1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. YouTubeの動画制作の料金はどのくらい?費用を抑える方法も紹介!

YouTubeの動画制作の料金はどのくらい?費用を抑える方法も紹介!

Webマーケティング

YouTubeの動画コンテンツを視聴するとき、コンテンツの直前・途中・視聴後に目にするのが動画広告です。動画広告は工夫次第で出稿コストを抑えることができ、低コストで効果的な広告宣伝が可能なため近年大きく出稿数を伸ばしている広告ジャンルです。現在、YouTube動画広告への出稿を考えている企業も多いのではないでしょうか。あるいは、広告ではないYouTubeの動画コンテンツで販促活動を検討している企業もあるかもしれません。

そこで気になる点といえば、やはり動画制作にかかるコストです。特に広告の場合は出稿コストを抑えられても、動画制作に手間と費用がかかってしまう事態にもなりかねません。
そこでこの記事では、YouTube動画制作にかかる料金についてご紹介します。

YouTube動画制作にかかる料金の目安

YouTubeの動画であれば、広告なら15~30秒、動画コンテンツでも販促目的ならおおむね10分以内の尺に収まるものが大半になると考えられます。動画制作会社にこれらの制作を依頼する場合、その長さや種類によって金額は変化します。

ただし、テレビCMのようにどこのご家庭でも大画面での視聴を前提とした、過剰に高品質な動画を作成する必要はありません。インターネット動画の作成であれば、撮影機材なども比較的シンプルな構成になるため、テレビCM動画並みに高額な費用がかかることはまずないでしょう。

次の項目では、動画制作を動画制作会社へ発注した場合にかかる費用の目安を、詳細に分類しながら見ていきましょう。

動画制作のおもな工程とそれぞれにかかる費用

YouTubeの動画制作のおおまかな工程と、それぞれを制作会社へ外注した際にかかる費用の目安をご紹介します。テレビや映画などの動画制作と比較すればシンプルな工程ですが、複数の手順を経るため制作にはそれなりの期間を要することも同時に意識しておくと良いでしょう。

動画の企画と構成

制作する動画の内容を考案し、基本構成の組み立てや脚本の作成を行います。音響なども、ここであらかじめ決められます。
かかる費用は50,000円~150,000円ほどが目安です。

動画の撮影

企画に基づいて、実際に動画を撮影します。撮影費の内訳は機材の準備にかかる費用や立ち会うスタッフに関する費用ですが、インターネット動画制作に関しては、スタッフは少人数で済む場合が多くなります。
費用の目安は実働3~4時間ほどで30,000円~100,000円ほどになります。

動画の編集作業

撮った動画をコンテンツの形になるよう、切ったりつなげたりして編集を行う作業です。動画中に字幕を入れる作業なども、この編集時に実施します。
費用の目安は数分の動画コンテンツで30,000円~80,000円ほどになります。

音響効果やナレーション入れ

編集済みの動画にBGMやナレーションなどを入れ、動画作品としての仕上げを行います。BGMの選定やナレーション担当者の人件費などにより、かかる費用が前後しやすい工程です。
こちらも費用は30,000円~80,000円ほどが目安ですが、BGMにフリー素材を活用するなどの工夫次第でさらに費用を抑えることも可能です。

上記の4工程を経て動画を制作した場合の合計費用の目安は「15万円弱~40万円強」となり、作る動画の内容や長さ、音楽やナレーションの選定でかなり変わることが分かります。「結構かかるな」という、印象を持たれたかもしれません。
そこで次の項目では、動画制作を外注する際に費用を抑えるコツとその注意点をご紹介します。

動画制作をフリーランスに依頼する場合の金額と注意点

動画制作会社に動画の作成を依頼すると、15万円弱~40万円強がかかることが分かりました。費用を抑えたい場合、個人のフリーランスへ依頼するという方法もあります。
個人に動画の作成を頼む場合、こちらも尺や内容によりますが「工程あたり50,000円~100,000円」ほどで依頼できる場合があります。工程ごとに複数の個人に依頼しても、30万円ほどに収まることが多くなるでしょう。制作会社と比較すると低額ですが、どのような理由があるのでしょうか。

個人のフリーランスは、企画から編集まですべて行うというより「撮影・編集のみ」「BGMやナレーション入れのみ」など、工程単位で仕事を受注するケースが多いためです。つまり、「企画や構成は自社で行い、撮影と編集のみを依頼する」など、分業スタイルで制作をすることもできます。

また、個人で活動している作家さんは売り出し中の若手が中心になるため、「今は安く沢山仕事を受ける」という受注体制をとっている可能性も高いでしょう。スキルの高いフリーランスでも、比較的安価で仕事を引き受けてくれる場合があります。

【個人に動画制作を依頼する際の注意点】

フリーの動画作家はつねに複数のクライアントから仕事を受けている場合が多く、基本的に多忙です。希望の期日までに必ず仕上げてほしい場合は、事前からしっかり打ち合わせをして納期に余裕を持った発注を行いましょう。

動画制作を自社内ですべて行うのも1つの手段

動画制作を外注すると、高額なコストがかかることもあります。映画やテレビのようなクオリティを求めないのであれば、自社内で制作するという選択肢もあります。
「動画を作ったことがないので、編集作業がわからない」と考えるかもしれません。しかし現在では、動画制作初心者でもインターネット配信としては高品質なコンテンツを簡単に作れるツールが流通しています。有名企業の中にもそれらを活用し、内製の動画コンテンツで販促活動を行っているケースが数多くあります。

下記にご紹介する「VIDEO BRAIN」もそのひとつです。AIが編集をアシストしてくれる機能を備え、動画や画像を準備することで高品質な動画を易しく作成できます。
以下のサンプル動画は、すべて「VIDEO BRAIN」で作られたもの。この品質の動画を専門知識なしで作れるとなれば、活用の検討をしてもよいのではないでしょうか。

サンプル動画:https://video-b.com/samples/

まとめ

YouTubeの動画を制作する費用についてご説明し、費用を抑える方法についてもご紹介しました。
動画制作会社にお願いした場合、工程ごとにそれぞれコストや期間がかかります。すぐにでも動画を制作しUPしたい場合やコストを低く抑えたい場合は難しいことが分かります。
しかし、最近では自社でも動画制作が簡単に行える動画編集ツールやソフトが数多く出ています。ツールを上手に使い、コストをかけずに高品質な動画を作ってYouTubeへの出稿を検討してはいかがでしょうか。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る