1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. ブランディングで効果を出すには?ポイントを手法と一緒に紹介

ブランディングで効果を出すには?ポイントを手法と一緒に紹介

「ブランディングを行なっているが効果が出ない」「どのようなブランディングを行えば効果が出るのかわからない」―そんなお悩みを抱えているマーケティング担当者の方は、きっと少なくないのではないでしょうか。

ブランディングで効果を出すために大切なのは、明確な目的を持つことです。
ここでは、その目的の定め方や効果について解説します。

ブランディングで効果を出すには明確な目的が大切

ブランディングは、企業がユーザーに対して「この商品にはこういうイメージを持ってほしい」と定義づけをし、そのイメージの通りに認めてもらうことで初めて成功します。
しかし多くの場合、ブランディングは「この商品は素晴らしい」と一方的に宣伝するのみで終わってしまっています。

そうならないために必要となるのは、商品において「どんな人に」「どのようなイメージで」「どのような価値を持ってもらうか」、そのターゲットを明確にすることです。
ターゲットを明確にすることでユーザーへの届け方が定まり、無駄のないブランディングへの戦略が見えるようになります。

ブランディングを行う3つの目的

企業がブランディングを行う理由には、主に下記の3つが挙げられます。それぞれ順に解説いたします。

集客力を上げるため

商品やサービスの売上を高め、継続的に維持するためには、多くの人に商品のファンになってもらう必要があります。ファンが増えれば増えるほど、売上の継続的な安定につながります。
そうしたファンを獲得するためにも、魅力的なブランドの構築は不可欠です。

採用力を上げるため

企業が成長していくためには、優秀な人材の確保が欠かせません。
そのためには、商品やサービスだけでなく企業の魅力を広く伝えることが大切になります。

例えば、どんなに良い商品を作っていても労働環境が悪ければ、その企業に入りたいと思う人はいないと思います。企業としての経営方針や働き方を伝え、「この企業で働きたい」と思わせるブランドを構築すること。それが採用力へとつながります。

組織力を上げるため

ブランディングは外に向けて発信するだけでなく、社内に向けても発信する必要があります。
例えば、会社の経営理念を社員が理解していなければ、社員は仕事に対するモチベーションを高めることができず、やりがいを見失ってしまいます。

反対に、社員が会社の理念やブランドに共感していれば、一人ひとりが誇りをもって働くことができます。
組織力の向上はやがて顧客満足度へとつながっていきます。

ブランディングで得られる効果

ブランディングで得られる効果

では、ブランディングを行うことで企業は具体的にどのような効果を得られるのでしょうか。
6つに分けてその効果を解説します。

信頼を得られる

「このブランドだったら間違いない」と顧客に思ってもらえるだけの信頼をユーザーから得られます。信頼は商品やサービスのファンを増やすことにつながり、長期的かつ安定的な売上の維持・向上に結び付きます。

他社との差別化を図れる

例えば、有名メーカーのテレビと名前を聞いたことのないメーカーのテレビが店頭に並んでいたら、あなたはどちらを購入するでしょうか。
恐らく、多少高くても有名メーカーのテレビを購入する人が多いと思います。

このように、ブランディングに成功すれば、ユーザーが主体的に自社と競合他社を差別化し、価値のあるブランドであると認識するようになります。

市場でのポジションを得られる

商品やサービスに高いブランド力があれば、それを扱いたいと考える店舗や代理店が自然に増え、おのずと市場における露出が高まっていきます。
「○○の商品が欲しい」といって店舗を訪れる人も増え、市場において一定のポジションを獲得し、長く安定したセールスを実現することができます。

安心感を得られる

ブランディングが実現していれば、「この商品であれば大丈夫」というイメージをユーザーに与えることができ、不安を感じさせることなく購入へと導くことができます。
特に高額な商品であればあるほどその傾向は顕著です。

仕事を得られる

ブランドへの信頼感が上がれば、そのブランド力に期待した新規の仕事の依頼が寄せられるようにもなります。
営業コストの削減や協業による新しいビジネスの創出にもつながり、さらなる事業の拡大が期待できます。

継続的な売上を得られる

ブランド力が上がると、商品やサービスをリピートして購入・契約する根強いファンが増え、継続的な売上を得ることができます。

まとめ

この記事では、ブランディングで効果を出すために必要な目標設定の意義やその効果について解説しました。
ブランディングの明確な目的を設定することができれば、おのずとやるべきことが見えてきます。商品やサービスを継続的に広げていくためにも、目的を適切に定め、効率的にブランディングを行なっていきましょう。

また、最近ではブランディングを図るために動画によるマーケティングに乗り出す企業も増えてきましたが、「どのようにしたら効果の高い動画を作れるのかわからない」「動画に高い外注コストをかける余裕がない」という声も少なからず聞かれます。
その際は動画編集ツールを利用するなど、検討してみてはいかがでしょうか。


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする