1. TOP
  2. 広告/広報
  3. サービス説明動画の事例8選|成功事例から学ぶ動画の作り方やコツを紹介

サービス説明動画の事例8選|成功事例から学ぶ動画の作り方やコツを紹介

インターネットの普及と高速化により、動画を使ったサービス説明や広告が多く見られるようになりました。文字にすると情報量が多く、サービス対象者に伝えるのが難しい内容も、動画にすれば情報伝達が容易になります。また、動画にすることで、ユーザーに対して印象強く伝達することも可能です。

この記事では、サービス説明動画の事例について紹介します。成功事例を知ることで、動画を活用した有効的なビジネス戦略ができるでしょう。

動画制作に関して初心者の方は、こちらの記事をご参考ください。

サービス説明動画のメリット

スマートフォンやインターネットの普及、高速化に伴い、動画でのサービス説明は一般的なものとなりました。企業が提供する商品やサービスを動画で説明することには、さまざまなメリットがあります。

では、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。動画を導入する前に、まずはメリットを知り、自社が求めているものがあるかを確認しましょう。

伝えられる情報が多い

人間の脳は、文字や静止画より動いているものの方が強く印象付けられるようになっています。つまり、同じ情報を伝えようとする際に、文字や静止画で説明するより、動画の方がはるかに伝えられる情報が多いということです。

また、動画は音声やBGMを挿入できるので、目からの情報だけでなく耳から情報を入れることができます。

目と耳をフルに使った動画での説明は、静止画や文字に比べて、一度に伝えられる情報量を多くすることができます。このため短時間でサービス内容を伝えることが可能となり、視聴者に効率的なアピールができるのです。

動きや雰囲気をイメージしやすい

文字にすると難しいものでも、視覚イメージにすることで視聴者に伝わりやすくなります。動画は動きを取り入れられるので、伝えたい内容をより具体的にまとめることができるのです。

視聴者が動きや雰囲気を頭の中でイメージできるようになることで、サービス利用後の期待度の低下を防ぐことができるでしょう。

現代ではスマートフォンやインターネットの普及に伴い、利用者の口コミは商品の売り上げを左右する重要な要素となっています。そのため利用者に的確にイメージを伝えることが大切なのです。

何度でも使い回せる

制作したサービス動画はさまざまな媒体へ転載が可能です。自社ホームページだけでなく、各種動画サイトやSNSへの掲載もできます。自社アカウントを持っていれば簡単に掲載ができるので、広告費の削減も可能です。

オンラインだけでなく、オフラインへの使いまわしもできます。店頭や展示会で放映すれば、利用者へ効果的なサービス訴求ができるでしょう。動画をのぼりとして使うことで、効果的な集客が可能となります。何度でも使い回せるのは、動画ならではの強みといえるでしょう。

サービス説明動画の事例6選

サービス説明動画は有効的なビジネス戦略になりますが、では具体的にどのような動画があるのでしょうか。以下は、実際に企業が使用しているサービス説明動画となります。

6つの動画を説明付きで紹介しているので、気になる内容があればぜひチェックしてみてください。

Payme

給与支払いサービスPaymeのサービス説明動画です。Paymeは給与を即日支払うことができるサービスで、給与日を待たないで賃金を受け取ることができます。

福利厚生として取り入れませんか、と動画の冒頭に導入することで、Paymeのサービス対象者をわかりやすく指定しているのが特徴です。

動画内では、現代社会の給与問題についてわかりやすく説明しながら、自社サービスを訴求しています。見やすいイラストとアニメーション、簡潔でわかりやすい説明文で、Paymeを導入することで得られるメリットを説明する、非常にわかりやすい内容になっているといえるでしょう。

BowNow(バウナウ)

マーケティングオートメーションツール、BowNowのサービス紹介動画です。マーケティングオートメーションツールとは、顧客獲得などのマーケティング施策をサポートするもので、これを活用することで自社製品を効果的に販売し、利益獲得を得ることを目的としています。

BowNowは無料で使えるマーケティングオートメーションツールです。高機能、高価格になってしまいがちなツールを、シンプルな操作で、かつ無料で使える、という内容をわかりやすく説明しています。

NABCO

自動ドアの開発、生産を行っているNABCOの商品紹介動画です。自社工場の仕事風景、企業の歴史をわかりやすくまとめています。

シェア数といった具体的な数字を盛り込みつつ、視聴者に実績が伝わるよう写真付きで簡潔にまとめられているのが特徴です。

派手なアニメーションや動きはありませんが、見やすい図解を活用しており、シンプルで伝わりやすい動画になっています。

finbee(フィンビー)

自動貯金アプリfinbeeのサービス紹介動画です。貯金の難しさやお金に関するよくある悩みについて、動画の冒頭でまとめることで、訴求率を高くしています。

全体的にシンプルなイラストを使っており、視聴者が見やすいよう工夫がされているのが特徴です。

動画の中盤ではアプリの使い方を詳しく紹介しつつ、応用的な使い方も無理なく盛り込んでいます。動きのあるイラストで具体的な使い方を紹介することで、商品に対するイメージがしやすくなるでしょう。

BizPLUS Mobile

VideoBRAINは、素材となる画像やテキスト、ムービーをアップロードするだけで簡単に動画が作れる動画編集ソフトです。直感的な操作画面と多種多様な無料素材、BGMやテンプレートが用意されているので、初心者でも簡単に動画作成が可能なツールとなっています。

こちらの動画は、実際にVideoBRAINを使って制作した動画です。法人向けSIM通信サービスBizPLUS Mobileの紹介動画で、34秒という短い動画ですが、提供するサービス内容を簡潔にわかりやすくまとめています。

Video BRAINで制作したその他の動画事例は、こちらからご覧ください。

KARTE

アプリやサイトを利用している人の行動や感情を、リアルタイムで解析するCXプラットフォームKARTEの紹介動画です。過去と現在に渡る膨大なユーザー情報をまとめて、利用者に合わせたサービスを提供します。

30秒という短い動画ですが、実写で身近な日常を映し出しており、視聴者がとっつきやすい内容になっています。

限られた時間の中で伝えたいことをシンプルにまとめており、煮詰まっている会議の様子から日常風景へ場面が移り、自然な流れで商品紹介が行われているのが特徴です。

サービス説明動画の作り方のコツ

サービス説明動画の作成に関して、すべての企業が多くの予算を投じられるというわけではありません。なるべく予算をかけず、効果的な動画を作成することがポイントとなります。

やみくもに動画を作成する前に、まずは作り方のコツを押さえておきましょう。コツを押さえておくことで、低予算でも大きな効果が期待できる動画制作が可能です。

ターゲットを明確にする

自社のサービスをどの層に届けたいのか、具体的にイメージすることが動画制作の第一歩となります。イメージするターゲットによって、訴求したい内容や効果的な伝え方が大きく異なってきます。ターゲット層を明確にしておくことで、動画制作のイメージがしやすくなるでしょう。

ターゲットの明確化は、年齢や性別、職業や住んでいる場所、家族構成や趣味といった細かいところまで行うのがポイントです。動画制作前にターゲットを細かく絞っておくことで、サービスを届けたい層と動画のズレがなくなり、求めている人へダイレクトに伝わる内容にすることができます。

視聴者に共感される内容にする

派手な動画は目を引きますが、サービス説明動画において大切なのは視聴者の共感度です。見ごたえのある動画でも、内容がきちんと伝わらないと説明動画として成り立ちません。

動画制作においては、視聴者に共感されるかどうかという点を常に念頭に置いておくようにしましょう。

また、効率よくサービスを説明しても、視聴者が「自分には不要」と判断してしまえば、サービスの提供はできません。ユーザー視点に立ち、サービスを利用することでどのようなメリットがあるのかを伝えていくことが大切になります。

メッセージを1つに絞る

あれもこれも、と盛り込んでしまうと、視聴者に伝えたい内容がぼやけてしまいます。また盛り込み過ぎると動画が長くなってしまい、そもそも動画が見られない可能性も高くなってしまうでしょう。動画を通じて何を伝えたいのか、メッセージは絞っておくことが大切です。

1つの動画で伝えたいメッセージは、1つだけにしておくのが最も効果的です。そうすることで、視聴者の記憶に残りやすくなります。メッセージを複数盛り込んでしまうと、視聴者が理解できず、記憶に残りにくくなってしまうでしょう。

サービス説明動画の制作の注意点

自社サービスを説明するには動画が効果的ですが、注意点もあります。注意点を知らずに動画を制作してしまうと、思ったような効果が得られず、失敗に繋がってしまうでしょう。

今の時代に有効的な方法だからこそ、注意点を知っておき、動画の強みを最大限に引き出すことが大切です。

制作時間とコストがかかる

スマートフォンやインターネットの普及に伴い、さまざまな動画制作サービスが数多く登場しています。本格的なツールから初心者向けのものまで、幅広い製品があります。

しかし、どのツールを使用しても、制作時間はそれなりにかかります。ツールの使い方の理解だけでなく、効果的な動画制作の方法も学ばなければなりません。

また、無料のツールは使える素材が限られてきます。企業としてサービス紹介動画を配信するのであれば、一定のクオリティが求められるでしょう。

無料の素材だけでは、求めるクオリティに到達するのは困難です。有料のツールを使うといったように、動画制作を行う場合には、コスト面も考慮しなければなりません。

動画のクオリティに効果が左右される

動画のクオリティによって、サービス紹介の効果が大きく左右されるのも注意点の1つです。魅力的なサービスであっても、動画のクオリティが低いと、それなりのものにしか見えません。そうなると、届けたい層に届かなくなるため、満足のいく効果は得られないでしょう。

一方で、内容がそこまで充実していないサービスでも、魅力的な動画にすることで訴求力が高くなります。幅広い層の購買意欲を掻き立て、利益アップに繋がるのです。

動画でサービス説明する場合、クオリティによって大きく左右されるということも念頭に置き、制作に取り組むことが大切です。

まとめ

サービス説明動画は、さまざまな企業が有効的なビジネス戦略として取り入れています。スマートフォンやインターネットの普及に伴い、動画は利用者への広告として一般的なものとなりました。

動画1つで利益向上に繋がる可能性も大きく、今後どのように動画を活用するかが大切なポイントとなってくるでしょう。

プロモーション動画の制作を自社で行うなら動画自動生成ソフト市場シェアNo1の動画制作・編集ツール「Video BRAIN」もご検討ください。Video BRAINなら素材とテンプレートを入れるだけでプロモーション動画の制作が可能。テンプレートも豊富で未経験の方でも今すぐ動画制作を始められます。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする