1. TOP
  2. テレワーク
  3. Zoomウェビナーとは?使い方や参加方法を徹底解説

Zoomウェビナーとは?使い方や参加方法を徹底解説

テレワーク

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、テレワークやリモートワークに移行する企業が増え、ZoomなどによるWeb会議などの利用も増加傾向にありました。その中で、「ウェビナー」という造語が生まれています。これは、「Web」と「Seminar」を合わせたもので、Web上でセミナーをおこなうことです。
現在では、ウェビナーを開催するにあたり、Zoomウェビナーを活用する人が増えています。

この記事では、Zoomウェビナーをより効果的に利用する方法について説明します。

Zoomウェビナーとは

Zoomウェビナーは、Web上で実施されるセミナーを円滑に運営するためのツールです。
特に大きなセミナーを運営するときに便利な機能が含まれています。通常セミナーでは、運営側の担当者と、発表を行う登壇者とセミナーに参加する視聴者という3つの立場があります。
Zoom ウェビナーは、3つの役割をきちんと分けてセミナーを実施することができますので煩雑になりやすい大人数のセミナーであっても容易に実施することができます。

Zoomウェビナーで開催できるセミナーの規模は、最大10,000人まで参加可能になります。
セミナーは、運営側の担当であるホストと登壇者のパネリストが、セミナーへの参加者をセミナーに招待することで実施が可能です。
もちろん先に録画したセミナーを配信することもできます。さらにセミナーのライブ配信をFacebookやYouTubeを利用して実施することもできますので、さまざまな配信方法をセミナーに合わせて選ぶことになります。

セミナー実施中には、挙手をしたり、チャットでの質疑応答をしたりといった通常のセミナーの質疑応答と同様のことができ、映像をパネリストと視聴者とで切り替えることも可能になります。
また、運営側が便利に使える機能として、参加者の分析やアンケートの実施も可能です。
視聴者のアプリダウンロードの必要もなく、PCだけでなくスマホなどのデバイスからも参加できるため、参加者はセミナーに参加しやすくなります。

Zoomウェビナーは、運営側も参加者もうれしい機能が搭載されていますので、すぐにウェビナーを開催することができます。

ZoomミーティングとZoomウェブナーの違い

では、Zoomミーティングとの違いはなんでしょう。また、どのように使い分ければいいのでしょうか。

Zoomウェビナーは「一方向的なセミナー」に特化しており、Zoomミーティングは「会議や打ち合わせといった、言葉のやり取りが多く行われる双方向の会議」に特化したものです。
そのため、開催者であるホストと、会議に参加するメンバーがデバイスの画面を共有しながら、テレビ会議のようにミーティングを進められるほか、ホスト、登壇者、そして視聴者という関係がはっきりと分かれているため、ホストがガイドをしながら進めていくことができます。また、Zoomミーティングでは、お互いの顔や名前は表示されていますが、Zoomウェビナーではそれはできません。

Zoomウェビナーの使い方

Zoomウェビナーの使い方

Zoomウェビナーは、どのように使えばよいのでしょうか。
ここでは、Zoomウェビナーの使い方と、セミナーへの参加の仕方を紹介します。

Zoomウェビナーのライセンス取得

まずはZoomウェビナーを利用するために、Zoomミーティングの有料ライセンスを持っている必要があります。このライセンスは、Zoomのサイトで、申し込むことができます。ライセンスには有料と無料がありますので、まず、無料の基本ライセンスを試してみて、活用できそうであれば有料に変えるといった方法がおすすめです。

ウェビナー開催スケジュールの設定

ウェビナーの開催内容を決めます。日程やプログラムはもちろんですが、参加者の条件など通常のセミナーと同様に決めていきます。
定期的に開催するのであれば、繰り返し週ごとや月ごとでの設定も可能ですし、開催通知にパスワードを設定して送付することで会員制のセミナーにすることも可能です。
ウェビナーの設定が終わりましたら、招待URLを対象の顧客へ送付して作業は終了です。

ウェビナーへの参加

招待を受けた方は、届いた登録URLにアクセスするだけでセミナーが開始されます。
ブラウザから直接セミナーを視聴することができますが、これからも利用することがあるようなら、アプリをダウンロードしておくと簡単にアクセスすることができます。
また、ウェビナーによっては、参加者登録が必要な場合もあります。その場合は、アクセスをしたときに要求されるメールアドレスや名前を入力します。

アンケート機能を活用

最後にZoomウェビナーのアンケート機能について紹介します。

Zoomウェビナーには通常のセミナーでよくみられるアンケートを実施することができます。
アンケートのことをZoomウェビナーでは「投票」と呼んでおり、投票は一つのウェビナーに対して最大10個まで設定できます。この質問は、ホストが視聴者やパネリストに行います。投票結果は、自動で集計され、その結果が通知されるという仕組みです。

投票を使うと、今回のウェビナーが参加者にどのように受け取られたかや今後の計画で期待されていることなどを調査することができます。
同じウェビナー上で実施するため、参加者が回答するストレスも低減できます。

まとめ

Zoomウェビナーは、ホストであるウェビナー運用者が、パネリストや視聴者を招待して実施するセミナーの事前、当日、事後のさまざまな作業を効率的におこなうことができる便利なツールです。
案内を送る配信はもちろんのこと、アンケート集計まで自動でおこなわれますので、上手に使いこなして、快適なウェビナー運営を行いましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る