1. TOP
  2. ブログ
  3. 広告/広報
  4. 解説動画の作り方|活用シーン・動画制作のポイントも紹介

解説動画の作り方|活用シーン・動画制作のポイントも紹介

解説動画の作り方や制作時にどの様なポイントに注意すればいいのか、わからない方も多いのではないでしょうか。この記事では、そんな解説動画の作り方から制作上のポイントまでご紹介します。

解説動画の作り方を知ることで、より簡単に解説動画を作成することができるでしょう。

解説動画とは?

解説動画とは何かを説明したり、視聴者に理解してもらったりすることを、目的として作られる動画のことを指します。

活用シーンも様々で、あらゆる場面で活躍します。解説動画は文字だけの説明ではわかりづらいような解説を、動画にして紹介します。様々な媒体で提供されるので、多くの方が視聴できるのも特徴のひとつです。

解説動画の種類

解説動画にも様々な種類があります。初心者でも作りやすいものから、初めて挑戦するには少しハードルが高いものまであります。それぞれどのような動画なのか、特徴についてご紹介します。

文字解説動画

文字解説動画は動画作成の初心者の方でも、比較的簡単に作成できる種類の動画です。動画に文字入れをして、解説を行う動画のことなのですが、文字入れは動画作成でも、使用頻度が1番高い作業です。

どの動画でも字幕は必要なので、字幕作成の練習にもなるという点で初心者の方にもおすすめです。まずは10分程度の動画を作成し作業に慣れていきましょう。

インフォグラフィック動画

インフォグラフィック動画というのは、グラフデータを活用した動画のことで、見やすくてわかりやすいという特徴があります。

また、視聴者も直感的にデータを理解できるというメリットもあります。グラフやデータを見せるだけの動画だと、紙媒体との差別化は難しいのですが、実際のサービス活用シーンと合わせて動画にすることで、格段とわかりやすい動画にすることが可能となります。

番組形式動画

番組形式の動画は、多くの方に馴染み深い形式ではないでしょうか。この形式は文字通り、番組のように、商品やサービスの紹介をインタビュー形式で動画として作成したものです。

動画内にはインタビュアーと紹介者が出演し、紹介やサービスを紹介していきます。この形式は視聴者が気になっている点や不安に思っている点を、インタビュアーが代弁してくれるという点が大きな特徴です。

番組制作と似ているので、作成には台本やシナリオが動画の軸となります。視聴者は知りたい情報を得られて、かつ自然な流れで商品の解説を見られるため、非常に印象に残る動画となります。

ただし、視聴者が知りたいと思っている情報をインタビュアーが質問しない場合は、視聴者の期待を裏切る形となるので注意が必要です。

解説動画の活用シーン

ではそんな解説動画は、どのようなシーンで活用されているのでしょうか。実は商品やサービスの解説動画の活用方法は多岐に渡り、あらゆる場面で活用されているのです。活用シーンとその特徴についてご紹介します。

展示会・商談時の商品・サービス説明

展示会や商談時に自社商品の商品及びサービス説明がされた解説動画は、非常に有効なツールとなります。

テキストや画像だけではイメージが湧きにくく、商品やサービスの魅力を最大限に伝えられないことが多いです。そこで解説動画が大きな助けとなるのです。

特に、需要が高まっているオンライン商談では、動画を活用することで商品やサービスの魅力を相手に伝えることが可能となります。

またイベントなどでは、紹介にかけられる時間が限られているため、短い時間でも情報を詰め込める解説動画は、大きな力となるのです。

商品・サービス利用時の操作説明

解説動画では、商品やサービスを利用するときの操作を、動画で説明できるという大きなメリットがあります。

ショールームで配信すれば、具体的に商品やサービスの活用シーンをイメージすることが可能となります。取扱説明書だけでは伝わりにくい部分も、動画でフォローできるのです。

操作説明を解説動画で行うことにより、視聴者は利用方法をより具体的にイメージすることができるというメリットがあります。

また解説動画だと分厚い取扱説明書と違い、ピンポイントで知りたい情報を得ることが可能なため、視聴者のストレス解消にもつながるのです。

研修動画

解説動画は研修にも活用できます。研修には比較的大きなコストと時間を要します。それらを削減するための方法として、研修に解説動画を活用することはおすすめです。

研修の内容を解説した動画を作成することで、その動画を何度も研修で使用できます。

最初の動画制作には多少コストがかかりますが、長期的な目で見れば、コスト削減につながります。

動画広告

解説動画をSNSプロモーションで活用すると、爆発的に拡散されるという可能性を秘めています。そうなった場合、低コストで大きな宣伝効果を得ることができます。

動画制作と投稿を行った後、拡散はSNSのユーザーが行ってくれます。ただ、SNSでのプロモーションに活用する際には注意点があります。それは商品の世界観や世代と合っているSNSを使用するということです。

・若い女性がターゲット → Instagram
・中年男性がターゲット → Facebook

狙ったターゲットに最適なプロモーションをかけることも、より効果を得るための戦略といえるでしょう。

解説動画を作成するメリット

解説動画を作成するメリットは「商品購入へのつなげやすさ」と「不安・疑問の解消」が挙げられます。

動画を活用することで、文字や画像だけでは伝えられない部分の魅力を伝えられるという点があります。

また商品を使った際のイメージや活用方法のイメージが湧きやすいため、視聴者が疑似体験している気持ちになり、商品購入へとつながりやすいのです。

解説動画を作成するデメリット

デメリットとしては、閲覧するのに何らかの機器と環境が必要となる点が挙げられます。

解説動画を視聴しようとする場合、スマートフォンかPCが必要となります。またそれの機器を使って閲覧する場合には、インターネット環境が必須です。

紙媒体であれば、誰でも閲覧可能ですが、機器関係が苦手な場合は少し手間取るかもしれません。また日頃から動画が身近にない方にとっては、少々苦手に感じることもあるでしょう。

解説動画の作り方

ではそんな解説動画の作成手順はどのような手順になっているのでしょうか。解説動画でも形式は様々なのですが、今回は比較的作成することが多い文字解説動画の作り方について手順をご紹介しましょう。

STEP1:台本・構成案を作成する

まずはターゲットを明確にしましょう。誰に向けて作るのか、何を達成するための解説動画なのかを事前に決めておきます。

それらが決まったら、情報や資料を収集し、構成案と台本を作成していきます。台本には挿入するテキストやテロップ、ナレーションの台詞、使用する資料映像などの、必要事項も併せて記入していきます。

台本を作らずに撮影に進むと、途中で必要な素材が発生して撮り直しになるという可能性があります。事前に決められることは、きちんと決めてから撮影に臨むようにしましょう。

STEP2:動画の撮影・録音を開始

台本ができあがったら、いよいよ撮影の開始です。まずは作業手順といった解説パートの撮影をはじめます。

撮影時には、複数アングルで撮影すると、よりハイクオリティな動画に仕上げることができます。

音声を録音する際は、撮影場所の環境に注意しましょう。あまり雑音が多い場所では、マイクで音声をクリアに拾えない可能性もあります。

室内での撮影時は照明器具やレフ板などを用意し、より高品質な動画を撮影できるように心がけましょう。

STEP3:編集作業・完成

最後に編集作業です。編集は収録した画像や音声をつなぎ合わせて、1つの動画として完成に近づけます。

ナレーションをはじめ、BGMや効果音などを適切に組み合わせて、よりわかりやすい動画へと仕上げましょう。動画が長くなりすぎないように注意することも必要です。

面白みに欠ける長い動画は途中で脱落者を出してしまいます。そうならないためにも、なるべく短時間でポイントがわかりやすい動画にしましょう。

最終的には第三者に確認してもらい、不自然さや矛盾点がないかをきちんと確認してもらうことも大切です。すべてが終われば、解説動画の完成となります。

文字解説動画は初心者におすすめ!

文字解説動画は、初めて動画作成に挑戦する方におすすめです。理由は、比較的簡単に制作でき、制作時間も短時間で終わるためです。

長時間で凝った動画を作成するのもいいのですが、最初からそのような動画を作成するとなると、根気や技術が必要となります。想像していたより大変な作業となり、途中で挫折する場合も少なくありません。

そのような理由から、最初は作成時間が短く、簡単に作成が可能である文字解説動画がおすすめなのです。

まとめ

解説動画は簡潔でわかりやすい内容にすることが大切です。事前に決めておかなければならない点は明確にしておきましょう。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする