1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. YouTubeのインプレッションとは?チャンネルの質を上げる方法について

YouTubeのインプレッションとは?チャンネルの質を上げる方法について

世界最大の動画共有サイトであるYouTube。多くの視聴者が利用する一方、動画を配信する企業、個人も増加しています。企業の場合は発信力を高めるため、個人では広告収入を得るために利用されるケースが多いようです。

しかし、闇雲に動画をアップロードしてもチャンネル登録者数は増えません。アップロードした動画のパフォーマンスを定量的に測定し、分析・改善することが不可欠です。このページでは、インプレッション(動画のサムネイルがYouTube上に表示された回数)数やクリック率(視聴者がサムネイルを見た後に動画へ遷移した頻度)など、各指標の確認方法、及びチャンネルの質を上げる方法を解説します。

インプレッションとは

インプレッションとは、YouTube上に動画のサムネイルが表示された回数のことです。視聴者の画面にサムネイルが1秒以上表示されると1インプレッションとしてカウントされます。またインプレッションとしてカウントされるには、視聴者の画面にサムネイルが半分以上表示されている必要があります。

なお、インプレッションにカウントされる表示場所、カウントされない表示場所は以下のように分かれます。

カウントされる表示場所 カウントされない表示場所
・検索結果
・YouTube トップページ
・YouTube フィード
(登録チャンネル、急上昇、履歴、後で見る)
・動画プレーヤーの右側にある [次の動画]
(自動再生を含む)
・再生リストに含まれている動画
・外部ウェブサイトやアプリ
(youtube.com 以外にあるリンクや埋め込み)
・YouTube モバイルサイト
・YouTube TV アプリ、YouTube Kids アプリ、
YouTube Music、YouTube Gaming アプリ上の動画
・動画プレーヤー内のコンテンツ
(カードや終了画面)
・メールやプッシュ通知内の動画
・バックグラウンド タブで再生される動画
(非表示のインプレッション)
・サムネイルの表示が50%未満、または1秒未満の動画
・TrueView ディスカバリー広告

参照:インプレッション数とクリック率を確認する – YouTube ヘルプ

視聴状況を測定する重要な指標

YouTubeの動画のタイトルの下にある「〇〇回視聴」の表示を目にしたことがある方は多いと思います。動画をアップロードすると、はやり気になるのはその再生回数です。しかし、より効果の高い動画を制作するには、再生回数以外のいくつかの重要な数字や指標を確認することが大切となります。それらの指標を紹介します。

インプレッション数

前章で詳しく説明した通り、動画のサムネイルが視聴者のYouTube画面に表示された回数です。

インプレッションのクリック率

インプレッションのうち何回クリックされ視聴されたかを示す指標です。

視聴回数

指定した期間、地域などで集計された視聴回数の合計です。YouTubeでは、コンピュータプログラムでなく本当の人間が視聴していることを分析してカウントしています。

ユニーク視聴者数

選択した期間内に動画を視聴した推定ユーザー数です。1人がPCやスマートフォンなど複数のデバイスで視聴したケース、また1人で何度も視聴したケースなども視聴者 1 人としてカウントします。

総再生時間

視聴者が再生した動画の推定合計視聴時間です。

平均視聴時間

指定した動画において、期間、地域などで集計した1 回の視聴あたりの推定平均再生時間です。

視聴者あたりの平均視聴回数

視聴者がチャンネル内のすべての動画を視聴した平均回数、またはチャンネル内の特定の動画を視聴した平均回数です。

チャンネル登録者

選択した期間や地域でチャンネル登録者の増加数から減少数を引いた人数です。

指標の確認方法

指標の確認方法

YouTubeでは、「YouTubeアナリティクス」と呼ばれる無料の分析ツールが提供されています。前述した指標について、期間指定による集計、および時系列変化を確認できます。

YouTube Studio にログイン

YouTube StudioにGoogleアカウントでログインします。

画面左メニューより [アナリティクス] を選択

チャンネルアナリスティクスの「概要」が表示され、視聴回数、総再生時間、チャンネル登録者の推移が確認できます。

画面上部のメニュータブを選択

画面上部において「概要」「リーチ」「エンゲージメント」「視聴者」を選択できます。確認したい項目のメニュータブをクリックして内容を確認します。各タブ内では、以下の指標を確認することができます。

リーチ

  • ・インプレッション数
  • ・インプレッションのクリック率
  • ・視聴回数
  • ・ユニーク視聴者数

エンゲージメント

  • ・総再生時間
  • ・平均視聴時間

視聴者

  • ・ユニーク視聴者数
  • ・視聴者あたりの平均視聴回数
  • ・チャンネル登録者

インプレッション数やクリック率の増やし方

動画のパフォーマンスに関する指標について理解していただけたでしょうか。次に、インプレッション数やクリック率の増やし方における基本的な考え方をご紹介します。

インプレッション数の分析

まずはインプレッション数を確認します。YouTubeにおいては、インプレッションがすべてのスタートです。インプレッションを増やすには、次のような動画を制作できるよう検討してみましょう。

  • ・多くの視聴者が好む動画(YouTubeはエンゲージメント、視聴時間、視聴回数で判断されます)
  • ・視聴者が好む動画(チャンネル内の視聴履歴で判断)
  • ・検索されることを想定したメタデータ(タイトル、タグ、詳細など)

クリック率の分析

インプレッション数は多いがクリック率が小さい場合、多くの視聴者はサムネイルの見た目で離脱しています。画像のデザインやテキストを工夫して、クリックしたいと思わせる内容を検討しましょう。

平均視聴時間の分析

平均視聴時間が極端に短い場合は、視聴者が再生してくれたのに「つまらない」と判断して離脱してしまった可能性が考えられます。視聴者が「最後まで見たい」と思うような質の高い動画を作る必要があります。

視聴回数の分析

インプレッションが多く、クリック率も高く、さらに平均視聴時間が長くなれば、それは視聴者が動画を高く評価している証明となります。継続的に動画を投稿し続けることによりチャンネル登録者数が増加し、さらにインプレッションが増加し…といった好循環が生まれ、視聴回数はますます増加していきます。

なお、クリック率を意図的に上げるために動画とは関係のないタイトルをつけることを「クリックベイト」と呼びます。瞬間的にはクリック率があがるかもしれませんが、視聴者をがっかりさせる、ストレスを与えてしまうことになるため、長期的にチャンネルを成長させるためには絶対に避けるべき行為です。

まとめ

YouTubeをビジネスツールの一つとして活用する企業は年々増えています。それはYouTubeが強力な広告媒体として認知されている証といえますが、チャンネルの質を高めて登録者数を増やすには、サムネイル、メタデータ、コンテンツの魅力向上のほか、継続的な動画投稿が非常に大切になります。
したがって、動画制作の作業負荷の軽減は運用に不可欠な要素です。動画制作ツールなどをうまく活用し、効果的な動画を効率的に制作できるようにしましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ