1. TOP
  2. その他
  3. ブランディング動画とは?効果や事例、成功のポイントについて紹介

ブランディング動画とは?効果や事例、成功のポイントについて紹介

ブランディング動画とはイメージアップの施策です。消費者に理念や価値観の印象を与えることで、商品やサービスのブランド化が可能になります。
しかしブランディングのやり方を間違えて効果が出ないまま、ブランド化に失敗する企業は多いです。
そこでこの記事ではブランディング動画の効果を高める方法について解説します。ブランディングのコツを知ることで、消費者の企業や商品に対する意識を変えることができるでしょう。

そもそもブランディングとは?

ブランディングとはブランドを構築して価値を高めることです。ブランドは特定の商品やサービスに対する独自の価値を指し、ブランディングは人々に価値の共通認識を持ってもらうための活動になります。
ブランディングは顧客や外部関係者に向けた「アウターブランディング」と、社内向けの「インナーブランディング」に分かれます。

社外向けのアウターブランディング

アウターブランディングとは、顧客に企業の価値を感じてもらうための施策です。顧客が企業に価値を感じると売り上げに直結し、顧客が持っているイメージと合致する商品やサービスを利用してもらいやすくなります。
例えばテレビCMや動画広告は、企業のアウターブランディングの一つです。企業が顧客に与えたいブランドを作るために、イメージの近い著名人やタレントなどを出演させています。
ちなみに動画を何度も繰り返し流す理由は、接触する回数が多いほど好感を持ちやすくなる「ザイオンス効果」を利用するためです。動画によるブランディング活動は、企業のブランドイメージと好感度を同時に得られます。

社内向けのインナーブランディング

インナーブランディングとは、社内に向けてブランディング活動を行うことです。社員たちが自社のビジョンや社会的な責任などを自覚し、業務に対する姿勢や取り組み方を変えるきっかけになります。
例えばスターバックスコーヒーは、自宅や職場以外のくつろげる空間の「サードプレイス」を提供することを理念にする企業です。
自社の社員たちが理念に共感し、仕事に対して責任を持つことで従業員そのものが企業のブランドを体現する存在になるため、ブランド化の促進や業務改善に繋がります。

社外向けのブランディング動画の効果

外向けのブランディング動画の最大の利点は、消費者と企業の価値観の共有です。ブランドに共感することで、ユーザーのファン化~商品購入までの導線を作ることができます。
共感できる動画を発信することでブランドを自分事に感じてもらい、企業を応援してもらうことで消費者の購買心理に大きな影響を与えるのです。

自社の企業理念・世界観を発信できる

自社の企業理念や世界観をブランディング動画にすることで、消費者に自社のブランドイメージを伝えやすくなります。テキストや画像だけでは伝わらないニュアンスも、情報量の多い動画であれば表現が可能です。
そもそも企業理念や世界観は抽象的な概念なので、言葉のみの説明や画像だけで意図を理解してもらうことは困難です。
その点、動画はテキストや画像を含めて表現することが可能です。視覚や聴覚を使って、企業理念や世界観を伝えることで、動画以外の手段と比べてブランドイメージを構築しやすくなります。

競合他社との差別化

ブランディング動画によって企業独自の価値観を示すことで、競合他社の製品やサービスとの差別化が可能になります。
例えば家電の機能や価格が変わらない場合、商品や企業に対するイメージの差で購入されることが多いです。CMや動画広告によって商品が認知され、競合他社と比較する際はブランディング動画のイメージが購入のきっかけになります。
動画ブランディングは商品のイメージを意図して作れるため、消費者が商品を購入する際の決め手になるのです。

動画への共感からファンが生まれる

動画によって企業の価値観を発信することで、消費者が共感してファンになる可能性があります。共感とは他者と自分の感情が同期され、心地よく感じて好意を持ちやすい状態です。
つまりブランディングを言い換えると、企業のブランドに消費者自身を自己投影させる施策といえます。消費者がブランドを自分事に置き換えて考えるため、短時間の動画でも自然と応援したい気持ちになりやすいです。
昨今のSNSの発展は共感による影響が強く、「いいね」ボタンの設置は人々の共感の象徴なのです。ブランディング動画によって共感を集めると、ファンが増えて売り上げに影響するのは必然といえます。

社内向けのブランディング動画の効果

社内向けのブランディング動画は、社員のモチベーションを上げる効果が高いです。ブランドに対する理解を深め、自分の仕事に対して熱意をもって取り組みやすくなります。
また社員同士のコミュニケーションが高まり、企業に活気が出ることで業務改善などに繋がります。自社のブランドに誇りをもつ社員が増えると、社内外問わず良い印象を与えやすくなるでしょう。

社員のブランドへの愛着が深まる

ブランディング動画は社員のブランドに対する認識が変わりやすいです。企業の理念や信念に触れることでブランドに対して愛着が深まります。
そしてブランディング動画は社員たちが、自社の商品やサービスの魅力を伝えることに前向きな姿勢になります。徐々にブランドに対する愛着が社外にまで伝わり、結果として売上げに影響するのです。

接客の質・コミュニケーション頻度が高まる

社員が自社の製品やサービスの利点を本音で紹介するため、消費者にも愛情や熱意が伝わりやすくなります。
例えばディズニーランドは従業員を「キャスト」と呼びます。企業やブランドに愛着を持たせることで接客の質を高め、顧客満足度の上昇に成功している事例です。
消費者は売り手の感情を察知するため、本音で話していない人の話は聞きません。インナーブランディングは、社員の感情を変えることで売上げを高める施策といえます。

従業員エンゲージメントの向上

社内向けのブランディング動画によって、従業員が自社の仕事やサービスに対して自信を持ちやすくなります。そのため会社が給料をもらう場所ではなく、個人が責任をもって働けるようになるでしょう。
他には従業員のエンゲージメントが高いと、離職率の低下や優秀な人材の確保などが期待できます。企業と従業員が同じ目標に向けて業務に取り組めるので、企業の収益や生産性の向上に繋がります。

企業のブランディング動画事例

企業のブランディング動画の共通点は、シンプルで感情に訴えかける動画が多いです。短い時間でも印象に残りやすく、伝えたいメッセージが明確な特徴があります。
アウターブランディングと社内向けのブランディング動画のどちらも、感情を動かすことがブランディングの成功に必要なのです。

Apple

動画
iPhoneやMacで有名なアップルは、「商品紹介をしない」ブランディング動画によって企業名を強く印象づけることに成功しています。
1997年に公開されたCM「Think Different.」は、世界に変革をもたらした人々を紹介することで、革新的なイメージを打ち出す内容です。
Windowsのパソコンに大幅にシェアを奪われてなお、アップルは革新的な方法で企業の時価総額を世界トップランクに上げました。企業そのものを物語るブランディング動画は、人々に強い影響を与えています。

西武鉄道

動画
西武鉄道は「かなえたいがつながる西武鉄道」のキャッチコピーを掲げて、社内向けにブランディング動画を作成しました。
動画の内容は企業の取り組みや社員インタビューに始まり、最後に代表取締役から企業の理念を伝えることで力強いメッセージを感じてもらう目的です。
また社員たちが企業の存在する意味や役割を認識することで、エンゲージメントの向上に繋がる動画になっています。

ツバキスタイル

動画
化粧品の容器の製造工程を中心に流れ、「TSUBAKI STYLEは全ての工程を自社工場で行う」取り組みの姿勢をアピールしています。
動画にナレーションやインタビューなどはなく、短い文章とBGMが流れるシンプルな内容です。ゆったりとしたテンポで動画が流れるため、世界観に入りこんでしまうでしょう。
ツバキスタイルはお客様目線で商品を作る姿勢や、自社の商品の想いを表現することで信頼を得られるブランディング動画を作成しています。

ブランディング動画を成功させるポイント

ブランディング動画の成功には、動画の内容に対して視聴者が「自分ごと」に置き換えられるかが重要です。どれだけ短い動画でも自分と関係のある内容は視聴され、ブランディングの意図が伝わりやすくなります。
そのためには動画を視聴する人の欲求を満たす内容で、商品やサービスを購入した後の自分を思い描けるストーリーを展開し、視聴者の行動を促す動画を作成しましょう。

「ブランディング型」「コンテンツ型」を決める

ブランディング動画は大きく2つに分かれます。1つは「ブランディング型」です。雰囲気重視で動画を制作するため、企業紹介やイメージ映像などに使われます。
もう1つの「コンテンツ型」は、商品の特徴を伝えるための内容です。テキストや画像だけでは説明しにくい部分を視覚や聴覚を使って説明できるので、購買意欲の高いユーザーに訴求する効果が高まります。

動画配信の方法・スケジュールを決めておく

動画を配信するプラットフォームや配信する時期を決めることで、ターゲットに対して的確な訴求が可能になります。
例えば商品紹介のコンテンツ型の場合は、性別や年齢層に合わせてプラットフォームを選ぶことで動画が視聴される人数を増やせるでしょう。
企業紹介のブランディング型であれば、就職活動や転職活動が活発になる時期の前に配信する戦略が最適です。
いずれも訴求する対象に合わせて配信することが必要です。制作スケジュールも同様に、配信する時期から逆算します。

「ストーリー」「共感」をテーマに制作する

共感を重視したストーリーは、動画内で主人公になる錯覚に陥りやすくなります。つまり自分事に置き換えて動画を視聴できるので、広告のように押しつけられる印象を受けずに、企業の動画ブランディングに影響されやすくなるのです。
共感とストーリーどちらが欠けてもブランディング動画が印象に残らないため、2つの要素を満たすコンテンツを作成することが成功の秘訣です。

ブランディング動画の制作を外部委託する方法もある

ブランディング動画を外部委託すると、動画のクオリティを担保しやすくなります。予算は動画一本につき100~300万円の費用になる場合が多いです。
しかし予算を割けばブランディングが成功するわけではありません。目的やターゲットを明確にせずに動画を作成すると、時間とお金を取られて効果の出ない動画を放置する可能性が高くなります。

ちゃんと動画クリエイティブのPDCAサイクルを回せていますか?

動画を配信したことに満足して、動画を放置したままの企業は多いのではないでしょうか。ブランディング動画を配信した後は、仮説と検証を行うためにPDCAサイクルを回さなければなりません。
動画は映像だけでなく、文字や音楽など複数の要素で成り立ちます。動画内の要素すべてを検証するには時間がかかるため、一つ一つの作業を効率よく行うことでブランディング動画の効果を高めることが重要です。

動画編集ソフトがPDCAサイクルを加速させる理由

PDCAサイクルを加速させる動画編集ソフトは、「Video BRAIN」がおすすめです。AIによって自動で動画作成ができるので、編集作業を短縮しつつPDCAサイクルを高速で回せます。
なによりVideo BRAINは初心者でもラクに動画を作成できるので、動画作成の研修や実務経験などは必要ありません。導入してすぐに効果検証まで可能なため、動画の業務効率化に貢献する編集ソフトといえます。

Video BRAINはAIによる自動判断で、動画の素材を入稿するだけで動画が完成します。動画制作においてテキスト入力や素材の組み合わせには時間がかかるため、作業時間の短縮は業務効率を上げるために有効です。
またインターフェースは直感的な操作を行えるため、秒単位で調節する編集作業にかかる負担が下がり、動画編集の初心者でも手軽に動画を作成できます。

豊富なテンプレート×フォントで「ワンパターン」から解放される

Video BRAINにはテンプレートとフォントを組み合わせることで、ワンパターンの動画になりにくいです。無料で使える素材は約528万点におよび、フォントは200書体以上の中から選択してくれます。
無数の組み合わせから動画を作成するため、飽きられる動画が量産されません。初心者でも複数のパターンを作れるので、Video BRAINを使うことで編集作業の効率が格段に上がるでしょう。

投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証できる

動画を配信した後でも、Video BRAINを使うことでかんたんにクリエイティブの分析ができます。分析の結果から効果検証を繰り返し行うと改善点が見つかり、動画ブランディングの効果を高める施策を打ちやすくなります。
また企業外から分析の専門家に依頼する必要もありません。Video BRAINを使うと誰でも素早い分析と効果検証ができるので、企業内で動画ブランディングの改善の体制が作れます。

まとめ

動画ブランディングは企業の内外どちらの価値も高めることができ、イメージアップにより売上げに大きく貢献する施策になります。
ただし動画は作って終わりではなく、作った後の効果検証まで含まれる点に注意が必要です。動画の効果を分析し、より訴求力の高いコンテンツを生産しなければ売上げには繋がりません。
動画クリエイティブの効果を高めるには、効率よくPDCAサイクルを回せるVideo BRAINなどの編集ソフトを利用しましょう。AIによる自動の動画編集で、企業のブランディングの成功に近づきます


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする