1. TOP
  2. 広告/広報
  3. 動画広告のメリットデメリットを解説|参考事例から成果に繋がるコツも紹介

動画広告のメリットデメリットを解説|参考事例から成果に繋がるコツも紹介

動画広告は近年、多くの企業が取り入れている広告形式のひとつです。動画には多くの情報を一度に効率よく伝えられるというよさがあり、商品やサービスのPR効果を高めるなら、動画広告の出稿は積極的に検討したいところでしょう。

そこで今回は、動画広告のメリットとデメリットを考えたうえで、参考事例から成果に繋げるためのコツを解説します。動画広告にはどのようなよさや注意点があるのかを知ったうえで、自社サービス・製品の宣伝の効率化を実現していきましょう。

動画制作に関して初心者の方は、こちらの記事をご参考ください。

動画広告の需要が増加している背景

動画広告とは、昔からよく見るテレビCMのような動画を使った広告のことです。静止画やテキストのみの広告と比べると、さまざまな情報を一度に伝えられるという利点が目立ち、現在は多くの企業が動画広告出稿に積極的になっています。

では、そのような動画広告の需要が近年増している背景には、どういったことが関係しているのでしょうか。動画広告制作を考えるうえで、広告という分野における時代の変化にはぜひ注目しておきましょう。

動画広告の市場規模が急成長

近年、動画広告の市場規模は拡大傾向にあります。それも急激な規模で規模を広げており、その背景には、以下のようなことが関係していると推察できます。

・スマートフォンの普及
・YouTubeやTwitterなど動画配信サービス・SNSの普及
・ネットメディアの需要の増大

誰でも気軽にネットにアクセスできるようになり、YouTubeやTwitterなどのサービスを通じて動画に触れることが日常的になったからこそ、動画広告はより一般的になりました。

実際に、電通が発表した「2019年 日本の広告費」によれば、インターネット広告費はテレビメディア広告費を初めて超え、その規模は2兆円に達したといわれています。

さらに「2020年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」によれば、動画広告の規模は3862億円で、これはインターネット広告媒体費の20%を超えていることがわかるでしょう。前年比も121.3%となっており、今後も動画広告の需要が伸びていくと見られているのです。

5G通信が利用可能になる

通信環境が充実してきていることも、動画マーケティングがさかんになっている理由と考えられます。2020年から本格的に導入が始まった次世代通信規格・5Gが今後も広まれば、各地で高速かつ大容量の通信が可能となり、その分動画広告も広まりやすくなっていくでしょう。

多くの人が、今まで以上に気軽に動画配信サービスにアクセスできるようになれば、その分動画広告の再生数も増え、需要はどんどん伸びていくということです。

動画広告のメリット

ではここからは、動画広告にはどのようなメリットがあるのかを詳しく見ていきましょう。動画広告といえば「わかりやすい」「すぐに内容が伝わる」などのイメージがありますが、具体的なメリットを明らかにしろといわれると明確にするのは難しいものです。

時代に合った動画広告を制作するためにも、以下のメリットには前もってしっかりと目を向けておきましょう。

短時間で多くの情報を伝えられる

動画広告のよさは、何といっても情報伝達の効率のよさにあります。ものの数秒でも多くの情報をわかりやすく伝えることができ、商品やサービスのPR効果を高めてくれるため、多額の広告費を割く価値は十分にあるといえるでしょう。

文章を読んで一度に多くの情報をつかむことには、苦手意識を持つ人が多い傾向にあります。しかし目で見て音を聞くだけの動画なら瞬時に内容が入ってくるため、理解に時間を要しないのがポイントです。

言語に左右されない訴求が可能

動画広告には、実はその人その人の言語に左右されないという魅力もあります。動画で動いているもの、その場で起こっている状況を見れば、たとえ言葉がわからなくても、なんとなく情報は理解できるでしょう。

例えば、テキストで掃除機の強力な吸引力を訴求しても、日本語のわからない外国人にはなかなかそのよさは伝わりません。しかし動画で掃除機が多くのごみを吸い取っている様子を見せれば、その商品の魅力は視覚的に外国人にもわかりやすく伝わるということです。

興味のない人の目にも止まりやすい

テレビCMやYouTube広告を見て、「興味はなかったけどつい見てしまった」という状況を経験したことがある人は多いと思います。動いている映像には、人は本能的に反応しやすいため、動画広告は興味のない人に訴えかけられる可能性を高めてくれます。

反対にテキストや静止画には、積極的に興味を持って見てくれる人にしか基本的に伝わらないのが特徴です。動画広告の方が商品・サービスを知ってもらうチャンスに繋がりやすいのは明らかです。

テキストや静止画より記憶に残りやすい

見た人の記憶に残りやすいのも動画広告が持つメリットのひとつです。静止画やテキストは、興味のあるものやよほどインパクトのあるものでない限り印象には残りにくく、逆に動画は雰囲気や具体的なシチュエーションを伝えられるため、イメージのしやすさが記憶の残りやすさに繋がります。

便利さが一目でわかる商品の機能や演者のセリフ、おしゃれな雰囲気、独特な世界観、カッコいい俳優など、さまざまな情報が脳に伝達されるため、記憶に残りやすいのです。

効果測定から内容を改善できる

訴求する商品やサービスの改善に早い段階で繋げられるのも、動画広告の魅力のひとつです。動画広告は、効果測定を実施することで視聴者がどのような反応をしているのかがわかります。

例えばYouTubeアナリティクスで動画広告の効果を解析すれば、動画クリックの数や再生時間などをチェックすることが可能です。このデータはほぼリアルタイムで更新されるため、思ったような結果が出ていなければ、素早く内容の改善に繋げることができます。

動画広告のデメリット

現在需要を増している動画広告は、商品やサービスのPRにおいて積極的に導入したい広告媒体のひとつですが、動画広告を制作する際にはデメリットにも注目しておくことが重要です。

効率的にPRできるからといって、動画広告を採用すればどのような状況下でも売上が向上するというわけではありません。以下のようなデメリットには注意が必要です。

動画のクオリティに効果が左右される

動画広告は確かに効率的に情報を伝えられるのが利点ですが、その効果は動画の品質に左右されるのも事実です。簡素で内容がわかりにくい動画広告は、テキストや静止画の広告と同じで内容をつかむのに時間がかかります。

そのため、興味のない人まで引きつけられる可能性は低く、クオリティ次第では商品やサービスのイメージを悪くする可能性すら出てくるでしょう。

制作期間や制作コストがかかる

動画広告は、バナー広告やテキスト広告と比べると制作に時間がかかります。どのような内容の広告をするのか、企画を練るのにも時間を要し、撮影や編集にももちろん多くの時間が必要となります。

また、コストがかかる点も忘れてはいけないポイントです。動画広告は気軽に制作できるものではないため、バナー広告やテキスト広告と比べると制作費用も高額になりやすい傾向にあります。

動画のネガティブな印象が残りやすくなる

動画はよくも悪くも強いインパクトを持つものです。そのため、よいイメージを植えつけることができれば万々歳ですが、逆にネガティブなイメージが定着してしまう可能性もゼロではありません。

実際にテレビCMでも、視聴者から「印象が悪い」といった苦情が殺到し、CMが放送停止となった例も少なからずあります。そのような事態になれば広告費は無駄になってしまいますし、商品や企業のイメージダウンに繋がる可能性も出てくるでしょう。

動画広告の事例

動画広告を制作する際には、わかりやすい事例に目を向けておきたいところです。ここからは、参考にしておきたい動画広告の事例をチェックしていきましょう。どのようなよさがあるのか、具体的なポイントに目を向けたうえで、PR効果の高い動画広告を制作していくことが重要です。

三和交通チャンネル

タクシー会社である三和交通の公式YouTubeチャンネルです。動画共有SNS・TikTokで投稿したコミカルなショート動画をまとめています。若い世代の多いTikTokをあえてタクシー会社の年配社員が使うことで面白いギャップ・親しみを感じさせてくれているのがポイントです。

DIC株式会社

食育に関する事業を行うDIC株式会社のサービス紹介動画です。カラフルで見栄えのよい写真と読みやすいフォントを使い、わかりやすくサービスの要点をまとめています。

これはAI技術を使った動画編集クラウド・Video BRAINによって制作されています。Video BRAINでは専門的な技術がなくても、豊富なテンプレートを使用することで品質の高い動画制作ができ、そのひとつをAI技術がサポートしてくれるのがポイントです。

Video BRAINを活用したその他の動画事例は、こちらからご覧ください。

動画広告を成功させるコツ

動画広告で商品やサービスのPRを成功させるには、やはり動画そのもののクオリティにはとことんこだわるべきといえるでしょう。そのためには、以下の3つのポイントが重要です。

・最初の5秒で引きつける
・SNS媒体の特徴を把握する
・動画広告は定期的に見直す

それぞれのコツの詳細について見ていきましょう。

最初の5秒で心を引きつける

動画広告は、最初の短い時間でどれだけの視聴者の心をつかめるかが重要です。特にYouTube広告は5秒経過するとスキップされてしまうため、その5秒間の中でインパクトを与えることにしっかりとこだわる必要があります。

とはいえ誇大広告になっては本末転倒になってしまうため、真実をいかにわかりやすく、印象に残るように伝えるかが重要なポイントといえます。サービス・商品が持つ世界観やコンセプト、圧倒的に優れている機能性などを効率よくアピールしていくことが大切です。

SNS媒体の特徴を把握する

SNS媒体の特徴を把握し、それぞれに合った広告を出稿することも不可欠といえます。それは、それぞれの媒体で表示される広告の仕様や仕組みを理解することももちろん大事ですが、利用者層や特色を知ることも重要になってきます。

広告のターゲットを絞り、そのターゲットの記憶に残りやすくするにはどの媒体で動画広告を出すべきなのか、各種SNSの特徴を知ったうえで追求していくことが必要となります。

作成した動画広告を定期的に見直す

動画広告は、測定ツールによって常に効果の具体的な数値を測れるのが利点となります。そのため動画を作成して出稿したら終了…ではなく、定期的に見直して改善に繋げていくことが重要です。

例えば若い世代に向けてYouTube広告を出稿しているにもかかわらず、なかなか成果に繋がっていない…となれば、広告の雰囲気や脚本が若い世代向きではない可能性があります。常に分析と改善を繰り返すことが、動画広告で成果を出すことに繋がるといえます。

まとめ

動画広告はネット社会の現代だからこそ、需要の増している広告のひとつです。自社サービスや商品のPR効果を高めたい場合には、ネットメディア向けの動画広告について積極的に検討していきましょう。

プロモーション動画の制作を自社で行うなら動画自動生成ソフト市場シェアNo1の動画制作・編集ツール「Video BRAIN」もご検討ください。Video BRAINなら、素材とテンプレートを入れるだけでプロモーション動画の制作が可能。テンプレートも豊富で未経験の方でも今すぐ動画制作を始められます。

Video BRAINで制作したプロモーション動画例

参考

CONVENIENCE CLUB:多くの人をひきつける!動画広告4つのメリット+3つの課題
電通:「2020年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」
Impress Watch:広告費、ネットがテレビを超える。電通「2019年 日本の広告費」
DigitalMarketingblog:5G時代の動画広告とは?動画マーケティングを成功させるポイントをご紹介
ferret:Youtube広告の効果を上げるには?成功事例からコツを学ぼう


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする