1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. YouTube広告の種類別の特徴や設定・課金方法を解説!

YouTube広告の種類別の特徴や設定・課金方法を解説!

スマートフォンの普及やテクノロジーの変化に伴いますます注目を集めているのが、動画広告です。
特に、動画の分野で抜群の知名度を誇るYouTubeはユーザー数も多く、広告を掲載するのに適しています。

しかし、YouTube広告で効果を得るためには、広告の種類や課金方法などを理解し、適切な手法を選ぶことが欠かせません。

今回は、YouTube広告の種類別の特徴や使い方を詳しく解説します。

YouTube広告で利用できる動画フォーマット

まずは、YouTube広告で利用できる動画フォーマットに関して、それぞれの設定方法や課金方法などの特徴を紹介します。

インストリーム広告

インストリーム広告は、YouTubeやGoogleが提携しているwebサイトやアプリなどで配信される動画の前後、もしくは再生中に掲載されます。

視聴開始から5秒後に早送りできるタイプがあります。

認知度やリーチの向上、見込み顧客の獲得などを目標に設定してください。
販売促進や自社webサイトなどへの誘導、商品やブランドの比較検討を促すために活用することも可能です。

基本的には、ユーザーが早送りせずに30秒間動画を視聴した場合に課金されます。
30秒未満の短い広告は、最後まで視聴すると対象になります。また、ユーザーがクリックした場合も課金対象です。

15秒以下の広告であれば、スキップができないタイプも選択可能です。

動画を最後まで視聴してもらい、情報を伝えたい場合に適しています。
しかし、強制的に流れるためユーザーがストレスを感じる場合もあり、ブランドの印象を損ねないための適切な戦略が必要です。
支払は、掲載回数に基づいて発生します。選択できる目標は、ブランド認知度とリーチです。

TrueViewディスカバリー広告

TrueView ディスカバリー広告は、YouTubeの検索結果や関連動画の横、モバイル版ではトップページなどに掲載されます。
動画のサムネイル画像とテキストが表示され、ユーザーがクリックしなければ動画は再生されません。

ユーザーが広告を視聴した場合のみ課金対象となります。
商品やブランドの比較検討を目標とした場合に使用しましょう。

バンパー広告

バンパー広告は、YouTube内やGoogleと提携しているwebサイトやアプリ上で、動画の再生前後や再生中に掲載されます。6秒以内の広告で、早送りはできません。

掲載回数に基づいて支払いが発生し、認知度とリーチの向上を目標に設定できます。
必ず最後まで見てもらえるため、他の手法よりも認知獲得効果を得やすく、短いのでユーザーにとってもストレスになりにくいでしょう。
ただし、短いからこそ、ユーザーの興味を引き行動につなげるための工夫が必要です。

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告は、モバイルに特化したタイプです。
YouTubeではなく、Googleと提携しているwebサイトやアプリ上で、バナーやインフィード形式などで掲載されます。まずはミュートの状態で再生され、ユーザーがタップすると音声付きで視聴できます。

選べる目標は、認知度とリーチです。2秒以上動画が視聴された回数に基づき支払いが発生します。

マウスヘッド広告

マウスヘッド広告は、YouTube ホームフィードの上部で音声なしで自動再生される広告です。
パソコンでは最大30秒間再生され、モバイルやテレビでの時間制約はありません。
自動再生後は、動画やサムネイルをクリックすることでYouTube 動画再生ページに移動できます。

マウスヘッド広告を利用するためには、Googleの営業担当者を通じて予約が必要です。
日別単価や広告掲載回数に基づいて課金されます。

参照:動画広告フォーマットの概要 – YouTube ヘルプ

動画フォーマット以外のYouTube広告

動画フォーマット以外のYouTube広告

YouTubeでは、動画フォーマット以外の広告枠も使用できます。3種類の広告の特徴を解説します。

ディスプレイ広告

YouTubeのディスプレイ広告はパソコンで、注目動画の右側やおすすめ動画一覧の上部に表示されるテキストや画像を用いた広告です。

バナーのサイズは、「300×250」か「300×60」のため視界に入りやすいもののユーザーの邪魔にはなりません。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告はパソコンで、動画再生画面の下部20%に掲載されます。

バナーかテキストが使用でき、バナーのサイズは「468×60」か「728×90」です。
動画再生時に一緒に掲載されるため、目にとまりやすいのがメリットです。

さらに、興味のないユーザーは広告を閉じられるため、ストレスになりにくいです。

スポンサーカード

スポンサーカードは、パソコンでもスマートフォンでも掲載できます。

動画再生時に、動画に関連するティーザー(限定的な情報を提供し関心を持たせる広告)が数秒間表示されます。
動画で商品に興味を持ったユーザーに効率よくアプローチすることが可能です。

参照:YouTube の広告フォーマット – YouTube ヘルプ

YouTube広告の使い方

インストリーム広告やバンパー広告はユーザーの目にとまりやすく、視聴してもらえる可能性が高いため、認知度の向上に適しています。

特に、スキップ可能なインストリーム広告であれば、興味のないユーザーは広告を早送りするため無駄なコストがかかりません。また、30秒以上視聴してくれるのは行動してくれる確率が高いユーザーに絞られるため効率的です。

顕在層のターゲットに行動を促したい場合は、ディスカバリー広告が適しています。
すでに関心のあるユーザーにのみ効率よく広告を見てもらえるからです。

YouTube利用者以外へもリーチしたい場合は、アウトストリーム広告が最適です。
マウスヘッド広告は新商品やキャンペーンの周知など、短期間でなるべく大勢のユーザーにアプローチしたい場合に使うと良いでしょう。

広告の効果をより高めたい場合は、複数の手法を組み合わせて活用するのもおすすめです。
たとえば、まずはインストリーム広告やバンパー広告で認知度を高め、その後関心を示したユーザーに絞りディスカバリー広告で行動を促せるかもしれません。

まとめ

YouTube広告で成果を上げるカギは、それぞれの特徴や強みを理解し、目的やユーザーに合った手法を選ぶことです。また、コンテンツの質を向上させることも欠かせません。

特に、インストリーム広告やバンパー広告などは多くのユーザーに見てもらえる可能性が高い反面、何度も同じものを見せられると飽きてしまうユーザーもいるでしょう。
複数のコンテンツを用意し結果に応じて定期的に見直すなど、継続的な努力を惜しまず、マーケティングを成功させてみましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ