1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. YouTube広告の費用対効果は高い?ポイントを徹底解説

YouTube広告の費用対効果は高い?ポイントを徹底解説

Webマーケティング

動画配信サイトとして世界的なシェアと知名度を誇るYouTube。沢山の人がアクセスする動画サイトであるだけに、広告メディアとしても非常に価値が高く、多くの企業が自社のプロモーションに利用しています。

今回は、そんなYouTubeにおける動画広告について、費用対効果をメインに解説します。

YouTubeは視聴単価によって費用が発生する

ほとんどのインターネット広告では、クリックされるごとに費用が発生する「CPC(Cost Per Click)」と呼ばれる形式が採用されていますが、YouTubeは「CPV(Cost Per View)」と「CPM(Cost Per Mille)」の2つの費用形式を採用しています。

CPVで費用が発生するのは、「ユーザーが30秒以上動画広告を見た場合(30秒未満の動画は全編)」もしくは「動画へ対してアクションを行った場合」です。ユーザーに適切に広告を配信できた場合のみ課金されるため、無駄な費用がかかりにくく、費用対効果の高い媒体といえます。

一方のCPMは、広告が1,000回表示されるごとに費用が発生する「インプレッション課金」となっています。

参照:動画広告の費用

YouTube広告の種類と料金形態

YouTube広告にはいくつかのスタイルがあり、そのスタイルごとに料金形態が異なります。その種類と料金を見ていきましょう。

インストリーム広告

YouTube広告と聞いてまず多くの人が最初にイメージするであろう広告が、この「インストリーム広告」です。動画の再生前後や再生最中に広告が挿入され、5秒経つとスキップが可能となります。

CPVが採用されているため、スキップされた際には広告費用が発生しません。YouTubeで最もスタンダードな広告であり、多くの企業に利用されています。なお、スキップできない短い広告(全体で15秒未満)もインストリームで流すことができます。こちらはインプレッション課金で費用が発生します。

バンパー広告

最大6秒という非常に短い広告を動画の再生前後あるいは最中に流す広告です。バンパー広告はスキップが不可能で、インプレッション課金形式が採用されています。ブランド名の周知など、短く、かつわかりやすく内容を伝えたい場合に最適です。

ディスカバリー広告

ディスカバリー広告は、上記で説明したインストリーム広告とバンパー広告とは少し趣が異なり、検索結果や関連動画の一つとしてサムネイルが表示される動画広告です。
広告ではない普通の動画と並んで表示され、ユーザーがクリックすることで初めて動画が再生されます。費用の発生は、サムネイルがクリックされ動画が再生された場合のみです。

興味を持ってクリックしたユーザーに対する広告となるため費用対効果が高いのが魅力ですが、そのぶん他の動画に負けない訴求力を持ったサムネイルを用意する必要もあります。

参照:動画広告フォーマットの概要

YouTube広告の費用対効果が高い理由とは

YouTube広告の費用対効果は他のインターネット広告に比べて高いと言われます。その理由はどんなところにあるのでしょうか。

ターゲティングがしやすい

年齢・性別・地域といった簡単な特性から、興味関心・趣味嗜好に至るまで、様々な要素から配信ターゲットを選択できます。効果が期待できる層にのみ配信設定をすることにより、費用を最小限に抑えることができます。

リマーケティングができる

過去に自社の動画を見たことがある、高評価をつけたことがあるなど、特定の行動をとったユーザーに対してのみ再度広告配信を行う「リマーケティング」が可能です。ユーザー一覧はリストにして簡単に分析できるため、リピーターの獲得にも役立ちます。

広告費用が比較的安価である

YouTube広告は、他社のインターネット広告と比較して比較的安価なことで知られています。インストリーム広告では1再生につき数円~15円程度が相場です。安価でありつつ効果が期待できる理想的な広告メディアだと言えるでしょう。

費用対効果の分析ツール

そのほか、YouTube広告には具体的な費用対効果が分析できるツールも2つ用意されています。どちらも基本無料で使用できる優れたツールです。ここでは、両ツールの分析可能項目と役立て方について一部をご紹介します。

Youtubeアナリティクス

再生回数
日付ごとに再生回数の閲覧が可能です。効果の高い曜日や時期(上旬・下旬など)を割り出すことができます。

視聴者
維持率どのタイミングでユーザーが広告を閉じているのかがわかるため、広告の改善に役立てることができます。

Googleアナリティクス

動画再生時間
何秒まで動画が視聴されたのかを確認することができます。上記同様、こちらも広告改善に役立ちます。

ユーザー属性
年齢・性別など、訪問したユーザーの属性を分析できます。「40代女性の成約率が高い」「20代男性はすぐに動画を閉じている」というような属性ごとの反応を確認するのに役立ちます。

費用対効果を高めるためのポイント

最後に、費用対効果を最大限に高めるためのポイントをいくつかご紹介します。

目的に合わせた配信設計をする

「何のために広告を配信するのか」を明確にしたうえで配信設計を行いましょう。短文のメッセージを伝えたいならバンパー広告を、商品・サービスの強みを存分に伝えたいならインストリーム広告を、というように、目的から配信計画を立てることで、費用対効果はより高められます。

ターゲティングを明確にする

多くのユーザーへ向けて広告を配信するほど漠然とした宣伝となり、一人ずつへの訴求力が下がってしまいます。目的を明確にする過程でターゲットについてもしっかりと絞り込みましょう。

高品質な動画を配信する

ユーザーを長く留まらせるだけの魅力を持った高品質な動画を作成することが大切です。YouTubeアナリティクスやGoogleアナリティクスから視聴状況を確認し、途中離脱が多い場合には動画の改善も検討しましょう。

アトリビューションを計測する

アトリビューションとは、広告における「間接的な貢献」を意味する言葉です。広告クリックから販売サイトに飛んで即商品を購入するような直接的な効果ではなく、YouTubeの動画広告で見た商品を後日あらためて検索し購入するといった行動、効果を指します。

このアトリビューションを軽視してしまうと、YouTube広告の真の効果はわかりません。出稿前・出稿後で販売サイトのアクセス数を比較するなど、アトリビューションを見逃さないようにしましょう。

まとめ

このページでは、YouTube広告の形式や費用のメカニズム、なぜ費用対効果が高いのかについて解説しました。

YouTubeで広告を発信することは、安価に、かつ効果的に宣伝を行うことに繋がります。しかし、その効果を最大限に引き出すためには、動画は高品質で魅力的なものでなければいけません。そのためにもぜひお使いいただきたいのが、動画作成ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」。AI技術により効果の高い動画広告の作成を短時間で実現できます。YouTubeによる広告展開をご検討の際は、ぜひ合わせてVIDEO BRAIN(ビデオブレイン)の導入をご検討ください。

未経験でも高品質な動画を作成できる、インハウス動画制作に欠かせない AI 動画編集ツール VIDEO BRAIN
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る