1. TOP
  2. 動画活用事例
  3. 月間 100本以上制作!社内全体で動画を活用

月間 100本以上制作!社内全体で動画を活用

株式会社ルネサンス

東京都を拠点とし、全国各地でスポーツクラブを運営している「株式会社ルネサンス」。介護や法人向けの健康事業のサポートなども行っています。低コストで動画を量産したいと考え、今回 Video BRAIN を導入しました。

低コストで動画を制作するために Video BRAIN を導入

部署と業務内容を教えてください。

則本様「コミュニケーションデザイン部に所属しています。メンバーは私と前田を含め 13人です。この部署では主に販促やプロモーション全般を担当しています。私はコンテンツ記事制作、SNSプロモーション、チラシなどの紙媒体の販促プロモーションツールの制作を、前田は HP などのウェブ関連の制作を行っています。」

以前から動画制作はされていましたか。

前田様「外注も内製も行っていました。各部署で必要な動画を各々で制作する形でしたね。
外向けのしっかりした動画は外注、社内向けマニュアルなどの簡易的なものは動画ソフトを使用し、内製をしていました。私たちが所属しているコミュニケーションデザイン部は基本的に外向けの動画を使うため、外注で制作していました。 ただ、外注となると 1本制作するにも数十万のコストがかかるため、予算を確保していないと制作できない状況でした。
動画が必要でも予算が確保できず、すぐに準備することが難しかったため、他の部署が制作したものを共有してもらうこともありました。そうした動画は YouTube にアップロードし、HP に展開していました。」

外注ではどのような動画を制作していましたか。

前田様「施設紹介動画や新プログラムのプロモーション動画になります。
新プログラムなどの新しいサービスを開発する部署があるのですが、そちらの部署が外注制作することが多かったですね。」

Video BRAIN を導入した経緯を教えてください。

前田様「動画を活用していきたくても、都度高いコストがかかってしまうことに懸念がありました。
YouTube 広告の運用も行いたかったのですが、広告用の動画が用意できなかったため、なかなか始められていませんでした。
そこで、低コストで手軽に動画を制作できるツールがないかと探していた際に Video BRAIN を見つけ、問い合わせました。」

導入の決め手になったことはありますか。

前田様「直感的に編集ができる点と、手元にある素材で動画を作ることができる点が決め手ですね。
導入前は Video BRAINのようなクラウドサービスと、安い動画ソフトのどちらが良いか迷っていました。ですが、調べていくうちに、動画ソフトだと PC に依存してしまい、属人的になってしまうと考えました。
クラウドサービスだと、インターネット環境と PC があればどこでも利用できるため、手軽に動画制作が可能であると思い、Video BRAIN を導入しました。」

月間 100本以上制作

現在はどのように運用していますか。

則本様「私がメインで運用しています。他のメンバーも Video BRAIN を利用しているのですが、動画編集の経験がないメンバーがほとんどです。
Video BRAIN は初心者でも操作が簡単で、触っていくうちに理解して動画を作ることができるので導入当初からストレスなく使うことができました。

前田様「導入したのは 2年前の 2019年 6月なのですが、その頃よりも機能がとても良くなっているのを実感しています。アップデートが行われるごとにできることが増えるので、毎回驚きますね。こちらの要望を聞きながら、どんどん改善されているので、使いやすいです。」

動画の素材はどのようなものを使用していますか。

則本様「プログラムの説明動画や施設の紹介動画を作る際には、プロのカメラマンに撮影してもらい、その素材を活用しています。納期が短い時などは、私たちがスマートフォンで撮影したものを使うこともあります。」

どのような動画を制作していますか。

則本様「HP や SNS 上で配信する新システムや、新商品の紹介や EC サイト上での商品紹介などを制作しています。コロナ禍により、展開スピードが上がったため、それをお客様へいち早く、分かりやすくお届けできるように動画制作をしています。」

月にどのくらい動画を制作していますか。

則本様「最近は月に 100本以上動画を制作しています。誰でも簡単に動画を制作できるため、このように社内で動画を量産することを実現できるようになりました。
導入当初は私たちの部署のみで使う予定だったのですが、動画の使い勝手が良いことが社内で広まり、他部署からの動画制作依頼が多くきたため、3年目の更新のタイミングである 2021年 5月からアカウント数を 30個に増やし、10部署以上で運用していこうとなりました。カスタマーサクセスの方に講習会をしてもらい、各部署で動画を制作していく予定です。」

作成した動画はどのように活用していますか。

則本様「SNS や自社の HP にて活用しています。他にも、動画広告や営業活動などでも使用していますね。営業活動での動画活用は始めたばかりなのですが、担当者からは「説明が可視化されてわかりやすい!」との声をもらっています。
他にも、「商品知識や営業トークのレベルに関わらず、伝えたいことをきちんと伝えることができる」という意見があり、好評です。 また、各ジムのサイネージで、新商品や新プログラムの紹介をする動画も流しています。」

Instagram の保存数が 120% 増加

動画を取り入れた効果はありましたか。

則本様「Instagram のフィードで短尺の動画を投稿すると、検索で見つかるからか、フォロワー外からの反応が良い傾向にあります。腹筋の割り方をレクチャーしているトレーニング動画はとくに反応がありました。
現在の指標は投稿の保存数なのですが、画像より動画の方が 120% 増加しています。
制作した動画の配信結果を素早く分析・効果検証できる Insight BRAIN も同時に活用しているのですが、週に 1度、競合のスポーツクラブの投稿を調べて、投稿時間を変更したりしています。Instagram の運用はコロナ禍になってから始めたので、このご時世でも結果を残せていることが嬉しいです。
最近フィットネススクールがスタートしたため、認知拡大のために YouTube 広告も出稿し始めました。広告を出すごとに再生数が伸びつつあるので、こちらは今後も続けていきたいと考えています。」

Video BRAIN の使いやすい機能などはありますか。

則本様「動画のサイズを簡単に変えられるのがとても便利です。YouTube や Instagram など様々な SNS に動画をアップロードするので、各 SNS に最適な動画を作成できて助かっています。
また、音量を調整できるようになったのはとても助かっています。自分たちでスマートフォンで撮影した際に、お客様やスタッフの声が入ってしまうことがあるのですが、そのような場合は動画の音量を小さくし、BGM でカバーすることで、聴覚的にストレスの少ない動画を制作できています。
更に、トランジションの種類が増えたことや、画像を回転させたり自由に配置できるようになったので、編集の幅が広がりました。
直近で追加されたテロップを好きなタイミングで表示できる機能も、表現の幅が広がりますし、制作の効率化にもつながる良い機能だなと思いました。
また、全てのユーザーが制作した動画がクラウドに保存されているため、一元管理できる点も便利です。同じような動画を制作してしまうようなことも防げますし、何より編集データや素材の保管場所に悩むことがないのでとても助かっています。」

動画制作時に気をつけていることや工夫している点はありますか。

則本様「長尺になりすぎないように気をつけています。そのため、伝えたいポイントをまとめてから動画制作に取り掛かっています。また、動画は最初の数秒が肝であると聞いたので、冒頭の 2〜3秒のインパクトを大切にしています。トランジションなども使い、飽きのこない動画制作を心がけています。
他にも、動画を見て終わらないように、導線をつけることもこだわりの一つです。」

今後の展開をお聞かせください。

前田様「私たちの所属しているコミュニケーションデザイン部では、動画をどのように活用してサービスを届けていくかというのが課題となっています。その課題解決のため、SNS や広告でより動画を活用していきたいです。
他の部署では、スポーツクラブに置いてあるサイネージや社内での情報共有、マニュアル、BtoB 営業資料にも動画を活用していきたいという声が上がっています。
Video BRAINを使い始めて3年目ですが、今後は全社でもっと動画を活用していきたいと考えています。」

※ 上記は 2021年 5月インタビュー時の内容です。

株式会社ルネサンス

業種:サービス業
事業内容:フィットネスクラブ、スイミングスクール、テニススクール、ゴルフスクール等のスポーツクラブ事業、自治体や企業等での健康づくり事業、介護リハビリ事業、他関連事業
従業員数:1,541名(2020年3月31日現在)
所在地:東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア 3階 https://www.s-re.jp/

サービス資料を無料ダウンロード

この記事をシェアする