1. TOP
  2. ブログ
  3. Facebook
  4. Facebook広告のインプレッションとは?エンゲージメントとの違いや分析の仕方も紹介

Facebook広告のインプレッションとは?エンゲージメントとの違いや分析の仕方も紹介

Facebookの指標である「インプレッション」。
インプレッション数を増やすことで、自社のページを多くのユーザーに見てもらえる可能性が高まります。

この記事では、Facebookのインプレッションの意味やインプレッションを獲得するためのポイントなどを解説します。

Facebook広告のインプレッションとは?

インプレッションは、広告が初めて画面に表示されたときにカウントされます。
例えば、いったん表示されてスクロールアウトした広告が元の位置で再表示された場合は1インプレッションとしてカウントされます。
広告が1日に2回、別々のタイミングで利用者の画面に表示された場合は2インプレッションとしてカウントされます。

参照:インプレッション数 | Facebook Businessヘルプセンター

エンゲージメントとの違い、PV、リーチとの違いについて

エンゲージメント、ページビュー、リーチの違いについてご説明します。

エンゲージメント

エンゲージメントは、投稿に「いいね!」が押された数や書かれたコメントの数の合計です。
リンクのクリック数や動画の再生回数などもエンゲージメントととらえることができ、表示された広告に何かしらの反応があったことをエンゲージメントといいます。

基本的にはエンゲージメント率とは、「いいね!」が押された数とコメントの数の合計をインプレッション件数で割った値を指します。インプレッションは、ユーザーのフィードなどに表示される件数ですので、ユーザーが期待するコンテンツの傾向を把握できます。

Facebookでは、独自のアルゴリズムで、人気の高い投稿がフィードに優先的に表示されるようになっています。エンゲージメント率が高ければ、フィードに表示される可能性も高くなり、より多くのインプレッションになります。
エンゲージメント率が高い記事は、ユーザーの期待しているコンテンツで、エンゲージメント率が低い記事は、ユーザーの期待から外れているコンテンツだと考えられます。

こうした数値は、今後のコンテンツ戦略においてユーザーの好みの傾向を把握するのに重要な指標となります。

ページビュー(PV)

Facebookにおけるページビューとは、Facebookにログインしているユーザー、していないユーザーが、Facebookページのプロフィールを閲覧した回数のことをいいます。
通常のページビューとは異なるため、他の広告との違いは理解しておく必要があります。

リーチ

リーチは、広告キャンペーン中に広告が表示された利用者の数を示す指標です。
広告を見た利用者が必ずクリックするわけではありませんが、広告を見たことで自社のビジネスに関心を示す可能性は高まります。
リーチは、同一人物に対する表示回数もカウントされるインプレッションとは異なります。
同一人物に同じ広告が2回表示された場合、リーチは1で、インプレッション数は2になります。

リーチの範囲は自由に設定できます。
Facebook広告は、自分に関連性の高い広告だと思ってくれそうな人に自動的に配信されます。
下記の3種類のオーディエンス選択ツールで、広告配信のターゲットをさらに絞り込むこともできます。

詳細ターゲット設定 年齢、興味・関心、地域などの条件でターゲット層を指定できます。
カスタムオーディエンス オンラインまたはオフラインで、ビジネスとすでに交流を持っている人に再度リーチできます。
類似オーディエンス 優良顧客と共通の興味・関心を持つ人に新たにリーチできます。

    参照:Facebook広告のターゲット設定オプション | Facebook for Business

    インプレッションを獲得するためのポイントについて

    インプレッションを獲得するためのポイントについて

    インプレッション数は広告が表示された数ですが、インプレッション数が増えると、自社のページを見てもらえる可能性が高まります。

    ここからは、インプレッション数を獲得するためのポイントについて説明します。

    Facebookに広告を出すと、ユーザーに一番合った広告が表示されるように広告のオークションが行われます。これにより広告を出した人にもユーザーにも最適な広告が表示されるようになります。

    広告を作成する時に年齢、興味・関心、地域などの条件でターゲット層のオーディエンスを決めます。
    同じオーディエンスをターゲットとした他の多くの広告がありますので、利用者に何を表示するかはオークションで競います。
    また、Facebookが提供するアプリ全体で、毎日数十億ものオークションが実施されています。

    オークションで落札される広告は、主に入札価格、推定アクション率、広告品質から判断されます。
    入札価格とは、広告を出すときに設定した入札価格です。
    自身の目的を達成するために幾ら支払うのかは、試行錯誤をすることで、オーディエンスや広告内容にあった金額がわかるようになります。

    推定アクション率は、利用者に広告を表示することが広告主の目的達成につながる可能性を示す推計値です。

    広告品質は、表示または非表示にした人のフィードバックの内容や、文字だけの広告画像、情報隠し、あおる表現、エンゲージメントベイト(「いいね」やシェアといったユーザーのアクションを作為的に獲得する行為)などで低品質と判断される広告の特徴などの各種の要素から判断された広告の品質指標です。

    また、推定アクション率と広告品質から、広告の関連度が測定されます。
    Facebookのオークションでは関連度の高い広告が優先されるため、広告の関連度が高いほど、入札価格が低い費用でも落札する可能性があります。

    Facebookの広告オークションでは、広告主と利用者の両方に最大の価値をもたらす広告が落札されるため、全体的な価値が最も高い広告がオークションの勝者となります。

    参照:広告オークションについて | Facebook Businessヘルプセンター

    まとめ

    Facebookのインプレッション数を増やすことで、そこから自社のページを見る可能性が増えます。
    インプレッション数を獲得するためのポイントは、入札のための予算を増やしたり、広告の品質をあげたりする等の対策が必要になります。


手軽に高クオリティの動画を作るなら「Video BRAIN」

  1. 予め用意された動画テンプレートが1,800以上用意されており、初心者でも企画なしで利用シーンに合わせた動画制作・編集が簡単
  2. 商用で利用できる著作権フリーの画像、動画、BGMも素材サービスと連携しており、素材撮影や編集にかかる工数を大幅に削減
  3. 最大60分の長尺の動画作成と書き出しができ、クラウド編集のためパソコンのスペックに依存せずに編集が可能
  4. 一般的に使われてるMP4だけでなく、「MOV」「パワーポイント」「GIFアニメーション」など多様な書き出し形式に対応した独自機能
  5. 入力したテキストから、音声データに自動でナレーションを生成する機能や各シーン毎に効果音、BGMの編集が可能
  6. 「タイムライン」などの動画編集のプロが使う機能を誰でも簡単に使えるため、表現の自由度が高い

これから動画活用を始めたいと思っている方や、動画編集や配信後の効果的な施策に悩んでる方は是非Video BRAINの導入をご検討ください。

この記事をシェアする