1. TOP
  2. 広告/広報
  3. 動画広告市場の現状|急成長の理由や今後の見込みもご紹介

動画広告市場の現状|急成長の理由や今後の見込みもご紹介

企業の広告施策において、動画を広告に取り入れたいと考える方もいるのではないでしょうか。

動画市場広告が急成長する理由や現状を把握し、ニーズや必要性を理解することで、より確度の高い広告施策が実現できます。今後の見込みにも目を向けることでニーズを見極め、的確なアプローチを選択しましょう。

この記事では、動画広告市場の現状や急成長の理由、今後の見込みについてご紹介します。

動画広告の市場が成長している3つの理由

動画広告の市場が成長しているのは理由があります。成長の理由としては、スマートフォンの普及率が上昇していることやコンテンツが映像化していることなどがあります。

動画広告の市場の現状を理解する前に、なぜ急成長を見せているのか理由を把握しておきましょう。

・スマートフォンの普及率の上昇
・5Gの導入による通信速度の高速化
・コンテンツの動画化が進んでいる

スマートフォンが普及していること

スマートフォンの普及率の上昇に合わせ増加傾向にあるのが、動画視聴アプリの利用者です。この変化には、スマートフォンやタブレット端末の大画面化や高画質化が大きく貢献しています。

近年では、スマートフォンなどのモバイル端末を用いることにより、シーンを選ばず動画視聴が可能になりました。動画視聴が日常化していることからも、動画広告市場の押し上げにはスマートフォンの普及が寄与していると言えるでしょう。

5Gが導入されたこと

5Gの導入は通信速度の高速化に貢献しており、大容量になりがちな動画も快適に視聴できるようになりました。高速化や大容量が可能になったことにより、高画質でクオリティの高い動画コンテンツも増加しています。

ストレスのない視聴は動画の回遊性の向上や視聴時間の増加にも繋がっているため、動画業界にとっては大きな影響とも言えるでしょう。

コンテンツの動画化が進んでいること

ここ数年、インターネットコンテンツにおいても、テキストや静止画から動画へスタイルを変えてきています。動画はテキストや静止画に比べ、多くの情報を的確に伝えたいときに有効です。

ユーザーのアクションに繋がりやすいことからも、コンテンツを動画で配信する企業が増えており、動画活用がより広く普及したことも動画広告市場の成長に貢献しています。

動画広告の市場が分かるデータ

動画広告の市場を理解するために押さえたいデータ10個あります。内容としては、1日あたりのスマートフォンを利用する時間は平均3時間5分であることや2020年の動画広告市場は3,289億円に達する見込みがあることなどです。

以下のポイントを10個にわけて、動画広告市場における現状を解説していきます。

・2013年~2017年におけるスマートフォンの個人保有率が4年間で10%増加
・1日のスマートフォン利用時間は平均して3時間5分
・スマートフォンでの月間動画視聴時間は5年間で約4倍まで成長

2013年から2017年の4年間でスマートフォン保有率が10%増加

スマホの普及は2010年頃から始まり、特に2013年~2017年の間は4年間で個人保有率が10%以上増加しました。

年代別に見た場合の保有率は20代、30代は90%以上、70代は18.8%、80代は6.1%がスマートフォンを保有しており、世代間で大きな差が出ているものの多くの世代で増加傾向にあります。

出典:インターネット利用の広がり|総務省
参照:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd142110.html

1日あたりのスマートフォン利用時間の平均は3時間5分

1日あたりのスマートフォン利用時間の平均は3時間5分となっており、このうちアプリからの利用時間は全体の84%を占めています。

中でも、どの年代においても増加傾向にある動画サービスが含まれるアプリの利用です。音楽、フィットネスなどのカテゴリーに加え、特にビデオ・映画カテゴリーは、18~34歳の間で利用時間の増加に大きく影響しています。

出典:若年層の月間の動画視聴時間は1年間で約2時間増加|ニールセン デジタル株式会社
参照:https://www.netratings.co.jp/news_release/2019/03/Newsrelease20190326.html

5年間でスマートフォンの月間動画視聴率時間は約4倍になっている

スマートフォンからの動画サービスの利用状況は2015年6月時点で1時間51分となっていましたが、2019年6月時点においては7時間13分と、5年間で約4倍まで成長しました。

その背景には通信速度の向上やWi-Fi整備などによる視聴環境の改善が影響しており、全世代においてスマートフォンがインターネット利用時のメインデバイスになったためと言われています。

出典:全世代でスマートフォンがネット利用のメインデバイスに|ニールセン デジタル株式会社
参照:https://www.netratings.co.jp/news_release/2019/11/Newsrelease20191121.html

2021年の動画広告市場の3つの予測

2021年の動画広告市場はこれまで以上の飛躍が見込まれています。予測されている動向としては、予縦型フォーマットの採用が増えることや動画広告市場規模は3,900億円に達する見込みがあることなどです。

動画広告市場の動向から見える予測を3点に分けて解説します。

・動画広告はスマートフォン向けが市場全体の9割を占める
・縦型フォーマットの採用が増える
・2021年には動画広告の市場規模は3,889億円となる見込み

動画広告はスマートフォン向けが約9割になる

近年ではスマートフォン動画広告が市場をけん引しており、2021年においてはスマートフォン向け動画広告が市場全体の約9割を占めると予測されています。

視聴媒体でユーザーのニーズを捉え、広告フォーマットの選択肢も広がりを見せているため、今後スマートフォン向けの比率はさらに高まるでしょう。

スマートフォンによる動画視聴の日常化を背景に、動画広告商品の開発や提供も進んでいることからも、企業の広告施策においてスマートフォン向けの動画広告は重要であることがわかります。

縦型専用のフォーマットが増える

近年ユーザーの行動は視聴・投稿ともにテキストや静止画から動画中心へシフトしつつあり、それに伴い変化を見せているのが媒体やスマートフォン向けの広告フォーマットです。

代表的なものとしてTikTokやInstagramの「IGTV」が挙げられ、これらは縦型専用のフォーマットを採用しています。

縦型の広告も増加しており、今後もこのように新しいフォーマットへの対応は増えていくことが予想されていることから、動画広告も適正に制作する必要があると言えるでしょう。

動画広告の市場規模は3,889億円の見込み

インストリーム広告とインフィード広告が大きなけん引役となる動画広告市場において、2021年はさらなる飛躍が見込まれ3,889億円に達すると予測されています。

動画広告活用の場も広がりを見せており、インストリーム広告と運用型広告を組み合わせた新たなトレンド手法も生まれていることから、引き続き好調を維持していくと言えるでしょう。

出典:サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表|株式会社サイバーエージェント
参照:https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=25548

2021年の動画広告のトレンドはどのようなもの?

暮らしの大半がオンラインに紐付けられる近年、不特定多数へのアプローチが可能なことや多様な表現ができることから、動画広告は需要を高めてきました。

さらに追い風となったのが5Gの導入です。通信技術の向上は動画視聴アプリの利用率に大きく貢献し、動画広告市場は飛躍的な成長を続けています。今後も活況を維持していくことが予測される中、変化を見せているのが動画ビジネスのトレンドです。

中でも短い尺の広告は注目を集めており、動画広告にネガティブな印象を抱くユーザーにもスマートに商品をPRできます。抵抗が少なく受け入れられやすい短時間動画は注視率の向上に役立ち、より効果的なアプローチが期待できるでしょう。

同じく動画広告を受け入れやすく身近に感じさせる手法として、トレンド化しつつあるのが360度動画です。VR・ARを駆使することによりユーザーに高い没入感を提供できるため、商品の認知から興味喚起を図ることに有効と言えるでしょう。

多くの企業において動画活用が当たり前のものとなりつつある近年、動画広告のトレンドは注目を集めています。それぞれのトレンドの特徴を理解し、自社の商品に有効な手法や媒体を選ぶことが重要です。

急成長している動画広告市場の現状を知ろう

動画広告市場は大きく成長しています。情報伝達において高いポテンシャルを持つ動画は、今後もあらゆる場面で活躍することでしょう。

動画コンテンツの作成を自社で行う際には、法人に特化した動画編集ツール「Video BRAIN」をご検討ください。VideoBRAINなら、素材とテンプレートを入れるだけで動画の制作が可能。テンプレートも豊富で未経験の方でも今すぐ動画制作を始められます。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする