1. TOP
  2. ブログ
  3. Instagram
  4. インスタグラム広告のターゲティング|広告の種類や成果を上げるコツを紹介

インスタグラム広告のターゲティング|広告の種類や成果を上げるコツを紹介

インスタグラム広告で成果を出すためには、インスタグラム広告のターゲティングをどのように設定するかが重要なポイントです。特にインスタグラムでは細かくターゲティング出来る仕様になっているので、配信したい広告にあわせて細かくペルソナを設定する必要があります。

この記事ではインスタグラム広告のターゲティングや広告の種類について紹介します。ターゲティングで成果を出すコツも併せて解説するので、インスタグラムでより効果的に広告を出稿する際の参考にしてみてください。

インスタグラム広告のターゲティングとは

インスタグラム広告のターゲティングとは、インスタグラム上でユーザーの属性やデータなどを基に広告のペルソナ設定を行うことです。ユーザーが登録した基本情報や、フォローしているアカウント・いいねを押した投稿などを分析します。

インスタグラムのようなユーザーの多いSNSでも、細かいターゲット設定ができることによって効率的な広告の配信が可能です。広告のターゲティングは、広告設定から簡単に進めることができます。

インスタグラム広告のターゲティングの種類

インスタグラム広告のターゲティングの種類は次の4つです。

・ユーザー属性ターゲティング
・インタレスト・行動ターゲティング
・カスタムオーディエンス
・類似オーディエンス

インスタグラム広告のターゲティングは、インスタグラムに特化したものが多いため機能とあわせてそれぞれの違いを確認しましょう。インスタグラム広告のターゲティングについて、種類ごとに解説していきます。

ユーザー属性ターゲティング

ユーザー属性ターゲティングとは、ユーザーの登録情報を基に行うターゲティングです。設定できる内容は、年齢・地域・性別・属性です。

年齢はFacebookと連携しているユーザーであれば、正確な情報を把握できますが、そうでない場合は、フォローしているアカウント情報から年齢を推測します。そのためズレが生じやすいです。

地域は都道府県や市区町村だけでなく、郵便番号で絞り込むこともできます。対象となる地域に在住している、もしくは位置情報があるなどの設定をして広告配信が可能です。

性別は男性・女性・すべてから選べます。属性とはユーザーの学歴や仕事・誕生日など、さまざまな要素を指します。ターゲットのより効率的な絞り込みに便利です。

インタレスト・行動ターゲティング

インタレスト・行動ターゲティングとは、ユーザーの興味関心や行動を絞ったターゲティングです。いいねやコメントなどの行動を起こした投稿、フォローしたアカウントなどを分析します。

インタレスト・行動ターゲティングでは、「興味関心」と「行動」という2つの設定が可能です。それぞれカテゴリが用意されているため、広告配信の対象にしたいユーザーを想定して選択します。

カテゴリで詳細な設定ができるため、より効率の良い広告配信が可能です。ただし設定が細かすぎると配信できる量が減ってしまうため、バランスには注意が必要となります。

カスタムオーディエンス

カスタムオーディエンスとは、すでに獲得しているユーザーリストをインスタグラムにアップロードし、対象のユーザーに絞り込んで行うターゲティング機能です。以下の情報をアップロードできます。

・電話番号
・メールアドレス
・FacebookのID
・AppleのID

カスタムオーディエンスは、すでに獲得しているユーザーへ届けたい情報があるときに便利です。一方で、獲得済みのユーザーには広告を配信しないという設定もできるため、必要のない広告配信といった無駄を避けることができます。

類似オーディエンス

類似オーディエンスでは、カスタムオーディエンスを基にターゲティングを行います。こちらはアップロードしたユーザーの情報を基に、すでに獲得済みのユーザーに類似したユーザーを分析して広告配信を行うという手法です。

獲得済みユーザーと類似したユーザーにターゲットを絞り込むため、自社の商品やサービスが響きやすいユーザーへ効率的に広告配信を行うことができます。

類似濃度は1%~10%で設定します。設定した類似濃度に合ったユーザーを見つけて広告配信ができるため、より確実なターゲティング効果が期待できる方法です。

ターゲティングで広告の成果を上げるコツ

インスタグラム広告では他のSNSより細かなターゲティング設定ができるのが魅力です。それだけでも効果が出やすい広告ですが、効果をさらに高めるために広告の選び方や、ターゲティングの設定についてのコツをご紹介します。入稿の際にはぜひ参考にしてみてください。

カスタムオーディエンスと類似オーディエンスの併用する

インスタグラム広告のターゲティングを行う場合には、カスタムオーディエンスと類似オーディエンスは併用をおすすめします。カスタムオーディエンスでは、すでに獲得したユーザー情報が活用でき、類似オーディエンスでは、獲得済みユーザーに類似したユーザーを分析して広告配信を行います。

カスタムオーディエンスと類似オーディエンスは簡単に併用できます。そのためすでにユーザーを獲得済みで、広告配信に活用できるデータがあるならば、両方のターゲティング方法を取り入れることで、より効率化を図ることが可能です。

ユーザー像を明確に設定する

ターゲティングとはユーザーを絞り込むことです。そのためには、広告配信の対象となるユーザー像を明確に設定する必要があります。対象となるユーザー像が曖昧の状態では、効率的にターゲティングを進めるのは困難です。

一方で、ユーザーを絞り込みすぎてしまうと、対象となるユーザーが少なくなりすぎてしまいます。そうすることで、十分な量のデータを集められなくなってしまう可能性があります。

そのためユーザー像をある程度明確にする必要はありますが、あまり細かすぎるターゲット設定は行わないようバランスに注意することも必要です。

冒頭2秒以内に興味を引く

インスタグラム広告で大切なのは、広告の最初の部分です。広告が表示されてから冒頭2秒の間で興味を引くことができなければ、広告を飛ばしてスクロールされたり、次のストーリーに進んでしまう可能性があります。

そのため最初にユーザーの興味を引く内容を展開し、広告へ意識を向けることが大切です。興味を引く広告にするためには、印象的なキャッチフレーズや、見続けたくなる画像・動画の展開を考えましょう。

広告を感じにくい内容で訴求する

Web広告が主流となっている現代において、あまりにも営業色が強い広告では、ユーザーに悪印象を持たれてしまう可能性が高いです。ユーザーの興味を引き、成果を上げるためには、広告を感じにくい内容で訴求する必要があります。

美しい映像や歌などが活用された・ストーリー仕立てになっている広告は、比較的ユーザーに受け入れられやすい手法です。思わず見たくなるような、ユーザーの心を掴める内容にすることで成果を実現できます。

ただし見てもらうことを優先させ、必要な情報が伝わらないようでは本末転倒です。ユーザーが「営業されている」と感じない内容にすることは大切ですが、広告としての成果を出すためにも、大切なことはしっかり伝えるようにしましょう。

映像だけでも分かる内容にする

インスタグラム広告を作る際には、映像だけでも分かる内容にするのが効果的です。インスタグラムのユーザーには、スキマ時間のような短時間でサクッと見ることを好む人が多いです。そのため細かな説明文や音声での説明よりも、映像に重点をおきましょう。

文字数の多い説明を要する広告では、よっぽど興味がないと広告が飛ばされてしまうリスクが高いです。

インスタグラム広告には手軽さや直観的な分かりやすさが求められます。あまりに多すぎる文字での説明や音声での解説は行わない前提で、映像だけでも分かるような広告にするための工夫が必要です。

配信場所に合わせて動画サイズを変更する

インスタグラム広告は、配信場所によって適した動画サイズが異なります。同じ商品やサービスに関する広告でも、場所に合わせてサイズを変更しましょう。インスタグラムの動画広告が配信される場所は、フィードとストーリーズの2箇所です。

フィードはフォローしているユーザーの投稿が表示される、インスタグラムのホーム画面といえる場所です。フィードではユーザーの投稿に挟み込まれる形で広告が出ます。動画の長さは最大120秒、ユーザーが目にする機会が多いため広告の成果が期待しやすい場所です。

ストーリーズはフィードと違い、公開時間が24時間限定となります。最大時間は120秒と同じですが、手軽な投稿が多いため広告も短めにするのが適切だといえます。

ゴールに繋がる演出を入れる

インスタグラム広告で成果を出すためには、演出に工夫が必要です。効果的な方法の一つが、ゴールに繋がる演出を入れることです。ゴールに繋がる演出とは、広告で扱われている商品やサービスを使うことで、どのような成果が得られるか実感できる演出のことをいいます。

せっかく冒頭でユーザーの興味を引くことができても、魅力が伝わらなければユーザーは行動してくれません。そのためユーザーに好印象を持ってもらい行動を起こさせる演出が必要です。

ゴールに繋がる演出の内容は、扱う商品やサービスによって違います。どのような演出であればユーザーを引き寄せることができるか、広告を制作するうえで分析・検討することが必要です。

まとめ

インスタグラム広告は細かなペルソナ設定が可能なことからターゲティング設定がとても重要です。ターゲティングを成功させるためには、ターゲティングの種類やコツを知って、配信したい広告の制作や配信設定を行いましょう。

細かなターゲット設定ができるからこそ、ターゲット層の興味を引くような魅力的な広告の配信ができれば大きな効果を期待できます。インスタグラムで動画広告を制作し、配信を行いたい場合にはぜひこの記事を参考にしてみてください。


手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

  1. 予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集が簡単
  2. 商用で利用できる著作権フリーの画像、動画、BGMも素材サービスと連携しており、素材撮影や編集にかかる工数を大幅に削減
  3. 最大60分の長尺の動画作成と書き出しができ、クラウド編集のためパソコンのスペックに依存せずに編集が可能
  4. 一般的に使われてるMP4だけでなく、「MOV」「パワーポイント」「GIFアニメーション」など多様な書き出し形式に対応した独自機能
  5. 入力したテキストから、音声データに自動でナレーションを生成する機能や各シーン毎に効果音、BGMの編集が可能
  6. 「タイムライン」などの動画編集のプロが使う機能を誰でも簡単に使えるため、表現の自由度が高い

これから動画活用を始めたいと思っている方や、動画編集や配信後の効果的な施策に悩んでる方は是非Video BRAINの導入をご検討ください。

この記事をシェアする