1. TOP
  2. 広告/広報
  3. 動画コマースとは?特徴やライブコマースとの違い・活用事例を紹介

動画コマースとは?特徴やライブコマースとの違い・活用事例を紹介

動画マーケティングが広がったネット社会の現代において、動画コマースは積極的に注目しておきたい販売チャネルの一つといえます。販売の方法やユーザーに興味を持ってもらうきっかけを広げていく際には、近年話題の動画コマースについて特徴をつかみ、そのよさを理解したうえで、取り入れていくことが大切です。

そこで今回は、動画コマースの特徴やライブコマースとの違いを解説したうえで、具体的な活用事例を紹介していきます。実際に企業はどのように動画コマースを利用しているのか、詳細をチェックしたうえで、成果につなげていきましょう。

動画制作に関して初心者の方は、まずこちらの記事をご参考ください。

動画コマースとは

ECサイトなどで近年話題となっている特殊な買い物方法の一つに、動画コマースがあります。一部のサイトではいち早く取り入れられ、「便利だ」「わかりやすい」などのいい評判を集めていることでも有名です。

動画コマースでは、ユーザーは商品のPR・紹介動画を視聴したうえで、そのまま動画を見た状態で商品を購入することができます。

動画を閉じて買い物ページに進むといった工程が不要なため、ストレスなく購入することができます。また実際に店頭で見て買っているような、快適さを通販の中で感じられる点もポイントです。

動画コマースとライブコマースとの違い

類似した言葉に、ライブコマースという販売方法があります。動画コマースとライブコマースの違いがわからないという人も多いでしょう。

動画を視聴しながらそのまま買い物ができるという点では、両者はよく似ていますが、決定的に違う点は、動画コマースには時間の縛りがないという点です。

ライブコマースはライブ配信されている時間の中でしか動画を視聴できませんが、動画コマースでは、自分の見たいときに動画を見て買い物を楽しむことができます。

違いやそれぞれの特徴をまとめたものは、以下のとおりです。

動画コマースライブコマース
動画を視聴しながら買い物ができる動画を視聴しながら買い物ができる
時間に縛りはなくいつでも視聴可能ライブ配信の時間が決まっている
さまざまな表現でPRが可能インフルエンサーが商品のよさを発信

時間に縛られず、いつでもどこでも…といったECサイトのよさを活かしている点は、動画コマースが持つ強みといえるでしょう。一方でライブコマースは、インフルエンサーといった強い影響力を持つ人がライブ配信で、商品・サービスのよさをPRしていきますが、動画コマースは生放送ではないため、さまざまな表現・演出でPRしていくことができるのが特徴です。

動画コマースの特徴

では、動画コマースには具体的にどのような特徴があるのでしょうか。主に取り入れられるシーンやその利便性などを考えながら、特徴を一つ一つ整理していきましょう。

動画コマースを導入すべきかの判断にも役立つため、どのような魅力やメリットがあるのかといった観点にも着目していくことが大切です。

販売チャネルが広がる

動画コマースで商品販売の機会を得られれば、販売チャネルが広がり、売上向上といった成果につながりやすくなります。従来のECサイトの販売チャネルにとらわれず、動画コマースといった新しいかたちで商品を訴求していけるため、場合によっては、売上が伸び悩んでいた商品のよさをPRできることもあるでしょう。

動画コマースのメリット

続いて動画コマースが持つメリットについて詳細を見ていきます。動画コマースのよさはなんといっても、商品・サービスの持つよさをよりリアルに伝えられること、そのうえで気軽に購入できることにあるといえるでしょう。それぞれの魅力・メリットを紹介していきます。

動画から直接購入できる

動画コマースでは、ページを移動したり、動画を閉じたりすることなく、その場で購入手続きが可能です。そのためページ移動の手間による「やっぱりやめた」といったキャンセルが起こりにくく、動画視聴によって商品のよさを実感した気持ちのまま、購入につながるという点は大きなメリットといえるでしょう。

動画コマースは商品の魅力が伝わりやすいこと、購入が気軽かつスマートにできること、この両方が叶うというメリットがあるといえます。

情報量が増えて購入率が高くなる

動画コマースには、購入率アップにつながるという大きなメリットがあります。それはやはり、動画による情報量が増えて、視覚的に商品の魅力を感じやすくなるからでしょう。

テキストと写真のみで商品のこだわりやコンセプト、優れた機能を伝えるのみでは、なかなかリアルなイメージにつながりません。一方で、商品の機能やこだわっているポイント、世界観を動画で伝えることで、視聴者の興味をより引くことできるでしょう。

それによって購入という成果を得やすくなり、売上向上につながります。

SNSで動画が拡散されやすい

クオリティの高い動画はSNSを通じて拡散されやすいです。つまり自社で積極的にPRを行わなくても、SNSユーザーを通して自然に拡散されていくという仕組みです。

そのため動画コマースで使われるPR動画は、クオリティにこだわって作ることをおすすめします。拡散されやすく、興味がない人でも思わず目をやってしまうような動画であれば、興味を持ってECサイトに訪問してくる人以外にも訴求が可能になるでしょう。

動画コマースのデメリット

ここであわせて注目しておきたいことが、動画コマースのデメリットです。動画コマースにはあらゆるメリットがあり、近年の新しい販売のかたちとして積極的に取り入れたいところですが、事業の規模やコスト、販売する商品の種類によっては、動画コマースに向いていないパターンもあります。

動画コマースの導入を検討する際には、以下のデメリットに注意しましょう。

情報が時系列でしか閲覧できない

動画コマースでは、情報を時系列でしか閲覧できないという点がデメリットとして挙げられます。場合によっては、従来のテキストや写真による販売のほうが、情報を閲覧しやすく感じられることがあります。

制作コストがかかる

動画コマースには制作コストがかかります。基本的に拡散されやすく、見栄えのいいように動画を制作する必要があるため、制作コストはあまり削減できないのがデメリットになります。

コストを抑えて中途半端な動画を作ることで、反対に悪い影響を受けることもあるでしょう。コスト面で不安要素がある際には、様子を見たほうがいい場合もあります。

動画コマースの活用事例

動画コマースを取り入れて販売チャネルを充実させていくためには、実際に注目されている活用事例についても目を向けておく必要があります。動画コマースの成功事例としては、ニトリホールディングス、三愛水着楽園、C CHANNELの動画が挙げられます。

導入を検討する前に、どういった点にこだわりが表れているのか、ぜひチェックしておくことをおすすめします。

ニトリホールディングス

コロナ禍でなかなか買い物に行けないという状況の中、少しでもユーザーにリアルな買い物を楽しんでもらいたいという思いからスタートした、ニトリホールディングスの動画コマースです。

「ウチソト」というコンセプトの動画の中では、実際に店頭でショッピングしているかのように、動画の中のアウトドア用品を押すだけで簡単に商品購入手続きに進むことができます。

出典:https://www.paronym.jp/usecase/3282/

三愛水着楽園

三愛水着楽園が行った動画コマースでは、水着のファッションショーを見ながら気に入った水着をそのまま購入できるのが魅力となっています。

モデルが着用した水着を見て、SNSでいいねを押す感覚で、動画内のハートマークを押せば、その商品の詳細ページに飛べる仕組みです。実際に動画の中でモデルが水着を着用しているため、着用イメージがしやすく、購入にもつながりやすいのがポイントとなっています。

出典:https://blog.mil.movie/jp_case/572.html

C CHANNEL

動画コマースで高い人気を誇るC CHANNELは、多くの女性から支持を集めています。ファッションやメイク、ヘアアレンジに関するアイテムを、動画を通して購入できるため、気軽でわかりやすいのがポイントです。

配信者の使うメイク道具やヘアアクセサリーなどは、動画を見ながらその場で購入できるようになっています。

出典:https://www.cchan.tv/

動画コマース用の動画は自動作成ができる

動画コマース用に商品紹介の動画を制作する際には、自動作成ツールを活用するのもおすすめです。株式会社CHARIS&Co.のコスメ紹介動画は、動画編集ツール、Video BRAINによって制作されたものになります。

Video BRAINでは商品の情報や写真、映像を用意するだけで、AIが自動的に動画を制作してくれるのがポイントです。そのためツールを操作するにあたって、専門的な動画編集スキルや経験、編集ソフトの知識も不要となります。

動画コマース用に品質の高い動画を制作するには、手間もコストもかかります。そのような際、自動作成という方法をとることで効率よく、クオリティの高い動画を制作することができます。ぜひ導入を検討いただけると幸いです。

Video BRAINで作った動画事例はこちらからご覧ください。

まとめ

動画コマースはネット環境やスマートフォン、SNSが広まった現代だからこそ、注目を集めている販売方法の一つです。ユーザーが商品やサービスに興味を持ち、購入につながるきっかけを作っていくためにも、動画コマースは積極的に取り入れていきたい方法だといえます。

導入前には、メリットやデメリットについても押さえておきましょう。メリットやデメリットを踏まえて、自社に本当に必要かどうか、他の方法がいいのではないかなど、さまざまな観点から考えていくことが大切です。

その際、企業が実際に行っている例を見ると、イメージがしやすくなります。自社と似ている業種や規模の企業の例を参考にすると、よりイメージしやすくなるでしょう。この記事で紹介した以外の企業についても、調べてみることをおすすめします。

興味ある方はこの記事を参考にして、動画コマースの導入を進めていきましょう。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする