1. TOP
  2. 広告/広報
  3. 動画広告とは?種類・役割やメリット・デメリットを紹介

動画広告とは?種類・役割やメリット・デメリットを紹介

動画広告とは、従来の静止画や文字の広告ではなく、動画を使った広告のことです。動画広告はインターネットの需要が高まったことにより、新しい広告手段として生まれました。今や企業のマーケティングに動画広告は必須のツールとなっています。

この記事では企業のマーケティング担当者の方向けに、動画広告について詳しく解説します。

動画制作に関して初心者の方は、こちらの記事をご参考ください。

動画広告とは

動画広告には「インストリーム広告」「インバナー広告」「インフィード広告」「インリード広告」など、さまざまな種類があります。

従来はテレビのコマーシャルが最良の広告手段であると考えられていましたが、スマホの普及によって若い世代を中心にテレビ離れがおき、企業も広告のやり方を改めねばならなくなりました。現在では、動画広告はInstagramやFacebookなどのSNSで活用されています。

今後本格的に5Gが普及すれば、動画広告の需要はさらに伸び続けることが予想されるでしょう。

動画広告の種類と役割

動画広告には主に以下の種類があります。

・インストリーム広告

・インバナー広告

・インフィード広告

・インリード広告

それぞれの種類で役割が異なります。以下ではそれぞれの広告の種類と役割、そして事例について解説します。

インストリーム広告

インストリーム広告とは、動画コンテンツの前後や再生途中に挿入される動画広告です。「YouTubeでよく見かける広告」といえば、思い当たる方も多いのはないでしょうか。インストリーム広告の特徴は以下のとおりです。

・再生時間は数十秒から数分と幅がある

・5秒間の強制視聴の後にスキップできる「スキッパブル広告」がある

・広告再生中はスキップできない「ノンスキッパブル広告」がある

・動画コンテンツ内で表示されるため、ユーザーの目を確実に引ける

・文字や映像、音声などを織り交ぜた高度なメッセージを送れる

・動画コンテンツと同じ画面で表示できるのでさまざまな情報を詰め込める

インストリーム広告の事例:Audi

1つ目に自動車の事例を紹介します。アウディは新型のR8の発売時にインストリーム広告を出稿しました。新型のR8が停止状態から3.5秒でトップスピードになる性能に着目し、広告の再生開始と同時にR8を発信させて3.5秒でトップスピードに達するまでの映像を流し、1.5秒で商品名と企業名を表示しています。

広告がスキップ可能になる5秒間だけを広告として使った成功事例です。

インストリーム広告の事例:FANTA(コカ・コーラ)

2つ目に炭酸飲料の事例を紹介します。特に中高年層にとって子どもの頃からなじみの深い炭酸飲料の代表格・FANTAは、多くの媒体で大々的にプロモーションを実施。若年層をターゲットに視聴数の多いYouTube上でのインストリーム広告も積極的に配信しています。

なじみの深いロゴ、ボトルに続くのはアレンジレシピの美味しそうな映像。爽やかでポップな炭酸飲料のイメージをアピールし、商材名の認知獲得に一役買っています。

インバナー広告

インバナー広告とはバナー広告枠の中に流れる動画広告のことです。視聴者の聴覚と視覚に訴えかけるため、テキストや画像などのディスプレイ広告よりも訴求率が高くなります。インバナー広告の特徴は以下のとおりです。

・従来のバナー枠に配信される

・普段動画コンテンツを視聴しないユーザーにもアプローチできる

・動画コンテンツの視聴の意思を問わずページを開いたタイミングで再生される

・動画コンテンツの視聴を阻害しないため、ユーザーの広告に対する不快感が少ない

インバナー告の事例:行政からのメッセージ

引用元:https://www.yahoo.co.jp/

行政からのコロナワクチン接種のメッセージのインバナー広告です。

ページを開けば必ず再生されるインバナー広告の性質と、接続数の多いヤフーTopページの価値を掛け合わせ「ワクチン接種の重要性の認知と接種の促進」といった目的に、効率よくアプローチするといった狙いがわかります。

サッカーW杯でDFとして日本を背負って戦った内田篤人元選手のビジュアルも“コロナと戦う”“コロナから国民を守る”イメージと合致しており、メッセージ性の強い内容となっています。

インフィード広告

インフィード広告とは、SNSのフィードの間やニュースアプリに表示される広告のことです。インフィード動画広告とは、インフィード広告の動画版の広告を指します。インフィード広告の特徴は以下のとおりです。

・閲覧するユーザーに自然な訴求ができる

・動画のみで構成され、ソーシャルフィード内に表示される

・一度ホームページを訪れたユーザーに対して再び広告を配信できる

・特定のキーワードを検索したユーザーに対して広告を配信できる

インフィード広告の事例:ユニクロ

ユニクロのインフィード広告の事例で、本記事を作成した2021年8月現在、積極的に行われているプロモーションです。

長尺の動画は向かないとされるツイッターのインフィード広告で、1分の尺の動画を用いたやや挑戦的な広告ですが、桑田佳祐氏の起用により爆発的な反響を得ています。

インフィード広告の事例:Findy

エンジニア転職支援を行う、Findyのインフィード広告の事例です。

2010年代前半に動画サイトを中心にネットミームとして広がった“エルシャダイ”というゲームの「大丈夫だ、問題ない。」というセリフをメインビジュアルにおくことで、当時10~20代をギークな文化の中で過ごし、現在は20代後半から30代の脂の乗ったエンジニアとなった層を狙い撃ちにしています。

好意的なシェアも多く、バズマーケティングとしても感心すべき事例です。

インリード広告

インリード広告とは、WebサイトやSNSにあるコンテンツとコンテンツの間に挿入される動画広告です。インリード広告の特徴は以下のとおりです。

・ユーザーの画面に表示されると広告の再生が始まる

・ユーザーに動画を最初から見てもらえる

・フルスクリーンで表示されたり音が出たりしないため、コンテンツの閲覧の邪魔にならない

・メインコンテンツの間に表示されるため、ユーザーに自然に視聴させることができる

・コンテンツや記事内に埋め込む「アウトストリーム広告」の先駆者

インリード広告の事例1

引用元:https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210821/pol2108210001-n2.html

デリバリーサービス「フードパンダ」の広告事例です。

デリバリーサービスとして後発であることから、動画も極彩色を基調とし、タレントの渡辺直美氏を起用するなど、奇をてらった内容となっています。

ユーザー視点ではスルーされやすいインリード広告では、思わずクリックしてしまう奇抜さは広告として有効と言えるでしょう。

動画広告のメリット・デメリット

動画広告は急成長しており、企業のプロモーション活動にはなくてはならない存在となっています。その理由は全世代でスマートフォンで動画を視聴する習慣が定番化しているためです。また、企業のイメージ活動の向上にも動画広告は必要不可欠となっています。

ここでは、企業のマーケティング活動における動画広告についてメリットとデメリットについて解説します。

動画広告のメリット

企業が動画広告を活用するメリットは以下のとおりです。

・サービスや商品の紹介を静止画と比べて魅力的に発信できる

・言葉の壁がないため、子供世代や外国人の顧客にも発信できる

・視聴者にインパクトを与える広告を作りやすい

・話題性のある動画広告は拡散される可能性がある

・静止画と比べて視認性が高く、視聴者の興味を引きやすい

・効果測定ツールを利用すれば、再生回数や表示回数などを詳しく分析できる

・分析結果をもとに、よりユーザーの反響が高くなる動画広告に変更できる

動画広告のデメリット

企業が動画広告を活用するデメリットは以下のとおりです。

・視聴者にスキップされてしまい、視聴されない可能性がある

・制作費はテキスト広告や静止画に比べて高額

・制作する時間はテキスト広告や静止画に比べて長い

・レベルの低い動画広告は視聴者に対して悪い印象を与える

・動画広告の質がダイレクトに視聴者に届くため、質の高い動画を制作する必要がある

動画広告がおすすめの企業

動画広告を出稿するのにおすすめの企業は以下のとおりです。

・自社のサービスや商品を魅力的に発信したい

・まだ接触したことのないユーザーの興味を引きたい

・短い時間で多くの情報をユーザーに届けたい

・文字や静止画にないインパクトをユーザーに与えたい

・自社商品の潜在顧客に対して効率的に広告を配信したい

・動画広告を視聴した後に、ユーザーに自社サイトに移動してほしい

動画広告を出稿する際には、出稿先をきちんと選ぶことが大切です。

出稿先の選ぶときのポイント

動画広告の出稿先はFacebook、Instagram、YouTube、Twitterの4つのメディアから選ぶことがおすすめです。それぞれの特徴を解説します。

Facebook

・本名を登録しているユーザーが多い

・ミドルエイジ以上の年齢層を狙いやすい

Instagram

・写真共有SNSであるため、ユーザーが動画広告を受け入れやすい

・ビジュアルで訴求するのに向いているサービスや商品を相性が良い

YouTube

・動画共有サイトの最大手であり、出稿先としてのフィールドが大きい

・広告を配信する際にターゲットを設定することが可能

Twitter

・若年層を狙いやすい

・インパクトの強い動画はリツイートで拡散される可能性がある

動画広告の作り方

動画広告の作り方は以下のとおりです。

・動画広告を作る目的を考える

・動画広告のペルソナを明確にする

・配信方法や出稿先を決める

・動画広告を作る目的を考える

最初に目的を決めなければ、動画広告を作る理由がわからなくなってしまいます。また目的が明確でないと、ユーザーに強く訴えかけることはできません。

・動画広告のペルソナを明確にする

目的を決めた後は、ペルソナを明確にします。性別や年齢などでユーザーが興味を示す動画は変わってくるのです。

・配信方法や出稿先を決める

次に動画広告の配信方法、ならびにどのプラットフォームに出稿するかを決めます。動画広告を制作する前に、配信方法と出稿先を決めておきましょう。

外部への依頼

動画広告の制作を外部へ依頼する場合には費用がかかりますが、費用をかけてでも得られるメリットがあります。外部へ依頼する費用ならびにメリットとデメリットを紹介します。

費用

動画の種類や規模によって費用は変わりますが、商品やサービスを紹介する動画であれば目安は50万円程度になります。

メリット

動画のクオリティが保証され、手間がかからないので本業に専念できます。依頼したい内容に合わせて制作会社を選ぶことが可能です。

デメリット

動画の制作会社は多くあるので選ぶ作業が大変なことはデメリットといえます。また当然ですが、費用がかかることもデメリットの1つです。

自社で制作

対して、自社で制作する場合はどうなるでしょうか。自社で制作する際の費用、メリット、デメリットを紹介します。

費用

外部に委託するより当然安くなります。主に発生する費用は、人件費やカメラ、動画編集のための機材などです。

メリット

動画制作のスキルのある社員がいて撮影機材が揃っていれば、低コストで制作することができます。

デメリット

動画制作のスキルのある社員がいない場合、クオリティの低い動画になってしまう可能性があります。

まとめ

動画広告は従来の静止画や文字を使った広告よりも、視聴者の関心や興味を引きやすい広告です。動画広告をうまく活用できれば、大きな効果が得られるでしょう。今や企業のマーケティングに動画広告は必須のツールとなっています。

現代のマーケティング競争で勝ち抜くためには、自社の魅力を、動画広告を活用してアピールすることが大切です。ぜひこの記事を参考にしてみてください。

プロモーション動画の制作を自社で行うなら動画自動生成ソフト市場シェアNo1の動画制作・編集ツール「Video BRAIN」もご検討ください。Video BRAINなら素材とテンプレートを入れるだけで動画の制作が可能。テンプレートも豊富で未経験の方でも今すぐ動画制作を始められます。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする