1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. YouTube動画マーケティングで企業が効果を出すためのポイントは?メリット・デメリットも紹介

YouTube動画マーケティングで企業が効果を出すためのポイントは?メリット・デメリットも紹介

動画マーケティング

数ある動画配信プラットフォームの中でも、ユーザー認知度が高いものといえば「YouTube」です。
YouTubeの調査によると、世界中で20億人以上のログインユーザーが毎月YouTubeを利用しており、これは全インターネット人口のおよそ3分の1に該当します。また、1日あたり10億時間以上の動画コンテンツが視聴され、視聴回数も1日あたり数十億回に達しているとしています。

YouTubeが全世界で利用者数を伸ばしていることに伴い、企業プロモーションにYouTubeを活用する動きも進んでいます。今や「誰でも見ている・知っているYouTube」を、うまく企業の情報提供に活用できれば、マーケティングにおいて大きな強みとなるでしょう。

この記事では、YouTubeの活用による動画マーケティングについてご紹介します。

参照:プレスルーム|YouTube

YouTubeマーケティングとは

YouTubeマーケティングとは、企業が提供する商品やサービス、あるいは企業・ブランドそのもののプロモーションにYouTube動画を活用する広告宣伝の手法を指します。

YouTubeの動画プラットフォーム上に企業のプロモーション動画を公開するケースもあれば、企業公式サイトにその動画を掲載する場合もあります。

YouTubeマーケティングの運用手法

企業はYouTubeを強力な広報ツールとして活用するために、どのような手法を取り入れればよいのでしょうか。
以下に、YouTubeマーケティングの手法を3つご紹介します。

YouTubeチャンネルによる企業・ブランドの認知やファンの獲得

YouTube自体のメディアの強みである「ユーザー数が非常に多い」という特徴を生かし、企業自体の認知を促すために動画プロモーションを活用する方法です。

具体的な手法は、企業単位で「YouTubeチャンネル」を開設し、その中で定期的に新しい動画を公開していくことでチャンネル登録ユーザー数を増やします。
それを継続的に行っていくことで、「企業や自社ブランドの支持者=ファン」を増やしていきます。

インフルエンサーマーケティングへの活用

YouTubeで人気を博している動画配信ユーザー、いわゆる「YouTuber(ユーチューバー)」を企業単位で起用してインフルエンサーマーケティングを展開する手法です。企業自体がYouTube動画を制作・配信する方法で認知やファンを獲得することは容易ではなく、一定の期間も要します。

そこで影響力のあるユーザー=インフルエンサーの提案力や話題提供力を借り、スピーディな企業プロモーションにつなげます。
この場合は企業アカウントではなく、YouTuberアカウントで企業のプロモーションにつながる内容の動画を作成しアップロードするのが一般的です。

YouTube広告の展開

YouTubeの広告枠や動画配信画面上に表示される動画広告を展開し、企業のプロモーションを行うシンプルな手法です。配信画面上の広告は、動画コンテンツの再生前や終了後、あるいは再生中などさまざまなタイミングでの表示が可能です。

動画コンテンツを視聴するユーザーの目に必ず入る利点があり、ターゲットユーザーの設定やフリークエンシー(表示頻度)なども詳細に設定できます。

YouTubeマーケティングのメリット・デメリット

YouTubeマーケティングのメリット・デメリット

YouTubeマーケティングを行うためには複数の方法があり、広報活動の目的に応じた手法を選ぶことが重要です。
しかしYouTubeマーケティングにはメリットもあればデメリットもあるため、それらも知っておくとYouTubeマーケティングを始める際に役立つでしょう。

【メリット】ユーザー数の多さと動画広告の種類の多さ

YouTubeでマーケティングを行うメリットの一つは、利用ユーザー数の多さです。
世代や属性を問わず、多くの層が利用する動画配信プラットフォームであり、ここで広告を展開すればあらゆるユーザーに見てもらえる可能性があります。

また、YouTubeでは展開できる動画広告にも複数の種類があり、目的や動画の尺などに応じて選定できる点もメリットです。

YouTube広告といえば、動画コンテンツの前後や合間に表示される「インストリーム広告」が知られています。
それ以外では、配信プラットフォーム外の広告枠に表示される「アウトストリーム広告」や、動画の尺が6秒でスキップ不可の「バンパー広告」などがあります。

【デメリット】目的達成に時間がかかる場合もある

YouTubeで動画を配信してユーザーの支持を得たいと思っても、配信を始めてすぐに話題を集められるケースは稀です。YouTubeチャンネルは無料で開設でき気軽に動画を配信できますが、人気を得るためのノウハウを身に付けるにはある程度の期間が必要です。

またチャンネルだけではなく、ユーザーにとって魅力的なコンテンツを企画することや、動画を製作することにおいても継続力が必要になるため、YouTubeマーケティングの目的達成までは、さまざまな試行錯誤を強いられる可能性があります。

YouTubeマーケティングで効果を得るポイント

YouTubeマーケティングで目的を実現するには、どのようなポイントを押さえる必要があるのでしょうか。
以下に、YouTubeマーケティングで成果を上げるための要点をご紹介します。

マーケティングの目的を明確にしておく

YouTubeで行える動画マーケティングには、動画広告の配信やYouTubeチャンネルなど複数の手法があります。
また、動画広告にもTrueViewインストリーム広告やアウトストリーム広告、バンパー広告など複数の種類があります。

YouTubeマーケティングを効果的に展開するためには、マーケティングの目的に合わせて適した手法を選定しなければなりません。

まずは、YouTubeマーケティングを実施する目的を明確にしましょう。目的が認知なのか、獲得(クリックや購入)なのかによっても、適した手法は異なってきます。

適切なターゲティングを行う

YouTubeマーケティングのメリットはYouTubeユーザー数の多さにありますが、利用者層が幅広い分だけ「届けたいユーザー像」を意識し、詳細にターゲティングを行いましょう。
動画を配信した後は定期的に効果測定を行い、ターゲティングの見直しを図るなどPDCAを回していくことも重要です。

まとめ

企業のYouTubeマーケティングではプロモーション効果を意識することも重要ですが、ユーザーに不快感を与えないための内容への配慮や配信方法の工夫も大事です。
目的に合う動画を制作し配信することだけでなく、効果を測定し検証と見直しを継続的に行わなければなりません。PDCAを回しながら、成果が見込めるYouTubeマーケティングにつなげましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る