1. TOP
  2. 広告/広報
  3. 動画アフィリエイト広告で収益化|メリットデメリット・収益化のコツを解説

動画アフィリエイト広告で収益化|メリットデメリット・収益化のコツを解説

インターネットの高速化により、幅広い層が気軽に動画を楽しめるようになりました。それに伴い、動画を活用した広告は有効的な企業戦略として広く使われるようになり、さまざまな企業が取り入れています。

動画アフィリエイト広告は、企業が提供するサービスを動画でわかりやすく視聴者に伝え、動画の収益化と購買を促進する効果が期待できます。

この記事では、動画アフィリエイト広告について解説します。動画アフィリエイト広告を活用することで、さまざまなメリットを得ることが出来ます。

動画制作に関して初心者の方は、こちらの記事をご参考ください。

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトとは自分が持っているブログやサイトで企業の商品やサービスを宣伝し、その商品やサービスに関連するバナーを設置して、そのバナーがクリックされる、またはそのバナーから商品が購入されることで、広告主から報酬を受け取るサービスのことです。

アフィリエイトで収益を得るためには、アフィリエイトサービスプロパイダという仲介業者を利用するのが一般的となっています。

収益を得るためには条件を満たす必要があります。うまく使えば安定した収益が見込め、プロパイダによって掲載できる広告が異なるので、プロパイダ選びが重要となります。

動画アフィリエイト広告が増えている理由

インターネットの普及に伴い、アフィリエイトの形も多種多様なものとなってきました。単なる静止画だけではなく、見ている方により強く訴えかける効果的な広告が広まっています。

そんな中、近年増加傾向にあるのが、動画形式のアフィリエイト広告です。では、なぜ動画形式が増加傾向にあるのでしょうか。以下に3つの理由を紹介します。

動画広告市場の拡大

インターネットの高速化は、動画サイトの拡大を後押ししました。YouTubeを始め、さまざまな形態の動画サイトやアプリが広まっています。

また、動画サイトを見るだけではなく、自分で動画を作成して配信するという形も一般的となってきました。動画は私たちの生活の中で、身近で当たり前の存在になりました。

ユーザーの拡大とともに、さまざまな企業が広告媒体として動画を利用するようになってきました。今後も動画広告の需要は増加し、市場はどんどん拡大していくと考えられます。

スマホの動画視聴率の上昇

スマホの普及も、動画アフィリエイト広告増加の大きな要因といえます。スマホで動画を視聴する場合、専用のアプリでタップするだけで簡単に視聴が可能です。難しい操作は一切なく、年齢や性別を問わず幅広い層が使いやすいという点が動画広告の普及を後押ししているといえます。

近年では、ステイホームの影響もありスマホユーザーが動画に触れる時間が増加しました。動画視聴率の上昇とともに、広告を目にする機会も比例して増えたと考えられます。

ユーザーのテキスト離れ

「若者の活字離れ」という言葉を耳にする事が多くなりました。若者全員が活字から離れているというわけではありませんが、以前と比べてテキストを読む量が少なくなったという若者は多いと思います。

動画の普及によりユーザーのテキスト離れが加速したという見方もありますが、ユーザーがテキスト離れしたからこそ動画広告が増えた、ともいえます。

動画アフィリエイト広告のメリット

動画アフィリエイト広告には、さまざまなメリットがあります。動画ならではの強みや特性を活かした広告作りをすることで、効果的な戦略として成果が期待できるでしょう。ここでは、動画アフィリエイト広告の主なメリットを2つ紹介します。

画像やテキストより情報量が多い

人間は動くものに注目するという本能があります。従来の広告は画像やテキストを用いたものが主流でしたが、動画にすることで視聴者の注目度をアップさせ、短い時間でもより多くの情報を伝えることが可能となります。

また、動画はBGMや音声を付けられるので、視覚だけでなく聴覚からも情報を伝えることが可能です。視覚と聴覚をフルに使った情報伝達により、従来の広告よりはるかに情報伝達量が多くなったといえます。

SNSで拡散されることがある

YouTubeなどの動画サイトでは、SNSに簡単にペーストできる機能が備わっています。この機能を用いることで、動画サイトだけでなくほかのSNSにも広告を流すことが出来るようになりました。

自社でSNSを運用しているのであれば、制作した動画をSNSを利用して流すことにより多くの方に届けることが可能になります。

また、魅力的な動画を制作すれば目に止まりやすくなります。一般ユーザーによりSNSで動画が拡散されれば、多くのSNS利用者に自社の商品やサービスを知ってもらうことができます。

動画アフィリエイト広告のデメリット

このようなメリットがある動画アフィリエイト広告ですが、一方でデメリットもあります。デメリットを知らずに利用して失敗する可能性もあるでしょう。

企業戦略として導入する前に、動画アフィリエイトにはどのようなデメリットがあるのかを知り、リスク回避や対策を行っていくことが大切です。

動画制作のスキルが必要

動画制作には一定のスキルが必要です。何も知らない人が動画制作をしても、やり方がわからず難航する恐れがあります。

初心者がなんとか動画を作り上げたとしても、視聴してもらえる動画のクオリティにするのはなかなか難しいです。

動画アフィリエイト広告として一定の効果を得るためには、ある程度の動画制作スキルが求められます。そのためには動画制作について学ぶ必要があるのはもちろんのこと、専用のツールも必要になってきます。

多くの情報を伝えられる便利な方法ですが、作り上げるためにはある程度の手間がかかるということは頭に入れておきましょう。

悪いイメージを持たれることがある

動画アフィリエイト広告は、広告を出す側にとっては多くのメリットがある手法ですが、視聴者側にとっては、必ずしもいいイメージを持つものではありません。むしろ、悪いイメージを持っている方もいるということを覚えておきましょう。

動画アフィリエイト広告は、一度作れば繰り返し流すことができます。しかし、ユーザーにとって何度も同じ広告を見るのはストレスに感じる場合が多く、ネガティブな印象を持たれる可能性があるのです。

悪い印象は人の記憶に残りやすく、場合によっては収益の増減にも影響が出てくるでしょう。

動画アフィリエイト広告の種類

動画アフィリエイト広告を導入したいけれど、どのような媒体を使えばいいかわからないという方に向けて、実際に使われている広告の種類を紹介します。

視聴者数を狙い大手動画サイトを活用するのもいいですが、ユーザーを絞り、ほかの動画サイトを活用するのも効果的な手段です。

YouTubeアフィリエイト

動画サイトの大手、YouTubeもアフィリエイトを導入しています。動画視聴前に流れる広告がYouTubeの導入しているアフィリエイトです。

YouTubeでアフィリエイト広告を出すには、まずYouTubeパートナープログラムに申し込みを行い、参加を認められる必要があります。

また、広告収入を得るためにはYouTube側が提示するガイドラインに準拠したコンテンツの制作が条件となります。そのほかにもさまざまな条件がありますが、視聴者数が多いYouTubeで効果的な広告を打ち出せば、高い効果が期待できます。

ViiBii(ビービー)

株式会社ファンコミュニケーションズが提供する動画アフィリエイトです。制作した商品レビュー動画を掲載し、ViiBiiの利用者に視聴してもらいます。

実際に視聴者がその商品を購入することで収益を得ることができます。収益はポイント制で、現金やアマゾンギフト券に変えることも可能です。

アプリで展開しているので、スマホをタップするだけで簡単に利用できるのが特徴です。一般的な動画編集やアップロードには専門の知識やスキルが必要ですが、ViiBiiのアプリ内で編集からアップロードまですべて可能となっています。

アクセストレード

2001年からアフィリエイトサービスを運営する、歴史と実績のある株式会社インタースペースが提供するサービスです。動画再生時間は30秒と短めで、視聴者に負担が少なく利用しやすいという特徴があります。

パソコンとスマホに対応しているので、幅広いユーザーに広告を出したいという方におすすめです。

報酬は口座振り込みで、手数料はアクセスストレードが負担します。手数料が引かれることがなく、報酬がそのまま入ってくるのも魅力の一つです。

AFRo

会員登録無料、手数料無料で、気軽に始めやすいサービスです。管理画面はシンプルでわかりやすく作られているので、初心者でも簡単に使えます。

シンプルなだけでなく、成果報酬の確認がしやすいレポート機能の充実、複数のサイトを一つのIDで管理できるなど、利便性が高いのも特徴です。

収益拡大に繋げるために、独自のプログラムや定期的に特集を紹介するなど、サポート機能も充実しています。

初めての方でもとっつきやすく、他のサービス利用経験のある方も満足できる、充実の機能が搭載されているサービスといえます。

動画アフィリエイト広告で利益を出すコツ

動画アフィリエイト広告は、ただ作って動画を流すだけでは、利益は期待できません。動画アフィリエイト広告でより多くの利益を出すためには、いくつかのコツを押さえておく必要があります。以下で紹介する3つのコツを覚えておきましょう。

商材に合った掲載先の選定

動画サイトと一言でまとめても、多種多様なサイトがあります。また、動画アフィリエイト広告は動画サイト以外にも掲載可能です。このため、商材に合わせた掲載先を選定しておく必要があります。

例えば、女性向けのスキンケア商品の広告を作成して、男性ユーザーが中心のサイトに掲載しても大した効果は期待できません。広告を見て購入してくれる層が利用しているサイトを見極め、選定していくことが成功の第一歩となります。

動画の時間を短くする

動画は静止画よりはるかに多い情報を伝えられるのが長所ですが、だからといって一つの動画にあれもこれもと情報を詰め込んでしまうと、動画の時間が長くなってしまいます。

ユーザーにとって、長い時間の広告は負担となり、逆効果となってしまう可能性もあるのです。

そのため動画アフィリエイト広告を制作する場合は、伝えたいことを簡潔に分かりやすくしましょう。情報を大量に盛り込むのではなく、動画を短くして、より多くのユーザーに視聴してもらうことが大切です。

ユーザーにとって有益な動画を作成する

動画アフィリエイト広告は、単純に自社製品を紹介するだけでは利益に繋がりません。視聴者の印象にも残りづらいでしょう。

動画を見ているユーザーにとって、自社製品を利用することでどのようなメリットが得られるか、しっかり伝える動画を作成することが大切です。

ユーザーにとって有益に見えるよう工夫することで、好印象で記憶に残りやすい動画になります。利用することで得られるメリットを明確にして、ユーザーに伝わる動画になるよう意識しましょう。

動画アフィリエイトは動画自動作成で収益化

動画アフィリエイトを導入したいけれど、初心者なのでやり方がわからないという方も多いと思います。また、動画制作には専門的な知識が必要なので、ハードルが高いという印象をお持ちの方も多いでしょう。

専門的な知識やスキルがなくても簡単に利用できるのが、動画自動作成ツールです。単純な操作で動画が作れるので、初心者にも使いやすく、時間やコストを削減できます。なるべく短期間で収益化を狙いたい方は、動画自動作成の利用を考えてみるのもいいでしょう。

動画の制作を自社で行うなら動画自動生成ソフト市場シェアNo1の動画制作・編集ツール「Video BRAIN」もご検討ください。Video BRAINなら素材とテンプレートを入れるだけで動画制作が可能。テンプレートも豊富で未経験の方でも今すぐ動画制作を始められます。

まとめ

誰でも始められる動画アフィリエイト広告は、利益向上のための企業戦略としておすすめの方法です。メリットとデメリットを把握したうえで、うまく活用していきましょう。

また事前にコツを押さえておくことで、より効率よく活用することができます。この記事で紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする