1. TOP
  2. 広告/広報
  3. プロモーション動画を制作するときの要点|利点や企業の事例も紹介

プロモーション動画を制作するときの要点|利点や企業の事例も紹介

見る人の印象に残りやすいため、プロモーション動画を活用して商品やサービスを宣伝する企業が増えています。プロモーション動画は、ブランドイメージの定着や集客に効果を発揮しますが、制作したプロモーション動画は全てそうした効果を発揮するものなのでしょうか。

実は、全てのプロモーション動画がユーザーへ理解して欲しいことについて正しく伝わっているわけではないのです。では、有効的にアプローチできるプロモーション動画をどのように制作すればよいのでしょうか。

 

これから動画制作を検討中の方はこちらの動画編集機材の関連記事や始める前に押さえておきたい資料をダウンロード頂けます。

 

プロモーション動画を使う5つの利点

動画市場は拡大しており、プロモーション動画を利用する企業も増えています。なぜなら、プロモーション動画を制作することによって、以下のような効果が期待できるからです。

・プロモーション動画なら短い時間で多くの情報を伝えられる
・ブランドや商品などの情報をユーザーに正しく届けられる
・文章にしがたいものも表現できる

視覚と聴覚から情報を与えることができるため記憶に残る

プロモーション動画なら視覚と聴覚から情報を与えることが可能です。そのため、ユーザーの記憶に残りやすくなります。静止画やテキストだけのプロモーションとは違い、動画なら視覚と聴覚の両方に訴えられるからです。

たとえば、リズミカルな音楽に合わせて、サービスや商品を紹介する、といった動画を視聴した場合、ユーザーは音楽と共に商品やサービスも印象に残ります。

言葉での説明だけでは難しい描写が可能になる

言葉だけでは説明が難しい描写も動画なら表現可能です。文章や音声だけでは伝わりづらいことでも、動画なら動きで見せられるためユーザーが理解しやすいように表現できます。

たくさんの情報を短時間で伝達できる

たくさんの情報を短時間で伝達することが可能であるのも動画の利点です。1分間の動画で約3,600サイト分の情報を伝えることが可能であるといわれています。

このことからもわかるように、多くのサイトを制作するよりも、その情報量に匹敵する動画を1つ作成すれば、たくさんの情報を1度に届けることが可能です。

対象者が商品やサービスを正しく認識できる

動画なら商品やサービスをユーザーに正しく認識してもらうことが可能です。動画は多くの情報量を持ち、視覚だけでなく聴覚による訴求も可能です。そのため、テキストや写真だけの情報よりも商品やサービスを正しく認識できるようになります。

ブランドを形作る活動によって競い合いが減少する

プロモーション動画にブランディング要素を盛り込むと、ブランドを形つくることになるため、競い合いが減少します。これは、プロモーション動画に商品やサービスの宣伝だけでなく、ブランディング要素を組み込むことにより、ブランドが確立するためです。

ブランドが確立すれば、ユーザーの商品やサービスの選択が狭まるため、競合相手を選択する可能性が低くなります。

プロモーション動画を制作するときに押さえたい5つの要点

プロモーション動画の要点です。集客やブランディングなどに効果を発揮できるプロモーション動画を制作したいのなら、次のようなポイントに注意して制作していきましょう。

・どのような動画にするか目的やイメージを決める
・ターゲットを決めて動画の方向性がわかるようにしておく
・配信プラットフォームは適切に選ぶ
・拡散してもらえるようストーリー性のある動画を目指す

プロモーションする目的を明らかにする

プロモーション動画を制作する目的を決めます。目的はテーマでもかまいませんが、この動画で何を一番に伝えたいのかということを明らかにしましょう。

目的を決めておく理由は、動画制作の方向性に迷いを生じさせないためです。方向性に迷いがあると、何を伝えたい動画なのかわからなくなってしまいます。

また、目的は1つの動画につき1つにしましょう。これは、1つの動画に目的を2つ詰め込んでしまうと、目的を決めていないのと同じく伝わりにくい動画となってしまうからです。何を伝えたいのかわからない動画にしないためにも、動画の目的は明らかにしておきます。

制作するきっかけをまとめておく

なぜ、このプロモーション動画を制作しようと思ったのか、制作に至るきっかけをまとめます。動画制作の理由からビジネスで置かれている状況がわかり、現状の課題や目的などが認識できるからです。

このような動画制作に至った背景を認識しておくことにより、動画制作で大切にしなければならないことがみえてきます。

誰を対象としたものであるかをはっきりさせる

制作する動画のターゲットは、はっきりさせておきましょう。たとえば「この商品は学生に知って欲しい」「主婦にもっとこのサービスを知って欲しい」などです。

ターゲットをはっきりさせておくことにより、どのような動画を制作すればよいか動画の方向性がみえてきます。

商品やサービスの内容を正確に把握する

プロモーションしたい商品やサービスの内容は、あらためて整理し動画を制作に入る前に正確に把握しておきましょう。なぜなら、関係者が全員、プロモーションする商品やサービスの内容を、はっきりと把握しているとはかぎらないからです。

そのため、プロモーションする商品やサービスの情報を動画制作に関わる人が共有しておくためにも、情報を関係者で整理しておきます。

動画に対するイメージを深める

動画に対するイメージも深めておく必要があります。イメージがないまま動画制作を依頼してしまうと、自分が思っていたものとは違う動画が出来上がってくることも考えられるからです。

出来上がった動画が、商品の魅力がまったく伝わらない動画であったり、商品のイメージと方向性が違う動画であることも考えられます。そうしたイメージのズレをおこさないためにも、作成したい動画のイメージをいくつか持っておきましょう。

プロモーション動画の実例5選

企業は商品やサービスの紹介としてだけでなく、企業ブランディングや採用などでもプロモーション動画を活用しています。実際にどのように活用しているのか、その事例を以下に紹介していきます。

・プロモーション動画を企業ブランディングとして導入した事例の紹介
・プロモーション動画を採用ブランディングとして導入した事例の紹介
・プロモーション動画を商品やサービスの紹介として導入した事例の紹介

企業ブランディングに導入した例1

プロモーション動画を企業ブランディングに導入した例1つ目は、世界的な製薬メーカーがブランディングムービーをプロモーション動画として導入した事例です。

挑戦をテーマに医薬品の開発をゴールが見えずとも挑戦し続けるといった強い気持ちを海の洞窟探索といった、美しくも先が見えない映像と共に優しいナレーションで表している企業プロモーション動画になります。

企業ブランディングに導入した例2

企業ブランディングにプロモーション動画を導入した例2つ目は、日本の酒造業者のブランディングムービーをプロモーション動画として活用した例です。

この動画からは、酒造株式会社の焼酎造りに対するこだわりと日本酒の清らかさ厳かさが大自然の映像を使って表現されています。また、人と人の間には、焼酎は欠かせないものであり、そんな人を思って焼酎を造っているといった印象も持たせる動画です。

採用ブランディングに導入した例1

プロモーション動画を採用ブランディングに導入した例3つ目は、クラウドコンピューターサービスがチーム紹介という形で作成しているプロモーション動画です。

動画では、インタビューを受ける形で実際に働いている人が仕事内容や職場の雰囲気などを紹介しています。

また、動画だけでなく概要欄も使って、現在求人を募集しているポジションを掲載しているため、動画をみた求職者がすぐに応募できるようになっているのも特徴です。

採用ブランディングに導入した例2

プロモーション動画を採用ブランディングとして導入した例4つ目は、日本にある印刷やWeb制作などをしている企業が新卒者に向けて作成した動画です。動画は、キャラクターを用いて、親しみやすくし全体的に明るい雰囲気がする作りになっています。

新卒者向けの企業アピールのためのプロモーション動画ですが、実際の仕事内容というよりは、働く人へインタビューという形をとり、企業で働く人の雰囲気や企業の雰囲気をアピールするという動画です。

商品紹介に導入した例1

次に商品紹介のプロモーション動画の事例を紹介します。紹介するのは、大手電機メーカーのヘッドフォンのプロモーション動画です。

動画は最初から最後まで明るい音楽が流れているため、ヘッドフォンを使用しているような雰囲気がします。

動画の冒頭は、1人の女性がヘッドフォンを洋服のように変えながら、グラビアを撮影しており、終盤になってくるとさまざまな場所でさまざまな人が自分に合ったヘッドフォンを装着しているシーンが流れるつくりです。

さまざまな人がさまざまにヘッドフォンを利用するという演出と、最後に出てくるヘッドフォンの映像がこの動画のテーマである自分の色で自分の音を聞くといった表現されているので、視聴者も思わず選びたくなるような動画となっています。

プロモーション動画を効果的に活用しましょう

この記事のポイントは3点です。

・ユーザーの印象に残るような動画を制作する
・イメージに合ったプロモーション動画にする
・集客が期待できるプロモーション動画を制作する

プロモーション動画の制作を自社で行うなら動画自動生成ソフト市場シェアNo1の動画制作・編集ツール「Video BRAIN」もご検討ください。Video BRAINなら素材とテンプレートを入れるだけでプロモーション動画の制作が可能。テンプレートも豊富で未経験の方でも今すぐ動画制作を始められます。

 

手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

数ある動画自動生成サービスの中でも、特におすすめなのが「Video BRAIN(ビデオブレイン)」です。

法人向けシェアNo.1動画編集クラウド | Video BRAIN(ビデオブレイン)

Video BRAIN(ビデオブレイン)は、高品質な動画を誰でも簡単に制作できる動画編集ツールです。動画編集の「コスト」「時間」「スキル」を全て解決します。

詳しいサービス資料はこちらからダウンロード頂けます。

ビデオブレインは、高性能なAIサポートによりわずか5分で動画編集が可能。素材をアップロードするだけで、ハイクオリティな動画のひな形が完成します。また、抜群の操作性と国内最大級のテンプレート数、そして多様な編集機能により、未経験でもイメージ通りの仕上がりを実現できるのも魅力。

約800万点を超える無料素材を利用できるため、撮影ナシの動画制作もOK。さらに、月額定額制で制作本数の制限もありません。そのほか、「SNS投稿分析機能」を備えており、制作した動画の配信結果をスピーディーに分析・検証できるのもメリットです。

誰でも簡単に動画が作れる、そして配信効果をチェックしながら動画活用ができる「ビデオブレイン」。商品・サービス紹介はもちろん営業資料や採用・求人まで、あらゆるビジネスシーンで活用してみてはいかがでしょうか。

 


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする