1. TOP
  2. Instagram
  3. Instagram広告の費用相場|課金方式や効果を最大化する方法を解説

Instagram広告の費用相場|課金方式や効果を最大化する方法を解説

数あるSNSの中でもInstagramは人気があり、多くの人が使用している認知度の高いツールです。しかし、企業の広告戦略としてInstagramを使用する際に、どの程度の費用がかかるのかということや、その仕組みについて詳しく知っている人はあまり多くないでしょう。

この記事では営業・人事担当者向けに、Instagram広告の課金相場を解説していきます。また、少し専門的な知識として、課金方式や効果を最大化するコツも取り上げますので、広告戦略を検討する際の参考にしてみてください。

Instagram広告とは?

まずはInstagram広告がどのようなものなのか、その概要を紹介しましょう。Instagramは、日本国内に3,000万人以上の月間アクティブアカウントを抱えるSNSツールです。そして、数あるSNSの中でも、ソーシャルメディアが一般化した今もなおアクティブユーザー数を増やし続けているツールとして知られています。

それだけ多くのユーザーに向けて注意を惹きつける仕掛けが、「Instagram広告」です。SNSに馴染みがない人にとっては少しイメージしにくいかもしれませんが、「SNS広告」の構造はTVCMと変わりありません。投資する金額に応じて広告枠を落札するという方式が採用されており、広告主は期待する効果に合わせた金額を課金する必要があります。

Instagram広告の課金方式

Instagram広告に採用されている課金方式は次の4つです。

・CPM(Cost Per Mille)
・CPC(Cost Per Click)
・CPI(Cost Per Install)
・CPV(Cost Per View)

「Per」という言葉が用いられていることからもわかる通り、すべてがユーザーのアクション単位で発生するコストです。ここからはもう少し詳しくInstagram広告の課金方式を解説します。
 

CPM

CPMは「Cost Per Mille」の略語であり、1,000回の表示ごとにコストが発生する課金方式です。広告枠の落札にどのくらいの費用がかかるかにもよりますが、1回の表示にかかるおおよその金額は0.5~1円ほどとされています。CPMは広告を表示させることを目的とした課金方式であるため、「認知度を高めるための広告」にマッチするスタイルです。

CPC

CPCは「Cost Per Click」の略語であり、ユーザーが広告表示のリンクをクリックするごとに費用が発生する方式です。認知度を高めることを狙う広告ではなく、ユーザーをサイトに誘導するといった目的にマッチする課金方式といえるでしょう。

費用は1クリックあたり40~100円とされ、CPMよりもアクションごとの単価は高くなりますが、ユーザーがクリックしない限りコストが発生しないという特徴があります。

CPI

CPIは「Cost Per Install」の略語で、アプリのインストール1回に対して費用が発生する課金方式です。ユーザーがアクションを起こさなければ費用が発生しないという点が、CPCと共通しています。1インストールにつき、100~250円が相場です。

CPV

CPVは「Cost Per View」の略語で、動画が15秒以上再生されることでコストが発生する課金方式です。Instagramでは動画広告を利用でき、CPVは動画専用の課金方式ともいえます。

1回の再生に4円~7円ほどの金額が必要になるとされていますが、TVCMを利用することを考えると、コストパフォーマンスの高い運用方法です。

Instagram広告で効果を出すために適切な予算・費用

企業で人事や営業を担当している方の多くが、「予算をはっきりさせたい」と考えているのではないでしょうか。しかし、残念ながら、ターゲティングによって適切な予算や費用が変化してしまう点が、InstagramをはじめとしたSNS広告の難しいところです。

Instagram広告は入札方法を採用しているため、マスに向けた広告であれば予算をかけられる企業が有利です。ただし、細かなターゲットを設定し、競合を減らすという対策を実施することも可能なため、どのくらいのコストパフォーマンスを発揮するかは企業の工夫次第といえます。

「1日1,000円、1か月で10万円からであればそれなりの効果が出る」といった見方もできるため、テスト段階の目安として運用を始めてみるとよいでしょう。

Instagram広告の特徴

Instagram広告の費用対効果を考えるときに欠かせないのは、Instagram広告の強みを正しく理解することです。Instagram広告の強みとしては次の3つがあげられるでしょう。

・UU数が多い
・広告ターゲットが絞りやすい
・少額から始められる

ここからはInstagram広告の特徴を解説します。

UU数が多い

UUは「Unique User」の略語であり、マーケティング業界では拡散を見込める母数を指す言葉として用いられます。UUはアクセス数と区別され、3回のアクセスがあったとしても、同一人物である場合にはUU数は1としてカウントされます。

Instagramはすでに3,000万人以上のアクティブユーザーを抱えているため、多くのUU数を見込めるSNSツールです。そのため、より多くのユーザーに広告をリーチすることができるのが強みといえるでしょう。

広告ターゲットが絞りやすい

広告ターゲットを絞りやすいことも、Instagram広告の特徴です。Instagramは広告の出稿時に、地域・使用言語・年代・性別・興味といったカテゴリーから、情報を投げかけるターゲットを細かく設定することができます。

例えば、ファミリーカーの広告であれば、「家庭をもつ30~40代の男女」、「車の使用頻度」から「首都圏以外のエリア」といったターゲティングをすることも、Instagram広告であれば設定可能です。

少額から始められる

Instagram広告は、プロモーションのテスト運用を目的とする企業にもおすすめです。SNS広告でそれなりの効果を出すためには、1日1,000円、1か月で10万円ほどの予算をかけるべきとされています。

「1か月で10万円ほどの予算はかけられない」という場合でも、Instagram広告にて誘致したいユーザー数を設定し、1日1,000円の予算でどのくらいの成果が出るものなのかを試算することで、かけるべき投資額を割り出せるでしょう。

Instagram広告の目的

Instagram広告を出すときには、広告の目的を明確にしておく必要があります。例えば「自社のブランドや商品を知ってもらいたい」のように認知が目的の場合もあれば、「ユーザーにウェブサイトのリンクをクリックしてほしい」のようにコンバージョンが目的の場合もあるでしょう。

現在Instagram広告で設定できる目的は以下の通りです。

・ブランドの認知度アップ
・リーチ
・トラフィック
・エンゲージメント
・アプリのインストール
・動画の再生数アップ

Instagram広告では、得たい結果に応じて目的を選ぶ必要があり、それにより課金方式も異なります。自社がどのような目的でInstagram広告を取り入れるのかを、明確にするところから始めるのがおすすめです。

Instagram広告の種類

企業で人事や営業をしており、「これから広告の運用を始める」という方は、ターゲティングにマッチした広告の種類を模索していきましょう。ここからは実際に投稿できる、Instagram広告の種類を紹介します。

画像広告

Instagram広告に投稿できる、1つ目の種類が「画像広告」です。画像広告については、SNSを利用するケースと大きな違いはありません。ただし、掲載できる広告に解像度の上限設定がないため、広告に利用する画像はより解像度の高いものを選択しましょう。

動画広告

画像広告と同様に、用意した動画をそのまま投稿できるのが「動画広告」です。Instagram広告では、横型のフォーマットに最長60秒までの動画を投稿できます。「ユーザーは長くても15秒の動画しか見ない」とも言われているので、短くてインパクトのある動画の投稿が効果的です。

カルーセル広告

Instagram広告は、写真を並べて表示させる「カルーセル広告」にも対応しています。もちろん、複数の写真を別々に投稿することも可能ですが、ユーザーがスワイプする手間が発生するという点には注意が必要です。カルーセル広告を利用することで、Instagram広告をカタログのように表示させることができます。

ストーリーズ広告

Instagramで人気を集めている「ストーリーズ」も、広告枠として利用することができます。一般的な投稿欄への広告に反感を持つユーザーでも、ストーリーズを利用すれば抵抗感を抑えつつ視界に入れることが可能になります。

Instagram広告の効果を最大化する方法

ここからは、Instagram広告の効果を最大化する方法を紹介します。一つひとつのテクニックを実践しながら、効果測定をしてみましょう。

配信ターゲットを明確にする

Instagram広告の効果を最大化する方法としてまず挙げられるのが、「配信ターゲットを明確にする」ということです。「これからSNS広告を試す」という場合にも、これまでの顧客情報などを活用しながら配信ターゲットを絞り込んでいきましょう。

適切な配信フォーマットを選定する

適切な配信フォーマットを選定することも、Instagram広告の効果を最大化するテクニックの1つです。配信ターゲットと同様に、配信フォーマットにも提供したい情報との相性があります。例えば、「取り扱っている商品数が多い場合にはカルーセル広告」といったように見せ方を工夫することも、効果的な広告運用のポイントです。

CTAを設置する

ユーザーからのリアクションを得る場合には、CTAを設定することも効果的な施策です。CTAとは「Call To Action」の略語であり、画面上にユーザーの行動を促す仕組みを設置することを指します。

例えば動画で興味を惹きつけつつ、CTAの役割を果たすボタンへ誘導するといった流れを作ることで、ユーザーがアクションを起こしたくなる広告に仕上げられるのです。

複数パターンを用意して効果検証する

SNS広告は落札方式が採用されているため、ターゲティングと予算によって表示される回数が変化します。しかし、どんなターゲティングに、どのくらいの予算が適切であるかは、効果検証を行ってみなければわかりません。いくつかのパターンを用意し、広告に見合ったターゲティングと予算を見つけ出すことが、効果的なInstagram広告の第一歩といえます。

Instagram広告用の動画はVideo BRAINで作成しよう!

これからInstagram広告用の動画を用意するのであれば、動画作成には「Video BRAIN」がおすすめします。Video BRAINの特徴は以下の通りです。

・AIのサポートで動画制作元になる素材をアップロードするだけで動画が完成
・月額定額制で制作本数は無制限
・配信結果の分析までサポート
・3万通りのデザインから自由にエフェクトやフォーマットを組み合わせ

「動画広告に難しいイメージがある」という方でも、Video BRAINであれば簡単に、そして目的に合った動画を作成できます。

まとめ

Instagram広告を利用したプロモーションは、特に企業で人事や営業を担当している方におすすめのツールです。さまざまなSNS広告の中でも、アクティブユーザーが増え続けていることがInstagram広告の大きな強みと言えるでしょう。また、細かな設定で、広告費をコントロールできることもInstagram広告をおすすめする理由の1つです。

コストをかけずに効果的な動画広告を検討されているのであれば、Video BRAINを活用した動画作成がおすすめです。Video BRAINは、特に専門的な知識を必要とせず、本数無制限で多くの動画を作成することができます。

「広告を作る」となるとついつい労力をかけてしまいがちですが、Instagram広告とVideo BRAINを上手に活用してして効率のよい広告運用を行えば、アナリティクスの分析にかける時間を確保できるでしょう。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする