一般社団法人 共同通信社 西野様、金澤様

YouTube への掲載で 1 万回再生を突破!

一般社団法人共同通信社

国内、海外のニュースを取材、編集して全国の新聞社、NHK、民間放送局、海外メディアに配信している一般社団法人 共同通信社。企業、商品、エンタメ、くらし、デジタル、ライフスタイル分野の最新ニュースと政治・経済の解説記事など、老若男女で話題になる情報を発信しています。新たなデジタルコンテンツを制作するため、VIDEO BRAIN を導入しました。

動画活用検討の背景

動画活用を検討した背景を教えてください。

金澤様「新聞の記事や写真を融合させて、新しいコンテンツを作っていくことを取り組んでいます。新たなデジタルコンテンツとして新聞品質の動画を制作をしたいと思ったことがきっかけです。」

VIDEO BRAIN を導入する前は社内で動画を製作していたのですか。

金澤様「別の部署では、テロップのない写真のみのスライドショーを制作していたことはありました。また動画制作の作業を見たことがあり、長い動画素材の中で不要な部分を切り取ってつなぎ合わせる行程はかなり難しい印象がありました。」

VIDEO BRAIN 導入について

導入の決め手になったことは何でしたか。

西野様「 VIDEO BRAIN の機能があれば、新聞用の静止画と記事の付加価値を高めるための「新聞品質」の動画がつくれると思いました。また、経験がなくても簡単に動画を制作できることも決め手になりました。」

実際の運用

現在はどのように運用していますか。

西野様「所属部署に関係なく、新たなデジタルコンテンツを作り出すために横断的なチームを構成しています。そのチームで、記事を動画化するという試みの下、ストーリーズ PLUS というコンテンツを作成しているのですが、そこに載せる動画を VIDEO BRAIN で作っています。現在は主に私が動画を作成しています。」

動画制作の経験はありますか。

金澤様「 Mac の中の iMovie をプライベートで試したことはありましたが、仕事で動画制作したことはありません。」

西野様「私も動画を編集したことはありませんでした。」

作成した動画はどのように活用していますか。

西野様「制作した動画は弊社のウェブ上の 47NEWS の中のストーリーズ PLUS とサイネージで活用しています。サイネージへの動画掲載はVIDEO BRAIN を利用し始めてからの試みですが、年末には新宿の大きなサイネージでも流れる予定です。その他、会社の Twitter でも一部を掲載しています。」

月にどれくらい制作していますか。

西野様「ワールドカップの開催時期は週に 2~3 本制作していました。開発部門なのでそこまで本数は多くないですが、注力したいイベントやニュースがあった後に制作しています。特に作成本数の目標はないのですが、今月は2週間で10本ほど作成しました。」

実際に使ってみていかがでしたか。

西野様「動画制作を一切やったことのない私がこんなにも動画を大量生産できるので、本当に簡単に作れるということを日々実感しています。動画に使う写真が決まってしまえば、1時間かからずに制作できています。 動画を作り始めてから、改めて受け手とコンテンツの距離がメディアによって異なるということを痛感し、制作の際に秒数や文字数を考えるようになりました。 編集しやすく、本当に簡単に作れるという印象です。原稿をできるだけ、短く簡潔にすることを心がけています。」

動画の素材はどのように用意していますか。

西野様「そのトピックに応じた写真の中から適切なものを選んで動画を作成しています。今のところ、動画編集の工程で一番時間がかかっているのはこの作業です。」

動画の効果

動画を取り入れた効果はありましたか。

金澤様「ラグビーの動画は、再生回数が 1 万回を超えました。注目度が高いうちに質の高い動画を投稿したこともあり、YouTube内の特定のワードで上位表示されたことが再生回数の理由になっていると思います。 YouTube での視聴維持率でも、媒体の平均以上の数値を出しています。視聴者にも質の良さが伝わったのかと感じています。」

西野様「鉄道会社様から、サイネージで流すためにラグビーワールドカップの振り返り動画を作ってほしいと依頼を受け、VIDEO BRAIN で動画を制作しました。 その他、街頭の大きなサイネージに流す動画の制作依頼もくるようになりました。」

今後の展望

今後の展望をお聞かせください。

西野様「YouTubeに加え、加盟社の HP やサイネージへの掲載を増やすことを考えています。 また来年以降は、現在のような横断的なチームではなく、定期的に制作できるような固定の部署を作りたいと考えています。VIDEO BRAIN は誰でも簡単に使えるので、適切な構成や活用方法が固まれば、すぐにマニュアル化できます。」

※上記は2019年12月インタビュー時の内容です。

一般社団法人 共同通信社

一般社団法人 共同通信社
業種:情報
事業内容:国内・外ニュース、写真・映像の収集、編集、配信
従業員数:1,683名
所在:東京都港区東新橋1丁目7番1号 汐留メディアタワー
https://www.kyodonews.jp/

一般社団法人 共同通信社ロゴ

関連記事 related article

驚くほどスマートな
動画制作を体験しよう

ノートパソコンに表示された動画作成画面

今すぐ資料ダウンロード 導入資料PDFダウンロード

資料ダウンロード contact us

下記フォームの項目を記入してください。
通常 2分以内にご返信いたします。

  • 姓を入力してください
  • 名を入力してください
会社名を入力してください
メールアドレスを入力してください 会社でご使用されるメールアドレスをご入力ください。 Gmail等、フリーアドレスは使用できません。
電話番号を入力してください
部署名を選択してください
従業員数を選択してください
動画制作状況を選択してください