサービスが1日で有名になる可能性があるので、動画マーケティングは宣伝や購買意欲に繋がる有効な施策といえます。

注意を引きやすい

動画はスマートフォンの画面やパソコン上で目につきやすいので、ユーザーは自然と動画の内容を視聴しやすくなります。

人間は原始時代から身を守るために、動いているものを目で追う習性があるので、動画は人間の本能に訴えかける有効な手法なのです。

多くの情報を正確に伝えることができる

メラビアンの法則によると、人間の脳は「視覚55%」「聴覚38%」「言語情報7%」の割合で情報を処理します。動画は脳のすべての処理能力を使えるので、内容を理解する負担がかかりにくいです。

動画は眺めているだけでも情報を処理できるので、テキストや静止画に比べて訴求効果が高い特徴があります。

感情に訴えかけることができる

動画はイメージを直接伝えられるので、感情に影響を与えやすいです。喜怒哀楽に加えて恐怖や驚きなど、動画一つで様々な感情を呼び起こすことができます。

テキストは読む手間がかかることで避けられやすく、画像は流し見されることが多いので、デジタル媒体において訴求の対象が減る可能性が高いです。一方の動画はテキストや画像の要素を含むので、どちらのメリットも得られる手法といえます。

記憶に残りやすい

アメリカ国立訓練研究所の「ラーニングピラミッド」によると、動画はテキストに比べて2倍も記憶に定着することが提唱されています。

そのため短い内容の動画でも、視聴者に動画のイメージを残すことが可能です。SNSでは30秒~1分以内の動画が視聴されやすいです。

拡散されやすい

動画はSNSなどで共有されると他の媒体でも視聴されるので、一つの動画がすべてのSNSで拡散されることもあります。

多くの視聴者は好印象を受けたコンテンツを他の人と共有したい気持ちがあるので、気持ちに寄り添った内容で訴求すると拡散される効果を期待できます。

動画マーケティングの測定指標例

動画マーケティングの測定指標例は以下の6つです。

・SNSシェア数
・獲得したセールスリード数
・動画再生回数
・「いいね!」の数
・CVR
・CV数

動画は投稿した後に分析することで、動画の訴求力を測定できます。測定指標によって次に制作する動画の内容が決まるので、それぞれの成果に繋げるために動画クリエイティブの改善を行う必要があります。

SNSシェア数

SNSシェア数とは、他のSNS媒体に動画が投稿された数です。例えばLINEで投稿された動画がInstagramとTwitterでシェアされると、3媒体で視聴されたことを指します。

SNSによってユーザーの年齢や性別が共通する場合は、他のSNS上で動画がシェアされる可能性が高いです。

獲得したセールスリード数

セールスリード数とは、動画の訴求によって獲得できた「見込み顧客」の数です。商品やサービスの問い合わせや、無料サンプルを利用する人が対象になります。

セールスリード数が多いほど、動画の訴求効果が高いことが証明されるので、新規顧客を獲得したい場合に参考になる指標です。

動画再生回数

動画再生回数は動画が視聴された数です。プラットフォームによって再生のカウント方法が異なるので、媒体ごとの再生回数を合わせて集計します。

ちなみに、どのSNS媒体でも同じ人が視聴しても再生回数は増えないので、ユーザー数は正確な数の計測が可能です。

「いいね!」の数

「いいね!」の数は、視聴したユーザーが動画に対して好印象を持っている人数です。動画のイメージを図る指標になるので、訴求力の高さを測る指標になります。

ビッグデータを利用する企業の「hashout」の調査によると、Instagramのおける動画投稿の「いいね!」の数は、静止画に比べて約3倍の数が計測されています。

CVR

CVRとは、Conversion Rate(コンバージョンレート)の略です。Webサイトのアクセス数に対して、商品やサービスが購入された割合を指します。

CV数

CV数とはConversion(コンバージョン)の数の略で、Webサイトが設定している目標です。企業によってCVは異なり、商品の購入やサービスの契約などが対象になります。

動画マーケティングの改善方法

動画マーケティングの改善方法は以下の4つです。

・マーケティング指標の再設定
・配信メディアの変更
・配信ターゲット(セグメント)の変更
・動画クリエイティブの変更

どの改善方法を行った場合でも、地道な改善が必要になります。動画マーケティングの効果検証は、成果が出るまで細かい調節作業が必要不可欠なのです。

なにより動画マーケティングは、1度の配信で成功するわけではありません。配信後の改善を繰り返し、成果に繋げるために改善に取り組む必要があります。

マーケティング指標の再設定

動画マーケティングの目標を達成の評価指標は「KPI」といい、動画によっては最初に設定したKPIの数値がズレている可能性があります。動画を配信した後に効果が出ない場合は、マーケティング指標を再設定が必要です。

例えば認知目的の動画で購買までのKPIを設定していると、効果が出ない場合が多いです。動画配信後の分析によって得られた結果をもとに数値を変更し、期間を定めて改善の効果検証を行います。

配信メディアの変更

配信メディアはそれぞれ特徴が異なるため、適切なプラットフォームに動画を配信する必要があります。

仮にYouTubeに動画を配信して効果が出ない場合でも、動画を数本に分けてInstagramやTwitterに配信する手法など、媒体ごとに違った効果の計測が可能です。

配信ターゲット(セグメント)の変更

動画を配信するターゲットを変えることで、動画内容の改善に繋がりやすくなります。例えば30代男性と40代男性では、年収や生活スタイルなど大きく異なるため訴求方法や動画の内容の変更が必要です。

他には配信メディアや動画クリエイティブの変更にも影響するので、企画から変更する可能性が高いです。

動画クリエイティブの変更

訴求ターゲットや配信メディアが合っていても、動画の内容そのものを改善しなければ視聴者の反応は変わりません。

例えばクリック率や表示回数が高く、成果に繋がっていない場合は動画クリエイティブの改善が必要です。

動画の小さな変化で視聴者の反応は変わるので、少しずつ改善することで効果を高めていくことが重要になります。

まとめ

SNSに動画が配信される頻度が高まる中、動画1つ配信するだけでも商品の購入や契約に繋がるなど、動画マーケティングは成果を出すための重要な施策といえます。

ただし配信後の分析や効果検証によって、地道な効果測定や改善に取り組むことは必要不可欠です。動画編集や分析など、手間のかかる作業を行わなければなりません。

Video BRAINを利用すると動画作成から効果検証まで実行できるので、未経験者でも効率よく動画マーケティングを始めること可能になります。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする