1. TOP
  2. Facebook
  3. Facebook広告の問い合わせ方法一覧|よくある問い合わせ事例も紹介

Facebook広告の問い合わせ方法一覧|よくある問い合わせ事例も紹介

「Facebook広告の問い合わせ方が分からない」という方も多いのではないでしょうか。企業や個人事業主が、プロモーションにSNS利用する頻度が増えたことで、Facebookに対しての問い合わせの数も増加しています。

この記事では、Facebook広告の問い合わせ方法について紹介します。よくある問い合わせ事例も合わせて把握することで、効率的なプロモーションに繋げられるでしょう。

Facebook広告の問い合わせ方法一覧

まずは、Facebook広告への問い合わせ方法を紹介していきます。いくつかの問い合わせ方がありますが、問い合わせをしたい内容に応じて使い分けることをおすすめします。

運用前のルール確認にはヘルプセンター、都度出てくる疑問にはヘルプコミュニティを使うといった形で、それぞれの特性を活かしましょう。

Facebookビジネスヘルプセンター

Facebook広告の1つ目の問い合わせ方法が、ビジネスヘルプセンターに問い合わせるというものです。

数あるSNSの中でもFacebookは老舗といえる媒体であり、それだけ多くのノウハウをもっています。そして、そんなFacebookに直接問い合わせられる方法が、ビジネスヘルプセンターを利用するという手段です。

ホームページを訪れると入力フォームがあり、ヘルプセンター内にあるマニュアルを検索することができます。また、下部の「サポートチームに問い合わせる」を利用すれば、Facebookに直接投げかけることもできます。

Facebookヘルプコミュニティ

Facebook広告には、ヘルプコミュニティという問い合わせ先も用意されています。

そして、時間をかけずに疑問を解消しやすいため、多くの運用者がFacebookヘルプコミュニティを利用しています。分かりやすい例を挙げると、Yahoo知恵袋のようなイメージです。

Yahoo知恵袋のように、ユーザーが質問し、違うユーザーがその質問に回答する、そしてそのやり取りが記録されていくという仕組みです。初期設定の仕方といった初歩的な質問は、ヘルプコミュニティですぐに解消できるでしょう。

ただし、質問する方が少ない専門的な疑問は、ヘルプセンターに問い合わせたほうが時間を短縮できます。

Facebook広告ガイド

問い合わせ先ではありませんが、投稿のイメージを確認するためのFacebook広告ガイドの存在も知っておきましょう。

Facebook広告ガイドには、下記の形式に関する説明が掲載されています。
・動画
・画像
・コレクション
・キャンバス
・カルーセル
・スライドショー

初期設定などの基本ルールに関する記載はありませんが、利用可能な広告、タイプごとに異なる広告素材の仕様などを確認できます。利用できるキャンパスやカルーセルを確認しておくことで、行いたいプロモーションとの相性をチェックできるでしょう。

Facebook広告への問い合わせでよくある質問

ここからはFacebook広告へのよくある質問を紹介していきます。問い合わせるための
ツールそのものを利用できないこともあるため、「サポートチャットが表示されない」、「ログインできない」場合の対処法については、事前に確認しておきましょう。

サポートチャットが表示されない

Facebook広告でよくある1つ目の質問が、サポートチャットが表示されないというものです。サポートチャットを使えば、名前、電話番号、メールアドレス、Facebookページ、質問内容を入力すれば、瞬時に疑問を解消できます。

ただし、次の3つの注意点があることも把握しておきましょう。
・サポートチャットの利用には、Facebook広告を出稿した実績が必要
・8:15~19:30(日曜を除く)しか使えない
・Facebook社内の人が対応してくれるわけではない

また、「一時的な不具合によってサポートチャットが使えない」というケースも、非常に稀ではありますが発生しているようです。

Facebookアカウントにログインできない

Facebookアカウントにログインできない場合には、次の2つの手順で再開を試みてみましょう。
・Facebookアカウントの再開を試みる

1.Facebookアカウントへのログインに使用したことがある端末を使用し、名前、メールアドレス、電話番号でアカウントを検索。
2.アカウントのパスワードのリセットを行う。

・友達や家族のアカウントからFacebookアカウントの再開を試みる
1.コンピューターで、利用を再開するアカウントを検索。
2.カバー写真の下の をクリックし、「サポートを依頼またはプロフィールを報告」を選択します。
3.「その他」を選択し、「次へ」をクリックします。
4.「このアカウントの利用を再開する」をクリック。

アカウントにログインできないケースにも、いくつかの理由が考えられますが、パスワードの再設定を行うことで復旧できる場合がほとんどです。困ったときにはぜひ試してみてください。

広告アカウントが停止された場合のトラブルシューティング

ここからは、広告アカウントが停止された場合の、トラブルシューティングを解説していきます。

次の5つの理由によって、アカウントが停止されてしまうことがあります。

・Facebook広告ポリシーに違反した
・アカウントにセキュリティ上の問題が発覚した
・60日以上Facebook広告を利用していない
・ユーザーによるネガティブな内容が多いという報告
・未承認の広告が多い

そして、「Facebook広告の広告アカウント停止に関する審査リクエストのページ」、「Facebook広告の支払いと広告マネージャー停止に関するお問い合わせのページ」の2つのページを利用することで、アカウント停止を解除してもらえることがあります。

乗っ取りなどによる不審なアクティビティであれば、審査リクエストに状況を報告すれば高確率で解消できます。また、確率は低いですが、広告ポリシーに違反した場合でも問い合わせページに報告することで、アカウント停止を解消できることがあります。

ただし、問い合わせページへの報告から、回答が来るまでの期間が明らかになっていないため、最初から別のアカウントを作成してしまったほうが時間を短縮できるケースも存在します。

広告アカウントが間違えて停止されたと思われる場合のトラブルシューティング

非常に稀なケースではありますが、広告アカウントが間違えて停止されることもあります。「広告ポリシーに違反してないはず」という場合には、「Facebook広告の広告アカウント停止に関する審査リクエストのページ」へ問い合わせを行いましょう。

Facebookがログを確認し、問題がなければすぐに復旧してくれます。

広告主にとっては迷惑な話でしかありませんが、SNS広告の利用が急増したことで、Facebookが停止するアカウントを間違えてしまうという事態も増加しているようです。

まとめ

Facebook広告を利用する際には、事前に問い合わせ方法を把握しておくことをおすすめします。また、プロモーションには、PDCAサイクルへの意識も重要です。

Video BRAINはPDCAサイクルを早めてくれる心強いツールです。AIがテキストと素材を自動マッチング・豊富なテンプレートとフォント・素早い分析と効果検証の3つの機能が、広告主の手間を減らし、効果的なプロモーションへの最短ルートを導き出してくれます。

https://video-b.com/case/


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする